2015年08月28日

アルシオーネ生誕30周年記念イベント/申込開始

ALCYONE 生誕30周年記念イベント 開催のご案内

本年6月、アルシオーネは生誕30周年の佳節を迎えました。
1985年に誕生した後、販売が終了するまでの1991年までに約8000台のアルシオーネがオーナーの手に渡り、国内を縦横無尽に走り回りました。

しかし、30年経過した今、現存台数は250台とも言われており、現存率は3%となりました。
30年を生き残ってきたアルシオーネを労いつつ、このめでたき良き年に生誕30周年記念イベントを開催する運びとなりました。

ゲストとして、高橋三雄先生、碇穹一さんにもお越しいただけることになりました。

参加を希望するオーナーの方は、下記、申込みフォームより申込みください。
http://www.xavi-japan.net/xavi30/index.php

一人でも多くのオーナー様と、この佳節を一緒に祝えるよう念願致します。

※ 参加対象は現オーナー様に限定させていただきます。
尚、XAVI-OBの方はお問い合わせ下さい

35.JPG

posted by 五条銀吾 at 20:53| Comment(3) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

今日はアルシオーネの誕生日

今日はアルシオーネの誕生日今日6/8はアルシオーネの誕生日

1985年に誕生し、今年、正に30歳となった

30年前の工業製品がまだ稼働しているというのは感慨深い
改めて、無事に生き残っていることに感謝

9/20、21には記念行事を開催することが決定した
高橋先生、碇さんにもゲストとして参加していただけることになった

全国には、まだまだ独りで必死に維持しているオーナーさんが居るみたい
一人でも多くのオーナーさんと、この記念すべき佳節を祝い合えればと思う


ALC_20120909.JPG
posted by 五条銀吾 at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

アルシオーネ198,506km到達

走行距離198,506kmが近づいてきて、数日前から心の準備
メーター見ながら、到達時に記念撮影
珍しく語呂合わせに拘った

ALC_20140328_198506.jpg

今日、6月8日はアルシオーネが国内で発売された日
アルシオーネの誕生日とも言える
発売日は1985年6月8日 → 故に198506で記念撮影

2014年の今年は29歳
29年の間、廃車にもならずに現役で頑張ってくれてることに感動

毎日の通勤の足として酷使され、故障の前兆があろうが、異音が発生していようが、修理もしてくれないオーナーをどう思っているんだろう
申し訳ないかぎり
反乱される前に手当てをしてあげないと

…………………………

自分もそうだったけど6月7日が発売日と勘違いしてる方が居た
どうしてだろうと思ってWIKIPEDIAで確認してみて判明
文中に6月7日って書いてある
でも下方の年表には6月8日ってなってるんだけどな
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%8D

当然、公式でも6月8日になってる
http://subaru-philosophy.jp/post/31974312302/alcyone-launched-in-1985

posted by 五条銀吾 at 23:39| Comment(1) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

XAVI発足15周年


logo.jpg

1998年12月9日、MLのタイトルが「XAVI」になって始めての投稿がされた

これまでのMLを使った単なるアルシオーネ好きの集まりから、オーナーズクラブ発足に向け動く中、クラブネームが「XAVI」に決定
「XAVI」のアイデアは鍛冶屋のN氏
『「XAVI」と当て字:字面的には曲線が入らなくてアルシにフィット?AとXも入るし』との弁
候補を募った中、他に大きく差をつけて、ダントツの1位だったらしい

自分は何に投票したのか探してみたら、見つからなかった
どうやら、この時期、PCクラッシュしてたっぽい
大きな変化点に参加できなかったとは何とも勿体無いことだな

XAVIの最新状況を調べてみると
・最新会員番号 157番(2013年11月入会)
 ※ 累計は再入会者が数名居るので要調査
・現在在籍数 :135名
・現在配信者数: 78名(未配信な方が多いってことだな)

ちなみに、MLの発足は1997/11/22
ML発足だと16周年だな

2015年は30周年記念行事を開催予定
一人でも多くのオーナーさんが参加できるといいな
 
 
posted by 五条銀吾 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

アルシオーネの現存台数


■2013/10/19
アルシオーネの現存台数が紹介されていた

▼クーペの現存台数H24版(赤い砂兎さん)
http://cara-moe.at.webry.info/201310/article_2.html

E33ASNGSさんが水面下に潜られてから台数情報がわからなかった中、貴重な情報だな

これによると平成24年(2012年)3月末現在で以下の台数になったらしい
アルシオーネ(小型車登録) 174台 … VS,VR
アルシオーネ(普通車登録) 1,722台 … VX,SVX混在

この方、毎年、調査結果を紹介してる
過去の情報を見ると

平成22年(2010年)3月末現在
アルシオーネ(小型車登録) 204台
アルシオーネ(普通車登録) 2,183台
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/186374839.html

平成23年(2011年)3月末現在
アルシオーネ(小型車登録) 189台
アルシオーネ(普通車登録) 1,925台
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/272768452.html

VS/VRは毎年15台づつ減って平成22年から24年の間に30台も減ってる
VXはSVXと混在したデータだから詳細は不明だけど、併せて200台づつ減少

以前、E33ASNGSさんから各グレードごとの詳しい情報を教えてもらった
このデータの最終が2011年06月
上記2011年3月の内訳は以下となってる
・VS: 44
・VR:145
・VX: 77

確かにVS/VR合せて189台
となると、普通車登録/1,925台の内の77台がVXだったんだな
(2011年/06月のVS/VRは184台、VXは76台、合計260台)

これが平成24年3月に174台になったってことは、仮にVXの増減が無いとした場合、全グレードで250台になったってことだな
着実に減ってる

この時代になってまで所有されてるのだから一生手放すことは少ないだろうなんて勝手な想像をしてたけど、とんだ甘い考えだった
実際、業者向けオークションでも少ないながら定期的に出てる

気が付いたら稼働車両が無くなっていたなんてことはないだろうけど、乗り続けたいのに事情により廃車、なんてことにならぬよう、故障したなら手助けを、手放すなら仲介をしていきたいもんだな
って、そんな力も無いんだけど


以下、備忘用

▼自動車検査登録情報協会
http://www.airia.or.jp/
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

アルシオーネのYou-Tubeねた


9月分を整理

■2007/10/30(Fixitalls)
Subaru Hill Climb
http://youtu.be/MgxSD2_znG8

■2007/10/30(Fixitalls)
Subaru Hill Climb 2nd attempt
http://www.youtube.com/watch?v=7ZMb0jeXR2A

■2011/06/12(TheMario11)
subaru xt 1/4 mile start
http://www.youtube.com/watch?v=jIOgkPRN5U0

■2011/12/05(TheMario11)
00072
http://www.youtube.com/watch?v=pRIjUfdQIJY

■2013/08/24(TheMario11)
Subaru xt lentokenttä 2

http://www.youtube.com/watch?v=XdN1_0jF-jM

■2013/08/24(laakeri84)
Subaru XT kiihdytys
http://www.youtube.com/watch?v=KIUYsp60uY0
laakeri84 : I don't know what's there under the hood. Just have heard rumours about 800 horsepowers...

■2013/09/03(webmonkees)
motorweek thinks its an sti
http://www.youtube.com/watch?v=uK8MmFFGPrM

■2013/09/09(airbusandmustangR)
West Coast Subaru Show 15

http://www.youtube.com/watch?v=neHGuMu_FaY
凄い光景が沢山
例のSVXエンジンを積んだレオーネも居る

■2013/09/14(Giorgi Soxadze)
Subaru XT by avto
http://www.youtube.com/watch?v=tpqor98efxM

■2013/09/19(Dustin Sakrison)
EA82 Lifted Subaru Sweetness
http://www.youtube.com/watch?v=F3tLcw63U_c

■2013/09/20(webmonkees)
4WDing with Subaru (excerpt)
http://www.youtube.com/watch?v=YFi5hf6VV3c

■2013/09/20(Marshall Erickson)
Ned in WCSS15 mudpit
http://www.youtube.com/watch?v=eBSB0TIDXdw

■2013/09/20
ALCYONE_EngineStarting
http://www.youtube.com/watch?v=u241N65gkgM
Ruslan Subarov : Not the fact that the head gasket, maybe just the evaporation of condensate in the first minute warm-up.
gojo gingo : Thank you Ruslan I no problem these days I have also posted Club "XAVI"
Ruslan Subarov: : You're welcome, gojo gingo;)! Saw your Alcyone, a mini movie of Subaru). Very cool, now your car down in history! And how better to shoot video for this movie? Wanted to make your video and send;). Wedding tomorrow another, Alcyone is all so festive, had the idea to shoot him like that))).

■2013/09/24(SubaruXT6)
Spruce SOLD !
http://www.youtube.com/watch?v=eHm7484C0Jw

■2013/09/30(airbusandmustangR)
My First "Successful" J-Turn
http://www.youtube.com/watch?v=jeRiCKo6PY4
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

アルシオーネ関連情報


アルシオーネに関連した情報の9月分を整理

■2013/08/08(usurai1217 さん)
http://twitpic.com/d71uy7
「アルシオーネたん2体とスプリンタートレノさんだったのか」
この画像は一体何だろう?
ゲームの画像?
それともTVで放映されたのか

■2013/09/04(富士重工業株式会社)
富士重工業 中国でのスバル車販売強化体制を構築
http://www.fhi.co.jp/news/13_07_09/13_09_03_91927.html

■2013/09/18(Discoxery CHANNEL)
潜入!スバル ドリームチーム
http://japan.discovery.com/episode/index.php?eid1=938667&eid2=000000

■2013/09/19(azujun701 さん)
https://twitter.com/azujun701/status/380625129266356226/photo/1
投稿された方に何の書籍か訪ねたら教えていただけた
AUTOCAR JAPAN_vol.50/2007年7月号とのこと
早速調べてみたけど簡単には見つけられず
もうちょっと真剣に探す必要がありそう

■2013/09/23(CJ4A_MIVEC さん)
https://twitter.com/CJ4A_MIVEC/status/382006580121567232/photo/1
こういうのもいいと思う
 
 
posted by 五条銀吾 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

アルシオーネの関連書籍


9月に入手したアルシオーネ関連書籍を整理
ヤフオクに出てた小金で買えるものをちょびちょびと入手
アルシオーネ以外もあるな

■2013/09/02
レオーネESTATE VANカタログ(1975年)
20130902_LEONE.jpg

諸々込み838円
普通は収集対象にしていないカタログもの
だけど、SLOCでこの車体を観る機会が増えてから気になってた
富士重4駆の先駆けだけに重みを感じるのかもしれない

■2013/09/09
カースタイリング(1985年夏号/No.51)
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/183764078.html

諸々込み798円
出品されてXAVIで紹介したけど、どなたも入札せずに終了
二巡目で耐え切れずに入札、競合もなく終了
これでこの本は三冊目
30周年記念行事の景品にでもするかな

■2013/09/12
昭和40年男(2013年10月号)
Shouwa40nenOtoko_201310_00.jpg Shouwa40nenOtoko_201310_74.jpg Shouwa40nenOtoko_201310_76.jpg
http://www.crete.co.jp/s40otoko/vol_021/

新刊680円
何かでアルシオーネが採り上げられてることを知って、帰宅後に慌てて本屋に行って入手
以前、この本が会社で回覧された時のはピアッツァが記事になってた
いつかはアルシオーネもと思ってはいたけど、すっかり忘れてた
記事自体は面白おかしく系
懐古趣味はないからアルシオーネ以外の記事には興味が湧かず

■2013/09/19
SVX/新型車解説書/概要編(1991年10月)
20130919_SVX.jpg

諸々込み608円
SVX関連の整備書が一挙に出品された中の一冊
初代とSVXの互換部品なんて無いから参考にもならないけど興味本位で入札
正に概要を知る程度ならこれで充分
ただ、一読したら二度と開くこともなさそう
そもそも一読するかどうかも怪しいけど

■2013/09/30
CARTOPIA(16冊)
1999年:1月号・3月号・4月号
2000年:7月号・8月号・9月号・11月号・12月号
2001年:1月号・2月号・3月号・7月号
2012年:2月号・3月号
2013年:1月号
2001年:cartopia ZOOM 3月号

諸々込み568円
90年代の歯抜けもの
アルシオーネが記事になってることは無いと思いつつも微かな期待は消し切れず
入手してくまなく見たけど、案の定、アルシオーネ絡みは一切無し

でも”ぶらっと”さんが登場してるのが二冊あった
これはこれで入手した意味があったかもしれない
 
 
posted by 五条銀吾 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

アルシオーネのグッズ+


9月分を整理
アルシオーネ他のグッズ情報

■2013/09/01
絶版!ニチモ1/48FUJI/FA-200 AERO SUBARU未組立品【B-346】
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h177261722

4,490円/1人
アルシオーネと全然関係ない
だけど1/20スケールで水平対向エンジンが再現されてるらしい
たまに出品されるけど高額でも必ず買われていっちゃう


■2013/09/06
★★スバル アルシオーネ コーヒーカップ★★
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d144671786
ALC_20130906_01.jpg ALC_20130906_02.jpg
※画像は出品者さんのを無断借用

5,500円/4人/19入札
これを落札した人、前回のコップも落札した方
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/376241186.html
こんなものにこの金額
しかも似たようなものを連続落札
マニアさんなんだな


■2013/09/15
ダイヤペット G-128 スバル・レオーネ
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m117100873

2,300円/7人/19入札
7人も狙ってたとはビックリ


■2013/09/25
アルシオーネのミニカー?
http://bfaction.exblog.jp/20435313/,http://cvw.jp/hYFiZ

中津スバル社長のブログに紹介されてる情報
ディアゴスティーニが取材に来たらしい
アルシオーネのミニカーを作るってことだな
これは楽しみ

社長のブログから抜粋引用 ……………
さて、掃除に明け暮れた理由は、東京から取材で訪れる人に少しでも快適な環境で、撮影をしてもらいたいからだ。
(中略)
SABに展示してある車を、全て外に出し床を洗った。
ここをスタジオ代わりに使ってもらう。
24日にやってくるのは、付録の大きな大人の雑誌を作っている会社のスタッフだ。
先日もインプレッサでラリーカー特集が始まった。
それを購入した直後にメールが来たのも何かの縁だろう。
希望を受け入れ、取材して戴くことになった。
(中略)
ここにはクサビ形のスバルが3台ある。
それを撮影して何をするのかというと、ディアゴスティーニという会社が創刊している、大人の心に刺さる雑誌を作る。
日本の名車の特集らしいが、我が社のコレクションを選んで戴き、とても光栄だ。
(中略)
さあ、いよいよ明日だ。
取材はとても刺激になる。
ディアゴスティーニの底力はどれ位あるのだろうか。
どんな人物が現れるのか非常に楽しみだ。
……………………………………………………
ぼつさん、今回は100号目指すそうですよ。凄いですね。
…………… 引用終わり

出るとしたら、1/43で2千円超えくらいの価格か
100号目指すとのことだけど途中で中止になるのも多いらしい
中止になるとしてもアルシオーネが出てからにしてほしいもんだな
 
 
posted by 五条銀吾 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

アルシオーネと外人さんとの交流


■2013/09/29
この日、ツイッターへの投稿に返信が来たと知らせるメールが届いた
どうやら”Weekly ALCYONE[2013年09月29日] ”に対してらしい
http://minkara.carview.co.jp/userid/591282/blog/31249059/
最近、みんカラに投稿すると自動的にツイッターにも投稿するモードにしてるからだな

でも英文で書かれてる
英文ってだけでスパムか?って思っちゃう
でも、消す前に一応内容確認をと読んでみたら「alcyone」の文字がある
真っ当な人っぽい
危ない、危ない

この”DrewsiferxXx”さん、誰かと思ったら、アメリカのアルシオーネ・オーナーさんだ
先日もSVXエンジンを積んだ黄色いVXの走行シーンをYOU-TUBEにアップロードしてた

内容は

DrewsiferxXx wrote …………………………

how rare is that die cast alcyone?
Is it obtainable?

………………………… End of quote

Google翻訳の直訳だと
”そのダイキャストアルシオーネはどのようにまれである?
 それが得られる?”

蟻の脳みそ程度の読解力で考えると、どうやったら買えるのかって聞いてるのかな
回答に困る質問だな
取り敢えず、Google翻訳で日英翻訳を交互に何度も変換して返事を書いてみた

Gojou Gingo wrote …………………………

▼日文
 ”これは今は売ってない(1987年)
 写真はオークションサイトのやつ
 自分は買えなかった
 日本でもめったに見ない”

▼英文に翻訳
It does not sell now(1987 year),
photo is from auction site, http://t.co/ztIxsOgo8P
I could not buy,
not see most in Japan

………………………… End of quote

これで通じたかどうかはわからないけど、その後の返事はなし
諦めたってことか
(買うことを?それとも、英語が通じないイエローモンキーだってことに?)

ツイッターでは初めてだったけど、これまでにもYOU-TUBEとかで英文でやり取りすることがあった
その度に、かなりの時間をかけて英文で返事を作ってた
ここ一、二年で機械翻訳の精度は劇的に向上して昔に比べればかなり楽になった
それでも、もうちょっと読解力を身につけた方が楽だな
一文字違うだけで意味が正反対になっちゃたりするし
(でも、敢えて学ぶことはしないと思うけど)
 
 
posted by 五条銀吾 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

アルシオーネとみんカラのお友達


9月になってみんカラで新たにお友達になってもらった方がお二人
お二人とも初代アルシオーネオーナーじゃないけど、お友達になってもらった


▼夢の助 さん
http://minkara.carview.co.jp/userid/102086/profile/

アルシオーネ・フォーエバー・ミーティングが開催されていた頃から、その存在は知っていた
ホームページの内容を見ると結構近くに住んでらっしゃるみたい
アルシオーネ目撃情報を紹介されていた時にコメントを書き込んだ流れで、そのままお友達申請
是非、お会いしたいもんだな


▼農道レーシング さん
http://minkara.carview.co.jp/userid/1917182/profile/

何かのきっかけで、この方のR-2を知った
そのインパクトが凄くて圧倒された
ここまでなら普通は見ただけで終わる
そこで終わらずお友達申請までしたのは旧車へのエンジンスワップのスキル
今後の野望の参考になるかもと思ったから
サンバシオーネも夢ではないかも
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/297062582.html
 
 
posted by 五条銀吾 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

アルシオーネと SUBARU 360°


■2013/09/10
スバルの世界向けYOU-TUBEチャンネルである”Subaru Global TV”
ここで公開された動画にアルシオーネが映ってる

▼[SUBARU] "SUBARU 360°" Pilot Movie(Subaru Global TV)

http://www.youtube.com/watch?v=Mc1w2-Jgv08

一瞬でも動いているアルシオーネを見ることができて感激

この企画、自分も応募した中の一人
応募から結末までの経緯を時系列で整理してみる

■2013/07/19
スバルのメルマガが届き「スバルのブランドムービーに出演してくださる方大募集!」とあった
これはアルシオーネを表舞台に出すいいチャンス
是非とも応募したいところ
ただ、7月12日に車検を兼ねた整備に入庫させたばかりだし、改造車両なのが不安
整備ではエンジンを分解する予定だけに車が戻ってこれるかどうか
車が戻ってきて応募したところで改造車はお断りって却下されるかも
と二重の不安要素

■2013/07/20
自分は却下されそうな予感がしたのでXAVIにも紹介
その後、REMIXさんから納車は間に合うとの連絡
これを受け、すかさず応募メールを送る

■2013/07/21
募集結果を待ちつつ出張へ

■2013/07/23
事務局から連絡が来て、参加意思を確認したく電話したいのだが、とのこと
おっ、これは!
でも、出張中だけに時間が見えない
しかも、電話なんかされたら国際電話扱いで双方に高額の通話料がかかっちゃう
更には携帯電話の調子も悪い
ひとまず帰国予定日をメールして様子見
取り敢えずは一次審査?には通ったということか

■2013/07/25
その後の数日間で数回のやり取り
文面から察すると出演が決定したような感じ
やった

■2013/07/29
納車日が8月3日に決まって撮影に間に合うことが確定
後はお色直しの時間がどれだけ取れるかだな

■2013/08/01
制作会社さんから、この動画がフランクフルトモーターショーで放映されると聞かされた
同時にYOU-TUBEでも公開されるとのこと
正に世界デビュー
期待が膨らむ

■2013/08/02
予定通り無事に帰国できて安堵

■2013/08/03
REMIXさんのところに車を取りにいく
REMIXさんも撮影に配慮してエンジンルーム外壁にこびりついた30年弱分の垢取りなど整備以外のことをしてくれた
改めてそのご配慮に感謝

■2013/08/04
撮影に向け、未だかつてないほど徹底的なお色直しを開始
この日から数日間、文字通り寸暇を惜しんで作業
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/376754313.html

■2013/08/13
撮影日当日
都内に行くのは嫌いだけど、自宅から357号→1号→目黒通りと簡単に行ける場所で助かった

撮影は監督さんに言われるがままにポージング
とは言っても、腕組んで立ったり、腕組んで座ったりしただけだけど
更には小芝居もさせられて小っ恥ずかしい限り

撮影は無事に終了
撮影の後、ぶつからない?ミニカー(XV)をいただいた


http://www.youtube.com/watch?v=m75HmwoXjxk

これ、興味はあったけど入手する機会がなかっただけに感謝感激

今回撮影した動画が公開されるのはモーターショー開幕に合せた9月10日とのこと
ほぼ、一か月後
待ち遠しさは正に一日千秋

■2013/09/10
フランクフルト・モーターショー開幕
YOU-TUBEからも動画のアップロードメールが来た
すかさず視聴
動画を観て驚く
この演出は一体ナンダロウ?
予想と違って、瞬間瞬間しか映ってない
予想してたのは、もっと長時間映って「顔が出ちゃって恥ずかしいなぁ、いやはや」ってな感じだったんだけど
これだと一時停止を駆使して自分を見つけるしかない
あの監督さん、こうしたかったんだな
ようやく撮影時の諸々が理解できた
(結果的に顔が出なかったのは好都合だったけど)

暫く何回も繰り返し観て落ち着いた頃、何台登場してるのか気になって調べてみた
・360:2台
・サンバー:1台
・レオーネ:1台
・アルシオーネ:1台
・SVX:1台
・レガシィ:5台(アウトバック含む)
・インプレッサ:11台
・フォレスター:5台
・BRZ:3台
・XV:1台
出演台数は31台なのかな

取材は日本、アメリカ、スイス、オランダ、フィリピンに行ったと言ってた
日本からは8台?
とりあえず世界の中の31人、日本の中の8人に選ばれたってことだな
人数的には自慢できそうな数字

それにしても、一時停止しないと自分を見付けられないのは、やはりちょっと残念
制作会社さんとのやり取りの中で「人前に晒す顔じゃない」って書いた影響(配慮?)か
カメラ目線のシーンばかりだったからな

とは言え、やはり動くアルシオーネが観れたのは嬉しい限り
出演できたのも貴重な経験だった
改めて、監督さんや制作スタッフの皆様に感謝

▼監督:ティム・ホワイト/Tim White(オーストラリア)
http://www.whitelie.com.au/

▼制作会社:kirameki inc.
http://www.kirameki.cc/

kirameki さんからは、この動画のDVDもいただいた
ALC_20131031_01.jpg
重ね重ね感謝


何度か観てる内に動画の説明に目が留まる
専用のサイトがあるらしい

▼Subaru 360°
http://subaru360-degree.com

これを読むと今回の動画はパイロット版だったらしい
本番では広く一般ユーザーから募集するようなことが書いてある
確かに動画のタイトルには”Pilot Movie”って書いてある
でも”Pilot”って運転手のことだと思ってた
スバルだけに”driver”ではなく、敢えて”Pilot(操縦士)”って表現したのかと
英語は難しいな

ちょうど、このことを紹介しているサイトがあった

■2013/10/29(clicccar)
ユーザー動画投稿の絆プロジェクト「SUBARU 360°」に参加しませんか?
http://clicccar.com/2013/10/29/234363/

性懲りもなく再び応募してみるか
でも、二度目となると却下されるのがオチだろうな
そもそも、人道的にこれから応募する方が優先されるべきだしな


動画出演の記念に自分が映ってる部分を切り取ってみた
やはり、どこから見てもカッコいい、と一人悦に入る

ALC_20130813_01.jpg ALC_20130813_11.jpg
ALC_20130813_24.jpg ALC_20130813_32.jpg
vlcsnap-2013-09-12-01h12m26s195.jpg

でも、オーナーの映り方はヘタレさ爆発だな
腕組んで立ってるのは外人さんにも居るけど、あちらは自分と違ってカッコよく映ってる
何が違うんだろう
とほほ
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

アルシオーネの整備系雑ねた


■2013/08/24
▼シフトノブにジョイスティックを流用
ふと、ジョイスティックを流用してシフトノブにできないかと思い立つ
ネットで調べてみると同じことを考えてる人が居た

elf_p34 さん/ロング・ロング・シフトノブ
http://blogs.yahoo.co.jp/elf_p34/50233416.html

ライフハッカー/ジョイスティックをマイカーのシフトノブにしてみた:ボタンはどうする!?
http://www.lifehacker.jp/2013/07/130718joystick.html

オートマならともかく、手動変速で使うには強度や剛性面で不安がありそう

■2013/08/25
▼屋外収納棚(単管パイプ
千葉県習志野市/ビバホーム(6m/2000円)

不動車に入れてある大量の物を移動させないと車の処分ができない
諸々考えると屋外に棚を作るのが最善っぽい

市販の物置を含め、木材で作成とか色々と考える
その中の一つが単管パイプの組み合わせ
相場を見に行くと大袈裟には高くない
今のところ最有力かも

■2013/08/25
▼ゴリラの手
http://www.carsensor.net/parts/ct_car_washing/wash_sponge/S00034322/?vos=dcsprmgm2012051106iw

こういうのが欲しかった
面白そう
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

アルシオーネ/富士重系雑ネタ


8月分を整理

■2013/08/10(Bloomberg)
「スバル」は利益率で勝負へ、台数追わず−富士重社長
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MR5K6I6JTSEI01.html

■2013/08/10(ヤフオク)
★CARTOPIA前身★【広報誌】富士重工 スバル No.25
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g124475894

こんな時代もあったんだな
1310円(2人/3入札)で終了

■2013/08/10(ヤフオク)
★カートピアの前身★【広報誌】富士重工 スバル No.26
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d144142552

こちらも1310円(2人/3入札)で終了

■2013/08/24(ヤフオク)
スバル レオーネ 社外 エアロ カタログ イギリスモデル
http://page16.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u53740537

ALC_20130824_01.jpg ALC_20130824_02.jpg ALC_20130824_03.jpg
※画像は出品者さんのを無断借用

アルシオーネが載ってる
おもしろそうだから入札してみたけど、いつもの方と競合
競り合うのも無駄っぽいので諦め
2400円/2人/2入札で終了

■2013/08/29(富士重/ニュースリリース)
スバル特約店 2013年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査自動車販売店部門において顧客満足度 第1位獲得
http://www.fhi.co.jp/news/13_07_09/13_08_28_2_91201.html

■2013/08/31
Old timer(2013年10月号)入手
SLOC代表からのメールで発売されたのを知って直ぐに購入

この日(↓)の模様が紹介されてる

▼レオーネ・オーナーズクラブミーティング(2013/06/15)
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/366480051.html

▼Old timer誌
http://www.oldtimer.jp/
「スバルレオーネオーナーズ 鞭を持たない猛獣使い」
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

アルシオーネのYou-Tubeねた


8月分を整理

■2013/08/02(xt subaru)
subaru leone turbo
http://www.youtube.com/watch?v=ZIVIA933Xuk

subaru leone turbo
http://www.youtube.com/watch?v=mi2hv9zmuC8

■2013/08/14(roverclassic440sale)
1988 Subaru XT XT6 Turbo 4WD - for sale in Staten Island, NY
http://www.youtube.com/watch?v=xuBiFrY2BUI

■2013/08/19(ASTY2000)
【MMD】瞳を閉じて feat.VY1V3

http://www.youtube.com/watch?v=PwQyq4z1vQ0

■2013/08/22(SubaruXT6)
Scubert Exhaust Probability
http://www.youtube.com/watch?v=tt7CkFnPSOg

■2013/08/23(airbusandmustangR)
Driving Over A Skunk
http://www.youtube.com/watch?v=fBK7YnzCjh0

■2013/08/27(ryan adams)
Nova ea81
http://www.youtube.com/watch?v=04lvsv-OUrc
http://www.youtube.com/watch?v=Kp49fo57xi0
http://www.youtube.com/watch?v=v-o_l4fJ9oY

■2013/08/27(SUBARUOnTube)
ガチャピンとムックも体感したスバルのクルマ! シンメトリカルAWD 編
http://gyao.yahoo.co.jp/special/gachapinmukku/

ガチャピン チャレンジ! 洗車篇
http://gyao.yahoo.co.jp/special/gachapinmukku/

■2013/08/31(unidon555)
Subaru 360 / スバル360 と飛行場
http://www.youtube.com/watch?v=AB5OTwMMT6I

■2013/08/31(tjani8)
Subaru Leone Turbo fuel cut

http://www.youtube.com/watch?v=nOroxqOJBGE
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

スバル系ミニチュアねた


■2013/08/09
アオシマから出るサンバートラック

▼サンバートラック キット化決定(2013/04/10)
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/363769534.html

確実に入手する為、先輩に頼んで予約してもらうことにした

■2013/08/11
本来の発売予定日は8月10日
しかし、ネットでは購入したとの紹介は一切なかった
この時、アオシマ文化社のブログを見ればよかったけど確認しないまま悶々としてたら、先輩から発売延期を知らされた
残念

※ この機会に調べてみたら9月末になったらしい

▼アオシマ文化のくまぶろぐ新
http://ameblo.jp/aoshima-kumablog/entry-11602610187.html
http://ameblo.jp/aoshima-kumablog/entry-11607620433.html
http://ameblo.jp/aoshima-kumablog/entry-11612316219.html
http://ameblo.jp/aoshima-kumablog/entry-11617089667.html
http://ameblo.jp/aoshima-kumablog/entry-11622111678.html


■2013/08/17
▼ヤフオク!:ダイヤペット スバル アルシオーネ イケダ オリジナル
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h179653145?wr=1

ALC_20130813_IKE_01.jpg ALC_20130813_IKE_02.jpg
※画像は出品者さんのを無断借用

これを見つけてXAVIメンバーにも知らせず、こっそり入札
7000円ってのは自分にとっては強烈な額
しかし出品されること自体が非常に珍しい
でも3人/5入札の9751 円で終了
入手できず
無念

【番外】
■2013/08/24(autoblog)
京商から、ドイツ生まれのスロットカー「Carrera(カレラ)」登場! 展示会で走らせてみた!
http://jp.autoblog.com/2013/08/23/kyosho-carrera-slot-car/

おもしろそうだな
アルシオーネを作って疾走してる姿を見てみたい
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

アルシオーネVXと中津スバル


(時系列で整理するはずが滅茶苦茶になってきてる)

■2013/08/18
中津スバル社長のブログにVXが紹介された
http://bfaction.exblog.jp/20208078/

相変わらず代田節炸裂
こちらは気にもならないけど、気に障った方も居るらしい
コメントに乱暴な書き込みがされてる

以下、抜粋引用 …………………………
Commented by 祝!BRZ GT300初優勝 at 2013-08-18 20:05 x
XTがお好きなのは結構ですが、あのボデーにレオーネと同じホイールベースはありえません。
ストーリーも何も北米で売れていた当時、セクレタリーカーが欲しいと云われてでっち上げたインテリアもエクステリアもただのなんちゃってクーペにしか私には見えません。
後姿なんてピックアップトラックかと思いましたよ。
四の五の云わんと、企業家ならご自分でレガシィの6気筒をBRZにでもWRXにでも載っけて売ってみればいいじゃないですかw
………………………… 抜粋終わり

社長の書き方をどう思おうと勝手だけど、ずいぶんとアルシオーネがお嫌いらしい

ホイールベースについては以前調べたことがある

▼アルシオーネのホイールベース(2012/09/22)
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/293084456.html

アルシオーネのホイールベースが変だと言うなら、当時の車で変じゃない車は何になるんだろうな
それに、レオーネを流用したことに何の問題があるんだろう
よく理解できない

内外装については以下に尽きる

▼CarStyling_19850731(2011/02/02)
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/183764078.html

この努力が「なんちゃって」と言うなら、この方が求める努力って相当なものなんだろうな
後姿がピックアップトラックに見えるのは、ご自由にどうぞ、って感じだけど

ここまでは良くあること
でも、気に障ったのは最後の部分

「四の五の云わんと〜」
中津スバル社長にそこまで強いるのって、よく理解できない
増してや、この方はそれが実現できるはずと考えてる辺りが凄いや
本気でこういうことを恥ずかしげも無く言える行動力に脱帽
(と言うかホントは閉口)
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

アルシオーネとスバル感謝祭(矢島工場祭)


■2013/08/15
この時期になると気になってくる矢島工場祭
まだ、bratさんのところでは紹介されてない
事情通の方に確認してみたけど、まだ決まってないらしい
なんでも、10月、11月の操業が決まってから空いている所に感謝祭を入れるらしい

■2013/08/26
事情通の方から連絡があった
11月3日(日)に決まったらしい

三連休の中日だな
参加し易そう
しかも、10月は中国への出張が決まってるから帰ってこれるタイミングで助かった

直ぐにbratさんに連絡(ハワイに居るらしい)
まだ工場からは連絡来ていないとのこと

次に、ぶらっと(壽)さんに連絡
ぶらっと(壽)さん用のプレゼントを、この場で渡す約束をしてる

ぶらっと(壽)さんも参加するとのことで、絶対に参加しないといかんな
油抜けショックを直して不安なく行きたいもんだ
 
 
posted by 五条銀吾 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

アルシオーネのコップ


■2013/08/25
ヤフオクに出品されてたアルシオーネのコップが落札された

▼1985年スバル アルシオーネ ALCYONE2+2 試乗記念SUSサーモカップ
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h161032578

振り返れば長い間、誰にも買われず、ひっそりと出品し続けられてた

▼アルシオーネのコップ(2010/05/20)
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/150486016.html

この時の価格は4,210円だった
3年の間に徐々に価格を下げて1,500円で終了

で、この落札者さんが、コレで競り合ってた人だった
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/376241069.html

アルシオーネオーナーさんなのか
スバルグッズマニアさんなのか

そして話は更に続く
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

アルシオーネの文房具セット


■2013/08/23
ヤフオクに「アルシオーネの文房具セット」なるものが出た

▼アルシオーネの文房具セット中古キズ汚れアリ
http://page16.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u53697999

ALC_20130823_01.jpg ALC_20130823_02.jpg
※画像は出品者さんのものを無断借用

以下、抜粋引用 …………………………
スバルの絶版車アルシオーネのロゴがプリントされた文房具セットです。
販促品だと思います。
袋は加水分解が始まってちょっとべとつきが出ています。
筐体はホコリのため、汚れがあります。
中の糊はもう固まって使用不能です。
オブジェかコレクションとしてアルシーネマニアの方、どうでしょう?。
長野県からヤマト運輸宅配便送料着払いのみで発送します。
………………………… 引用終わり

これは初めて見る物

XAVIの皆には黙っておいて、こっそり落札しようと思ってたけど、競合さんが出て上乗せされてしまった
見ている人って居るもんだな

一回だけ増額入札して、もしやと思う
もしかしてXAVIメンバーかも?

居たら諦めますよとMLに投稿
メンバーさんでなければ、頑張っちゃおうかなんて思って挑もうとした矢先、るるるぅさんから直電が入る

どうやら、こちらが思う額以上で入札する気らしい
こちらが思ってたのは500円

最終的に競合さんとるるるぅさんで競り合って1,600円で終了
こんなものに1,600円とは

色々なものが収集癖の対象になるもんなんだな
恐るべしマニア魂
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

アルシオーネのACTIVE TORQUE SPLIT


■2013/08/17
アルシオーネ再生中のメンバーさんからMLに質問メールが投稿された
ドアに貼られている「ACTIVE TORQUE SPLIT」のステッカーは貼られているのが正しいのか?

このオーナーさんの車はVR/AT/1988年式(D型)
「ACTIVE TORQUE SPLIT」があるらしい

以前、オーナメントについて調べたことがある

▼アルシオーネのグレード識別点(2011/11/30)
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/236748049.html

これを見てもよくわからないな

結局、このオーナーさん自身がパーツカタログで調べて解決

D8709から開始されてた
D8707からのものは無し

MT仕様はACTIVE TORQUE SPLITじゃないから、もしかしたらD型改変でAT仕様は2ヶ月遅れだったのかな?

ちなみに
碇さんからもこのステッカーのデザインについて投稿があった
直に聞けるなんて夢のようだな
 
 
posted by 五条銀吾 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

アルシオーネのYou-Tubeねた


7月分を整理
※ 対象はアルシオーネ、レオーネ、EA型エンジン他

■2013/07/04(webmonkees さん)
Subaru: Other
http://www.youtube.com/watch?v=WnG4tUyX8b8

■2013/07/12(iamdjtask)
1987 Subaru Vortex XT AWD Turbo - Video 01

http://www.youtube.com/watch?v=cxfiZI9mQrQ

■2013/07/12(Erez Gal さん)
השקה סובארו 83 במוסך דרך השטח 12.7.13
http://www.youtube.com/watch?v=EhSbsnERkjE
※ 翻訳すると「エリアを通じて83スバルガレージ水」
PINK SUBARU的な?

■2013/07/15(airbusandmustangR さん)
Toyota Tercel Inclinometer
http://www.youtube.com/watch?v=RL8lKOMhfZY

■2013/07/16(HellTriX Winchester さん)
Xt6 Walkaround and start
http://www.youtube.com/watch?v=kxkgbAVe9qU

■2013/07/22(jetnever さん)
Subaru XT мёртвый впрыск
http://www.youtube.com/watch?v=nhFmjyeqwgc
よく見るとリアフォグっぽいのがある
輸出仕様には内蔵式があるのかな

■2013/07/22(jetnever さん)
Subaru XT
http://www.youtube.com/watch?v=E8cAIcnXivk
ハザードランプスイッチが赤いな
これも現地仕様なのかな

■2013/07/23(SubaruXT6 さん)
Scubert Reaches 138,500 Miles !
http://www.youtube.com/watch?v=vHwVMHK9rBs

■2013/07/24(SubaruXT6 さん)
Scubert 138,503 Miles what does this mean ?!?
http://www.youtube.com/watch?v=fnvA0si3yBE

■2013/07/27(SubaruXT6 さん)
Just for Kicks UEL & Scubert
http://www.youtube.com/watch?v=zjBydiNOMPY

■2013/07/31(HellTriX Winchester さん)
Sundown SA-12 1000W rms
http://www.youtube.com/watch?v=GXkUMow4I9s
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

アルシオーネとCARTOPIA(1985年11月号)


rairalusea さんから戴いたCARTOPIAデータ
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/366889437.html

アルシオーネが販売されていた当時のものだけあって興味深い記事が多い
アルシオーネを中心に気になった記事を抜粋引用

CARTOPIA_198511_161_01.jpg
CARTOPIA(1985年11月号/161号)

CARTOPIA_198511_161_08.jpg

CARTOPIA_198511_161_10.jpg

CARTOPIA_198511_161_12.jpg
香港〜北京に先だつこと3週間前の、8月24日〜30日に開催された「ウィンズサファリラリー」に、高岡ネ羊郎がアルシオーネで挑戦した。
これはオーストラリアのシドニーからダーウィンまで5600kmを走破するオフロードレースで、ウィナーは三菱のA・コーワンだった。
アルシオーネも、写真のように果敢なチャレンジを見せたのだが、惜しくもリタイヤ。

CARTOPIA_198511_161_14.jpg
【CARTOPIA PRESS】
京都・アルシオーネに人気
秋のモーターショー
 京都スバルなど、京都の自動車販売会社が、新型国産車や外車、バイクを一堂に集めて「'85京都秋のモーターショー」(主催・KBS京都、後援・京都府、京都市、京都新聞社など)を開催しました。
 九月二十八日、二十九日の二日間、市内宝塚の国立京都国際会館イベントホールの会場には、二十二社六十数台のクルマが展示されました。
 入場料は無料、しかも会場内では、コンピューターゲーム、ゴルフクリニック、抽選など楽しめるコーナーもつくられ、また、KBSラジオの生中継も行われました。
 京都スバルでは、いま話題を呼んでいる、4WDアヴァンギャルド・アルシオーネを始め、レオーネ、レックスなどを展示。
なかでもアルシオーネの人気は高く、クルマに乗り込んでフィーリングを確かめる人が続きました。
二日間の入場者は、約三万五千人、京都では初めてのモーターショーも、大きな盛り上がりを見せて終わりました。
 京都スバル自動車株式会社 京都市南区吉祥院石原堂ノ後西町五

CARTOPIA_198511_161_24.jpg
【AROUND THE SUBARU】
国王からラリースト、スキーチームまで、スバルの活躍の場はさまざまです
 「カートピア」の読者なら、すでにご存知のように、世界各国で活躍し、高い評価を得ているスバルの4WD。
今月は、オーストリアとオーストラリア、ちょっと混同してしまいそうなこの二つの国から届いた話題をご紹介しましょう。
ヨルダンのフセイン国王 4WDターボオーナーに
 スバルオーストリアでは、ヨルダンのフセイン国王用に、スバルステーションワゴン1.8L4WDターボを納車しました。
このクルマは国王の個人用としてご自身が運転されるとか。
一年の半分をウィーンに滞在するフセイン国王にとって、スバルはよきパートナーとして大活躍することになるでしょう。
それにしても、スバルの4WDを個人用のクルマに選ぶあたり、よほどフセイン国王はクルマに詳しいとみえる!?
写真@は、在オーストリアヨルダン領事・プロバニック氏(左)にキーを渡す、スバルオーストリアのブローダー氏です。

CARTOPIA_198511_161_28.jpg
【読者の掲示板】
■ホイール+タイヤ譲ります
 アルミホイール−−ザ・ニューシリーズはフロントハブを交換して取り付け、オールニューには使用不可。
タイヤ−−ブリジストン310ターボ、七〇%プロファイル、八部山。
A33型フロントハブ。
以上をセットで五万円にて。
近県の場合は届けます。

CARTOPIA_198511_161_32.jpg
【LADIES SALON】
"アルシオーネって、女性によく似合う車ですね"
中村啓子さん
 アルシオーネは女性に似合うという声を、最近よく耳にします。
実際に街中を走るアルシオーネを見ていると、けっこう女性ドライバーが多いんですね。
スタイルもどことなくフェミニンだし、なるほど確かに女性にピッタリの車。
みなさんとても素敵に乗りこなしていらっしゃいます。
今月はその一人、東京都の中村啓子さんに、アルシオーネの魅力を語っていただきました。
▼まずスタイルに感動した
「今年の一月頃だったか、カー雑誌にアルシオーネのスクープ記事が載ってたんです。
性能のことはよくわかりませんでしたけど、写真を見て、もうスタイルに感動しましたね。
これだ!!っていう感じで、ずーっと日本で発表されるのを待ってたんです。
で、六月初めの展示会に行って、実物見てますますスタイルが気に入りましたね。
それに、乗ってみたら、もうすごい気持がいいんですね。
静かだし、室内がゆったりしてるでしょう。
で、すぐに決めたんです。
届いたのが七月に入ってすぐですから、ものすごく早かったです。
まだ走ってるの、見たことなかったですね。」
▼目立つ車に乗るって快感
「ほとんど自慢話になっちゃうんですけど、納車された日にガソリンスタンドに行ったんですよね。
そしたらスタンドのおにいさんたちが、ハッとして、目を丸くさせて全員出てきて『あっ、これがTVで見たアルシオーネか』っていう感じで見られちゃって。
高速道路のサービスエリアとか、駐車場なんかでも、『いい車ですね』とか『乗り心地はどうですか』とか、どっかから声かけられます。
 目立つせいか、高速道路走ってても、割とスンナリ前をあけてもらえますね。
あと、うしろから追いあげてくる車がいるから抜くのかな思ってると、ピターッと横に並んで見るんです。
逆に前走ってても、左にどいて並んで見たりされることが多いですね。
かなり注目される車です。
 ハデな車に乗りたいという意識はなかったんですけど、乗ってみて注目されると、すごく嬉しいです。
目立つ車に乗るって、快感ですね。
やっぱりみんなどこかで目立ちたいという願望が、あるもんなんじゃないですか。
アルシオーネに乗っていると、スター意識みたいのが出てきちゃいますね。」
▼初心者こそ4WDが安全
「アルシオーネだと、高速走ってても、スピードが出てる感じがしないんですよね。
買った時にもセールスマンの方から、ちょっと踏んだだけでスピードが出るんだから、くれぐれも気をつけるように、百キロ以上出さないように、って言われたんですけど、つい出ちゃいますね。
時々気がつかないうちにスピードが出てるんで、ハッとすることありますよ。
走ってる時の感じよりも、実際は二十〜三十キロぐらいスピードが出てるんですよね。
静かだし、4WDだからすごく安定しますからね。
 アルシオーネの前は、FFのレオーネセダンに乗ってたんです。
その時よく友達から『スバルなら4WDにすればよかったのに』みたいなことを言われてたんです。
それで、アルシオーネは4WDを選んだんですけど、乗りこなせるかなって不安がありましたね。
でも、4WDにしてみて、逆に運転が未熟な人こそ、乗って安全だなっていうのが実感です。
山道なんかコーナリングがいいですし、スリップもしませんし、ブレーキの効きが早いでしょう。
本当に4WDにしてよかったな、って思います。
 あと、車高が自然にコントロールされますでしょ。
上り坂になると、お尻があがってきて、いつも水平にしようって保ってくれて。
あれは感動しますね。
いつもよく働いてくれて、おりこうだなって。
コーナリングの時も車が斜めにならないから、より安定するんですね。
だからスタイルだけで選んだにしては、乗ってみて性能的にも想像以上に良かったと思ってます。」
▼週末はほとんどドライブ
「アルシオーネはスポーツタイプの車ですから最初はどっちかっていうと男性向きなのかな、って思ってたんですけど、意外に女性に似合う気がするんです。
友達もアルシオーネを街で見かけると、みんな女性ドライバーだって言ってます。
スタイルが女性好みですものね。
私は特に前よりもうしろ姿が、何か気に入ってます。
 アルシオーネにしてから、ほとんど週末はドライブです。
長距離を走ってもラクですね。
本当に、走るのが楽しい車なんです。
ですから金曜日の夜遅くまで仕事があっても、その足でドライブに出かけること多くなりました。
まだアルシオーネに乗り始めて三ヵ月ですけど、清里、八ヶ岳、伊勢志摩、九十九里……随分出かけました。
レオーネに乗ってた時にもたまには長距離走りましたけど、こんなにドライブが好きで趣味になっちゃったのは、アルシオーネになってからですね。」

◎中村啓子さんは『俳協』所属のナレーター。
TVのCMやラジオ、ビデオ、スライドなどのナレーションが主な仕事で、「この間も一日にスタジオを五本かけもちしました」という売れっ子。
現在放映中のものでは、宇津救命丸やマクドナルドのCMに声で登場している。
ナレーターという仕事は、一回一回集中できるし、変化があって飽きないという。
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

アルシオーネとCARTOPIA(1985年10月号)


rairalusea さんから戴いたCARTOPIAデータ
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/366889437.html

アルシオーネが販売されていた当時のものだけあって興味深い記事が多い
アルシオーネを中心に気になった記事を抜粋引用

CARTOPIA_198510_160_01.jpg
CARTOPIA(1985年10月号/160号)

CARTOPIA_198510_160_12.jpg
【CARTOPIA PRESS】
アメリカの'85マイカー満足度調査でスバル、またしても第二位を獲得!!
 八月中旬に発表された、米国の乗用車満足度調査によると、もっとも評判の高い車は西ドイツのメルセデス・ベンツで第二位にスバルがランクされた。
 この調査は、カリフォルニア州にある自動車調査会社J・D・パワー・アンド・アソシエーツ社が、二万人を対象に十二〜十四ヵ月間保有の乗用車について行ったもの。
オーナーの満足度を指数で表したのが左の表で、一位のメルセデス・ベンツが一五九、二位のスバルが一四一、三位のトヨタが一三六という満足度指数。
 スバルは、'82が五位、'83年が三位、'84年が二位、そして今年も二位という高い評価を得たわけで、スバルファンにとっては何とも嬉しいニュースだ。
なお、対象車種は'84年モデルだから、日本での呼び名でいけば、ザ・ニューレオーネ・シリーズということになる。
……………………………………………………
画期的な車ですね、乗る気にさせる車ですと読売巨人軍の原辰徳選手、アルシオーネに
 「チーム内でも話題の的ですよ」と原選手。
8月中旬、納車されたアルシオーネVRターボを前にして、原選手の口調は軽快だった。
原選手は、すでにアルシオーネを試乗したことがあるそうで、「とにかく画期的。乗る気にさせてくれる車ですよ」と言う。
撮影は、小田急相模原駅近くの『サム・スポーツクラブ』の駐車場で。
後方のドミンゴには、同クラブのステッカーが貼られていた。

CARTOPIA_198510_160_27.jpg
【CARTOPIAN PLAZA】
アルシオーネで優越感
静岡県 ○○○○さん
 スバル信者になって五年。
四十六歳のカーキチです。
四十三年のサニーGLを第一号車に、次がカローラSLツインキャブ。
その後六台のマツダ・ロータリー車を乗り継ぎ、五十五年から4WDの信者となりました。
 レオーネ4WDエステートバン、ワゴンと乗り、五十七年に4WDRX。
RXに替えてすぐにスバルXT発売の噂を耳にしました。
この時、次期ターゲット車は決まったのです。
そして待つこと一年半、長かったですね。
一年半も待った車は他にはありませんよ。
 予想通りのニューカーです。
アルシオーネ……名前がまた良いですね。
このアルシオーネで、私の車歴も十二台になりました。
先日、妻が近所の主婦に言われたことですが、「お宅のダンナ様、外車に替えたの?」妻「いーえ、スバルです」「え〜っ、スバル!?」…とまあ、こんな調子のようでした。
 どこを走っても目立ちます。
どこへ止めても目立ちます。
先日も信号待ちの時、車の外から声をかけられまして「走っているアルシオーネを初めて見た」と言われました。
 アルシオーネはやはり高速向きですね。
無理のない、落ち着いた気持ちの良い走りです
(うまく表現できなくてごめんなさい)。
空力ボディのおかげですね。
空力がいかに重大か、改めてわかりました。
 追越しの車もしばし同じスピードで走り、こちらを見ています。
リアシートの人たちが、振り返って注視し続ける車もよく見かけます。
優越感だな−−
 街中より高速走行の時のほうが、周囲の視線を集めるようです。
やはり高速の広々とした風景に合うみたいですね。
最後にアルシオーネ製作スタッフ、特にデザインされた方々に感謝してペンを置きます。

◎アルシオーネオーナーの方からの、初めてのお便りです。
自分の車が注目を集めるというのは、オーナーにとって一つの快感ですが、その点さすがアルシオーネ、目立ち度は抜群なようです。
注目を集める美しいスタイルに負けないよう、美しい走りを心がけなければなりませんね。

CARTOPIA_198510_160_33.jpg
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

アルシオーネとCARTOPIA(1985年09月号)


rairalusea さんから戴いたCARTOPIAデータ
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/366889437.html

アルシオーネが販売されていた当時のものだけあって興味深い記事が多い
アルシオーネを中心に気になった記事を抜粋引用

CARTOPIA_198509_159_01.jpg
CARTOPIA(1985年09月号/159号)

CARTOPIA_198509_159_03.jpg
【SUBARU 4WD】
14回目の秋を迎えたスバルの4WD
乗用車4WDのパイオニアはスバル、とはよく言われるところですが、そのスタートは昭和47年9月1日、FF方式に後輪駆動をプラスした、レオーネ4WDエステートバンを発売しました。
その日から、早くも14回目の秋を迎えます。
今月の特集は、スバルの4WDが切り拓いてきた軌跡を振り返ってみながら、さらに大きな飛躍を期待したいと思います。
昭和60年5月に誕生したアルシオーネは、スバル4WDの最も新しいモデルだ

CARTOPIA_198509_159_04.jpg
独創と先進のスバル4WDにいち早く熱い視線をなげかけた人って、やっぱりスゴイ
 4WDといえば、オフロードを走るジープタイプの車という常識を破って、全く新しいジャンルを切り拓いたのがレオーネ4WD。
だが、誕生して数年間はユニークなるが故に異端児扱いされたこともあり、一方では、スバルの4WDは新しい車を示唆するものだという声もありました。
そして、評価は(残念ながら)いち早く外国に於て大いに高まった。
その代表的なものが、昭和五十年十月発行の『AUTOCAR』(英国)でした。
「東洋のシトロエンと言われ、独創的な前輪駆動車を生み出したスバルは、従来のFF方式に後輪駆動を加えるという独自のアイデアをかもし出した。
レバー操作ひとつでオフロードカーに変貌するのである。
しかも、4輪駆動車は、大きく、高価で、燃費が悪く、さらに一般路上での接地性に乏しいという欠点がある。
しかし、スバルスーパースター(レオーネ4WDバンの米国名)には、このような弱点はひとつもなく、一般路ではゆったりとして5ドアバンであり、そのFF方式は良好な操縦安定性を提供してくれる。
この独創的なオールラウンドなファミリーカーを見るにつけ、ヨーロッパのカーメーカーはスバルを参考にして、大衆車への4輪駆動の応用が強く望まれる」
……………………………………………………
昭和46年のモーターショーに参考出品したのがスバル1300G 4輪駆動バン。
『プレイドライブ』誌は、次のように伝えている。
「これを見なかった人は、'71年モーターショーの最大作を見逃したことになるのだ。
(中略)
PDは断言する。
この車はファーストカーとして立派にその役目を果し、かつクルマの新しい力とそれによって知らされる新しい世界を、おまけというにはゼイタクすぎるおまけを与えられるだろう。」
……………………………………………………
49年のモーターショーでレオーネ4輪駆動バンをご覧になる皇太子殿下。
この年の5月から4WDの輸出を開始。
年々4WD比率が高まっていく
……………………………………………………
50年のレオーネ4WD販売台数は国内3705、海外8420.
翌年はこの差が更に広がり海外は15,000台に迫った
……………………………………………………
スバルの4WDは海外でまず高い評価を得た。
特にアメリカでの人気は凄く昭和52年10月には、対米輸出用4WD車・ブラットの発売が開始されブームを呼んだ
……………………………………………………
写真家の並河萬里さんは、中近東の遺跡を取材する足として「青豆号」と名づけたレオーネ4WDを愛用
……………………………………………………
プロスキーヤーの三浦雄一郎さん、音楽家の芥川也寸志さん、写真家の前田真三さんなど著名人に4WDオーナーが増えたのも53年頃からだ。

CARTOPIA_198509_159_06.jpg
本誌55年5月号のインタビューに登場していただいた芥川也寸志さん。
「この車があると遊びたくなる」
……………………………………………………
本誌55年11月号に登場の宍戸錠さん。
「男は死ぬまで4輪駆動でありたい、とこう思うわけですよ」
……………………………………………………
本誌55年5月号のインタビューで作家の豊田有恒さん
「スバルの4WDに乗っておくべきだと思った」
……………………………………………………
本誌56年5月号に登場の小沢征爾さん。
日本に帰った時はレオーネ4WDに乗り、やはり車好きのカラヤン氏にレオーネ4WDを薦めたという話は有名?
  ※ http://hj-tsubo.seesaa.net/article/272345442.html
……………………………………………………
56年11月、ついに日本初の4WDオートマチックが誕生

CARTOPIA_198509_159_08.jpg
57年3月、レオーネ4WDセダンは極寒のアラスカを走った。
北極海のブルドーベイへ乗用車が入ったのはスバルが初めてであった。
……………………………………………………
59年10月16日、スバルの4WD車生産累計は遂に百万台を突破した。
……………………………………………………
60年6月、スバルの新しい星・アルシオーネ誕生。
最新のエアロフォルムをまとった4WDアヴァンギャルド。
独創と先進のスバルから、世界初の2プラス24WDスペシャルティ
……………………………………………………
 昭和五十九年十月、スバルの4WD車生産は遂に百万台を突破しました。
 昭和四十年代の"FFの時代"から、昭和六十年代は"4WDの時代"へと着実に進んでいます。
かつて、FF時代をリードしたスバルは、いままた、4WD時代をリードして乗用車4WDの道を切り拓いてきました。
この道は、さらに大きく、さらに広がっていくことと思いますが、いつまでも楽しみ多く歩んでいきたいものです。
そして、4WDならやっぱりスバルです。


CARTOPIA_198509_159_16.jpg
【CARTOPIA PRESS】
『ウィンズ・サファリ'85ラリー』に出場するアルシオーネ、シドニーへ向かう
 オーストラリアで開催される第一回『ウィンズ・サファリ'85ラリー』に出場するアルシオーネとレオーネが、七月二十四日、横浜・本牧埠頭からシドニーに向けて船積みされた。
 このラリーは、メルボルン〜ダーウィン間六000キロを六日間(八月二十四日から二十九日)で走り切る、パリ・ダカールラリー同様の耐久ラリー、
今回初登場のアルシオーネは、VRターボをベースに、クラス2(量販市販車の4WD)仕様にまとめられ、高岡ネ羊郎選手がドライブする。
なお、九月十五日〜十九日の『香港・北京ラリー』は、レオーネ4WDRXターボで高岡ネ羊郎、立松和平組で出場予定。
……………………………………………………
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする