2013年11月08日

アルシオーネの整備


9月分を整理
と言ってもほとんど何もしてない
整備的な情報も含めて整理

■2013/08/18
▼XT6のステッカーを撮影

ALC_20130818.jpg

昨今の痛車ブームでステッカーの製作が身近になった感じ
多色刷りも特殊なものではなくなった感じ
自身のオプションステッカーも含め、諸々のステッカーの複製が可能かもしれない
データだけでも取っておくのがいいかもしれない

■2013/08/31
▼ガソリンフィラ―キャップ
メンバーさんからガソリンフィラ―キャップを探しているとの投稿があった
給油口からガソリン臭がするらしい
ディーラーに問い合わせたら「在庫無し」とのこと

パーツカタログだと改変があったみたいだけど互換部品
変更内容は不明

【フィラキャップAY】
42032 GA090 : A8506 - B8605(AX4,AX7)
42032 GA091 : B8606 - F9108(AX4,AX7,AX9)
※互換条件/2:互換部品の使用もできます

そう言えば、自分のもどこからともなくガソリン臭がする
同じ症状なのかな
自分のVRとVXのキャップを確認してみる

ALC_20130901_フィラキャップ.jpg

外観的には違いはわからないな
パッキンの減りも変わらない

その後、皆から実装情報が投稿された

【SVX】
42032 AA000 199109-199112 (EG33D)
42032 KC000 199201-199611 (EG33D)

【インプレッサ】 GC 1992-2000
42032 AC020
42032 FA000

【レガシィ】(先々代)

結局ヴィヴィオのにしたらしい
42032 FA000

金額的には2千数百円とのこと
自分も替えてみるかな

■2013/09/08
▼リアのワイパーブレードとゴムを交換
ゴムが切れて一時期、ゴムごと外してた
窓への攻撃性も不安になったので重い腰を上げる
ブレードとゴムはこれまで溜め込んできたものの中から良さそうなものを選択
純正からBOSCH、長さが短いものなんかもあった
交換後、快適な拭き心地となって気分がいい

■2013/09/11
メンバーさんからシートの表皮が切れてスポンジがボロボロとの投稿があった
最初は社外品への換装情報が主だったけど、イギリスのメンバーからお金をかけない修復法が紹介された
座面脇の部分が切れたものについては助手席の表皮と入れ替えることで解決できるとのこと
確かに、乗り降りする時に目立つシート脇の切れ目も入れ替えてしまえば全く見えなくなる
AWDオートさんに差し上げる予定のシートも切れ目が目立つ

P5030006.jpg

入れ替えた上で差し上げた方がいいな
(それにしても、既に数ヶ月放置しちゃって申し訳ない限り)

■2013/09/14(Response)
【DIYショー13】クルマのキズ対策は“補修"から“予防"へ…武蔵ホルト
http://response.jp/article/2013/08/30/205345.html

傷が数分で元の状態に戻る「ボディプロテクション・クリアペイント」とはなんだろう?
 
 
posted by 五条銀吾 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

アルシオーネの整備


8月分を整理

REMIXさんの車検整備が終わって快適
色々と融通を利かしていただき感謝
でも、ドクに続き、またしても赤字作業を強いてしまい申し訳ない限り

懸念だったHLAは新品に交換
これでも鳴るようであればHLAが埋まる外側が減ってるってことになるらしい

ある事情により、未だかつて無いほどに綺麗に磨き上げる

■2013/08/02
▼不動車をお持ちのメンバーさんにドア交換を相談
とりあえず保留

■2013/08/03
▼車検整備
別途整理が必要だな

■2013/08/04
▼マフラー抜け重視モードに変更

■2013/08/04
▼カッティングシート入手(赤・黒)
オプションステッカーの剥がれ、色褪せ補修用
200mm-750mm/ジョウフル本田(@75円)

■2013/08/08
▼会社の駐車位置を夏モードに変更
南側に背を向けて、後ろ窓のスモークで日差し対策

■2013/08/10
▼チッピング部のタッチアップ
塗料の粘度が高く凸になった
→完全乾燥したらペーパーあてが必要っぽい

▼ドア部の内壁など水垢取り

■2013/08/11
▼タワ−バーベース部の塗装(白)

▼エンジンルーム内水垢取り
REMIXさんがかなりの範囲を綺麗にしてくれた
残りの細かいところはこちらの作業
でも、頑固な汚れに頓挫

▼ボディ水垢取り
全身傷だらけに驚愕
左ドアは塗装のヒビ割れが結構な面積に広がってた

▼前スポイラ取外し/カス除去/鉄芯の変形修正

▼タイヤ到着
ブリヂストン/Playz PZ-1 205/50R15(送料込み10736円)

■2013/08/12
▼タイヤ組換
千葉県白井市/TAKAオート(5250円)

▼ステッカー採寸/切出/貼付
右前の赤色部、左ドアの黒色部

▼前スポイラに白色テープ貼り

▼前スポイラ取付

▼前バンパー/ワックスカス除去
ポリメイト塗っただけ

■2013/08/13
▼洗車

▼タイヤ洗浄
サンエスK溶液でねっちりと

▼モール用白色テープ買出し
ダイソー(105円)

▼モール白色化

▼内装にポリメイト

▼ステッカー採寸/切出/貼付(右後)

▼センターナット増し締め
右前/30度くらい締まった
やはり緩んでた

▼タイヤ交換(193,545km)

▼ふくピカ
ダイソー(105円)
洗車した翌日に使ってみたら砂が付着してて汚れが引き伸ばされた

■2013/08/25
▼ストップランプ交換(左後)
12V23W5
千葉県習志野市/ビバホーム(305円)

■2013/08/31
▼風呂用洗剤購入
ダイソー(105円)
水垢にはコレかと閃いたがどんなもんだろ
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

アルシオーネの整備


7月12日の車検満了日が迫ってきて諸々行動開始

■2013/06/29?
最寄のディーラーに車検の相談
ディーラーとは普段のお付き合いがあまりない
車検くらいは利用して顔をつないでおきたい
ところが、まずは見積もり用の入庫をと言われた
部品が手に入らない場合のお断り用調査か
それとも、単純に部品調達発生時の長期入庫を避けるためか
地元のスバルは他店に比べて狭いから仕方ないんだろうな
警戒感をひしひしと感じるけど、とりあえず予約を入れる

■2013/07/02
車検に対しての懸念事項を整理
目立つところでは
・マフラー
・シフトパターン

まずは抜け重視仕様のマフラーを標準仕様に変更
変更後に試乗すると低速でのトルクが増して乗り易さを実感
これはこれでいい感じ

でも、エンジンの音が小さくなって寂しい限り
排気音が静かだと車を運転してる感じがしない
しかも、今まで排気音で聞こえなかったのか、駆動系からの異音が聞こえるようになった
常に、ゴーッって音がしてるし、ハブ周りからなのかハンドルの角度によっては微かにギシギシ音が鳴るところがある
状態の悪いベアリングがありそうな感じ

併せて、今回は何としてもHLAの交換を実施したい
しかし、ディーラーでの作業には若干の不安がある
XAVIメンバーのREMIXさんに相談メールを入れる

■2013/07/03
車検見積もり調査でディーラーに行く
結果は全部で23.3万円
ブーツ切れ二カ所や各所オイル漏れなどなど
毎回20万は覚悟してるけど今回はちょっと高めだな

以下、特記事項
・シフトノブを変えたのでシフトパターン表示が必須
・固着したライトスイッチの代わりに使ってるトグルスイッチにライトのマークが必要
 (前回は指摘されなかったけど厳しくなったらしい)
・ヒビ割れタイヤは車検は通るけど交換を推奨

とりあえず、車検自体は受けてもらえそうな状態

帰宅後、シフトパターンについてネットで調査
ノブ自体に表示がなくても周囲に表示してあればいいみたい
ノブの表皮に焼印するしかないのかと色々面倒な手段を考えてたけど気が楽になった
とは言え、こんなものに金を出すのも勿体ないので自作も検討

■2013/07/05
ヤフオクに出品されているシートベルトの終了が迫る
http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p348714763

今はバネが弱まって非常に戻りが悪い
入手しておきたいところだけど、他に欲しい人も居たはずなんで断念
でも、結局、入札はなかった
まぁ、まだ使えるし、VX号からの移植が本来の案だからよかったのかも

■2013/07/06
買い物のついでに印西市のオートバックスでシフトパターンを物色
あいにくの売り切れ状態
店員さんの話では車検の関係でよく売れるとのこと

■2013/07/07
柏市のスーパーオートバックスでシフトパターンを物色
売ってたのは1000円超えのと700円弱の二種類
700円弱は最後の一個
ちょっと悩んで、売り切れると手遅れ、また来るのも面倒だしで、結局購入
ALC_20130707_ShiftPattern.jpg
ナポレックス製/LZ-01(609円)

■2013/07/08
REMIXさんから、エンジン分解に合わせて交換しておきたい部品一覧が届いた
部品代だけでも結構かかる
めまいがしそう
とは言え、小金をけちったのが原因で故障して、結局、大出費になるのも愚の骨頂だしな

部品によっては在庫数が数個しかないものもあった
取り急ぎ、在庫の少ない部品の先行手配を依頼
他の部品については前回のオーバーホールで交換したのもあるかもしれない
交換要否は分解後にREMIXさんの判断に委ねることにした

REMIXさんからは「部品在庫数の少なさに、もっと危機感を持った方がいい」と言われた
そういう時代になってるってことだな
個人で無意味に買い漁ってもしょうがないけど、入手できる内に確保しておくのも大事
難しいバランスではある

この日、入庫日まで日にちが無いことに焦る
REMIXさんの定休は水曜
こちらは車検満了日と週末に有給休暇をと考えると12日がいい
三連休の前の日に有給休暇は気まずかったけど無事に承諾を得る

シフトパターンを貼った
ALC_20130707_ShiftPattern_02.jpg
シフトの周囲にあるゴム部品の右後方部
取って付けた感が激しくカッコ悪い
やはり、ノブに焼印がいいな

■2013/07/09
何かで前後のブーツが共用できると書かれていたのを思い出して型番を調査
・前外:23222 GA112
・前内:23222 GA120
・後内:23222 GA220
・後外:23222 GA220
番号的には共通じゃないな
寸法的には共用できるということだったんだろうか?
とりあえず保留

■2013/07/12
車検満了日/入庫日
群馬のREMIXさんに遠征

10:15に出発して14:00に着だから4時間弱か(途中、渋滞が結構あった)
到着後、諸々相談、懇談(御指導、御鞭撻)
ドクに続き、少ない費用で費用以上の作業を強いてしまうことになりそうで申し訳ない限り

帰りは東武鉄道のりょうもう号
特急だけど普通電車で乗り継ぐよりも安いし、何より乗換一回で自宅まで帰れるのがいい
電車って乗換が不安で苦手だけど、これなら引き取りの時も楽だな

■2013/07/18
中国出張の日程が7/22(月)〜8/2(金)で決まった
この間、連絡が取り辛くなるとREMIXさんに連絡
これにより引き取りは最短でも8/3(土)となるので、ゆっくり作業をと伝える

(2013/07/22-08/02) 中国出張

(2013/07/26) 重大な連絡が入り震撼、諸々対応を開始

■2013/07/29
REMIXさんから仕上がったとの連絡
予想もしない作業の早さ
ラリーの現場で染みついた癖だろうか
これで帰国翌日の8/3に取りに行ける

御礼と共に、板金について相談
今は遠目にもわかるほど凸凹してる
・右前フェンダー先端の凹
・左ドア中央部の引っ掻き凹
・左ドアの後ろのパネルの凹
自宅近くにもデントリペアの店があるけど相場もわからないし、なかなか入り辛い

■2013/07/30
板金の見積もりは取消と連絡
ネットで調べてみたら100mmで1万円コース
自分のじゃ相当かかる
今回の整備費用以上は到底捻出できない
近所の板金屋がよほど安いか、ツケが利くかじゃないと無理だな
とほほ
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

アルシオーネの整備


6月後半分は整備作業無し
代わりにダイソー買い出し品のアルシオーネ整備系を整理

■2013/06/22
▼トリマリンシート(4枚)/420円
TOO_20130622_02.jpg

前回入手したのも使ってないのに、またもや買ってしまった
これで更に細かい井桁にできる
早めに加工に入りたいところ

▼醤油チュルチュル(小型)/105円
TOO_20130622.jpg

雨漏りによる水溜まり(自車・XT6)の吸い出し用
雨漏り直す方が先なはずなのに目先の対応しかしないところが本末転倒

■2013/06/29
▼舌クリーナー/105円
TOO_20130629.jpg

ワックス粕除去用
当初は歯ブラシで毛が細い硬めのものを探してたけど、これを見て形状の面白さから購入
歯ブラシよりも柔らかくて毛が密
結果的にこちらの方が良さそう
実際に水垢取り剤を付けて作業したらなかなかいい感じ
普段見過ごしている隅の部分とかも綺麗にしてあげたいところ
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

アルシオーネの整備


6月前半分を整理

▼前回までの状況
整理し切れず混沌としてるな
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/368053534.html
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/368453148.html
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/368663187.html


■2013/06/01
▼エンジン始動不良対策用に諸々発注
部品センターには在庫がないとのことで取り寄せ
・コイル
・サーモスタット発注
・サーモスタット用ガスケット


■2013/06/08
▼発注していた部品を取りに行く
・コイル(22433 AA041):5,380円
・サーモスタット(21200 AA010):2,090円
・サーモスタットガスケット(11072 AA000):760円

▼コイル交換
帰宅してから油漏れコイルと交換

ALC_20130608_01.jpg

直ぐに試乗
でも何かが変わった感触は無し
油漏れでも機能的には問題ないんだろうか
予防保全的には明らかに交換すべき症状だけど

▼サーモスタット確認
こちらは水周りなんで作業を躊躇して交換作業までいかず
眺めるだけで終了

ALC_20130608_02.jpg


■2013/06/11
▼ウォーターポンプ入手
ヤフオクに1円スタートのウォーターポンプが出品されていた
1円ならと適合もしないのに冷やかし入札したら競合もなく落札

ALC_20130611_WP.jpg

型式:EA71用(AA2/AA3/AP2/AP3/AP8)1988/09〜
メーカー部品番号:WPF-010(アイシン製)
対応純正部品番号:21110 AA121

こりゃ、SLOC寄付行きだな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

アルシオーネの整備(情報)


5月分の情報系で漏れがあった

XAVIメンバーがファンの音について書かれていた
うるさいし負荷も大きい
自分も今年の計画として、直結ファンから電動化を考えてる

電動式にするとエンジンの回転フィーリングが軽くなるらしい
実際、げんかいたろーさんも電動化してる
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/363481497.html

ただ、どういうタイミングでオンオフさせるのかわからず躊躇してた
そんな中、むぅらんさんが以下の投稿をしてきた

「VR,VSの場合、エアコン作動時は先にエンジン直結のファンが頑張って、それでもコンデンサの冷却が賄えない(高圧側圧力が高くなる)と初めてファンが回ります。」

そうだったのか
ってことであれば、常に回してればいいってことになるな

俄然、やる気になってきた
 
 
posted by 五条銀吾 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

アルシオーネの整備(情報)


5月分の作業や部品の情報系を整理

■2013/04/30
突如、ヤフオクに出品されたレオーネのボンネット
直接関係ないからボーッと眺めるだけだったけど以下を読んでハッとする

▼garcia-78 [ 富山県 ]さん
http://minkara.carview.co.jp/userid/1460766/blog/29761844/

他の部品も譲ってもらえるかもしれん
ストラットは幾らになるのか聞いてみた
大分遅れて返事が来たら「ストラットは部品取りいたしておりません」とのこと
もうちょっと早く接触してれば有ったのかもしれない
タイミングが悪かったか

■2013/05/01
ヤフオクでインプレッサやレガシィの車高調を調査
ウォッチしてたものが続々終了していく
相場は無い感じ
ピンキリみたいだな
引き続き調査継続

■2013/05/02
ドクからメールが来た
HLAとハブ異音、フライホイールのストッパについて

▼HLA
オーバーホール時に交換したのは、怪しげなものだけで全数ではなかったみたい
まぁ、この辺は予算との兼ね合いがあったから致し方ないところ
(そもそも赤字整備を強いてしまったし)

▼ハブ異音
発症の原因について色々と助言をいただく
既に対処済みのところの他にも、ロアーアームのピロボールやら何やらも確認した方がいいらしい
今度、診てみよう

▼フライホイールのストッパ
これはよくわからないのでKUMAさんに連絡
ディープ過ぎてチンプンカンプン

■2013/05/06
ネットでレオーネ探索してたら衝撃的な写真を発見

▼旧車屋の日記
http://blog.goo-net.com/aoyagi/archive/204

ALC_20130220_hub.jpg
※画像は青柳自販さんから無断拝借

こんな磨耗をするなんてビックリ
何が原因なんだろう
些細な症状を放置してた結果だろうか
身につまされる

■2013/05/09
▼グローブボックス固定部品
ご近所のアルシオーネ乗りの方の車のグローブボックス固定部品が壊れていると知った
壊れた部品を見ても構造がさっぱりわからない

自車で確認してみた
どうやら壊れた部品を集めても部品が全然足らない
見ただけでは構造がわからないとは自信喪失
本腰入れて調べないと

■2013/05/15
▼レオーネのミッション
ヤフオクのアラートメールの中にレオーネのミッションがあった

▼必見!貴重な レオーネRXのミッション:デフ:セルモーター
http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w86970008

質問してみたらAB型用っぽい
お二方で競り合って7400円で終了
それにしても、この落札者の方は凄いマニアっぷりだな

■2013/05/15
隊長から「エンジン周りの締め付けトルクが載っているものはないか」とMLで流れた
調べてみると各マニュアルのサービスデータという頁に一覧形式で載ってた

年代順に
・1984:ALL NEWレオーネ
・1987:ER27用をメインにEA82も併せて
1985のサービスマニュアルには載ってなかった
もしくは別の項目として用意されてるのか

該当頁だけスキャニングしてメールした

考えてみると整備書を持ってても自分で参考にすることって少ない
そもそもそこまでの作業をしない(できない)からだな
ディープな作業をする方々のためにも早く情報共有の手段を確立せねば
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

アルシオーネの整備


5月前半分まとめ

▼前回までの状況
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/364384175.html

4月分に記録漏れがあった
GW中は記録してなかったものが多い

■2013/04/29
▼足回りからのギシギシ音
とりあえず怪しいところを確認
一番怪しい左前、やはりセンターナットは緩んでない
次にシャフトブーツが切れて数ヶ月経ってる右後ろを確認
後輪を浮かした状態で空転させてみても違和感は無し
ただ、無負荷の状態で回しても意味があるのかどうか?

▼左前ストラット移植検討
左前に戻って、結局、面倒になって、ナックルごと入れ替えを考える
みぎみぎひだり君にあげたVX足回りの代わりに置いていったレオーネハブとバネ式ストラットがあったから

でも、このストラットは更に怪しい
下の皿を切り飛ばしてネジ止め式になってるもの

ALC_20130429_01.jpg

こんなんで荷重に耐えられるのか不安一杯
でも、そんな心配は無駄だった
ショックを縮めたら油が漏れてきちゃって使いものにならず
とほほ

そもそもナックルを外すのに、ギアプーリーが見付からず分解する気にもならずに中断
で、自分の車についてるナックルはショック径50mm対応らしいので、インプとかレガシィとかの車高調整を入手してナックルとのブラケットを切り飛ばして使えないかと画策
ジャンク品が安く手に入ればいいんだけどな

とりあえず手持ちのレガシィ用ビルシュタインを眺めてみる

ALC_20130429_02.jpg

そもそも今の車高を再現するにはバネをかなり切らないといかん
やはり車高調じゃないとダメっぽい

▼HLA異音
オイルとフラッシング剤を手配
これらが到着してフィルタを買ってきたら交換作業

ただ、エンジンにドライバあてて聴いてみるとHLAっぽい音の他にも、デスビのガラガラ音が大きくなってきたような気がする
以前、REMIXさんにチラッと言われた「デスビの刃欠け」か?
確認してみたいけど、デスビって簡単に外して、考え無しに組み付けてもいいものなんだろうか?

■2013/05/01
▼足回りからのギシギシ音
やはり左前を疑って確認
でも緩みはなし
試しに試乗してみると音が消えてる
ラッキーと思ったのも束の間、やはり鳴り始めた

結局、他の車輪はどうかと確認していったらいつもの左前ではなく、右前のセンターナットが緩んでた
割りピンを抜いてナットを緩めようと力を入れたらスコッと緩んだ
増し締めは角度にして六角一面分の60度
そんなに緩むもんだろうか?
不思議だな

■2013/05/02
▼タイヤ交換
トレッドの無くなったタイヤをどうするか考えてて昨夜からヤフオクで205/50を筆頭に205/55・195/50・195/55を物色
でも、お気に入りのグランプリM7は4本セットって出てない
諦めるしかない状況みたいだな

トレッドパターンを選ぶ余裕もないと思った時にみぎみぎひだり君が持ってきたタイヤを思い出した
タイヤを確認してみるとサイズは195/65/14
そもそもは部品取り黒岩号に履いてたものだから2004年からの不動もの
ってことは9年間野ざらしってことで、やはり接地面を中心にヒビが多数

とりあえずラバープロテクタントを塗りたくって気休め
こいつに履き替えてジョイフル本田に買出し
ALC_20130502_07.jpg ALC_20130502_08.jpg

買ったものは以下
・オイルエレメント/?製/AY100-NS00/955円
・ドレンプラグパッキン/P-50/100円
・ラバープロテクタント/KURE製/795円
・廃オイル受け/4L用/225円
・爪ブラシ/98円

で帰宅後、ラバープロテクタントを更に塗り込んで更に試乗
ヒビ割れタイヤの不安は拭えないけど乗り心地は格段にいい
今までの50扁平から65扁平にしたのが、こんなに変わるとは思わなかった
わだちにタイヤを取られるのも減ったし、油抜けショックのダイレクトな衝撃も激減
ただ、コーナリングで「ぐにょ」と踏ん張らないのは結構恐い
高速で長時間走行しなければ使えそうな感じ(と信じたい)

その後、ヤフオクで調達したフラッシング剤が届いた
・エンジンフラッシュ/ワコーズ製/1288円

このフラッシング剤は、オイルと同じワコーズ製
フラッシングは洗浄成分の残留が心配だったけど、同系列なら問題なしとのネット情報があった
しかもワコーズが出してるものでもあるので大丈夫かと思うようになった
そもそも、自分のHLA異音発症には効果てきめんだったし

そもそものそもそもが、ずさんなオイル管理が問題なんだけどな
ぶん回すくせに交換はルーズ
現時点で4500kmくらい無交換
妻のキューブに比べればサイクルが短い気もするけど乗り方が荒いので仕方ないか

▼エンジンフラッシュ&オイルフィルタ交換
190,961km
4876km経過(前回は186085km)

・フラッシング剤投入
・20分くらいアイドリング
・オイル抜き
・エレメント外し
・エレメント装着
・ドレンプラグワッシャー交換
・ドレンプラグ絞め
で終了
肝心のオイルは到着せず
参った
明朝9時までに到着しないと自車でレオーネミーティングに行けない
微かな期待をしつつ明日を待つのみ

▼フィルターレンチ
以前、買ったのはユニディの中で可変式として一番安かったエーモン製のG702ってやつ
http://www.amon.co.jp/products2/detail.php?product_code=G702

エレメントのサイズがよくわからなかったので可変式
可変幅が更に広いのは倍近くしたのでこれを購入

前に使った時に思ったのはレンチとエンジンが干渉してエレメントを掴めないことだった
で今回はジックリ検証
結果として自分が買ったのはサイズ違いだった

エーモン製G702の最大径はφ75まで
でも、アルシオーネ用の15208-AA000/15208-AA001はφ80
(AA001はAA000を小型化したものと聞いたけど同じ径っぽい?)

エンジンとの干渉もしてたけど、それ以前の問題だったんだな
結局、色々なところをヤスリで削って入るようにして使った
これが今日の作業の大部分を占めたような気がする

ちなみに同社の可変式ソケットの「1610」は緩め専用なのでやめといた方がいい
エレメントは手の力だけで締めれば充分と聞いたことがあるけど、実際には油で滑って回し難いから工具を使わざるを得ない

■2013/05/04
結局自車で行けなかったレオーネミーティング
帰ってきたらオイルが届いてた
タイミング悪し
で、そのままオイル注入(空っぽのままだったから入れるだけ)

▼オイル交換
・4CT-S/ワコーズ製/5358円(マイクロフロン添加済み)
190961km
4876km経過(前回は186085km)
暫く様子を見てたけどHLA異音は直らず
ありゃりゃ
まぁ、一晩経てばと翌日起動させたら直ってた

取り敢えず実家に行く予定があったので諸々調子をみに遠出
途中、袖ケ浦の自動車専門学校に寄って展示復活した実習車のアルシオーネを撮影

往復150kmの道のりではHLA異音は発症せず
ヒビ割れタイヤも幹線道路巡航程度では問題無し

逆に、これまでの50扁平よりも65扁平は乗り心地はいい
油抜けショックによる路面からの衝撃も大幅に緩和
50扁平の時に苦労した16号の波打ちわだち道路でも普通に走ることができた

ただ、コーナーのグニャリ感は恐い
かなり減速しないといけなくなっちゃった

その翌日も外環の側道でかなり高回転まで回すのを繰り返したけどHLA異音は発症せず
オイル管理、大事だな

■2013/05/12
▼シートベルト復旧
ロックしたまま動かなくなったシートベルト
駄目元で力を加減しながら数回上下してみたら復旧した
依然、巻き取り力は弱いまま

このシートベルト巻取り不良、同じ症状が出ているメンバーが数人居る
初代レガシィのが流用できるらしいけど、今となってはその部品取り車を探すのも困難だな
 
 
posted by 五条銀吾 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

アルシオーネの整備


4月分まとめ

▼前回までの状況
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/355953971.html

■2013/04/22
▼オイル追加
HLA異音対策として少々追加
でも効果無し
とほほ

■2013/04/24
▼センターナット増し締め
ギシギシ音を止める為に左前を増し締め
しかし締まらず
あれれ?


以下、整備系情報

■2013/04/16
元ジムカーナ乗りの先輩に油抜けショックの相談
純正サスを加工してくれる業者を教えてくれた

▼アドバンスサンコー
http://www.a-sanko.jp/

千葉県いすみ市にあるらしい
近いようで遠い外房地域
行ってみたいところだが

■2013/04/23
げんかいたろーさんと会った時に再度助言を戴いた
自分のに付いてるナックルはストラット下部がφ50用のもの
これなら他車用のφ50のものが転用できるのでは?
言ってることはわかるんだけど色々と調べるのが難儀なんだな
どうしたもんだか
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

アルシオーネの整備


3月分まとめ

▼前回までの状況
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/345480669.html


■2013/03/20
▼ヒューズ交換
突然点かなくなった時計とハザード
ヒューズボックスを見てみるとやはり同じ系統だった
ALC_20130320_01.jpg

該当のヒューズを確認したら案の定切れてた
怪しいのはCDプレーヤーだろうな

CDプレーヤーは弟からもらったレガシィ純正
アサインを調べて結線は自分でやった

これまでは(って、20年前くらいか)線をよっただけの結線だった
面倒あのは嫌い
けど、これは携帯用のガス式はんだごてで、はんだ付けまでした
結構、頑張った

CDプレーヤーは突っ込んであるだけで固定してない
固定しなくてもなんとかなっちゃうから、この状態の人って他にも何人か居る

CDプレーヤーを抜いて配線を見てみると、はんだの結線部分に巻いてたテープが剥がれてた
ALC_20130320_02.jpg

とりあえず、CDプレーヤーを外して様子見だな

ぽっかり空いたコンソールがみすぼらしい
でも、オーディオレスな運転に慣れちゃったから当分はこのままかもしれん


■2013/03/29
▼センターナット増し締め
増し締めしてみた
今回は六角の半面分締まったから30度くらい締まったことになる
ALC_20130329_01.jpg

その後、部品のヘタリが問題かもと思う

ちょうど、VXにはみぎみぎひだり君にあげたVX足回りの代わりにレオーネのが組んである
このワッシャとナットに交換してみた

状態を見ると大きくは変わらないけど、擦り減りは少なく綺麗
効果はわからないけど今までよりも悪くなることはないはず

前回、センターナットを締めたのは2013/01/13?
その後に締めたような気がする
記録してないだけかな

最近は再発までの期間が短くなってきた
何かが摩耗してのことだろうか

そもそも、そう何回も増し締めできる構造じゃないと思うんだけどな

▼ショック確認
ついでに、VX号に組んである、みぎみぎひだり君のショックを見てみる
ALC_20130329_02.jpg

下皿はセットボルトで固定するようになってて位置の調整が可能ではある
面白い発想だな
でも、この固定方法で大丈夫なんだろうか
かなりの荷重がかかると思うんだけど
みぎみぎひだり君は大丈夫だったとは言ってたけど自分は使わないだろうな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

アルシオーネの整備+


2月後半分まとめ

▼前回までの状況
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/338936129.html

ここ最近は整備してない
カチカチ・ギシギシ鳴ってても何もしないまま
いかんな

とりあえず、ヤフオクで部品の情報を入手したので控えておこう

■2013/02/21
▼rio217217[三重県]さん
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n116190373

ALC_20130219_LEO01.jpg
・エキマニからリアマフラーまで全部ワンオフで作成してます
・排気音ですが昔の1100スポーツの音をイメージしてわざとエキマニを不等長で作りました
・がパイプ径が太かったので低い音で静かになってしまいました
・一応ボクサーサウンドです

ALC_20130219_LEO04.JPG
・エアークリーナーはずしファンネルです

ALC_20130219_LEO02.jpg ALC_20130219_LEO03.jpg
・リアショック他車のビルシュタインに変えてます
・マークUGX80系のリアショックだったと記憶してますがボルトオンでは使えません
・スプリングシートの加工が必要です


■2013/02/24
XAVIの新入会メンバー/さくらっちさんにVSサスを送付
ものはコレ(2010/12/09)
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/177264962.html

後日、過大な御礼が届いた
かえって恐縮


■2013/02/25
▼msy2240[徳島県]さん
当時物 スバル レオーネRX アルシオーネ ハンドルボス
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k162903529

ALC_20130220_HandleBoss.jpg
質問してみた
・レオーネの軸径16.0mmに対してアルシオーネは17.8mm。
・レオーネRXは通常のレオーネと異なる軸径なのか?
・箱にアルシオーネも対象として書かれているということか?
→箱にはアルシオーネと記載があります

以前調査した時に共用できないと判明したのにな

アルシオーネのステアリングボス検討(2010/09/07)
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/161804734.html

なんでだろう
不思議だな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

アルシオーネの整備


2月前半分まとめ

▼前回までの状況
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/323875528.html

■2013/02/01
▼ストップランプ切れ確認
確認したが切れてなかった
そのまま元に戻したら直った
けど、すぐに再発
なんなんだろう

■2013/02/02
▼ストップランプ交換
結局交換
在庫品があったので今回の出費は無し
切れたのは右側の内側
内側のはスモール点燈時用の極にテープを貼ってストップランプのみにしてる
スモール点燈時に使う方を新品にして今まで右外側に使っていたものを内側にしといた

■2013/02/10
▼コイル交換検討
オイルが漏れてるコイル
どうにかしようと動き始める

前期型と後期型では物が違う
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/305810199.html

でも、後期型のコイルは4気筒も6気筒も同じ物
前期型4気筒にも使えるんじゃないかと期待

まずはXT6のコイルを確認
ALC_20130210_XT6.jpg

次にVRのを確認
ALC_20130210_VR.jpg

変な端子が2本出てる
方式が全然違うんだな
こりゃ使えないや
残念

上記リンクのヤフオク出品ものコイルも変な端子はないタイプ
結局使えなかったんだな

なかなか甘くない
やはり5000円出して新品を買うしかないか
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

アルシオーネの整備


1月後半分を整理

▼前回までの状況
http://hj-tsubo.seesaa.net/archives/20130207-1.html

■2013/01/26
▼コイル調査
部品センターに行ってコイルの在庫と金額について確認
在庫は20P有り
金額は5,380円
高くはないのかもしれないけど小遣いで買うには厳しい金額
その場では買えずにとぼとぼと退散

▼車幅灯交換
部品センターから印西のジョイフル本田に向かう
12V5Wを購入
予備用も含めて2個購入(@80円)
KOITO製だった

バルブ切れが何気に多いような気がする
もしかしたら、衝撃を吸収しない足回りのせいなのか
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

トルマリンチューン


■2013/01/07
ダイソーに行ったらトルマリンシートが売っていた

ETC_20130107_01.jpg
※ 他の二点には触れず

ここ数年、探し続けていたけどトルマリンものはパッチに切り替わったのか見かけなかった
それこそ久し振りに見かけて狂喜乱舞

トルマリンチューンは2002年にやってた
当時、爆発的に?流行ってた
自分も吸気パイプの周りに銅シートで包んだものを巻いてた

効果はどうだったんだろう
当時は今みたいにマメに各種数値を控えてなかったから客観的な判断はできなかったはず

その後、ドクへの入庫を機に取り外されたまま
一昨年だかにネットで見たのはエアクリボックスの内壁に貼りまくってるもの
もはや、銅シートで包む必要もないらしい

だとしたら、トルマリンシートを井桁にしてパイプの途中にかましても同じじゃないんだろうか?
ということで4枚買ってみた

昔買った時は薄いグレーだったけど今回のは真っ黒
あの薄いグレーに意味があるのかと思ってたけど、そうじゃなかったらしい

装着に向け実装方法を考えてみるかな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

アルシオーネの整備


12月になって目立ってきた発症は
・足回りからのギシギシ音
・HLA異音

▼足回りからのギシギシ音
これまではセンターナット増し締めで直ってた
でも前回(2012/11/18)はギシギシ鳴ってても、ほとんど増し締めできなかった
そのせいもあって、鳴ってはいても確認もしないまま経過中
何か対策せねばと思いつつも、そのまま放置状態

■2012/12/24
▼HLA異音
オイルを追加した(100ccくらい)

この日、エンジン始動後20分してもHLA異音が収まらず
前回のオイル交換時、オイル量がちょっと少なめだったので追加してみた

オイル交換後の走行距離は直近の給油時で1,682km
オイル劣化の症状が顕著になる3,000kmまでは、まだまだ余裕があるはず

本来、前回はオイルフィルタ交換の回
(更にはフラッシングもやりたかった)
でも、それをサボったせいかもしれない
ズボラなオーナーだと車がカワイソウだな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

アルシオーネのイグニッションコイルとノックセンサ


■2012/11/29
みんカラ徘徊してたら、自分と同じ症状の方が居た
コイルからのオイル滲み
coil_00.jpg

以前、XAVIメンバー/KUMAさんからも指摘されたもの
この症状、よくないのか
まずいね

丁度、ヤフオクで出てるAL7レオーネの部品を見てみたらコイルも出てた
▼『730』AA7,EA82,レオーネ,GT,デスビコイルセット,d-
http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p315347379?u=khtauto
coil_01.jpg coil_02.jpg coil_03.jpg
※画像は上記サイトから引用

型番を質問したら回答がきた
コイル:22100-AA053
デスビ:D4P84-3.6Y04 E12-116,12V

自分のコイルは22433-AA041(日立製)
完全一致はしてない
というか、この型番をネットで調べるとデスビの型番だわ

パーツカタログでレオーネも含めたコイルを見ると、年式や製造元によっても結構種類がある
ALC_Coil.jpg

互換可否がわからない
全く使えないのか?

ちなみに
前期型の3千円台に対して後期型は1万円台(パーツカタログ記載額)
この価格差は何なんだろう?
制御方法の変更?それとも、大幅パワーアップ?
そもそも、コイルの役目やグレードアップしてもいいのかどうかもわからないけど


で、ふと見るとノックセンサなるものを発見
ALC_knockcensor_1985.jpg

ちょっと前にチャッピィさんが困ってた部品では?
http://minkara.carview.co.jp/userid/106210/blog/28326850/

パーツカタログで見てみると後期型はVXと共通らしい
ALC_knockcensor_1987.jpg

▼センサAY/ノッキング
22060 AA000(A8406-B5609)
22060 AA010(D8707-)

VXのものなら自分のはまだ残ってて提供できるはず

チャッピィに送りましょうかと連絡したら、どうやら前期型だったらしい
入会の時には後期型だと思ってたんだけどな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

アルシオーネの整備


10月後半分まとめ

▼前回までの状況
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/299485081.html

■2012/10/20
▼オーナメント外し
長年考えていたトランクのオーナメント外しを決行
スバルマークを外すのは気が引けるけど、やはりシンプルな方がいい
接着が浮いているところがあったので糸を使わなくても外れるかと思ったけど駄目だった
一旦中断

■2012/10/21
▼オーナメント外し
たこ糸でしこしこ外して両面テープカスを取ったら塗装面が凹んでた
とりあえずタッチアップで盛り上げを図る
位置決め穴を塞ぐ妙案は思いつかず塞げないまま終了

▼アイドル調整
エンジン始動不良の対処として調整スクリューを回してみる
反時計回りに90度(開いたってことかな)
とりあえずアイドルは安定した

■2012/10/22
▼フューエルワン(ワコーズ製)投入(二回目)
185,959km
http://www.wako-chemical.co.jp/products/recommendation/005/

■2012/10/24
▼エンジンオイル交換用買い出し
オイル交換に備えてワコーズのフラッシング剤「エンジンフラッシュ(E190)」を買いに行った
柏のSABに行ったけどフラッシング剤だけ売ってなかった
併せて、オイルフィルターも探したけど置いてなかった
廃油処理箱はやはり安くはない
結局、何も買わないまま帰ってきた

■2012/10/25
▼オグジリアリエアバルブ調査
始動不良の原因ではないかと言われたオグジリアリエアバルブについて調べてみた
パーツカタログで場所と構造を確認

■2012/10/27
▼廃油処理箱調達
4.0L用(?円/ロイヤルホームセンター)

▼オグジリアリエアバルブ場所確認
現物を確認
外観は綺麗で異常があるようには見えない
もうちょっと下ごしらえが必要かと安易に分解するのはやめた

▼ミッションゲージ抜け
またもや抜けてた
油の抜けたショックのせいでバッコンバッコンしながら走ってるせいかもしれない

▼アイドル調整
時計回りに45度回す(閉める?)
微妙に下がった程度

▼オイル交換
4CT-S/10W-50(ワコーズ製)
いつものヤフオク最安店で送料込み5358円
交換時の走行距離は186,085km
前回から4705km経過してた
前回の余り分にマイクロフロンを添加してたものがあったから、これも投入
添加剤が沈殿しないうちに馴染ませ走行
464号往復20kmくらいをを2500rpmで走行

▼ラジエーターファン電動化
VXファン移植の為、寸法を確認
でも左右の位置関係が違うし取り付け穴も互換しない感じ
単純移植はできなさそう

▼オーナメント外し
穴を塞ぐのにプラ板を使うことにした
革用穴抜きパンチで1.2mmのプラ板を抜く
その後、トランクの穴径に合わせヤスリで整形(微妙に大きく微妙にテーパーをつけて)
それを取手代わりのランナーに木工用ボンドで接着
ALC_20121028.jpg

■2012/10/28
▼オーナメント外し
まずはタッチアップで凸凹になったところを1000番の耐水ペーパーで平らにする
色が全然あってないのか黄ばんだ感じになっちゃってる
次に前日に仕込んだプラ板を瞬間接着剤で接着
穴に差し込んで暫く固定
固まったところで取手を外す
そこそこ段差ができてる
最初は1000番のペーパーで削ってたけど、埒があかないので400番に変更
塗装面に触れないように気を付けたつもりだったけど結果的に削り過ぎた
一部、塗装面がかなり薄くなって下地色が透けて見える
がっくし

▼フロントリップスポイラー白色化
ゴム製のリップスポイラー、ゴムだけに黒い
しかし、ここに色が着くと一気に車高が低く見える
でも、塗装しようとは思うけどなかなか着手できない
結局この日も、白色テープを貼ってゴマカシ
だけど雨のレオーネミーティングから帰ってきたら剥がれかけてた
こうなるとかえってみすぼらしい
 
 
posted by 五条銀吾 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

アルシオーネの整備


10月前半分まとめ

▼前回までの状況
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/297088531.html

■2012/10/08
▼足回りからのギシッギシッ音対処

自分で分解してみようと、10月に入ってから週末までの一週間、自転車通勤にして安静状態にしてた

でも、クラッチを切ると音が止む症状を考えるとクラッチが絡んでるかもしれない
そうなると素人作業は無理
結局、自転車通勤の意味もなくディーラーさんに診てもらうことにした

ディーラーでの作業内容は「センターナットを45度増し締め」

前回、自分で分解した時、トルクレンチなんて持ってないから、元々締まってた位置よりも割りピン用穴一個分だけ増し締めした(はず)
それが規定トルクに達していなかったからトルクがかかった時だけ異音発生に繋がったのではないかとのこと
実際、その後は発生してない

ビビリーな自分だなと思いつつも、トルクレンチがない限りは分解しても同じことを繰り返すかもしれない
今後も自分で分解作業をするならトルクレンチは必須なのかもしれないな


■2012/10/09
▼朝一のエンジン始動時のエンスト対処

XAVIメンバーから「レッドラインの燃料添加剤が効く」との助言があった
洗浄系燃料添加剤らしい

試してみたい気はするけど、出費は全て自分の小遣いからとなると、ちょっと躊躇する
躊躇してたら、ドクからワコーズの製品をもらったのを思い出した
見てみると洗浄系燃料添加剤だわ

フューエルワン(ワコーズ製)
ALC_20121009.jpg
http://www.wako-chemical.co.jp/products/recommendation/005/

定価は1680円
これを二本ももらってた
う〜ん、感謝

早速投入してみた
投入時の走行距離は185,604km
効くといいのだけど
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

アルシオーネの整備

アルシオーネの整備
9月後半分まとめ

■2012/09/16
▼洗車
げんかいたろーさんに会いに行く前に洗車した
久し振りの洗車
記録を見ると3ヶ月振りだわ

水垢も付いちゃってて水洗いだけじゃ落ちないところもあった
水垢取りをしても、その上に何もしないからあまり意味がない
もうひと頑張りってやつができないんだよな

■2012/09/17
▼エンジンオイルレベルゲージ
気が付くと抜けてるエンジンオイルレベルゲージ
上部のゴム部分が痩せちゃったみたいで交換するしかない

ディーラーに行って調べてみると在庫無し
この部品も新品は手に入れられないのか
残念

いつも面倒みてくれている担当の方が互換しそうな部品を調べてくれて、レガシィのが使えるとのこと
でも、これも在庫無し
無念

結局、使えるかどうかわからないけどお兄さんエンジンであるEA71用のに期待し発注
今のと二個一にして使えればラッキー

失意のまま帰宅し、ER27とEA82の比較をしてみる
ALC_20120917_03.jpg ALC_20120917_01.jpg ALC_20120917_02.jpg

わかってはいたけど互換せず

ついでにVXのファンを確認してみた
ALC_20120917_04.jpg

二つ付いてる両方とも電動式だな
一部の人が改造している「ファンの電動化」にポン付けで使えるかもしれない
電動化によってエンジンの回転が激軽になるらしい
興味津々

■2012/09/21
▼エンジンオイルレベルゲージ
担当の方から到着したとの連絡があり引き取りに行った

絵では見てたけどやはり形状が全く違う
二個一しようにもEA71用はインサート成型されてて分解もできないや
840円也

■2012/09/22
▼SAB柏で諸々調査
近々予定しているオイル交換用の廃油箱と、ドミンゴ表具屋さんが「オートバックスでワコーズ製品を常備している」を確認しにSAB柏に行った

・廃油処理箱はジョイフル本田の二倍の価格
・ワコーズ製品は取り扱ってた
・ワコーズ製品の品揃えは豊富だった
・でも高い

オートバックスの株主用割引券を大量にもらったのもあって買ってもいいかなと思ったけど、割引は三割引
ヤフオクとかの最安価格で入手すれば半額程度にはなるから券を使ってもまだ高い
結局、オートバックスでは買い物しそうにないな

そう言えば、帰り際にここでカプチーノが集まってた
やはり、特定車種が沢山並んでいるのを見ると壮観だな

▼エンジンオイルレベルゲージ
入手したEA72用とEA82用を比較してみた
ALC_20120922_03.jpg ALC_20120922_01.jpg

・EA71用は長い
・口径は一緒
・液量幅は一緒
・Oリング移植は溝彫りが必要

でも流用できそうな案は全く思いつかない

結論:EA71用のエンジンオイルレベルゲージはEA82には使えない

■2012/09/24
▼エンジンルーム点検
エンジン不調の原因を探るべく、エンジンルーム内の配線/配管をチェックしてみた

ミッションオイルレベルゲージが抜けかかってた
でも他に異常は見つけられず
やはり、アイドル調整が狂ったんだろうか
でも、そんなに狂うものなんだろうか
不思議
相変わらずERRコードは12を表示してる

始動時のエンストやアイドル不安定とか、最近は不調気味
ズボラなオーナーですまぬ
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

アルシオーネのステアリングギアボックスブッシュ


ステアリングギアボックスのずれ防止ステーに端を発したブッシュの強化
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/280727654.html

その後の展開

■2012/07/29
新港の部品センターまで部品を取りに行った
ALC_20120729_SteGeaBoxAdapter.jpg

ステアリンググアボックスアダプタ:31260GA330(420円)
ステアリンググアボックスアダプタ:31260GA340(440円)

在庫がないけどメーカーに作ってもらうとかで20日頃到着予定だった
到着したら電話が来るはずだったのに電話は来なかったな
電話番号、書き間違えちゃったか

■2012/08/04
樹脂への置換が可能か、まずは採寸してみる
ALC_20120804_01.jpg

・角型の方は製作は面倒だろけど複雑な形状というほどじゃない
・丸型のは一部複雑な形状をしている
・外形は旋盤で加工できない

組み付けの方法も含めて検討が必要だろうけど、樹脂製での製作は厳しそうだな
外形のR加工なんかは手作業だとしても、それこそNC加工じゃないと時間ばっかりかかりそうだわ
樹脂化は諦めかな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

アルシオーネの整備

前回までの状況
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/284042123.html

▼ギシッギシッ音の状況
07/24:沈静化
07/25:沈静化
07/26:再発
07/27:止まず

■2012/07/26
▼ギアプーラー捜索
コイツが無いと前に進まない
アルシオーネ三台の中のどこかに紛れ込んでるんだろうけど簡単には見付けられなかった
荷物で溢れた車内から探し出すには荷物を全部出さないといかん
だけど、やる気が起きないな

■2012/07/27
▼結局、ギアプーラーを借りてきた

▼ディーラーで異音の原因について相談
いつも頼りにしてる当時のことに詳しいTさんに相談
・スプラインが磨耗しているかもしれない(モリブデングリスを多目に塗って様子見)
・異音発生の原因次第ではセンターナットを締めると直るかもしれない
・ベアリングが破損するのは考え難い
・ドラシャの破損であれば違う音になると思われる
・ハウジングベアリングセット:3500円(40個だか在庫あり)
・ハウジングについて
 レオーネ用は一種類(検索上はAB型と同じですと)
 ※最近の検索システム変更により昔の部品は整理されちゃったかも
 アルシオーネ用は部品番号が違う
 (ハウジングに刻印されている番号:車高調用/6J 06・アルシ用/5C J1?)

以下は、ついでに確認した事項
・エアサス在庫確認→在庫無し
・ミッションオイル
 一度も交換してないと思ってたけど、車検の度に交換していた
 (今なら7600円とのこと)

■2012/07/28
▼左前分解
・ドラシャとベアリングの嵌め合いが予想以上にシックリでなかなか抜けなかった
・ハウジングベアリングのゴロゴロ感は無くスムーズに回る
・内側のオイルシールが磨耗していて、スプリングが露出していた
 →コイツがドラシャにこすれて異音が鳴ってたのか?
ALC_20120728_03.JPG ALC_20120728_04.jpg
・アルシオーネから外したものと比較するとオイルシールの挿入が浅い
 ベアリングと密着しておらず1.5mmくらいの隙間が開いていた
 →圧入治具を使わなかったっぽい
ALC_20120728_01.jpg

▼ハウジング
・ショック挿入部の径:Φ54(Φ45用の追加工ではなく太もの専用品)
ALC_20120728_05.jpg

▼ハウジング入手から磨耗まで
2000年04月(135,370kmくらい):ハウジング入手(中古品)/交換
(2002年08月-2010年01月:オーバーホールの為、入庫)
2012年03月(179,370kmくらい):発症
実質4年/44,000kmで磨耗限度に到達

▼フロントショック
ALC_20120728_01.jpg

・ショック油完全に抜けきってる
・ショックのハウジング挿入部の径:Φ54mm
・ショックのロッド径:Φ22mm(VS標準は20mm)
・ストラット上部のベアリングはゴロゴロギシギシで動き悪し
・VS用ショックのハウジングへの挿入部径:Φ45mm
アッパーから位置決め板までの長さは440mm(車高調は345mm)
アッパーの作りも微妙に違う
ALC_20120728_02.jpg

車高調ショックの型番
ALC_20120728_03.jpg

SUBARU 6102 L86-F0014
との刻印があるけど、この番号体系は見たことないな

筒の上側には8角の板があるし、よくよく見るとタップが切られているように見える
もしかして分解できるのかな
ALC_20120728_04.jpg

▼オイル注油口からの油漏れ
キャップ緩み対策により直ったかと思ったけど、まだ僅かに漏れてる
根元のパッキンも対策が必要みたい
ALC_20120729_03.jpg

■2012/07/29
▼げんかいたろーさんから助言をいただく
どうやら、このハウジングは標準品ではないらしい
http://minkara.carview.co.jp/userid/591282/blog/27256037/

標準でないとなると、素人にとっては維持が大変だな
ここで一気に標準品に組み替えるか
だとすると、VS用のバネを大幅に切らないと今と同じ車高になりそうもない
むむむ、悩ましい

▼ハウジング組み込みから完了まで
・磨耗オイルシールからスプリングを外したものを使用
・スプリング無しの代わりにグリスを多目に入れてゴマカシ
・スプラインにはモリブデングリスを多目に入れる
・センターナットはキツ目に締め込み
ALC_20120729_01.jpg ALC_20120729_02.jpg

整備書には「組み込みは専用工具が必要」と書いてあった
最初はプラハンで叩いて入れようとしたけど、全く駄目
リング状のスペーサーを思い出してこれを使ってセンターナットで締めこんでいったら簡単に入った
でも、スペーサーが短くて途中までしか入らない
結局、途中からはプラハンで叩いて斜めにならないよう注意しながら入れた
(内径25mm以上のナットがあれば、ドラシャ引っ張り治具を使わずに済むかも)

▼ショック組み直し
VS用を使うとフロントが極端に上がってしまう
仕方がないので、油が抜けたまま組み直して装着
両輪が浮いてるのを活かしてタワーバーも含めて組み直し

▼試走
新港の部品センターまで往復したけど、その間、異音の発症は無し
(エンジンを回し過ぎて一瞬HLA異音発症したけど)
振動については解消せず
ショックの油抜けが原因か?

■2012/07/30
ハウジング装着用に内径25mm以上の大径ナットを探しに行く
この手の物はユニディがいいのかな
ナットはM24が最大だった(内径だと更に小さい)
M24用のワッシャなら使えるかもしれない
t=5くらい?と分厚いし、一枚38円と安い
でも買わないところが貧乏性

▼げんかいたろーさんから助言をいただく
http://minkara.carview.co.jp/userid/1336878/blog/26831716/

「蓋が8角形とかの形状ならオーバーホールが可能」らしい
おぉっ、一筋の光明なり
捨てずに済むかも

■2012/08/01
▼パイプレンチ物色
ショックの蓋は50mmはある
手持ちの工具では回すことができない
以前、ダイソーで買ったパイプレンチがあったけど、敢えて小型のものを買ったのでギリギリ使えず
ジョイフル本田に行って物色してみる
昔ながらのパイプレンチは別の場所にあるのか、見つけられなかった
代わりにモンキーレンチを縦型にしたようなのがあった
価格は3000円くらい
やはり安くはないな

ついでに、M24用ナットとワッシャーを物色
ナットは品切れなのか見つけられず(SUS製のはあったような)
ワッシャーは36円
ユニディより2円安いな
特に急いで買う気もなかったけど結局5枚購入

■2012/08/03
ワッシャーを買った勢いでナットも調達
ユニディで1個/47円
TOO_20120803.jpg

しかし、その日の夜、メンバーから「細目じゃないと駄目」との指摘があった
自分が買ったのは並目
失敗したな
模型作りの時の加工用台座として活用するか
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

アルシオーネの整備


前回までの状況
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/278646758.html
■2012/07/06
▼エアクリーナーフィルター洗浄
・サンエスKで洗浄
・ドライヤ乾燥
・エンジンオイル含浸
フィルタ購入後、一度も洗浄してなかった
装着したのは、157,700kmくらい?
洗浄時は、183,085km
25,385kmの走行で洗浄
洗浄後の試走ではエンジンが軽く回るようになった(気がする)

■2012/07/07
▼振動発生確認
気になって464号バイパスで速度を変えたりして試走

■2012/07/08
▼振動発生確認
同上
何がいけないのやら
走ったところで原因はわかるはずもない

■2012/07/12
▼フロントショックの出物
ヤフオクにAB型用らしいフロントショックが出品された
もしや、自分のに使えるかもと思って寸法を質問してみた
ハウジングへの挿入部径:Φ45.5mm
下皿から最下端までの寸法:285mm
自分のは挿入部の径が太いとは言われたけど実際の寸法は知らない
採寸後、同じ径であれば流用できるかもしれない

■2012/07/14
▼ステアリングギアボックスブッシュ調査
ブッシュの強化品があると知った
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/280727654.html
まずは純正部品の形状と採寸をしてみようと部品センターに行って発注
在庫はなかったらしいけど、メーカーに発注すれば20日には届くとのこと
とりあえず2個共400円ちょいの価格だったので発注してみた

■2012/07/15
▼キー音発生箇所確認
これまで断続音だった異音が「キー」という連続音になった
さすがにヤバイと思って途中で引き返して下に潜る
怪しい場所はブーツが切れたまま放置している右側後輪
いよいよグリスが切れたかと思って確認してみる
でも、グリスは充分に残ってる
グリスが残ってるから大丈夫というわけじゃないけど、焼き付きに繋がるような状態とは思えない
何の音なんだろう

■2012/07/17
▼ギシッギシッ音修理の為、整備書を読む
・フロントアクスル分解作業の方法
・部品構成
・レオーネとの互換

■2012/07/21
▼ナックル(ハウジングと言うらしい)関連
・元々付いていたハウジングを発掘
・ハウジングの錆落とし
 この作業以降、錆落としにはまる
ALC_20120721_02.jpg ALC_20120721_03.jpg

試しに釘の錆落としをしてみる
TOO_20120721_01.jpgTOO_20120721_02.jpg
綺麗になるもんだな

■2012/07/22
▼ハウジングの錆落とし/清掃
垂直面用に錆落としの場所にティッシュを被せて、錆落とし剤を垂らす
ALC_20120722_01.jpg ALC_20120722_02.jpg ALC_20120722_03.jpg

一晩経ったら錆落としをした釘が再び錆びてた
TOO_20120722.jpg
防錆処理が必須なんだな

▼フロントショック授受
以前、ブラット乗りのWさんに譲ったフロントショックをお借りすることになった
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/177264962.html
これで、暫定としてはVS足回りにすることが可能になる

■2012/07/23
▼工具調達の後、左前の分解作業
センターナット/キャリパ/ハブを外す
しかし、ギアプーラーが見付からずタイロッドエンドを外せず作業中止
大失敗

その後、全輪の回転具合を確認したけど、ゴロゴロ感やキシミ感はなく、至ってスムーズ
組み直して試走したけど異音は無し

暫く様子見だな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

アルシオーネの整備


■2012/06/24
▼ホーン取付
部屋の掃除で見付かったBOSCHのホーン
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/277411015.html

珍しく翌日作業と動きが軽い

まずはアルシオーネのホーンの場所を探す
ボンネットを開けても見当たらない
リトラを開けてみるとライトの下にあった

外す前に配線を確認すると、+線、-線ともにあるみたい
追加配線はしなくて済みそう

バッテリーを外して、
ホーンを止めてるナットを外して
配線抜いて、
BOSCHのに差し換えて
ホーンを固定して終了

ALC_20120624_horn.jpg

+-についてはどっちがどっちかわからない
とりあえず純正と同じ位置関係にした
結果的に正解

ライト用リンクの隙間に手を突っ込んで作業したから手首は切り傷だらけ
未だに痕が残ってるわ

交換後の音色は今風でいい感じ
これで情け無い「びぃぃぃっ」って音とおさらば

▼足回りからの異音原因調査
タイヤを外して各部のガタを確認したけど緩んでるところは無し

前回、後ろ左のショック下部がガタガタだったはずだけど、今回はガタがなかった
なんでだろ
スタビのせい?

ギシッギシッ音も見ただけではわからず
とりあえず、ブーツ切れは後ろ右だけなのを確認

▼燃料タンクとドライブシャフトとの接触確認
燃料タンクに塗っておいたシューグーが剥がれてた
シャフトにもシューグーの跡が付いてたから、明らかに今も接触してる

だけど、リアサスは最上限まで上げてるから、これ以上は上げられない
カラーを使うか、バネを硬くするか

直巻バネの4キロと5キロがあるから、そのまま入れ替えられるなら何とかなるかも
真面目に検討してみよう


■2012/06/27
▼オイルフィラーキャップ緩み止め
以前からオイルフィラーキャップが緩んでた
最近の車はネジ式らしいけど、アルシオーネのは爪でテンションをかける方式

この緩みのせいで去年蓋が外れてエンストしちまった
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/208943442.html

キャップなら安いだろうと新品を買おうと思ってたら、イギリスのメンバーから
「蓋の爪を調整すれば済むよ」と助言いただいた
言われてみれば、それだけで済むわな

てっきり蓋のゴムが変形してテンションが無くなったと思ってたけど、ゴムは変形してないっぽい
ペンチで少しづつ爪を曲げながら、緩まず、且つ、手で回せるギリギリのところに調整
無事に完了

ALC_20120627_cap.jpg

最近のディーラーを"チェンジニア"なんて揶揄してたけど、自分もそうなっていたことを猛省
無駄な出費、無駄な在庫消費をしないで済むよう、まずは今あるものが修理できないかどうか考える癖をつけないと


■2012/06/30
▼O2センサ交換
XAVIメンバー/Kさんに借りたO2センサソケット
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/275843703.html

コレに合うハンドルがなかったので頓挫してた
そんな時、パワステ修理オフミが開催されたので、便乗してこちらの作業も実施

遮熱板を外して、
O2センサを外して、
古いセンサの配線を切って、
新しいセンサに繋いで、
センサを付けて終了

焼き付きもなく簡単に外せた
もうちょっとラチェットの歯数があれば更に楽だったかな

ソケット駒を貸してくれたKさんと、ハンドルを貸してくれたKUMAさんに感謝

その後、あまり乗り回せてないけど、エンジンの感触には劇的な変化は感じない
バッテリーを外していた時間が短かったのかもしれない
フィーリングで感じなくても、次回給油時に燃費がよくなってたりすると嬉しい
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

アルシオーネの部品調達


■2012/06/23
▼リアガーニッシュ
純正品(改)
1987年製?
4,553円(2940円+送料1415円+手数料198円)

MLで「ヤフオクにアルシオーネのリアガーニッシュが出品されている」との情報が流れた
http://page19.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x225743668

車種不明と書いてあるけど明らかにアルシオーネのもの
予備にするような部品じゃないから、とりあえずウォッチリストに追加

でも、気になって出品者さんの他の出品物を見てみた
すると、もう一品、アルシオーネのリアガーニッシュが出てる
こっちはVX用か、なんて思いながら見てたけど、妙な違和感がある

よくよく見たらアメリカ仕様っぽい
この品、以下の点が国内仕様と異なっている
・バックランプが赤い(国内仕様は白色)
・中央部も発光するようになっている(国内仕様は発光しない)
・鍵穴が開いてない(アメリカでは盗難防止の為、使わないと聞いたことがある)

当時の雑誌の記事にも同様の写真があった
▼Driver(1985年05月20日号)
driver_19850520_02.jpg

なんと貴重な品が出たもんだ
とりあえず押さえておこうと入札したら即決価格だった
仲間にも紹介してない内に落札しちまった、と一瞬気まずさを感じる
けど、早い者勝ちだし仕方ないよな、と自分を慰める

で、品が届いて早速観察
ALC_20120623_Rear_01.jpg ALC_20120623_Rear_02.jpg

ALC_20120623_Rear_03.jpg ALC_20120623_Rear_04.jpg

観察を進める内に驚きの事実が
こりゃ、自作品だわ

・赤色バックランプは純正品の上からクリアーレッドの板を貼ったもの(しかも接着跡が汚い)
・中央部ランプは穴あけしてランプを追加(しかも加工イマイチ)
・鍵穴が開いてないのは板を貼った影響で塞がってるだけ

こんな品に諸々込みで4553円も出しちまった
VX用ガーニッシュなら既に持ってるのに
期待が大きかっただけに猛烈にがっかり

届く前は、
「この業者さん、どんなルートで仕入れたんだろう」とか
「もしかして逆輸入のルートがあるのか」とか
期待に胸を膨らませていたのにな
正に天国と地獄とはこのことか

改めてオークションの画像を見ると自作品とわかる部分がないでもない
でも普通はわからないよな
通販故の危なさか

まぁ、折角買ったんだんから、
今後のモディファイの参考にとか、
自分で加工しなくて済んだたとか、
前向きに受け止めることにしよう


▼ホーン発掘
ガーニッシュの比較用に純正品を引っ張り出した時、ホーンが出てきた
ALC_20120623_horn.jpg

BOSCH製なのは確実だけど品名はわからず
http://www.bosch.co.jp/jp/aa/products/group.asp?id=Windtone
Windtoneってやつかな

確か1996年頃に妻のテラノ用に買って、結局装着しなかったやつだ
古い品だけど新品ではある

アルシオーネのホーンは「びぃぃぃ」と、かなり貧素な音
(ちなみに、貧素という言葉はないらしいけど)
妻のキューブの方がよほどカッコいい

交換してみようとネットでホーンの交換方法を調べてみたら、マイナス線が無ければ追加配線が必要になるらしい
エレキテルは苦手
ポン付けできるといいな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

アルシオーネの整備

■2012/06/03
▼O2センサーソケット入手
XAVIメンバー/Kさん宅にO2センサソケットを借りに行った
自分で買おうかとも思ったけど、一生に何回も使うわけじゃないしな

TOO_20120603_O2socket.jpg

Kさん宅付近では路面電車が走っててビックリ
どうやって併走すればいいのか全くわからない
都会は怖いや

■2012/06/08
梅雨の前に車に潜っておこうと作業実施

▼ブレーキフルード漏れ
左前のタイヤを外して状態を確認
今回は垂れる程には漏れてなかった

フルードタンクの液量は減っていない
ブレーキフルード漏れではないのかもしれない

となると、ショック上部からオイルが噴き出してるってことか?
ショックを外せば確認できるんだろうけど、ガチガチに縮めたバネを組み上げ直さないとならないことを考えると気が重い

▼冷却水漏れ
リザーバータンクの液量は減っていない

水温センサ部を真鍮ブラシで掃除
しかし、水温センサの上にあるパイプにも漏れた跡が残ってる
もしかしてこっちのパイプから漏れてるのかも
このパイプ、なんか変な接続の仕方になってる
構造を見てから対処方を考えよう

タービン前パイプからの液漏れは、ホースの位置が浅かったので深く押し込んだ

▼OSセンサ交換
借りたソケットで分解をと思ったら差込角が大きくて自分の手持ちでは合わなかった
何か代用できるものはと探したけど、丁寧にやるべきところっぽいので諦めて中断
今月は金欠なので新たに工具を買うのもできず
給料日以降に再挑戦

ついでなので、手配品と純正品のコネクタ形状を確認

ALC_20120608_O2CENSOR.jpg

端子を繋ぎ替えないといかんな
圧着ペンチで潰した方がいいだろうな
新規購入は痛い

▼リアショック状況確認
以前から左後から「カチャカチャ」「ガチャッ」と異音がする

確認してみたら下側がガタガタになってた
ブッシュが切れてるのか?

右側は大丈夫だった
対応策も見付からないので、そのまま現状維持

▼後右ドラシャブーツ裂け
状況確認のみ
グリスは残ってる模様
早く交換しないと梅雨の影響が心配

ただ、どこでやるかだな
大径ソケットとエクステンションを借りて自分でやるか
お金を払ってディーラーにお願いするか

悩みながらもそのままが続いてる

▼燃料タンク/ドラシャ接触跡
剥げた所をシューグーでコーティング
これが剥がれるようなことがあるなら、常に接触してるってことだな
タンクに穴が開くってことも考えられる
次回確認時にどうなっているか

▼タイヤローテーション
今のタイヤにしたのは172,000km
現在の走行距離は182,341km
10,341kmでローテーション実施か

外してみると前輪の内側が片減りしてた
キャンバー付け過ぎか

後輪は綺麗に平らな減り具合
ただ、後輪の両輪ともサイド/ショルダー付近にヒビ割れがあった
前に移動するには不安があるけど、片減りしてる以上、交換しておいた方がいいしな

結局、タイヤも不安材料の一つに仲間入り

試走しに行こうとして違和感を感じた
水温が上がってない
水温センサのコネクタが外し放しだったわ
危ない危ない

■2012/06/09
▼洗車
雨を利用して洗車

汚れは浮いてるし、洗い放しで済むのでたまに使う手
記録を見ると前回は2012/04/15に洗車してた
2ヵ月後に実施できたってのはマメになった証だな

■2012/06/15
▼マイクロフロン調合

燃費への効果をみようと給油のタイミングで投入を計画、調合を始める

今までより練り込みに時間をかける
初期段階の練り込みが肝と思い、極少量のオイルでの練り込みを心掛ける

■2012/06/16
▼沈殿状況確認
念入りな練り込みの成果を見ようと、小瓶に入れたまま一晩置いておいた
でも、見事に沈殿している

ALC_201206160030_.jpg

念入りにやっても意味なしか
無念

そう言えば、ドクにオーバーホールしてもらった時にも「沈殿物がある」と指摘されたな

メーカーサイトでは( http://www.poweraccel.co.jp/flon.html
「オイル中に分散されやすくなる物理加工を施しています」
ってことらしいけど、そんな感じじゃない
「分散=浮遊」って意味でなければ間違ってないのかもしれんけど

丁度別件で、オイルパンとストレーナの底の間隔が10mmとの調査結果が報告されてた
この間隔なら沈殿してたとしても、走行時の揺れで浮遊した分だけでも吸い込んでくれそう
あまり気にしなくてもいいのかな

■2012/06/17
▼マイクロフロン投入
給油に行く前にマイクロフロンを投入

添加時の総走行距離は 182,530km
マイクロセラ投入からは500km後でいいのに、1,150km経過してたわ

給油後、国道464号のバイパスをニ往復などして50km走破
巡航中はHLAの異音復旧方法を真似てエンジン回転数を3千回転にした
これで、HLAにも行き渡るはず?

ここ最近の燃費は
2012/05/05 8.53km/L
2012/05/13 9.29km/L
2012/05/26 8.79km/L
2012/06/03 9.13km/L
2012/06/17 9.04km/L

陽気のせいか冬の時よりもよくなってきてる
これが更によくなるのかどうかが焦点だな

とは言え、隙あらばレッドゾーンまで回しちゃうから、純粋な燃費比較にはならないな
ガンガン回してるのに燃費が悪くなってないという結果が燃費がよくなったという実証か
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする