2012年05月26日

アルシオーネの発症と整備


HLA異音と左前のブレーキオイル漏れ
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/270220020.html

その後の状況を整理

【HLA異音】

■2012/05/11
エンジンフラッシング/オイル交換
マイクロセラ/MetalTuning添加

■2012/05/17
HLA異音発生(始動時に一瞬だけ)

交換後6日経って発症
ケミカル的な対処では直らなかったということか
HLA自体に問題があることが確定した

■2012/05/18
HLA異音発生(始動時に一瞬だけ)

オイル交換後2週間経ったけど、今のところ、これら以外は発症していない
オイル交換前には頻発していたことを考えると、オイルの劣化が原因だったのかな

それとも添加剤が効いてきたのか?
オイル交換と添加剤の投入が同時だけに添加剤の効果とは言い切れないな
失敗した

でも、前よりは高回転まで回しても大丈夫になった
不安は付きまとうけど3000回転以上回せるようになったのは嬉しい

ただ、HLA異音に似たカチャカチャ音は消えてない
かえって、目立つようになった気もする


【ブレーキオイル漏れ】

■2012/05/05
左前ブレーキのホースに液垂れ発見

■2012/05/17
夕方、状態を確認

5日に発見して17日になって確認
12日間も放置してしまうあたりに車と接っする姿勢が現れてるな

発見後の12日間でコンクリに垂れた跡は10滴くらい

まずは飛び散ったオイルを拭き取る
オイルの飛び散りは広範囲
ショックやストラットタワーの壁(結構上の方)からロアアームまでオイルまみれ

ALC_20120518_Brake_02.jpg ALC_20120518_Brake_04.jpg

かなり上の方まで飛び散ってる
ショックからオイルが噴き出たようにも見える

ALC_20120518_Brake_03.jpg

でも、そんなことあるのかな

パーツクリーナーを吹いてウエスで拭いたらアンダーコートまで溶けたみたい
ウエスだけで拭きとることにした
全体を拭き取った後、漏れてる箇所を探す
ホースにはちょっとした傷はあったけど穴や裂けてるところは見付けられなかった

ホースと金具をかしめてある部分の下側に漏れたオイルが溜ってる
ここが怪しいか
とりあえずホースと金具の繋ぎ目にシューグーを充填

ついでにタイヤのパンク修理跡にもシューグーを塗り込んでみた

その後、ダイソーで買ったエアーゲージを思い出して使ってみた
バルブに突っ込んで針が指したところは1.何kg
おやっ?と思ってゼロリセットボタンを押した途端に針が外れてあっと言う間に壊れた
カバーを開けて針を付け直せば直りそうだけど基準値がずれるかもと思うと安易には直せない

ダイソーで買ったもので、一回も使わずに壊れたのはラチェットドライバー以来の二個目
こういうのがあるから、物と使い方をよく考えて使わないと安物買いの銭失いになっちゃうな

■2012/05/18
夕方、状態を確認
漏れ止まらず
シューグーはボロボロになってる

乾燥時間は前日夕方から出勤前までの12時間
本来は1日2日必要らしいから短めではある

前回は脱脂していなかったので脱脂してからシューグーを塗り込む

ALC_20120518_Brake_05.jpg

■2012/05/20
夕方、状態を確認
漏れは止まらず
脱脂が甘くてシューグーが剥がれたわけじゃないみたい

乾燥時間は前日夕方から出勤前までの12時間
シューグーの乾燥時間が短かったとは思うけど根本的に駄目なのかもしれない

シューグーには擦れた跡が残ってた
位置的に、キャリパー側ホースのブラケットが当たったと思われる
もしかして、これが繰り返し当たってカシメが緩んだのか?
ブラケットを捻って当たらないようにしてみた

■2012/05/21
夕方、作業
シューグーではなくスーパーXを使ってみた
脱脂後、スーパーXを広めに塗ってみる
念のため、ホースの真ん中くらいにある小傷にも塗っておいた

■2012/05/22
終日、雨だったため状態を確認できず
(雨の中、作業する気にならなかっただけ)

■2012/05/23
夕方、状態を確認
漏れは止まらず

接着自体は剥がれた形跡はない
となると漏れてる場所が違う?

ブレーキオイルタンクのレベルは劇的な減りはない
どぴゅーっと漏れてるわけではなさそう

とにかく漏れの場所を確定しないとならん
どぴゅーっと漏れてるのを想像してブレーキを強く踏めない状態が続いている

ホースに自己融着テープを巻いて飛び散り具合をみてみるか
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ALCYONE/発症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

アルシオーネのHLA異音とオイル交換


前回のオイル交換後からのHLA異音発症状況を整理してみた
※距離数は給油情報ベースなので正確じゃない

初回発症が交換後二日目ってのはひど過ぎるな
オイル交換後3000km辺りから発症し始めてる
5月の発症が少ないのは高回転まで回すのを控えた為だと思われる

ジムカーナをやってた先輩に相談してみた
その先輩はワコーズがスポンサーだったらしくワコーズを使ってたとのこと
やはり3000km以降急激に性能が落ちるとの印象を受けたらしい
REMIXさんもワコーズなら3000kmで交換と言ってたな

実際自分の場合も当てはまっちゃた
やはり、乱暴な運転してると3000km辺りが限度なのか
だとすると3000kmで交換ってのは痛いな
今回は添加剤を投入したから尚更短期間での交換は勿体無く感じる

大人しく乗って交換時期を延ばすか
本能のままに乗って短期で交換するか
良い添加剤に出会って両方が満たされるか
オイルそのものを高価なものに変えて延命するか
(高価なものしても交換時期が延ばせるかどうかは確実じゃない)

年月-走行(km)-経過日数(日)-症状
………………………………………………………………………………
■2011年
11/03 302 2 大きめ 首都高で発症し静岡まで鳴りっ放しで高速走行(帰路は鳴らず)

12/16 1673 45 始動時に一瞬だけ鳴る
12/18 1673 47 軽め 走り続けてたら暫くして止んでた

■2012年
02/08 2708 99 大きめ 30分休憩で復旧
02/11 2708 102 軽め 走り続けてたら暫くして止んでた

03/15 3430 135 大きめ 直らずに帰還
03/16 3430 136 大きめ 朝昼夕直らず
03/17 3430 137 大きめ 直らずに帰還

04/01 4112 152 大きめ 会場到着直前に鳴り始める・会合後も直らず・20分休憩で復旧
04/06 4112 157 軽め 直らずに帰還
04/08 4112 159 軽め 20分休憩で復旧
04/15 4462 166 中くらい 直らずに帰還
04/29 4835 180 大きめ 10分休憩で復旧
04/30 4835 181 大きめ 直らずに帰還

05/06 5182 187 大きめ 直らずに帰還
05/07 5182 188 朝)始動時に一瞬だけ鳴る・晩)軽め/直らずに帰還
05/08 5182 189 始動時に一瞬だけ鳴る
05/10 5182 191 始動時に一瞬だけ鳴る
05/11 5377 192 オイル交換
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/発症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

アルシオーネの発症


最近の発症もの

■前回までの状況
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/266241947.html

■2012/04/29
・HLA異音/走行中に発症、コンビニで10分休憩して直る

■2012/04/30
・HLA異音/走行中に発症、直らないまま帰還

■2012/05/05
・左前ブレーキから液漏れ発見
・リーディングロッドブッシュ切れ発見

■2012/05/06
・HLA異音/走行中に発症、直らないまま帰還
・ブレーキ引き摺り音(左前?)
 大きめな音が止まず
 ブレーキを何度か強めに踏んだけど直らず
 雨が続いて錆びが発生したことによるものだけではなさそう

■2012/05/07
・HLA異音/始動時に0.5秒ほど鳴って直る
・HLA異音/走行中に発症、直らないまま帰還(軽め)

■2012/05/08
・HLA異音/始動時に0.5秒ほど鳴って直る

■2012/05/10
・HLA異音/始動時に0.5秒ほど鳴って直る

■2012/05/11
・左前ブレーキの液漏れが広範囲だったことを確認

■2012/05/15(発症じゃないけど)
・スモールランプ点けっ放し
 フォグランプスイッチがONになってた
 リアワイパーかエアコンのスイッチを触った時に触れた模様
 点けっ放しなのを教えてくれた人がいて20分ほどで済んだ
 わざわざ連絡してくれたことに感謝
 個人を特定し易いアルシオーネで助かったな


HLA異音については高回転まで回さなければ発症し難いことがわかり大人しく乗るようにした
それでも鳴る時は鳴るし、我慢できずに回しても鳴らない時は鳴らない
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/発症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

アルシオーネの発症


最近の発症もの

■2012/04/01
HLA異音
千葉みなとの会合に行った時に発症
そこそこ大きめ
1時間強の会合後も直っていなかった
暫くアイドリングで様子見、エンジンをかけたり切ったりとかもして20分くらいで復旧

■2012/04/06
HLA異音
柏でKUMAさんと合流した時に発症
軽め
復旧しないまま帰宅

■2012/04/08
HLA異音
16号を南下して千葉北インター直前で発症
軽め
インター近くのコンビニで20分くらいで復旧

■2012/04/11
あわやパンク
通勤途中、ポンッ!って音と共にカチカチカチカチと断続音がした
前回のパンク跡から空気が抜けてタイヤがペシャンコになったかと思う
慌てて脇道に逃れて確認したら太いタッピングビスが刺さってた

P4210008.jpg

手では抜けずプライヤーを使って抜いた時点で、またか、とムカムカしてくる
でもパンクはしなかったみたい
直ぐに気付いてよかったわ
走るのが左側に寄り過ぎなのかもしれない
白線ギリギリを走るのはやめて、もうちょっとだけ右側に寄せてみるか

■2012/04/15
HLA異音
スタビ効果確認で近くにある曲がりくねった道を走行した後に発症
中くらい
帰宅まで直らず


HLA異音発症の傾向として
・一気に高回転まで引っ張ると発症
・ヒール&トウとかで一瞬のうちに回転を上げる時に発症
(下手くそだから尚更なのか?)

傾向性から考えると、回転にHLAの動きが追いついてない、もしくは油が追いつかないってことか?
そもそもの懸念だったオイルポンプパッキンからのエア噛みも未確認(未交換)だしな

本格的に診てもらわないと
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/発症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

アルシオーネの発症


以前から頻発しているHLA異音
いよいよヤバイかもしれないと思えるできごとがあった

■2012/03/15
退勤後の夕方、エンジンをかけると大きめな音でカチカチ音発生
10分以上アイドリング状態で様子をみたけど収まらず
結局、帰宅するまでの30分間、鳴りっ放しで走行
この日は風の強い日だったな

■2012/03/16
朝昼夕とエンジンをかけたけど全く収まらず
この日は晴れててそんなには寒くなかった

■2012/03/17
買い物でちょっとだけ乗ったけど収まる気配がない
この日は朝から雨だった

ここまで長期間収まらないのは初めて
本気でHLAの交換を考えて、パーツマニュアルをチェック
部品番号は 13229 AA000(卸値は2000円?)
※AA型レオーネ初期は 13230 AA001で上記の部品が上位互換

8個使いなので16,000円+儲け分+作業工賃
交換作業は面倒だろうから結構かかりそう

部品取り1号(VX)のHLAが使えるかと思って調べてみたら同じ部品だった
とりあえず、部品代はかけずに済みそう

■2012/03/18
午後、エンジンをかけたら直ってた
何もやってないのに何故だろう

発症の傾向性もわからず、復旧の要素もわからず
せめてこれがわかれば発症しても不安にならなくて済むのにな

KUMAさんの話では、HLAの脱着はカムシャフトケースまですればよくて、エンジン全体を取り外さなくてもできるとのこと
でも
油漏れして、結局プロに頼んだとのこと
俺なんかは尚更だめだろうな

部品取り号からの取り外しだけなら素人でもいけるみたい
組み付けはディーラーでなく、経験豊富な信頼できるところを見つけたいところ

我孫子のYさんから電話があって知り合いの方に打診してもらうことになった
この方が引き受けてくれると良いのだけど

■2012/03/19
復旧の状況からKUMAさんが言うには
ボール弁のところでスラッジが引っかかったり抜けたりしているんじゃないか?
とのこと

スラッジってそんなに硬いものなんだろうか
オイル交換だって以前に比べれば凄くマメに交換してるのにな

もしかしたら、ディーラーで買った添加剤が威力を発揮してスラッジが浮いたとか
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/234272716.html

フラッシングは良くないと刷り込まれているのでやらないとしても、HLAのオーバーホールで済む可能性もありそう

二、三万円で済むなら家族を説得できるけど、五万円を超えるようだとかなりの激論を覚悟しないと
目先の出費額に拘わらず、将来の為の投資の意味を理解して欲しいな

■2012/03/20
オーバーホールより、フラッシングのほうが遥かに安いと助言される
あくまで、オーバーホール前のダメ元とのことだが一理ある
そろそろオイルの交換時期でもあるしな

そんな中、整備をやられている群馬のメンバーさんに相談して4月の週末に診てもらうことにした
群馬なら下道で3時間コースだし、HLA異音が発症しても何とかなるかな

【参考】
ネットで「EA82」「HLA」をキーワードに検索してたら以下のサイトがひっかかった

▼EA82エンジンカットモデル
http://www.ausubaru.com/forum/showthread.php?t=15810

HLAが入るところも写ってる

それにしても、世界の中にこんなことしてくれる人がいるってのはありがたい
EA82というマイナーなエンジンについて探求される方々の努力に敬服
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/発症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

アルシオーネの発症


相変わらずHLA異音が発症

■2012/02/08
HLA異音
そこそこ大き目
発症後、帰宅するまでの30分間直らないまま
翌日のエンジン始動時には直ってた

■2012/02/11
HLA異音
走行中に軽目のものが発症
暫くしたら直ってた

この日以降、この症状が頻繁に出るようになった
(いちいち控えなくなってしまった)

どうも4000回転以上回すと発症し易い感じ
発症しない時もあるから明確な原因はわからない

HLA交換を実施したくなってきた
でも高いらしいから暫くは無理だな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/発症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

アルシオーネの発症


最近は問題が発症して、それを直す前に次の問題が発症しちゃう
致命傷じゃないだけに対処も延び延びになってる
よくない展開だな

▼2012/01/16
左ドアに凹み発見

ALC_20120116_01.jpg

ALC_20120116_02.jpg

膝の高さくらい
浅めの凹みが20cmくらいの長さ

朝、助手席から荷物を入れようとして発見
自分でやったのか、どこかの駐車場でやられたのか
今となってはわからない

塗装が錆びで浮き始めてるようなドアだったけど、凹むとショック
これを機に塗装の浮きも含めて綺麗に直すべきか
業者に出すか、自分でやるか
どうしようかな

▼2012/01/20
エンジン糞詰まり

たまに出る、この症状
家からの発進直後に起きた

振り返ると、雨や雪の日にエアコンを使っている時に発症している

冠水した時や走行中はエアクリーナーが水を吸ったのが原因と思われる
だけど発進直後に起きたのはなんでだろう

この日は朝から雨で暖気中からエアコンを使ってた
エアコンと糞詰まり感の発症
何か関連があるんだろうか

▼2012/01/23
車内の結露

大雪が降った日
退勤して車に戻ると車内の結露が半端じゃなかった

ガラスがビチョビチョ
エアコンかけたくらいじゃ乾かない

雨漏りしてるせいだろうな
きっとカーペットも濡れてると思われる
真面目にモールのコーキング作業をしないと

▼2012/01/24
4WD切替不調

大雪の次の朝
大通りなら雪が少ないはずと車で出勤

凍結もチラホラ見えていたので4WDモードにする
でも、10分くらいは切り替わらず
スイッチの動きが"ネチョ〜"って感じでかなり悪い

幹線道路に出て、あまりの渋滞にUターンし始めた時に4WDに切り替わった
タイミング悪し
いきなり直結四駆モードになったせいでエンストしちまった
恥ずかしい

▼2012/01/24
4WD切替不調

その日の夜
スイッチ操作だけでは4駆が解除されない
解除するためにP内で数回前後進してみる
しかし解除されず
諦めて、そのまま走り始めたら3分後くらいに解除

相変わらず解除のタイミングが掴めない

また雪が降ると厄介だな
真面目に原因を調べないと

▼2012/02/06
エンジン糞詰まり

やはり雨の日だった
エアコンのせいかと思い、エアコンを切ってみたけど症状は変わらず

先輩に相談したら、エアクリから水を吸い込んで空燃比が変わってしまったことによるらしい
今は、ラジエータへの導風板を外したままだから、エアクリに直接入り込む
ドクにも「導風板を付けて」と言われてたのに放置してた報いだな

真面目に対策しないと


【番外】
雪や雨の後も放置してたXT6
気になって車内を確認したら案の定、水が溜まってた
しかも、凍ってる

ALC_20120210.jpg

このままだと腐る一方だな
腐らせる為に入手したわけじゃないのに
何とかしてあげないと
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/発症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

アルシオーネの発症


アルシオーネの故障と発症について調べ直してみた
結構な頻度でドキドキさせてくれてる


▼2010/06/21
CDプレーヤー故障
以降、車中で音楽は聞けなくなった

▼2011/07/29
HLA異音

▼2011/08/02
時計異常
一晩の間に5分進んでた

▼2011/10/02
HLA異音

▼(2011/11/03)
HLA異音

▼2011/12/16
HLA異音
始動時に一瞬

▼2011/12/17
オーバーレブ
シフトミスによるもの
HLA異音に繋がるかと不安を残す

▼2011/12/18
HLA異音
案の定、発症した
軽めなもの
暫く収まらず

▼2011/12/18
時計異常
気が付いたら26分遅延
2回目だな

▼2011/12/25
O2センサ断線発見

▼2011/12/29
オーバーレブ
無茶な割り込みをされて憤慨して空吹かしの結果
HLA異音に繋がってしまった
阿呆なことをしてしまった

▼2011/12/31
ライトスイッチ破損
ライトスイッチをトグルスイッチに変更してる
このレバーを乗車時に膝でぶつけて折ってしまった
以降、夜間は乗れない状態になってる


HLA異音以外は、直そうと思えば直せる
でも、ちょとの手間を惜しんで直さないまま
イザって時に困るパターンだな
早く直さないと
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/発症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

アルシオーネの発症二点


最近の発症もの

▼2011/12/08
ストップランプ警告灯点灯

ブレーキを踏むと一瞬だけ点いてたストップランプ警告灯
いつの間にか踏んでいる間、ずーっと点灯するようになっていた

ALC_20111208_StopLanp.jpg

ストップランプが切れたらしい
交換しないといかんな

この機会にと、ストップランプ警告灯の仕組みを調べてみた

▼コンビネーションメータ
ALC_198506_CombinationMeter.jpg
(新車解説書:1985/06)

▼ストップランプ回路
ALC_198506_StopLanp.jpg
(電気配線図集:1985/06)

"ストップランプチェッカ"というのがあるらしい
でも他の整備書も含め、どこにも説明がなかった(探せなっただけか)
レオーネの整備書には説明があった
多分、同じ仕組みだろう

▼ストップランプチェッカ
LEO_198412_StopLanpChecker.jpg
(レオーネ/サービスマニュアル:1984/12)

ここには、こんな事が書かれてる
…………………………
片側断線すると正常側のコイルの磁力が発生し、リードスイッチが働きパイロットを点灯させる
…………………………
結局、電気音痴な自分にはよくわからない
ウンチクを深めるより先に早くランプを交換しよう


▼2011/12/10
冷却水臭漂う

実家に帰省した時、弟にエンジンを見せてたら冷却水の臭いがプンプンしてた
リザーバタンクの量も上下限の真ん中にまで減ってる

前回(2011/07)の車検で上限まで満たされてたから、5ヶ月で半分も減ったのはマズイかも
原因調査してみるかな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/発症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

アルシオーネのエンジンから異音


▼2010/11/10
退勤後の夕方、エンジンをかけたら、もの凄い音が発生
カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ..
猛烈にビビる

動転してドクに電話
ドクは電話に出なかったので、レオーネ乗り"みぎみぎひだり"さんに電話
こちらも電話に出れない状況のようで相談できず

急いでいたのもあって、意を決して、このまま2000rpmを上限として低回転走行
エンジンの回転数に合わせて音のサイクルも変動している
20分後くらいに収まった

その後、"みぎみぎひだり"さんと話した
どうやら、HLA(ハイドロラッシュアジャスター)のエア噛みらしい
とりあえずは問題ないとのこと

話では聞いていた症状
しかし、自身に発症すると慌てふためくもんだな

エア噛み除去の方法を教えてくれた
2000〜3000回転で10〜20分間回し続けると修復できるそうな
でも、住宅街の中じゃできんわな
(彼もやったことはないらしいけど)

その後、ドクから電話
長期間、エンジン放置すると出るかもしれないとのこと
でも、毎日使ってる中で出てしまったってのは何故かしら

このことをMLに投げると以下の助言があった

▼オイルポンプのOリングとミッキーマス型リングが疑わしい
http://minkara.carview.co.jp/userid/886484/car/741770/1320354/note.aspx

▼オイル中のスラッジが回った?

▼エンジンオイルが少ない
ドリフト練習会で右旋回を続けると、オイルが左に偏って右バンクから物凄い音がする
左旋回すると直る
左旋回は下手なのか構造的に異なるのか、ぐるぐるやっても左バンクから音がすることはない


まずは、オイルの量を確認
ゲージの上限にある

ただ、駐車場は車両前方側に結構な角度で傾いているので、実際には上限には達していないってことになる
200ccくらい入れてみた

他の要因については簡単には確認できない
まずはこれで様子見
その後、暫くは問題なかった


▼2010/11/12
しかし、二日後の夜、走行中に突然発症
一気にエンジンを回した後のこと
停車時に、けたたましいカタカタ音が鳴っているのに気付く

この後10分くらいで帰宅となり、鳴り放しのままエンジンを切る

その後、一週間は出張で乗れず
久し振りに乗ってみると、たまに鳴っている
特に、エンジン始動時の一瞬だけ鳴るのが度々発生してる

循環が機能していない時に発生するってことは、オイル中のスラッジが回ってしまった、ってのが怪しいか
だとしたら、面倒なことになるな
でも、鳴ったり鳴らなかったりってのは何故だろう
不思議

やはり、いい加減だったオイル管理が災いしたのか
この前のワコースのにしても、ヤフオクの計り売りで本物かどうかは確認の術がないし
 
 
posted by 五条銀吾 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/発症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

アルシオーネのエンジン停止


▼2010/09/08
台風が来た影響で道路が冠水してた

前の車が通過し切った後、こちらも続く
セオリー通りアクセル緩めず一気に通過

しかし
10分後くらい突如エンジン停止
原因は全くわからない
猛烈に焦る

直ぐ前は線路をくぐる下り坂
後続車両はいない
なんとか惰性で下り坂まで進めた
下りながらセルを何度も回して何とか復旧

この間、あれやこれや考えたな

惰性で下り坂まで行けなかったら?
ハザード出して直ぐに停めるべきか?
ディーラーを呼ぶか?
保険屋の牽引サービスに電話するか?
でも、電話わからない
修理代かかるのか?
また、修理費くれと頭を下げねばならんのか

長く感じたな

エンジンはかかったけど回転が異様に重い
ターボが回らず抵抗になってるような印象

更に一度、3000回転を越えようとした時に強烈な糞詰まり感があって、かなりビビる
ドクからの納車当時も一回発症した現象
とりあえず3000回転以上回さぬようにして帰宅

翌日の出社も同じようにビビリながら通勤

出社後、車に詳しい二人に相談
以下の助言をいただく
・エアクリから大量の水を吸ってプラグがカブったかもしれない(プラグCHK)
・コンピュータが変な学習をしてしまったかもしれない(バッテリー外してリセット)
・配線のコネクタに水が残っているかも

退勤後、会社の駐車場でエアクリをチェック
エアクリはキノコ型のがラジエータの脇辺りに位置してる

フィルターを外して触ってみると湿った感じ
アスファルトに叩きつけてみる
若干、水が出てきた
丸一日経って水が残ってるとは、やはりこいつのせい?

プラグの確認は前二本のコードを外したのみで断念
後ろ二本は周囲の物が塞ぐ形になってて暗い時間の作業は厳しい

バッテリーは外して数分放置

コネクタの水残りは一通りの目視では特に異常なし

バッテリーを繋ぎ直して試走

エンジン停止の再発を恐れてアクセルを踏むのもなかなか力が入らない
464号を回転も上げずに40km/hくらいで暫く走行

更に徐々に回転を上げて暫く走行
回転が重い印象は抜けないけど、元々こうだったのかもしれないとも思える

ターボを回すために一気にアクセルを踏んでみる
ターボランプは点灯

段々と過給時間を増やす
どうやら復旧した感じ

でも回転が重い印象は抜けない

エンジン停止や強烈な糞詰まり感の再発が怖くて、アクセルを踏み切れない
でも重く感じてるのは気のせいで元々の状態に戻ってるのかもしれない
一度ビビると今まで普通だったことが普通でなくなるもんだな


その後、ドクからも連絡があって指示を戴く
指示された部分を一度見てみないといかんけど、素人には気楽には触れないような?
でも、これを乗り越えないと今後の維持もできなさそうだな

物臭を越えて自分で整備できるようにならないとな
 

posted by 五条銀吾 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/発症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする