2011年04月15日

クラピア


クラピアちゃんに"目土入れ"をやってみようかと色々と調べてる

▼前回
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/194652651.html

しかし、なかなか踏み切れず
結局、目土入れできないまま、エアレーションのみやってみた
成長期を前に色々と仕込みを急がないと

道具は昨年買った芝生用のもの
ジョイフル本田で1000円ちょいだったか

TS3G0651.jpg

一年間野外放置してたら色褪せちゃったな

この道具、土にパイプを刺す仕組み
面白いように円柱状の土の塊が出てくる
出てきた塊は小動物のウンチみたい

夜の1時間くらい作業
穴のピッチは粗めのまま中断

素手でやってたら、手の皮は剥けるは水ぶくれはできるはで結構大変
次回は手袋しよう

翌朝、庭を見たら、そこら中にウンチが散乱してるみたいだった
見栄えが悪いので一つ一つ潰して歩く

それにしても、集中して作業する時間がとれない
部屋の棚やらクラピアちゃんの世話やら、どれも中途半端な状態だな
 
 
ラベル:クラピア
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

はやぶさ再び


"はやぶさ"をアニメ化したと聞いた
▼タモリ×SMAP僕らは未来を信じよう!〜宇宙への挑戦と奇跡の物語〜
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2011/110325-057.html

録画予約しておいて一人になった時に見てみた

松本零士さんが監修したらしい
松本零士さんと言えば宇宙ものが有名だからかな

でも、自分にとっては宇宙ものよりも戦場漫画シリーズの方が印象深い
その哀愁漂うストーリーに思春期だった自分は多大な影響を受けたと思う

"はやぶさ"は以前にもプラネタリウムで見た
▼2010/06/21
http://hj-tsubo.seesaa.net/archives/20100621-1.html

またもや大気圏突入時のシーンで目頭が熱くなった
きっと、戦場漫画シリーズに通じる哀愁があったからかもしれない

この番組を見て改めて感動した
はやぶさが世界に誇れる結果を出せたのは
・可能性を信じること
・諦めないこと
・団結すること

これらがあったからこそ結果に繋がったのだと思った

震災復興の鍵も、ここにあるように思えてならない
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

クラピア


出勤前、妻が褐色したクラピアを見て心配していた
死んでるのではないかと思っているみたい

その日、丁度、会社で業者さんが来て芝生の手入れしていた
何やら土だか肥料だかを撒いている

クラピアに応用できるかと思って何をしているのか調べてみた
どうやら"目土入れ"というものをやっているらしい

▼目土の役割
・春の萌芽期に目土をすることで発芽を促進して芝生を元気にする
・不陸(デコボコ)を修正する

元気が出るらしい
今の枯れ切った趣のあるクラピアちゃんを見ていると、やってあげた方がよさそう

でも、クラピアの謳い文句には「目土などの作業が不要」とある
あらら

でも、うちの場合は土に気を遣わなかった
粘土質でカッチンコッチン
しかもデコボコ

やっぱりやってあげた方がいいかな
  
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

クラピア


妻に言われて発見
不動状態のアルシオーネの下
クラピアちゃんが爽やかな色で茂ってる

TS3G0618.jpg

いい季節のクラピアはほんとにいい色をしてる
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/154827768.html

クラピアを見ていると爽やかな気持ちになる

でも今は冬だから褐色期
ここ以外のクラピアは褐色が普通

何故青々としてるのだろう
車の下で日の当たりが悪いのに不思議
そう言えば、家屋の壁際に生えてるクラピアも一年中青い

これにはどんな要素があるんだろうな
日陰だから、土中の水分が乾燥せずに青々できるのかな

これがわかれば、褐色期の哀しい風景を回避できるかも
考えてみれば夏以外は水を撒いてない
冬でも適切な方法で水撒きが必要なのかも


それにしても、日陰という逆境の中、逆に青々としたクラピア
この姿を被災された方々に重ねたい

先日、震災に対し師匠がこう言っていた

断じて負けるな!
勇気を持て!
希望を持て!

確かにそうだな
必ずよくなると信じて、虚無感を乗り越える勇気が大事だな

虚無感を乗り越える勇気
自分の中では父親が死んだ時を思い出す

若くして死んだ父の死は当時の自分にとって虚無感に包まれるのに充分な出来事だった
実際、暫くは何もする気にならなかった

でもこの世を去っていく側にしてみれば「俺の死を引きずって、いつまでもクヨクヨして人生を無駄にするな」って言っているように思えた
少なくとも自分が死ぬなら、残していく家族にはそう言いたい

復興した姿を思い浮かべながら、少しでも早く復興できるよう、自身もできる限りの努力をしていきたい
 
 
ラベル:クラピア
posted by 五条銀吾 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

東北地方太平洋沖地震


死も考えた
今、生きていることができて本当によかった

震源から遠い千葉の地にいてこのように思うのだから、震源地に近い方々は尚更だろう
津波の体験も加わって、どのような不安をもって今を過ごしているのだろう
安穏として今を過ごせている自分には、その心はわかりようもない
一刻も早く皆が笑顔に戻れるよう祈りたい

今回の事を振り返ってみる

地震発生時、会社の7階(最上階)にいた
この時には余裕があった
すぐに止むだろう

しかし7階では揺れが増幅されるのか立っていられなくなる
慌てて近くの柱を掴む
収まらない揺れ
今までに経験のない揺れ
外の木々達も揺れに揺れている
これを見て流石に不安になる

もしかして倒壊するかも
倒壊しても死なない為にはどうすればいい?
真剣に考えた

階を下れば潰される
やはり最上階にいるのがいいか

あれこれ考えても、結局、柱を離さないようにするのが精一杯だったな
自分は有事の際に何もできない男らしい
かなり、ビビリー
情けない

その後は仕事も手につかず
強制帰宅命令も出て早めに帰宅
家族を見れたのは嬉しい限り

でも、自室が凄いことになってた
ROOM_20110311_01.jpg

ROOM_20110311_02.jpg

一歩しか入れない

丁度、部屋の整頓をと思ってたらこんなことになっちまった
リセットするには丁度いいけど復旧は大変だ

それにしても倒壊しなくてよかった
生きていることは素晴らしいな

以下、震災絡みの情報

▼義援金
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
とりあえず一口だけ参加

▼津波(wkipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%A5%E6%B3%A2#.E8.AA.9E.E6.BA.90
「津波」の語は、通常の波とは異なり、沖合を航行する船舶の被害は少ないにもかかわらず、港(津)では大きな被害をもたらすことに由来する。

▼GIZMODEさん:スーパームーンで人類滅亡の日は近い!(たぶん俗説)
http://www.gizmodo.jp/2011/03/_320.html
内容よりも、このタイミングが凄いと思う
でも、引力が影響していなかったと証明できるのだろうか

▼宏観亭見聞録
http://macroanomaly.blogspot.com/
地震について色々と調べられている方


posted by 五条銀吾 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

プリトヴィツェ湖群国立公園


地球上にこんなところがあるなんて信じられない
まるでファンタジー映画に出てくるCGを見ているみたい

景色を見て(しかも映像の)こんなに感銘を受けたのは初めて
行ってみたいねと、珍しく夫婦で意見が合った

クロアチアという国らしい
還暦越えたら行けるチャンスもあるかな

どうせなら上空から見たい


CMのロングバージョン



http://www.youtube.com/watch?v=oOX-xBXrjkE&feature=related

製作記
▼野村不動産(プラウド)のブログ
http://www.proud-blog.net/blog/2010/08/cm1-b7a2.html


追記
posted by 五条銀吾 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

クラピア


庭には「クラピア」を植えている

冬の褐色気味な期間は枯れてるんじゃないかと不安になってた
最近は全面的に花も咲いてくれて生きてることが確認できた
元気一杯に育ってくれて一安心

TS3G0444S.jpg

蜜蜂も猛烈に寄ってきてるけど、この花、蜜は無いんだよな
蜂さん、ごめん

TS3G0445S.jpg

踏まれてないところは背丈も10cmくらいになっちゃってる


「クラピア」については、発売元さんのサイトに説明が詳しい

株式会社グリーンプロデュースさん
http://www.greenproduce.co.jp/

以下、転載
 …………………………

”クラピア”とは日本在来のイワダレソウを改良した品種で、10年の歳月を掛けて宇都宮大学農学部雑草科学研究センターの倉持仁志講師が開発・改良し、日本で唯一農水省に品種登録がされているイワダレソウです。

その特長は、
@種をつけない、
A増殖速度が速く短期間で被覆する、
B草丈が極めて低く刈込みの手間が少ない、
C耐暑性・耐寒性が高い、
D耐塩性が高く、酸性・アルカリ性どちらの土壌(pH4〜9)でも生育する、
E根が深くまで伸びて乾燥に強い、
F緻密に地面を覆い雑草侵入を抑制する、など。

芝に代わるグランドカバー植物として使用されたり、砂漠緑化など環境改善用の植物として日本のみならず、海外でも用いられている。

 …………………………

植えたのは2009年4月
一年が経った

植えようと思った理由は
・庭には緑が欲しかった
・芝生が一般的だけど芝生の維持には手間がかかるらしい
・温暖化防止に役立ちたい
・庭一面をコンクリにすると夏の照り返しが辛い

当初は芝生を考えていた
だけど、家にマメな者はいない
無管理状態になるのは目に見えてる

施設とかの臨時駐車場に使われている樹脂ネットみたいのを埋め込んでタマリュウを植えるのも考えた
だけど価格的な面で家族に却下された

車生活的には全面コンクリが良かったけど、夏の照り返しや温暖化防止を考えると諦めるしかなかった
そんな中、ネットで物色してたら、これを見つけた

・手間が少ない
・踏まれることに強い(逆に踏んだ方がいい)
・洋服とこすれても色が着きにくい
と良い事尽くめ

辛いところは価格が芝生よりも高いこと
悩んだけど結局購入

土は、建築用のカチカチ質のまま
それを知らずに「強いクラピア」だからと、そのまま植えてみる
でも暫くすると明らかに元気がなくなってた

結局、全部掘り起こして腐葉土を混ぜて埋め直した
ポッドの周囲しか腐葉土を混ぜてないのでカチカチ質のままのところはなかなか伸びていかない
全面的にやり直したいところだけど今更それもできず悔やまれる

褐色が目立った頃には結構不安になったけど、ネットで調べる中、同じように悩んでいる人がいて勇気付けられる

▼cozyhouseさん
http://ameblo.jp/cozyhouse/

皆、同じような状況なんだな
傷を舐め合いつつ不安を打ち消す

まぁ、最近の発育状況を見るとなんとかなったって感じ
雑草の根張り抑止も結構効いてて助かる

不思議なのは、壁沿いのものは猛烈に伸びてる
葉も大きめで定期的に伐採?しないと、それこそジャングルになっちまう
場所によって生育にムラがあるのはなんでだろう

そこそこの手間はかかるけど総合的には芝生より手間要らずなんだろうな

残念なのは、蜜がないこと
一生懸命に蜜を集めようとしている蜜蜂が哀れになってくる
頼むから、この家には蜜が無いことを仲間で共有してほしい
 
 
ラベル:クラピア
posted by 五条銀吾 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

はやぶさ


「はやぶさ」が帰還した

ミーハーではあるけど帰還すると聞いてから気になり始めた
子供にもJAXAのはやぶさ君の冒険日誌を学校の宿題のネタにさせたりして

▼はやぶさ君の冒険日誌
http://www.isas.jaxa.jp/j/enterp/missions/hayabusa/fun/adv/index.shtml

帰還直後にはYOU-TUBEをチェックしまくって、燃え尽きる映像を繰り返し見た
(閲覧回数からすると全世界で50人の中には入ったな)
その時の映像は鮮明なものではなかったが、大気圏突入時に辺り一面が明かるくなった時には神秘的なものを感じた

その後、テレビでも鮮明な映像が放映され、一層「はやぶさ」に興味を持ち始めた
そんな中、プラネタリウムで「はやぶさ」の映像が見れると聞き、千葉市の科学館に行ってみた

▼HAYABUSA MOVIE
http://hayabusa-movie.jp/index.html

▼千葉市科学館
http://www.kagakukanq.com/

千葉での上映計画は6月一杯で終わりとのこと
予想通り、各回とも満席状態
回が多めに設定されているタイミングに行って正解だったな

▼投影スケジュール
http://www.kagakukanq.com/sp_event/calendar_pla.php

到着した時の後の後の回の券を買って、暫し常設展示を見て回る
これはこれで面白い
子供も大喜び
自分も感心しまくり
市でこんな施設があるとは、さすが政令指定都市

いよいよ上映
その内容は素晴らしいものだった
天井一面がスクリーン
巨大だけど繊細な映像に、デジタル映像の醍醐味を堪能させてもらった
50分間だったらしいけど、あっという間だったな

やっぱり泣いちまった

はやぶさが地球から遠く離れた地で、たった一人で苦境を脱しようともがいていた
こいつは機械ではないのでは?とさえ思えた

この辺から擬人化が始まっちまった
元々、はやぶさ君を読んでた時点で擬人化してたんだろうけど

最後、カプセルを送り出した後、燃え尽きていく姿を見て、涙腺爆発
子のために我が身を捧げるように思えて、親ってこういうものなんかな、としみじみ考えてみたりして

ちなみに、嫁さんと子供は泣いてなかった
なんで泣けないんだろ?

この素晴らしいプロジェクトに参画された方々に最大の敬意を表したい


蛇足だが

聞いたところによると、民主党の事業仕分けにより後継機の開発ができないとか
目先のことしか考えない素人が、夢やロマンの世界を大幅に後退させてしまうことに憤りを感じる

長い間、蓮舫さんのメルマガをとってきたけど「仕分け頑張りました」「抵抗も多いですが頑張ります」の一点張り
言うべきことはそんなんじゃないのでは?と思ってた
そんなことしか言えないから、党内の自浄はできないわ、秘書は卑劣な犯罪を犯すわ、その責任は取らないわ

野党の時には、そんな事をしてきた大臣を辞めさせてきたはず
何故、立場が変わると恥も感じず保身に走る?

今の与党の責任の取らなさは、今までとは比べ物にならないほど酷い
何故、支持率が上がるのか理解に苦しむ


きっと、アルシオーネに関わる税金が安くならないのも政府が何も考えてないからか
ひたすら納税してきたんだから、免除にすることはあっても、値上げしたり、古い車は据え置きってのはおかしくないか

新しい物と古くなった物
共存させようって気はないんだろうな
 
 
ラベル:はやぶさ hayabusa
posted by 五条銀吾 at 12:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする