2013年08月11日

車系雑ネタ


6月分を整理

■2013/05/30(Tech-On!)
▼【人とくるま展】Hella社、ターボの電動ウエイストゲート用モータを開発
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/EVENT/20130530/284699/

今後の主流となっていくんだろうな


■20130605(autoblog)
▼【レポート】人気があり過ぎて、マズイ!? スバルが急増するオーダーに危機感
http://jp.autoblog.com/2013/06/05/subaru-supplies-running-low-as-automaker-struggles-to-keep-up-wi/

凄い時代になったもんだ


■2013/06/06
▼第三回サンバーサマーミーティング
http://minkara.carview.co.jp/calendar/7738/

何かの拍子に発見
2013年08月04日開催ってことは既に終わってる
野次馬的に遠目で見てみたかった
残念


■2013/06/21(autoblog)
▼今度は3列シートの7人乗り! フィアットが「500Lリビング」を発表
http://jp.autoblog.com/2013/06/20/fiat-officially-introduces-seven-seat-500l-living/

一瞬、キューブC3の代替に、なんて考えが頭をよぎる
でも外車は避けた方がいいな
ちなみに三列シートってことは、ムルティプラ再来なのかな?


■2013/06/21(SUBARU Philosophy)
▼海外で活躍するドミンゴ
http://subaru-philosophy.jp/post/53501710230
ALC_199212_DOM.jpg

ふと、ドミンゴネタに触手が動く
・ドミンゴの英国名は『SUMO』
・フィンランドで製造された電気自動車『ELCAT』(エルキャット)
・ドミンゴで遊びを広げるドイツのオーナーズクラブ
自分とは全然関係ない記事なんだけど、何となく嬉しく感じる
でも記事は20年前のものなんだな


■2013/06/27(autoblog)
▼重量1000kg以下のEV最速記録に850hpのマシンで挑戦! 結果は!?
http://jp.autoblog.com/2013/06/26/drayson-will-shoot-for-fia-electric-vehicle-land-speed-record-on/

2014年からスタートするFIA(国際自動車連盟)主催の初の電気自動車レース「FIAフォーミュラE選手権」ってのが初耳で驚いた
そういう時代なんだな


■2013/06/28(日本経済新聞)
▼車保有税15年から増税 総務省検討、取得税廃止で
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS27047_X20C13A6EA1000/

朝からこの記事を読んで激しく憤りを感じた
今も理不尽な一割増しを強いられているのに更に上乗せしようなんて腹立つわ
総務省の阿呆さ加減に怒髪
ドイツやイギリスの精神を学んだ方がいいと思う
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/272392536.html


■2013/06/28(ヤフオク!)
▼スバル 360 R2  レオーネ ブラット リヤシート
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f124525696
BRAT_20130627_SEAT.jpg
※画像は出品者さんのを無断借用

おぉっ
日本でこんなものが出品されるとは
でも高い
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ALCYONE/その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> 今も理不尽な一割増しを強いられているのに更に上乗せしようなんて腹立つわ

この国はどれだけ車を買い替えさせたいのでしょう。行政と業界がベッタリなのが透けて見えて、うんざりします。

今の愛車が壊れたら、車のない生活をしてみようかと考えています。
特に乗りたいと思える車もないし、都内ならなくても生活できるし。

ただでさえ「クルマ離れ」と言われているご時世に、このようなゴリ押しで買い替え促進効果が出るのか疑問を感じます。
Posted by ぶらっと at 2013年08月12日 08:59
▼ぶらっとさん

ほんと、うんざりしますね
今後も自動車を取り巻く環境を理不尽なものにしていくなら車離れに拍車をかけるでしょうね
それでも、自分の地域では車は必須ですし、ましてやアルシオーネから離れることはできないので、諦めて受け入れるしかないです

それにしても、目先の利益を求めるが故に古い物を悪と刷り込ませる
この図式は日本ではとても多いですね
文化や伝統を軽んじて、結局は自ら根っこのない文化を作り出してる
日本人の伝統的信条って何?って問われたら、どう答えればいいのでしょう
これは高度経済成長の弊害なんでしょうね

その時代を生きてきた上層部の方々が居なくなって、最近の緊縮財政世代な若者が台頭するようになれば、江戸時代のような無駄を嫌う文化に戻れるのかもと期待しています
(とは言え、「ゆとり」と揶揄される考えなしに行動するような連中は除外ですけど)

ただ、その消えていくべき人種に自分も含まれるのかどうか
実は自信ないです
Posted by 五条銀吾 at 2013年08月12日 12:01
子供の頃(レガシー登場前)には思いもよらなかったスバル超新星爆発でしょうか!

とはいえ、息の長い商売であってほしいですね。

世間では、人気沸騰→増産→設備増強→人気冷却→経営危機みたいなサイクルを聞くことがあるので、ここは地道に品薄感を上手に使ってほしいですね。

個人的には現行レガシーやインプレッサ、機能以外に何を買うのだろう?と思える無骨なスタイルですが、次代に期待ですね。
Posted by 灸太郎くん at 2013年08月25日 16:22
百匹目の猿という比喩を聞いたことがありますが、スバルへの認識が丁度この状態になったんではないですかね
トヨタ、日産なら安心、舶来車はなんかオシャレ、スバルなんてダサくてパッとしない、という昭和時代のイメージが、レガシィの登場によってスバルもアリかなとなって、周りに乗っている人が増えてきたから選択肢の一つに入れる人が増え、リピーターも増えてきた
レガシィ登場後の20数年で、ようやく他社と肩を並べられるだけのイメージが浸透してきたのかと

ここで拡販の方向が変な方向にいっちゃうと危険でHそうね

Posted by 五条銀吾 at 2013年08月25日 19:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック