2013年02月15日

小惑星、16日に地球かすめる


最近は天体ネタが多いな
それとも、今まで気付かなかっただけなのかな

■2013/02/08
小惑星、16日に地球かすめる=静止衛星より近く-NASA
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201302/2013020800282

以下、引用 …………………………

【ワシントン時事】
米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所は7日の電話会見で、直径45メートルの小惑星が米東部時間15日午後2時24分(日本時間2013/02/16 04:24)、地球に最接近し、気象衛星ひまわりなど静止衛星よりも地球に近いところを通過することを確認した。
この規模の天体が、地球にこれほど接近するのは観測史上初めてだが、地球に衝突する可能性はなく、人工衛星と接触する恐れもほとんどない。
小惑星は秒速7.8キロで地球に接近。最接近時の地表との距離は約2万7600キロで、東欧やアジア、オーストラリアでは望遠鏡を使って観測することができるという。

………………………… 引用終わり

大丈夫らしいけど、ちょっとだけ不安はある
何の影響も出さずに通過してほしいもんだな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック