2012年12月06日

「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーン


■2012/11/29
国立天文台のメルマガの中に面白そうなものがあった
また流星群が観れるチャンスらしい

以下、抜粋引用…………………………

■「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーン
毎年12月13日から14日頃を中心に、三大流星群の一つである「ふたご座流星群」の出現が活発になります。

今年のふたご座流星群の出現の極大は12月14日の午前中 (日本時間) と予想されており、13日20時頃から翌14日明け方にかけて、流星を最も多く見ることができると期待されています。
また、極大前後も数日間にわたって普段より多くの流星が出現するでしょう。
今年は12月13日が新月のため、月明かりに邪魔されることがなく、良い条件で観察ができます。

国立天文台は、できるだけ多くの方に夜空を眺める機会を持っていただくため、このふたご座流星群を観察対象とする「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーンを次のとおり行います。

観察期間:12月12日 (水) 夜より12月16日 (日) 朝まで
報告方法:パソコンやスマートフォン、携帯電話を使いキャンペーンページから観察結果を報告
報告内容:観察日時、観察時間、何個の流れ星を見ることができたか等
その他:報告されたデータは自動集計し、10分おきに速報として掲載します

観察方法や、ふたご座流星群の流星かどうかの見分け方等を、キャンペーンページにて詳しく解説していますので、そちらを参考に観察してください。
従来の携帯電話 (フィーチャーフォン) からも参加可能です。
これまで流れ星を眺めたことがない方も、ぜひお気軽にご参加ください。
参加者には、パソコンや携帯電話の壁紙画像のプレゼントがあります。

▽「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーン
http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20121212-geminids/
http://naojcamp.nao.ac.jp/i/phenomena/20121212-geminids/ (携帯電話用)

…………………………引用終わり

今年は何回か流星の話しがあって挑戦したけど毎回観れず終い
なので、流星なんて何年も見れてない
今度こそは観てみたいもんだな

でも寒そう
寒さに耐えられるかどうかが焦点かもと軟弱さ爆発
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック