2012年11月30日

車両窃盗団


■2012/11/21
ご近所の方が車を盗まれた

場所は人里離れたところなんかじゃなくて住宅街の中
しかも、そこそこ車の通りもある道路に面したお宅
こんな場所で盗まれたなんて驚き

車種はハイエース
車内には仕事道具が満載されていたとのこと

職人にとって道具は相棒とも言えるもの
その相棒を一瞬に無くしたことになる
道具の無い職人なんて、牙を抜かれた狼、PCの無いプログラマみたいなもの
呆然とするしかないのは想像に難くない
この先、どうやって仕事をすべきかも考えられないだろうな

本人の話では、この日、この地域で4台のハイエースが盗まれたと警察が言っていたのこと
他にもプリウス3台のナビが盗まれたらしい
明らかに窃盗団の仕業だな

自分も車上荒らしに二回遭った

最初の時はドアノブの下を紙のように裂かれてドアごと交換させられた
当時(も今も)程度の良いドアなんて無かったから錆びや塗装剥がれがあっても仕方なく使ってる
二回目の時はドアノブ一式交換

どちらも犯人は見つからなかったし、修理費用も自分持ち
理不尽さにやり場のない怒りを感じたところで怒りをぶつける先もない

他人の不幸の上に自分の幸福を築いてる輩が居るなんて許せない
しかも、この瞬間にも、のほほんと過ごしているかと思うと尚更腹立たしい
早急に捕まって欲しいし、捕まらないなら天罰を、とさえ思う

ふと思ったのが、ガダカという映画
遺伝子に絡んだ話しだったと思う
遺伝子操作して云々という科学の発展に警鐘を鳴らす人も多いし自分も反対する側だろう

ただ
こういう輩の遺伝子
引き継がれていくとしたら正直嫌な感じ
子に罪はないと言うけど、本当にそうなのかなって思っちゃうな

と思っちゃうのが人の善性を信じ切れてない証拠か
生まれた時は白紙なのだろうから、育つ中で、また、軌道がずれたにしても人との縁に触れ軌道修正できるんだろう

と思いたいけど、なかなか仏のような境地にはなれないな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ALCYONE/その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、タマです、
その後アルシオーネの調子はいかがですか?

こちらのホンダ、要約症状が緩和されてきましたが、まだ本調子ではありません、部品調達に苦戦しております、

さてお題のハイエース、恐らく200系ですね、持ち込む国によって左ハンドル、右ハンドルOKなどの規制があるので一概には言えませんが、
基本左ハンドルがほとんどです、よって、
200系のハイエースは両側スライドドア、つまり5ドアは盗難率高いはずです、左ハンドルだと右側通行なので右にドアが無いと使えない為です。

年末に国へ帰る窃盗団のコンテナ空きを埋める時期になって来たのですね、私も1台盗まれているので本当に頭に来ます。
そのハイエースは前々から目を付けられていた可能性がありますね、
つぼさんにもお話しした事があると思うのですが、業者のオークションに「直結され全部のガラスが無く、ABC各ピラーがチョン切られ、シートがフラットになった上にルーフが置かれてそのまま走れる状態」の200系が沢山出品された事があります、現車を見た時は怒りが込み上げて来たのを覚えています、
その状態でも外人は応札して買って行きましたから。下見している外人に話し掛けると、
「大丈夫、直して売るんだよ」と。
ガラスは?の質問にガラスなんて簡単に作れるよ・・・と。
グラインダーで切断した各ABCピラーの鉄板は少なからず5mmは無くなってる所はどうする?ガラスが合わないのでは?
の質問にガラス切るか鉄板を継ぎ足せば平気・・・。と。
頭に来ますが勝てないですね。
その溶接技術を違う所で使えば良いのに、と思います。


最近では旧い日本車も、ある海外のマニアに高い支持があり、狙われる事もある様なので注意が必要だと考えます、シャレードデトマソや、ジャスティ、などの海外であまり出回っていないちょいマイナー車は可能性は低いですが、AX系は海外でも未だ人気があるので注意が必要です。
Posted by タマ at 2012年11月30日 12:02
こちらの調子は一進一退です
って何も対処してないので良くなることはないのですが
それでも、洗浄剤のお陰で始動時エンストはかなり改善されました

時期的に、ってことがあるんですね
稼ぎ時?
恐ろしいです

理不尽を通り越して無茶苦茶な世の中になってるのですね
自衛しかないのでしょうか
悪がはびこる世の中を変えねばなりませんね
Posted by ぼつ at 2012年12月01日 11:43
残念ながら自衛以外に方法は無さそうですね。
ハイエースに限らず、走る倉庫みたいになっている場合、損失は計り知れません。鉢合わせして凶行に及ばれても、とかいろいろ考えてしまいます。

途上国に行くと、日本ならフルレストア、ウン百万コース?の仕事をハイエースやトラック相手にやっているのを見かけます。

見えないところは手抜きなんでしょうが、治具も無しですごい事やっていて驚かされます。
鈑金の職人技もまだまだ健在みたいです。
Posted by 灸太郎くん at 2012年12月18日 11:55
理不尽なことですね
どうやって防げばいいのでしょうね
あんなところで盗まれちゃうなんて、今考えても不思議です
恐い時代になりました
Posted by ぼつ at 2012年12月18日 21:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック