2012年10月19日

最近観たアニメ

最近は古いものを観れてないな
秋の番組改編期で新しいものも沢山出てきちゃったし、何より夜更かしができなくなってきた

▼カウボーイビバップ - 天国の扉
2001/09/01
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%93%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%97#cite_note-8

どうも映画になると淡々となる傾向が強い
そういう時代だったのかな
映画ならではのスカッと感が欲しいところ

▼Samurai7
2004/06/12〜
http://ja.wikipedia.org/wiki/Samurai7

なかなか面白かった
黒澤明監督作品が元になってるらしい
小林誠氏のデザインによるメカも出てきた
この人のデザインは独特だな
創作意欲がそそられる
作れないけど

▼奥さまは魔法少女
2005/07/03〜
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E3%81%95%E3%81%BE%E3%81%AF%E9%AD%94%E6%B3%95%E5%B0%91%E5%A5%B3

ヒロインの声がベルダンディと同じだった
魔法ネタということもあって比較しちゃうけど世界観の違いは歴然
話の展開も説明不足に感じるし、しっくりこないまま終わったな

▼Canvas2-虹色のスケッチ-
2005/10/02〜
http://ja.wikipedia.org/wiki/Canvas2

1話のみ観た
自分には合わない感じがしなくもない

▼エウレカセブンAO
2012/09/29〜
http://eurekaao-prj.net/?p=2016

一応は終了した
しかし、本当の最終回は晩秋とのこと
現時点では最終回がどのような形で公開されるかさえ不明
これまで観てきたものを評するなら自分には向かない作品だったってことになる
次の話こそは面白いだろうと期待しつつ最後までスッキリしないままだった
でも、BONESの真骨頂は最終回の素晴らしさ
ここに期待して最終回を待ちたい

▼超速変形ジャイロゼッター
2012/10/02〜
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/gyrozetter/

子供向けだな
展開にも無理がある
レギュラーメンバーが居るようだから、アルシオーネが登場できるとしたらゲスト扱いか
登場の可能性が薄くなってきたな

▼エウレカセブンAOオリジナルショートアニメ「新たなり深き青」
2012/10/05〜
http://eurekaao-prj.net/?p=2057

▼バクマン。(第三シリーズ)
2012/10/06〜
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%80%82

やはり安心して観れる

▼ROBOTICS;NOTES
2012/10/12〜
http://ja.wikipedia.org/wiki/ROBOTICS;NOTES
http://roboticsnotes.tv/

初回では「アルシオーネ云々」と叫ぶ人は出てこなかったな
まぁ、それがなくても面白そうだけど

▼勇者ヨシヒコと魔王の城/第二章
2012/10/13〜
http://www.tv-tokyo.co.jp/yoshihiko2/

前回同様、のん気に観れそう
面白おかしく気楽に観れるってのもありだな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Comic/Anime/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジャイロゼッターのゲームでは初期の数台にアルシオーネが入っていたので、アニメへの登場も期待していたんですけどね。当面は我慢して見続けたいと思います。
アニメもですが、変形オモチャも早く出して!!

Samurai7は我が家もお気に入り。
フィギュアも買っちゃいました。
http://homepage1.nifty.com/flat-brat/gasyapon.htm
ワンフェスで瓢箪山電気さんというディーラーから紅蜘蛛のガレージキットも出ていましたよ。
http://navy.ap.teacup.com/hyoutanyamadenki/131.html
Posted by ぶらっと at 2012年10月20日 09:38
ジャイロゼッター、本編での登場は厳しいかもしれませんね
でも、アーケードの方の映像をアップしてる方が居まして、これを見て感動しました
http://www.youtube.com/watch?v=KJqbh06bG-w

Samurai7、本編では野伏のディテールまではわかりませんでしたが、立体物になると改めて小林誠氏のデザイン感バリバリですね
情報に感謝

個人的にはこの原型師さんのブログタイトル「未来兵器 武羅汁」ってのにビビビッときます
未来世紀ブラジルが元になってるのでしょうね
Posted by ぼつ at 2012年10月20日 11:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック