2012年10月15日

ゴム銃の制作


先週は無性に模型が作りたくなって、そちらに傾倒

ゴム銃は全く触らなかった
なので記念撮影のみ

GUN_20121014.jpg

でも、ホールドフックのリリースの仕組みだけは考えてた

今は瞬間開放と言うにはちょっと無理がある
トリガーを引くのに合わせてジワジワと下がっていく
これを瞬間的にフックを下げるようにする仕組み

カム機構を追加すれば瞬間的に下げられそう

でも、これをやるにはこれまでの構造を見直さないといけない
特に銃身基部の強度確保が心配だな

まぁ、でも、やった方がよさそうではある
ひとまずやってみるべきか
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴム銃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック