2012年07月03日

アルシオーネの発症


▼前回までの状況
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/274420421.html

■2012/06/11(夕方)
▼HLA異音
始動時に0.5秒ほど鳴って直ぐに直る

■2012/06/14
▼ギシッギシッ音
この日を境に今日まで毎日鳴るようになった

■2012/06/19(夕方)
▼HLA異音
始動時に0.5秒ほど鳴って直ぐに直る

■2012/06/25(夕方)
▼HLA異音
始動時に0.5秒ほど鳴って直ぐに直る

■2012/06/27(夕方)
▼HLA異音
始動時に0.5秒ほど鳴って直ぐに直る

▼段差のある道を通れず
知らない小道を通って大通りに出ようとしたら、段差があり過ぎて、フロントが引っ掛かって前に進めなくなった
フロントスポイラーを擦って牽引フックが当たってロック
無理矢理前進しようとしたけど、感触的に無理っぽい
仕方なく後退したらナンバープレートが引っ掛かって逆反り
通れない道があるなんて思わなかった
これからは気をつけないと

【HLA異音】
夕方始動時に発症してる
当日の運転状況を見ても特に変わったことはしていない
何か共通する要素があるのか、ないのか

【ギシッギシッ音】
運転し始めは鳴ってない
通勤の場合、20分後くらい経つと鳴り始めてる
暖まってくると鳴るのか
もしくは、停車してる間に散らばった油が、運転によって油膜が切れていくのか
何れにせよ、やばい状況ではある
金や手間を惜しんで致命傷になるのは避けたいところ
初号機では修理に20万かかったような気がする
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/発症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
異音、気になりますね。
早めにプロに見せたほうが安心できるかも。

オーバーハングの長いクルマは段差や車止め要注意ですね。破壊しては元も子もないので。
Posted by 灸太郎くん at 2012年07月08日 03:38
仰る通りですね
ただ、それなりのお金がかかるのが困り者です
来年の車検までもたせられれば、費用も出し易いので、そこまではケミカルを使って騙し騙しですね

5ナンバーのバンパーは、下部がかなり後退していて前輪からの距離は極端に短いです
これは開発方針に『クーペとは言え、4駆である以上、悪路走破は必須』とのことから、エアサスによる車高アップ機能と併せた悪路対策の現れです
しかし、カッコ優先にバネサス交換、車高を目一杯下げてしまったので、こんな結果を招いてしまいました

開発者さんの思惑を無視したが故の弊害ですね
自業自得ですわ
Posted by ぼつ at 2012年07月08日 09:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック