2012年05月25日

The FreeD


数ヶ月前"monogocoro"さんで強烈な工具?機械?を紹介してた

後から見ようと思ったら探せずじまいで、別のサイトだったかなと諦めてた
でも、YOU-TUBEで別の何かを見てたら偶然発見
やっと、じっくり見ることができた

この道具、CNCリューターと呼ぶのが一番しっくりくる
市販化されないものだろうか
嫁さんに怒られるの覚悟で買っちゃうだろうな


http://www.youtube.com/watch?v=TxHiTjapTqg

▼monogocoro
http://www.monogocoro.jp/2012/02/17/freed.html

製作者さんのページ

▼MIT/Amit Zoran and Joe Paradiso
http://web.media.mit.edu/~amitz/Amit_Zoran_home_page/the_freeD.html

これもMIT絡みなんだな
以下抜粋引用

The FreeD 2012

A Handheld Digital Milling Device for Craft and Fabrication
工芸と製造のためのハンドヘルドデジタル粉砕装置

Amit Zoran and Joe Paradiso, Responsive Environment Group,
MIT Media Lab
The FreeD is a hand-held, digitally controlled, milling device that is guided and monitored by a computer while still preserving the craftsperson’s freedom to sculpt and carve. The computer will intervene only when the milling bit approaches the planned model. Its interaction is either by slowing down the spindle speed or by drawing back the shaft; the rest of the time it allows complete freedom, letting the user to manipulate and shape the work in any creative way.

フリードはまだ彫ると彫る職人の自由を維持しながら、コンピュータによって導かれ、監視されているハンドヘルド、デジタル制御、粉砕装置である。
フライスビットが計画されたモデルに近づいたときにだけコンピュータが介入する。
その相互作用は、スピンドル速度を遅くしたり、シャフトを背面描画のどちらかである。
残りの時間、それはユーザが任意の創造的な方法で作業を操作すると形状にさせる、完全な自由を可能にします。

The idea of the FreeD is to allow designers to engage with the physical material and not just with the CAD environment, and to let them do their interpretations to the virtual model. By that, designers can create something that is one of a kind, unique based on a generic design.

フリードのアイデアにより、設計者は物理的な材料との関わりだけでなく、CAD環境で、それらを仮想モデルにその解釈を任せるようにできるようにすることです。
それにより、設計者は一般的な設計に基づいてユニークな種類の一つであり、何かを作成することができます。

▼MIT Media Lab
http://www.media.mit.edu/

▼MITメディアラボ(EIKIPEDIA)
http://ja.wikipedia.org/wiki/MIT%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%9C

今の?所長さんは伊藤穰一さんっていう日本の方らしい
MITの所長さんが日本人とは、何か嬉しくなるな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック