2012年04月27日

アルシオーネの整備

アルシオーネの整備
■2012/04/15
▼洗車
なぜか洗車してみた
ミーティングでもないのに珍しい
その後、ディーラーでやってたお客様感謝デーに行ってくじ引きして参加賞のクリアファイルをもらう
(店員のおばちゃんから「かっこいいですよね」と言われ照れちった)

▼スタビ効果確認の為に試走
数年前、グネグネした道に迷いこんだのを思い出して行ってみた
でも前の車が遅くて速度を上げられなかったから再挑戦だな

▼マイクロメータ固着修理
だいぶ前に固着して動かなくなっていたマイクロメータに目が留まり、そのまま修理に入る
G17みたいな色をしたものが至るところに付着して固まってる
付着した経緯や、これが何なのかはわからず
とりあえず浸透潤滑剤を吹いて、少しづつ動かして分解組み立て
回るようにはなったけど、ラチェットで回せるほどは軽くなってない

▼ラバープロテクタント塗布
以下の部品に塗布
・ラジエターホース
・ターボ冷却パイプ
・タイヤ側面
液液してて浸透しそうな感じに期待大
順次違う部品にもやっていこう

▼ハンドル革剥がれ修理
ハンドル上部の縫い目がほつれて革が浮いていた
裏側に接着剤を塗って結束バンドで一昼夜固定

20120415_handle.jpg

縫い直しはしなかったけど何とかなりそう

■2012/04/18
▼エンジンルームの熱気逃がし
ボンネット浮かしをやめて、バルクヘッド上のウェザーストリップを外した
でも、REMIXさんがインプレッサを例に話してくれたのは
「スバルはエンジン下方から抜く設計になってるから、上から抜こうとすると気流が乱れて逆効果」
と言われてしまった
むむむ
でも、ウェザーストリップを留めてたクリップは壊れちゃったから暫く様子見ってことにしよう

■2012/04/20
▼HLA摘出
翌日のREMIXさん訪問に向け部品取り1号からHLAを摘出しようと思った
素人でも摘出できるか"みぎみぎひだり"さんに相談したら「三時間もあればできるのでは?」との返事
しかし、寒くなって暗くなって怖じ気づいて面倒になって結局断念
ヘタレだな

■2012/04/21
▼REMIXさん訪問
HLA異音の診断をしに群馬県まで遠征した
この日の出来事については別途整理

▼タイヤの空気圧確認(朝)
出発時にGSで給油を兼ねて空気圧の確認
パンク修理やビス刺さりがあってから毎日気になってた

前回の空気圧確認はタイヤ交換時(2011/06/02)
既に一年弱経ってる
その時は3kgで入れてもらった(窒素ガスも入れた)

今回の結果は、記憶が曖昧だけど
右前:2.8
左前:2.8
右後:2.8
左後:2.5(パンク修理したタイヤ)
ちょっとづつ減ってたけどパンク修理したタイヤは減り過ぎだな
うまく直ってないのか

店員さんに3kgにしてもらった(右後はタンクのエアー切れで2.8のまま)
やはり転がり感や剛性感がいい感じ
前回もそうだけど車高が上がった感じがするのは気のせいなんだろうか

▼タイヤの空気圧確認(夕)
REMIXさん出発前、空気圧を確認してくれた
減ってるはずないと思ってたけど全部減ってた
右前:2.8
左前:2.8
右後:2.5(朝、2.8のままにしてたタイヤ)
左後:2.8
冷めてた影響かも
改めて3kgにしてもらった

パンクした時の穴が気になるな
シューグーを詰めた後も状況確認してなかった
ローテーションを兼ねて全部のタイヤを外して確認しよう

これからはマメに確認していこうかな
KUMAさん基金でエアーゲージ買っちゃおうかな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック