2012年03月11日

富士重4WD発売40周年


■2012/02/21
スバルのメルマガが届いた

今年は富士重が4WDを発売してから40周年になるらしい
(今はAWDって言わないといけないのかな)

メルマガの文中にはレオーネの名が記載されてる
富士重もレオーネを忘れてなかったんだな
感涙

以下抜粋引用……………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       スバルWEBコミュニティ
  S┃U┃B┃A┃R┃U┃ P┃l┃u┃s┃
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛ ━┛━┛━┛━┛
      Vol.160 2012.2.21
    http://members.subaru.jp/index.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

富士重工業初のAWD搭載車として世に出たのが、「SUBARU レオーネ エステートバン4WD」。
1972年9月にこのレオーネ エステートバン4WDが発売されてから、今年で40年を迎えました。
つまりSUBARUはAWDを発売してから40周年を迎えることとなったのです。
AWD車の生産累計は11,782,812台(2012年1月31日現在・パートタイム4WD含む)、SUBARU車生産台数累計の55.7%を占めています。
この中で培ってきたAWD技術は、あらゆる条件下で最適な走行状態を実現するだけでなく、FFやFR車の開発にもおいても大いに役立っており、SUBARUが提案する走る愉しさの世界を広げているのです。

引用終わり……………………………………………………

今では当たり前に存在している4WD
その先見性は勿論、諦めずに続けてきた透徹した信念こそが賞賛に値するな
付和雷同の色が強い日本にあって、この信念を貫くのは簡単じゃない
改めて、富士重の社風に敬服する


自分の愛車も11,782,812台の中の一台なんだな

1972年に4WD開始
1985年で13年後(愛車の誕生年)
2012年で40年後

愛車の4WD機構は、自分の手でスイッチを押してFFと4WDを切り替えるパートタイム4WD
フルタイム4WDが出る直前の1985年製
富士重4WDの歴史の中では草創期に含まれるのかな
今の4WDは洗練されてそう
でも"自分の手でスイッチを押す"ところが"操ってる感"があっていいんだけどね


ちなみに
なんでこのタイミングでアナウンスしたんだろう?
年初と言うにはちょっと遅め
発売された9月に合わせるなら早過ぎる
単純に見出しネタの順番待ちだったのかな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック