2012年01月05日

3Dプリンタ


3Dプリンタってのは今世紀最大の発明かもしれない

昨年を振り返ると、個人向け3Dプリンタの普及が加速した年だったと思う
3Dプリンタがあればキットメーカーが取り上げられないネタでも自身で造形することが楽になる
もの好きにとっては喜ばしい限り

なんて考えてて思ったことがある
と言うことは、キットメーカーが販売しているものさえ素人が造形することも可能だな
もしかしたら3Dプリンタの普及はキットメーカーにとって驚異になるのではないだろうか

その手のマニアでなくても3Dプリンタに期待や可能性を感じている人は多いと思う
今の流れを見てると、ある時、一気に壁が破られるような気がする

何となく試算してみる
3D-CADと3Dプリンタの抱き合わせで10万円として、キットが3000円
これから5年でキットを34個買うなら元が取れるかもしれない
ガレージキットを買うつもりなら更にお徳
※5年とはアーキテクチャの世代交代分の期間として

でも、現在の普及機レベルでは分解能や造形能力でキットメーカーと同等の精度を出すのは難しい
精度の高いスクラッチ用ベースにするのがやっとかもしれない
しかも、3Dデータの作成は結構厄介

そんなニッチな需要に応えて、キットメーカーが3Dデータを売るようになったりして
互恵関係が築けるといいのかもしれん


▼Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/3D%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BF

▼個人向けポータブル3Dプリンター
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/189878276.html

▼iModela
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/229797268.html
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 3Dプリンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アマチュアの原型師さんでも、3Dデータ+立体出力で原型を作っている方はいらっしゃいますよ。

携帯ストラップのマスコットくらいだったら、データをオンライン販売して自宅で出力って時代が来そうですね。(^-^)
マイナーな製品なども立体化されるとか、良い効果が出ることを期待したいです。
Posted by ぶらっと at 2012年01月07日 00:10
既にいらっしゃるのですね
そりゃそうですよね
触手が動かないはずがないです

ただ、他のものがそうであるように、アナログ派(手作業派)にとっては邪道なのかもしれませんね
DTM(デスクトップミュージック)ならぬデスクトップモデリングって感じでしょうか
模型自体は机上作業なので差異はないのですが雰囲気的に
Posted by ぼつ at 2012年01月08日 21:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック