2011年11月30日

アルシオーネのグレード識別点


富士重工の車は毎年改良を受け、年改コードが与えられる
アルシオーネにも年改コードがある
▼前期型
A型:1985年06月〜
B型:1986年03月〜
▼後期型
D型:1987年07月〜
F型:1989年02月〜

※C型とE型が無いのは兄弟車のレオーネに合わせたとの噂がある

ネットで紹介されている目撃情報の画像から、年式が識別できる方法を考えていた
パーツカタログの「レターマーク」と「オーナメント」「バンパー色」を見れば、後ろ姿だけでも高い確立で識別できることがわかった

Lettermark_Rear.jpg

Lettermark_Side.jpg

▼EXCEL版
ALC_ornament_lettermark.xls

■後ろ姿からの識別
▼A型
・後バンパーのナンバープレート周囲が黒い(これはA型のみの特徴)
・グレードはトランク右側に貼られている(「VS」「VR」)
・ATの場合、トランク左側に「AT」の記載がある
※でもA型/VSにはATの設定が無いので「4WD TURBO AT」だけ

▼B型
・後バンパーのナンバープレート周囲がボディーと同色になる
・グレードやAT/MTについてはA型と同じ

▼D型
・6気筒のVXが追加される
・VXのバンパーは前後とも専用デザイン
・後ろのナンバープレート周囲の凹みがナンバープレートの大きさに合わせたものになる
※VX以外は欧州のナンバープレートに対応できる大きさ
・バックランプがバンパーからリアガーニッシュに移設
・VS/VRは後バンパー/ナンバープレート周囲がボディーと同色
・全グレード共、グレード記載がトランク左側に移動
・ATの場合は「AT」の記載あり(VXはATのみの設定だがATの記載は無し)

▼F型
・トランク中央のオーナメントのデザインが変わった
※A〜D型までは同じデザイン

■横からの識別
▼A型
・VS:TURBO
・VR:4WD TURBO

▼B型
同上

▼D型/F型
・VS:TURBO
・VR:FULL TIME 4WD TURBO(D型には「4WD TURBO」も有り?)
・VX:FULL TIME 4WD FLAT6

■その他の識別点
▼前バンパー
・A型/B型は上部が黒く、D型/F型はボディー同色

▼ワイパー格納位置
・A型は助手席側、B型/D型/F型は運転手側に格納される

▼シートのヘッドレスト
・A型/B型は穴無し、D型/F型は穴あき


これで、目撃車両の精度が上がる
また、メンバーなのかメンバー以外なのかも識別し易くなる

でも自分のようにレターマークを剥がしたり、コンドー隊長のように違うグレードのバンパーに交換している場合は他の特徴も考慮する必要がある
それに、そもそもが目撃情報は少ないし、目撃情報もメンバーの車両ばっかりだしで、今回の資料が役に立つことは少ないかも
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック