2011年02月08日

バイオニック義肢


義肢が紹介されてる

▼革命的発明と製品情報
http://www.j-tokkyo.com/2010/12/21/31678.html

発想の転換だな
健常者の姿を模すのではなく、機能面から進められたデザイン

パッと見、寺沢武一氏のコブラの世界を思い出す

機能優先のデザインはアスリートの世界では普及している
でも一般世界では健常者の姿を模すのが普通

丁度、こちらでも義肢が紹介されていた

▼GIZMODE
http://www.gizmodo.jp/2010/12/post_8231.html

こちらは、義肢をもっと楽しもうってことかな
しかし、まだまだ世間的には好奇の目で見られるのは必至
義肢を使わねばならない方々の気持ちはわかるはずもないけど、選択肢が増えるのはいいことか




この前、脳波コントロールと磁性流体のことをテレビで紹介していた
磁性流体って発電に生かせないだろうか
血液の代わりとしてアクチュエータを駆動させることができれば面白いものができそう
 
 
posted by 五条銀吾 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック