2010年10月29日

アルシオーネとモード

1987年10月29日から11月9日まで、第27回/東京モーターショーが開催された

ここでは以下のアルシオーネが展示されていた

▼Junko Shimada Ver.

Junko_02S.jpg
※画像はネットの拾いもの

島田順子さんの作品
ソファーのような真っ赤な革張りシート
黒と赤のコントラストは大人でなければ似合わない

実車は京都のマニアの方が乗られていたと確認されている


▼Ficce Special Ver.

Ficce_01S.jpg
※画像はネットの拾いもの

小西良幸さんの作品
ボディパネルはカーボンケプラー
オープントップ
他にも細々

こちらは製作者さんのサイトがある

▼スターダストファクトリーさん
http://www.stardust-factory.com/custom1.file/custom1.html

その後、この車が朽ち果てている姿を仲間が確認した
Ficce_06S.jpg
※画像は引用

悲しい結果
更には処分されてしまったと聞いた
もっと早く知っていればと後悔している

以前、この業者さんに取材を申し込んだけど、多忙を理由に断られてしまった
残念


昨年末に、この両車が"流行通信"誌とのタイアップで製作されたものだったことを知る

"流行通信"と言えば、TV東京で放映していたファッションの最前線を紹介していた番組を思い出す

モードの世界は、追従することに慣れた者には理解し得ない領域
アルシオーネの存在はモード界でこそ一際輝きを増したことだろう
アルシオーネへ負の評価を下す人達というのは、トレンドに乗っていなければ価値を見出せない人達と言えるのかもしれない

以下、当時の記事を抜粋転載

▼1987年8月号

RyuukouTsuushin_198708_02S.jpg

▼1987年10月号
RyuukouTsuushin_198710_03S.jpg

RyuukouTsuushin_198710_04S.jpg

RyuukouTsuushin_198710_05S.jpg

▼1987年12月号

RyuukouTsuushin_198712_02S.jpg

▼1988年1月号

RyuukouTsuushin_198801_03aS.jpg

RyuukouTsuushin_198801_05aS.jpg


当時、若い女性がアルシオーネに乗っていたという目撃情報がたまにあった
もしかしたら、この記事に影響を受けた人達だったのかもしれないな

ちなみに
この雑誌に広告を出していた車メーカーははマツダだけで、富士重工のは無かった
スポンサーのマツダを差し置いてアルシオーネを選んだということか
さすが、独自の感性を持った雑誌だけある

▼流行通信(by Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%81%E8%A1%8C%E9%80%9A%E4%BF%A1

ここにはテレビ番組との関連が書かれてないな
関係なかったとは思えないけど
 
 
posted by 五条銀吾 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック