2010年07月05日

スリットドラム(その後


スリットドラムのバチについて「ぶらっと」さんから「スーパーボールを使った」との助言を戴いた
ダイソーで見てはいたものの、100円をケチって買わないでいた
この助言で踏ん切りがついて買うことにした

▼2010/06/26
ダイソーには二種のスーパーボールが売っていた
単色のものとマーブル模様のもの

単色のものは表面の艶が無いもの
マーブル模様のものは表面が艶々(だったと思う)

散々悩んだけど派手なのは好かんので、単色のものに決定
(高々100円なのに悩んでしまうのが貧乏性の現れ)

P6260033S.jpg

帰宅後、早速装着方法を検討

まずは抜け止めの方法を変更
今までは抜け止め用のギザギザに充填できる方法だったけど、今度のは穴を明けて圧入となる
なので、割り箸の先端を単なるギザギザから、半丸ヤスリでRの凹形状に全周を加工
(先端は太く、一旦細くなってまた太くなる)
念の為、ヤスリの角でギザギザ加工もしておく

箸の先端部の最小径がΦ4mmだったので、スーパーボールの穴はΦ4mmにする
穴を開け始めると意に反して柔らかい感触
切り屑もボロボロしてて想像してたゴムの感触じゃない

更に問題発生
パーティングラインを目安にして穴明けしたらラインに沿って裂け始めた
ゴムだから大丈夫だろうと、パーティング面は気にしてなかった
ここまで結合力が無いとは

とりあえず箸を挿入
所謂「インサート」
興奮する一瞬だな

心配はしてたが、案の定、裂け目が微妙に拡がった
慌てて接着剤を注入
慌ててたので、以前買ったペットボトル用を使っちまった
冷静に考えるとG17があったからこちらを使うべきだったな

何とか完成
しかし、ひどい仕上がり

TS3G0443S.jpg

一晩経って叩いてみる

音が柔らか過ぎるというか、音が小さい
これはイマイチ

今回のは、ゴム質が柔らか過ぎだな
もう一方の、「いかにもゴム」って感じの方にしておけばよかった
無念
買い直さないとな

でも、今回のとお湯丸を比べると、お湯丸の方が硬過ぎる気もしてきた
この中間の硬さを試してみたいところ

とは言え、7.11が終わるまではこんなことやってられない
一旦保留だな
 
 
posted by 五条銀吾 at 12:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イマイチでしたか。m(_ _)m
堅すぎず柔らかすぎず、かつお手軽なモノってなかなか難しいですね。
Posted by ぶらっと at 2010年07月07日 08:59
スーパーボールの種類が悪かったんでしょうね
もう一種の方は昔ながらの硬そうな材質でした
こちらにしておけばよかったのでしょうね
いつも選択を誤ってしまいます
Posted by ぼつ at 2010年07月07日 09:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック