2010年06月09日

遊び自転車一代目/BULLET(MIYATA製)


ヤフオクで買ったコミック「アオバ自転車店(02巻)」が届いた

Miyata_Bullet_01S.jpg

自転車を題材にした漫画
これに昔乗ってた自転車が出てると知り入手

BULLET(ブリット)
ミヤタ製
1987製?
20インチの変な自転車
若かりし頃に乗っていた

Miyata_Bullet_02S.jpg

C/W誌?の新商品紹介で見て衝動買い
普通の自転車屋だったので、「そんなの知らん」って話が通らなかった
改めて本を持参して発注してもらった
新車価格5万円くらいだったけど、若さ故の衝動にまかせて購入

改めてググってみたら紹介してるところを発見
(有)丸亀自動車販売
http://zagato.de-blog.jp/cycle/2007/05/post_34ad.html

Miyata_Bullet_00S.jpg
★上記サイトから画像転載

本名はブリットって言うらしい
「F1」だとばっかし思ってた

当時は自転車を改造するなんて知識もなくそのままで乗ってた
一番のお気に入りだったのはスタイリング
二番目は20インチの幅広スリックタイヤ
三番目はタイムラグの無いフロント変速機構
加速感が凄かったな

今思えば改造ベースにうってつけだったんだろうな
当時の画像も無いけど振り返ってみる

▼ハンドル
専用のステム一体型の角断面メチャ重ハンドル
カッコは良かったな

▼フレーム
ファニーバイクみたいな形
カッコよかった
でもメチャクチャ重かった
14kg越えだったらしいが、数値以上に重く感じた
ハイテン鋼らしい
※CrMoもあった(特別仕様?)とのネット情報あり

▼フロントギア
最大のギミック
フロントチェーンリングに内装5段の変速機能が付いてた
意味は忘れたけど、確か「FF」って呼んでた
コレ、止まっていても変速できて便利だったな
普通のリア変速もあったけど、コッチの方が高かったかな

▼タイヤ
20インチの幅広スリックタイヤ(1.75らしい)
カッコいい
ブレーキングドリフトで擦り減らしてた

▼リム
鉄製のママチャリ用だったと思う
タイヤカバー?が左右両面に付けられてて、コイツがイカシてた

▼ブレーキ
ママチャリ用のだったんだろうな
フロントはプレス成形の挟み込み式、リアはベルト式


漫画にはこの自転車の誕生について説明があった
多分、当時のC/W誌にも書いてあったんだろうけど覚えてなかったので新鮮だわ

Miyata_Bullet_03S.jpg

Miyata_Bullet_04S.jpg

Miyata_Bullet_05S.jpg

でも、その一生はアルシオーネと似てる..


顛末
寮で鍵もかけずに置いてたら誰かが乗っていって無くなっちまった
数日後、寮の前のコンビニに同じ車両があったのは見たけど俺のだったかどうか
当時のことを思い出すとムカムカする

けど、無くなってなくても結婚を機に誰かにあげてただろうな
当時の自分だったら結局手元には残さなかったもの
今思うとモッタイナカッタ
正に青春の一ページだな
 
 
……………
★訂正
内装5段は15.2kgらしい
リアブレーキはローラーブレーキらしい
posted by 五条銀吾 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック