2009年08月27日

スタリオン

▼スタリオン
三菱 スタリオン 2600GSR-VR(1988年)
アオシマ/DISM製

SN3E0400.jpg

SN3E0401.jpg

ヤフオクで入手
(出品された方の梱包用新聞がSPだったので親近感を感じたっけな)

スタリオンを入手したが故に、チョロQの名車セットの完成を目論むことになった

これもピアッツァ同様、鉄火面廃車後の次期候補の一台だった
でも、ピアッツァよりは購買意欲をそそられなかったな
フロントのデザインとハッチバックがマイナス要因
ブリフェンじゃないのは元々眼中になかったけど

しかし
こいつが到着して開梱した時の感動は言い表せない
衝撃と言うか何と言うか、「実車が欲しい」とまで思ったほど

カッコいい…
角々したデザイン
メリハリ付け過ぎのフェンダー
実車では感じなかった購買意欲をそそられた

参った
ツボにはまった

アルシオーネが勝てる要素を探すなら「洗練」ってところか
スタリオンには、旧車好きでなければ受け入れない古臭さが充満してる
アルシオーネも同じだけど、随所に洗練されたものを感じる(手前味噌)

この勝負、際どい戦いだったけど、僅差でアルシオーネの勝ちだな
ラベル:スタリオン
posted by 五条銀吾 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/ミニチュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック