2013年04月13日

SIM-Drive SIM-CEL のデザイン手法


■2013/03/27
面白い記事を見た

▼【SIM-Drive SIM-CEL 発表】通常とは逆の順序のデザインでCd値0.199達成
(Responseさん)
http://response.jp/article/2013/03/27/194591.html

ALC_20130327_SIM_CEL.JPG

以下、抜粋引用 …………………………
電気自動車(EV)ベンチャーのSIM-Driveは3月27日、EV試作モデルの第3弾となる『SIM-CEL』を発表した。
デザインを担当した畑山一郎プロジェクトマネージャーは「通常の車のデザインとは順序が逆の手法」をとったことで、0.2を切るCd値を実現したと語る。
畑山氏は「通常の車のデザインは、デザインをしてから空力の最適化を図る順序をとるが、SIM-CELでは空力的に最適化された形を最初に造ったのちに、デザインを始めた」と明かす。
具体的には「それを原理モデルと呼ぶが、非常に空力的に優れているといわれる卵を長手方向に半分にスライスした形を抽出し、自動車として成立できるよう初期デザインモデル、後期デザインモデル、デザイン決定モデル、そしてデザインフリーズモデルを決めていった」という。
さらに「コンピュータによる流体解析で空力の最適化を図ったところ0.199というCd値。
通常の車のCd値は0.35〜0.4くらいだが、我々の目標値である0.2未満を達成した」と述べた。
………………………… 引用終わり

車の空力に関わる話には触手が動いてしまうな

ここに「通常の車のデザインとは順序が逆の手法」と書いてある
この企業のサイトを見ても同じようなことが書いてある

▼SIM-Drive(NEWS 2013/03/27)
http://www.sim-drive.com/news/2013/0327release1.html

以下、抜粋引用 …………………………
デザイン手法
 SIM-CELは新しいデザイン手法として、“理論空力造形”を採用しました。
理論空力造形とは空力上最適化された水滴形状をベースとして、車体デザインをおこしていくSIM-Driveが開発した独自の手法です。
理論空力造形の採用により短時間で空力に関して最適化されたデザインの構築が可能となりました。
………………………… 引用終わり

気になる表現があるな
「空力上最適化された水滴形状をベースとして、車体デザインをおこしていく〜」

なんか、当たり前のような気がするけど珍しいことなのかな
少なくともアルシオーネはこうやってた
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/183764078.html

アルシオーネの場合、
「開発は、空力エンジニアとデザイナーがそれぞれ空力最適化モデル、デザイン・モデルを製作し、それぞれの整合を求めるという形で進められた。」
とある

https://hj-tsubo.up.seesaa.net/image/CarStyling_1985summer_07.jpg

走る三角定規と揶揄されカクカクの代表に位置するアルシオーネだけど、実は今の新幹線にも通じる様なエッジが一切ない丸いデザインからスタートしたと言っても過言ではない

そして以下の様にも書かれている
『エクステリアを担当した杉本清デザイナーはこう主張する。
「丸くなる傾向は見えていたが、我々は丸とか角ではなく、スピード感を印象付けることに的を絞ったのだ」』


この判断の良し悪しなんて個人の主観でしかないから、どちらだったかなんてのは愚の骨頂
(販売面では明確に結果が出てしまったけど)
自分は最高と思うけどな

なので、SIM-Driveさんの以下の記述はちょっと引っかかる
「理論空力造形とは空力上最適化された水滴形状をベースとして、車体デザインをおこしていくSIM-Driveが開発した独自の手法です。」

まぁ、いいんだけど


ついでに空力絡みの過去ネタ

■2013/01/21(Tech-on!さん)
横浜ゴム、タイヤの内側にフィンをつけて自動車全体の空気抵抗を減らす
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20121219/257302/
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

SUBARU 55 YEARS


■2013/03/27
「SUBARU 55 YEARS」という特設サイトが開設されてた

▼SUBARU 55 YEARS
http://www.subaru-global.com/special/55th/

2013年03月03日はスバル55歳の誕生日だったから、これを祝ってのことかな

▼SUBARUの誕生日(2013/03/03)
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/340944315.html

55周年
改めて素晴らしいことだと思う


早速、アルシオーネを探してみる

「HISTORY MOVIE」の1980年代
「Motor Sport」
にアルシオーネが一瞬写ってる

動いているアルシオーネを観る機会は少ない
たった一瞬でも興奮する


同時に以下の動画もアップされてた

▼[SUBARU] SUBARU "TWINKLE TWINKLE SIX STARS"(SubaruGlobalTV)

http://www.youtube.com/watch?v=ohQYv9QVIY4

コレはいいな
アルシオーネと同様、兄上達が走ってる機会を観るのは少ない
元気に?走ってる姿を観るのはいいもんだな
目頭が熱くなる

自社の産み出してきた製品に誇りを持つのは大事なことだな
例え販売的に失敗だったとしても、それがあってこそ次に活かされる

でも肝心のアルシオーネは写ってなかった
SVXは写ってるのに
がっかり

初代アルシオーネも持ってきて欲しかった
クロマチック的に選考から外れたのか
それとも栃木からの輸送代をけちったせいか

この年代の代表はALだった
これはこれで嬉しいこと
これで我慢するか
とほほ


▼[SUBARU] Making of the SUBARU 55 Years Movie(SubaruGlobalTV)

http://www.youtube.com/watch?v=dxOOlKq7q4o

次に観たのがこっちだった
大掛かりだったことがわかる

本編だけ観るとCGかもと思えるけど実際にセットを作ってる
CGで済ますのではなく実車で演るってところに拘ったのが愚直で真面目な富士重らしいと感じさせてくれる

こういう取り組み姿勢が知らず知らずの内に富士重への信頼に繋がっているのかもしれない
実直で必要以上に自らを誇示しない富士重は誇らしいな


■2013/03/31
その後、こちらでも紹介された
補足も兼ねて控えておく

▼【ビデオ】歴代の名車が勢揃い! スバル・ブランド誕生55周年記念ムービー!
http://jp.autoblog.com/2013/03/31/video-subaru-55-years-twinkle-twinkle-six-stars/
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

アルシオーネのペーパークラフト


■2013/03/23
いまだに使い慣れないツイッター
慣れないなりに徘徊していたら面白いものを発見

▼Hobbyman_Tさん?
https://twitter.com/Hobbyman_T/status/315306338399944704/photo/1

まだ未完成らしいけど、なかなかいい雰囲気出してる
完成が楽しみだな

聞いてみたら、以前みかけたレオーネのペーパークラフトを作られたご兄弟の弟さんの方らしい

▼T & T STUDIO
http://www41.tok2.com/home/capino/artwork/

(レオーネ)
http://www41.tok2.com/home/capino/artwork/25/index25.html

作風は独特のもの
写実的に作ることも可能なんだろうけど、敢えて崩して作られているのかな


自分も昔自作してた

ALC_20020819_PaperCraft.jpg
http://www.iris.dti.ne.jp/~hj-tsubo/

タミヤのキットにマスキングテープを貼って形をとった後、平面に貼り直したもの
まだまだ細かいところの修正が必要だけど、途中で飽きて頓挫

本腰入れて手を入れてみるかな
生誕30周年行事の粗品にでもなれば幸い
 
 
posted by 五条銀吾 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

ラインナップ・カタログ(北米スバル向け)


■2013/03/23
ヤフオクを徘徊して見つけた「北米スバル/ラインナップ・カタログ」
普段は見向きもしないけど安かったので入札してみたら競合もなく落札
結局、二種類を同時に入手

▼ラインナップ・カタログ(北米スバル向け/1985年版)
ALC_1985_AllSubaruCatalog_01.jpg ALC_1985_AllSubaruCatalog_02.jpg

▼ラインナップ・カタログ(北米スバル向け/1988年版)
ALC_1988_AllSubaruCatalog_01.jpg ALC_1988_AllSubaruCatalog_02.jpg

共に800円、諸々込みで1858円

他の海外向けカタログを見た時も思ったけど、日本向けのとは雰囲気が違う
日本向けは暖かみを感じる
何が違うんだろう

とりあえずスキャニングしてXAVI共用フォルダーに保存しておかないと

そう言えば
最近は入手した書籍をスキャニングしてないな
GWにでもまとめて作業するか
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

バイクプラモ3点+


■2013/03/16
ヤフオクに前から欲しかったバイクが出てた
駄目元で入札してたらそこそこの価格で落札できた

MOK_20130314_01.jpg

▼ミニバイク工作セット
TAMIYA製

▼HONDA/Z50J-I(モンキー)
1/12
IMAI製

▼YAMAHA/SRX600
1/12
TAMIYA製

▼HONDA/DREAM50
1/12
AOSHIMA製

3点+工作セットで1109円(11入札/6人で競り合い)
諸々込み1907円
一個あたり477円ってことになるからボチボチかな

欲しかったのはモンキーとドリーム50
この二つのエンジンは抑えておきたかった

SRX600は二個目になるから欲してたわけじゃないけど空冷単気筒エンジンなら幾つあってもいいかな

早速、仮組み

▼モンキー
MOK_20130317_01.jpg MOK_20130317_02.jpg

▼ドリーム50
MOK_20130317_04.jpg MOK_20130317_05.jpg

50cc同士とは思えない造りだな
モンキーの方は簡素過ぎて流用部品として使うのはチト厳しそう
ドリーム50の方は気合いが入ったパーツ割り
過剰とも思えるけど、それだけ気合いを入れてたんだろうな


今回の仮組みはセメダインBBXを使ってみた
パーツ同士の隙間がある場合の順応が心配だったけど意外と順応してる
直ぐに付くしなかなかいいかもしれない

難点は、糸をひくのと、ひいた糸が他の面に付いてベトベトすることか
それに、本組みの前に分解した後、糊がどう残るのか、剥がし易いのか
剥がし難いなら余計な手間がかかっちゃうな(と言うよりは致命的かも)
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

手動扇風機/人力扇風機


■2013/03/23
ジョイフル本田に買い物に行ったらレジ近くのワゴンに小型扇風機を発見
どうせ電池式の携帯用扇風機だろうと思いながら脇を通りつつチェックしてびっくり
くるく〜るエコFanだった

▼くるく〜るエコFan
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/284043899.html

初めて見た
思わず手に取って、そのままレジに直行
値段も確認しないで持ってったから金額を聞いて更にびっくり
580円もした
結構高いな
でも定価は630円だから少しは安いけど

帰宅して直ぐに眺めてみる
TOO_20130323_01.jpg

動かしてみると凄い風量
こりゃ、想像以上だわ
安全対策の柔らかい羽根でこの風量ってことは羽根を変えればもっと凄くなるかも
改造したくなってくる

分解してみたらギア4枚で増速してた
TOO_20130328_01.jpg

力を入れ過ぎると空回りするようになってる
ちゃんと考えられてるな


気になるのは、両手を使わないと回らないこと
片手で回らないと「ながら」作業ができない
これは大きなマイナスポイントだな

片手仕様にできなくもなさそうだけど、これまで作ってきた方法だと荷重オーバーで耐えられそうにない
グリップの形状とか軸との位置関係も支障になりそう
考えて作らないといかんな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

飛行機のコックピット


■2013/03/16
飛行機のコックピットを入手した

▼COCKPIT/F16
MOK_20130316_01.jpg

1/12スケール
ITALERI(イタレリ) 製
発売は2003年2月?

以前入手したものの第二弾
と言うか、この二種しか無いらしい

▼COCKPIT/LOCKHEED F104 STAR FIGHTER
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/264697534.html

今回は諸々込み998円で入手
(定価は3990円とのネット情報あり)

駄目元で入札してたけど、3人で競り合った割りには510円で終了
今まで数回出品されたけど、これまでとは大違いな安値
競合に熱くなる人が居ないってのが大事なのかな

箱もデカイけど中身もデカイ
MOK_20130316_02.jpg


で、コレを見ながら思うことは、単品で作っても面白くない
かと言って部品流用するにしても何に使えば?

どうしても作りたいという衝動じゃなくて、二種しかないなら集めとこうって想いしかなかったんだろうな
結局、単なるコレクションになっちゃう

収集なんて不毛なことは止めたいところだけど物欲に勝てない自分が居る
小金だって積もればそこそこの額になっちゃうんだけどな
猛省
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

音楽系雑ネタ


最近の興味が沸いたネタ二点

■2013/02/22(革新的発明と製品情報さん)
▼ポータブルドラム
http://www.j-tokkyo.com/2013/02/22/65872.html

昔と違って最近は携帯用途の軽薄短小化が凄いな
無線技術と合わせれば何でもできそう


■2013/03/14(革新的発明と製品情報さん)
▼柔らかい音楽用キーボード
http://www.j-tokkyo.com/2013/03/14/66833.html

▼メーカーサイト「Seaboard?(we are roli)」
http://www.weareroli.com/

柔らかいのは弾き辛そうな感じはするけど実際どうなんだろう
ビブラートができるのは気持ち良さそうだけど

音楽部の仲間に紹介したらドリームシアターのメンバーが絡んでると言ってた
英語だったから面倒臭くて読む気もしないな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

VF-1J バルキリー 1/55スケール タカトクトイス製


ヤフオクを徘徊してたら懐かしい物を発見

■2013/03/10
■タカトクトイズ 超時空要塞マクロス 1/55 VF-1J■
http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w84401184?wr=1

MOK_20130310_.jpg
※画像は出品者さんのを無断拝借

この商品の詳細を調べてみた

VF-1J バルキリー(一条輝タイプ)
1/55スケール
タカトクトイス製
1982年11月発売

8650円/14入札(4人)で終了

自分も持ってたな
まだ実家にあるはず

自分のもこの値段で売れるのかと一瞬思ったけど
自分のは太ももの付け根が折れちゃったような?
それにコックピットも改造しちゃったしな
要らない物だけど買い手もつかないんじゃしょうがないか

とりあえず今度帰省した時に引き揚げてくるか
 
 
posted by 五条銀吾 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする