2013年03月31日

ランボルギーニとフェラーリ


■2013/03/10
ジュネーブショーで色々な車が紹介されてた
それらのプチダイジェストが以下のところで紹介されてる

▼ランボルギーニからトヨタまで!これさえ読めばジュネーブ話題のクルマ丸分かり!
http://jp.autoblog.com/2013/03/09/geneva-motor-show-2013-matome/#continued

その中で気になるのは、やはりランボルギーニとフェラーリ

カウンタックと512BBの時代では圧倒的にランボルギーニが気にいってた
しかし、ディアブロになって、おやっ?と思い始め最近のランボルギーニには触手も動かなくなってた
フェラーリについては常にランボルギーニの対抗馬として気にはしてたけど、最初から触手が動かなかった

今回のショーではどうだろうとランボルギーニを見てびっくり
ガンディーニ的カウンタックのカッコよさはとっくに無くなって強烈なデザインになってる
もはや理解できない世界だな

ALC_20130304_LamborghiniVeveno_01.JPG ALC_20130304_LamborghiniVeveno_02.JPG

フェラーリはどうだろう
こちらを見てもびっくり
カッコいい
フェラーリの流麗なデザインが嫌いだったけど、これはいいな

ALC_20130304_FerrariLaFerrari_01.JPG ALC_20130304_FerrariLaFerrari_02.JPG

自分の好みが変わったのか、それとも、ラ・フェラーリのデザインが秀逸なのか
なんか、しゃくではあるけどカッコいいって思っちゃったな

ランボルギーニ、今はどこの傘下になったのか知らないけど、ガンディーニやベルトーネ的、無骨だけどカッコいいデザインに戻ってほしいもんだな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする