2012年10月31日

ヤフオクにAL7の部品が出品


■2012/10/12
この日、ヤフオクからアラートメールが届いた

開いてみるとAL7の部品が多数出品されている
どうやら解体されたっぽい

悲しいことだけど、解体された以上、有意義に活用されて欲しい
早速、XAVIやレオーネオーナーさんにご報告
SLOCへ報告するのを忘れてたので、ちょっと遅れて書き込み

自分も欲しい部品が無いわけじゃないけど、お金がない

▼EA82型エンジン
EA82.jpg

▼エアサス
AirSus.jpg
※画像は共に出品頁から引用

今回は諦めるしかない
でも見てるだけじゃ寂しいので、気になる部品については質問をしてみた

■2012/10/18
いよいよ終了日
この日の終了分は以下のもの

・運転席、助手席、リアシートセット(落札)
・シートベルトセット(落札)
・エンジンコンピューター(落札)

・リア左右ドライブシャフト
・プロペラシャフト
・リアキャリパー、ローター左右
・13インチアルミホイール4本、VOLK、RAYS

■2012/10/20
この日の終了分は以下のもの

・5速ミッション(落札)
・触媒パイプ(落札)
・左右フロントドライブシャフト(落札)

・ターボエンジン
・ラジエーター、電動ファン付き
・フロント足回り左右セット
・ヒーターコア
・フロントキャリパー左右
・エアサスショックセット
・セルモーター
・パワステポンプ、ギアボックス
・コンプレッサー
・デスビコイルセット
・送風ファン

以降二巡目に突入

■2012/10/24
この日の落札分は以下のもの

・リアキャリパー、ローター左右

■2012/10/27
この日の落札分は以下のもの

・パワステポンプ、ギアボックス
・プロペラシャフト


まだ、売れてないものがある
この出品者の方以外にもそこそこ出品されているものもある
困ってる方がいるなら是非活用してもらいたいところ
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

アルシオーネの発症


10月前半分まとめ

▼前回までの状況
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/297083185.html

足回り異音が直って、残るはエンストの症状のみ
状況を整理すると傾向が見えてきた

・エンストするのは朝一発目の始動時のみ
・その日一発目の始動でも、お昼辺り以降だと発症しない
・エンストしないで持ち堪えるときもある(ストールしそうになるのは変わらない)

XAVIメンバーからは「まずは清掃を」と薦められる

部位的には以下のもの
・スロットルセンサー
・EGR
・オギジリアリエアバルブ(スバル読み、一般的にはオグジリアリ?)
・PCV
・バキューム抜け
・インジェクター
・エアフロ

洗浄系燃料添加剤が染みた後、個々に診ていくかな



以下、詳細

2012/09/30 出動なし(台風)

2012/10/01 自転車通勤
2012/10/02 自転車通勤
2012/10/03 自転車通勤
2012/10/04 自転車通勤
2012/10/05 自転車通勤
2012/10/06 昼:エンストせず(午後になってから始動)
2012/10/07 出動無し

2012/10/08 エンストせず(午後になってから始動)
2012/10/09 朝:エンストしそうになる(アクセルを二回煽って安定) 添加剤の即効性はなかった?
2012/10/09 晩:エンストした(アクセル触らず)
2012/10/10 朝:エンストした(アクセル触らず)
2012/10/10 晩:エンストした(アクセル触らず)
2012/10/11 朝:エンストしそうになる(持ち堪えた)
2012/10/11 晩:エンストした(アクセル触らず)
2012/10/12 朝:エンストしそうになる(持ち堪えた)
2012/10/12 晩:?(控えてない)
2012/10/13 昼:エンストせず(午後になってから始動)
2012/10/14 昼:エンストせず(午後になってから始動)

2012/10/15 朝:エンストした(アクセル触らず)
2012/10/15 晩:エンストしそうになる(アクセルを二回煽って安定)
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/発症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

アルシオーネの整備


10月前半分まとめ

▼前回までの状況
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/297088531.html

■2012/10/08
▼足回りからのギシッギシッ音対処

自分で分解してみようと、10月に入ってから週末までの一週間、自転車通勤にして安静状態にしてた

でも、クラッチを切ると音が止む症状を考えるとクラッチが絡んでるかもしれない
そうなると素人作業は無理
結局、自転車通勤の意味もなくディーラーさんに診てもらうことにした

ディーラーでの作業内容は「センターナットを45度増し締め」

前回、自分で分解した時、トルクレンチなんて持ってないから、元々締まってた位置よりも割りピン用穴一個分だけ増し締めした(はず)
それが規定トルクに達していなかったからトルクがかかった時だけ異音発生に繋がったのではないかとのこと
実際、その後は発生してない

ビビリーな自分だなと思いつつも、トルクレンチがない限りは分解しても同じことを繰り返すかもしれない
今後も自分で分解作業をするならトルクレンチは必須なのかもしれないな


■2012/10/09
▼朝一のエンジン始動時のエンスト対処

XAVIメンバーから「レッドラインの燃料添加剤が効く」との助言があった
洗浄系燃料添加剤らしい

試してみたい気はするけど、出費は全て自分の小遣いからとなると、ちょっと躊躇する
躊躇してたら、ドクからワコーズの製品をもらったのを思い出した
見てみると洗浄系燃料添加剤だわ

フューエルワン(ワコーズ製)
ALC_20121009.jpg
http://www.wako-chemical.co.jp/products/recommendation/005/

定価は1680円
これを二本ももらってた
う〜ん、感謝

早速投入してみた
投入時の走行距離は185,604km
効くといいのだけど
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

アルシオーネの燃費計測


▼前回(8月の実績)
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/290217874.html

■月間燃費(2012/08/27 - 2012/10/08)
走行:958km
給油:110.24L
燃費:8.69km/L

先月の燃費(9.39km/L)がよかっただけに、ちょっとがっかり
実際、HLA異音もチラホラ出始めてきたし、エンジンの始動不良も出てきた
諸々の要因が重なって燃費に影響が出ているんだろうか

http://minkara.carview.co.jp/userid/591282/car/574500/fuel.aspx


以下、明細

(2012/08/10) ECSランプ点灯(燃費には関係ないかな)

■2012/08/27
184,637km

(2012/08/27) 始動時にエンジンが止まりそうになったが持ち堪えた/以降毎日発症
(2012/08/29) HLA異音/始動時に0.5秒ほど鳴って直ぐに直る
(2012/08/30) HLA異音/始動時に0.5秒ほど鳴って直ぐに直る
(2012/08/31) HLA異音/始動時に0.5秒ほど鳴って直ぐに直る
(2012/09/05) エンジンオイルレベルゲージの抜け発見

■2012/09/15
8.05km/L(392km/48.64L)
185,029km
151円(値引き2円)
・前回給油から19日

■2012/09/17
11.97km/L(193km/16.12L)
185,223km
151円(値引き2円)
・前回給油から2日
・渡良瀬遊水地往復+35km

(2012/09/24) ミッションオイルレベルゲージの抜け発見
(2012/09/25) 足回りからシュッシュ音発生/以降連日のように発生

(2012/10/01) 足回り異音が不安で自転車通勤
(2012/10/02) 足回り異音が不安で自転車通勤
(2012/10/03) 足回り異音が不安で自転車通勤
(2012/10/04) 足回り異音が不安で自転車通勤
(2012/10/05) 足回り異音が不安で自転車通勤

■2012/10/08
8.17km/L(372km/45.48L)
185,595km
151円(値引き2円)
・前回給油から21日
・この後、ディーラーで診てもらった
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/燃費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

ロシアのアルシオーネオーナーさん


■2012/10/06
この日、みんカラで"Rus-JDM"さんという方からお友達のお誘いを受けた
何の前触れもなく突然の出来事

みんカラでは昭和時代の富士重車両にお乗りの方か、自動車や富士重の知識を深められそうな方に限定してお友達になってもらっている
高飛車だとは思うけど、我が愛車を後世に残す為の一つの方法として、そうしてる

旧い車の維持は独りでは無理
同好の士の存在が不可欠
その同好の士とのやり取りに専念する為には、過度にお友達が増えると見たいものを見逃す危険性がある

ってほど大袈裟なものじゃなくて、単純に最近の話題を知らないので話を合わすことができないだけ
そんなお友達登録基準なので新たなお友達なんて増えそうもない

この時も一瞬、「また、お断りのメッセージを送らないと」なんて傲慢な思いがよぎってた
だけど、Rus-JDMさんのところに行ってみると、どうも様子が違う

▼Rus-JDMさん
http://minkara.carview.co.jp/userid/1648337/profile/

外国の方?
しかもナンバーを見るとロシアっぽい
(この時は画像は登録されてなかった)

ロシアのアルシオーネオーナーさんだと、お二方のホームページを見たことがある

▼セルゲイさん
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/149431720.html

▼ユージーンさん?
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/179888230.html

▼?さん
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/180024667.html

Rus-JDMさんはこのどちらでもなさそう

早速、お友達登録をして、メッセージを送ってみた
内容はXAVIへ入会しませんかというもの
Googleの翻訳機能を使ってカタコトの英語で書いてみた

今のところ、お返事は来ない
英語で書いたメッセージが変で伝わらなかったのかもしれない
もう一度出してみるかな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

最近観たアニメ

前回書き漏らした分があった
最近は全然観れてないな
眠気に負けないようにしないと

▼サラリーマン金太郎
2001/02/18〜
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E9%87%91%E5%A4%AA%E9%83%8E

本宮ひろ志もの
やはりいい
思い起こせば本宮漫画を見て育ったようなものだな
さわやか万太郎、硬派銀次郎、俺の空
野性味溢れる絵に代わり映えのしない主人公とストーリー
いかにも劇画って言葉から想像するイメージ通りのもの
でも自分にとっては安心して読める
今の人にはどう映るんだろう
自分達にとってのアパッチ野球軍みたいなもんだろうか


▼獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇
2003/04/15〜
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8D%A3%E5%85%B5%E8%A1%9B%E5%BF%8D%E9%A2%A8%E5%B8%96

面白そうだなと思って観始めた
あともうちょっと何かが欲しいところ
主役の声優さんはエウレカのノルブと一緒だわ
独特な雰囲気があるな


▼Myself;Yourself
2007/10/03〜
http://ja.wikipedia.org/wiki/Myself;Yourself

自分には合わなかったみたい


▼イヴの時間
2008/08/01〜
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%81%AE%E6%99%82%E9%96%93

なかなか面白かった
アンドリューNDR114やちょびっツやにも通じるロボットに感情は生まれるかな問題
最近報道されてる人間とは思えない短絡的な所業をしている話題を聞くと、人間とは何ぞや?と考えさせられる

▼喰霊-零- (GA-REI -zero-)
2008/10/06〜
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%B0%E9%9C%8A

表現が難しいけど観終わった後の爽快感?がなかったように思う
能天気な自分には複雑な心情を扱うものは苦手なんだな
やはり本宮ひろ志的な単純明快な方が楽だな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Comic/Anime/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

スバリスト・ミーティング開催決定


16PSさん主催のスバリスト・ミーティング(通称スバミ)の開催が決定した
若干、不確定な部分もあるけど、開催まで一ヶ月を切ったということもあり、こっそりと告知

■第14回 スバリスト・ミーティング

日付:11月24日(土)
時間:10:00受付開始・11:00開会(9:00受付開始になるかも?)
場所:静岡県
主催:SUBARU OWNERS CLUB"16PS"

▼スバミ/第14回の案内と過去の模様(16PS HPより)
http://soc16ps.car.coocan.jp/subami/subami.html

※参加申し込みなど詳細はこれから詰めていく


今回、大々的には案内せず、今まで縁のあった団体さんへ連絡するのみとなった
個人参加の場合、16PSのHPを見られている方は開催されることに気づいて申し込みできる

自分も各方面に連絡したけど、どのくらい集まるかな
会場の収容台数を考えると車山と違って大規模なものにはできなさそう


第9回となるアルシオーネ・フォーエバー・ミーティングの同時開催は、XAVIやSVXさんの開催意欲がなさそうで厳しそう
今からでも、まとまった台数が参加するなら、アル・ミの名も冠することができるんだけどな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/オフミ・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

車系雑ネタ


日本経済新聞/電子版から

■2012/10/02
▼カーシェアで車欲しがる若者…消費点火のヒント
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGF28032_Y2A920C1000000/

車に興味を示さない若者が増えてきたと聞いてた
そこには、興味が沸けないような世相もある

興味が沸かない人向けに始まった仕組みが実は興味が沸くきっかけとなっているらしい
若者には売れないと揶揄されていたBRZも売れるかもしれないな

以下、引用抜粋…………………………
◆カーシェアリングで車が欲しくなる
 カーシェアリングの普及が進んでいる。
利用者は16万人を超える規模に拡大した。
サービスが登場したころは消費者の意識が「所有から利用へ」と変化しつつあることを示す代表例として取り上げられた。
ところがすそ野が広がるにつれて、消費心理に別の影響を与えていることがわかってきた。

 カーシェアリングを手がけ、13万人を越える会員を抱えるタイムズ24が興味深い調査結果を発表した。
回答した会員5616人のうち「もともと自動車を購入する気のなかったのにカーシェアリングを利用し始めてから車を購入しようと思った」人が17.7%いたという。
10〜20代に限ると、この比率が36.3%にもなる。
利用頻度が多い方が購入を検討する傾向が強いという。

(中略)

■若者の消費、「動機づけ」にチャンス
 20代では、ほとんどペーパードライバーだった人の需要を吸収しているほか、「複数の車種を乗り比べる、といった利用方法も目立つ」(タイムズ24)という。
カーシェアリングが自動車の「エントリー(入門)サービス」の性格を帯びている。

(中略)

■あきらめの心理から解き放つ
 20代の所有欲は他の世代に比べて弱い、とは必ずしもいえない。
ただ、「欲しいものが買えないのはつらい」という葛藤から逃れるために、「なければ、ないでいい」と思いこませる心理はうかがえる。
この傾向はリーマン・ショック後、さらに鮮明になった。
そんな若者も、動機づけの刺激が加わり、あきらめの心理からいったん解き放たれてしまえば、反動で大胆な消費行動をとることがあり得る。

 20代の消費意欲を刺激するための法則は、消費停滞期には、世代や製品分野を問わず、当てはまるのかもしれない。
…………………………引用終わり


■2012/10/04
▼「反日」だけでない 陰る中国での日本車ブランド
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0204X_T01C12A0000000/

日本車に魅力はあるのか?
今、岐路に立たされているのかもしれない

以前、何かで聞いた話がある
中国のジーンズ会社の社長の話

「我が社で作っているジーンズは価格ごとに買っていく国が違う
安いのは日本人が大量に買っていく
中国人は安いのは買わない
だって安物を履くのは恥ずかしいだろ」

広い中国で「良いものなら高くても買う」という人が多数派ってわけじゃない
でも、まずはダイソーに売ってるかどうか確認に行く自分のことを言われてるみたい

安くて質が良い日本車
それらに加え、欲しいと思わせる魅力とは何なんだろう?

以下、引用抜粋…………………………
 日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化に端を発した日中関係の悪化が、日本車メーカーに暗い影を落としている。
中国で高まる日本商品の不買運動で在庫が増加。
トヨタ自動車など日本車各社は9月30日からの国慶節(建国記念日)連休を前に、操業休止に入った。
不買運動が収まったとしても先行きは楽観できない。
日本車そのもののブランド力に陰りが見えるからだ。

(中略)

 もっとも、日本商品を対象とした不買運動は、反日機運が高まるたびに盛り上がる。
小泉純一郎首相(当時)の靖国神社参拝で、日中関係が悪化した2005年も中国全土で反日デモが吹き荒れ、不買運動が起きた。
その影響はいかほどだったのか。

(中略)

 当時は、まだ日本車の輝かしいブランド力があった。
欧米系は本国市場の旧世代モデルを中国に持ち込むばかり。
その一方で、日本車メーカーは中国市場になじんだクルマ作りにまじめに取り組んでいた。
「日本製品は品質がよい」。
そんな好印象を持つ中国の消費者へのアピール度は高かった。

 では、今回の不買運動も取るに足らないと言えるだろうか。
ここに一つのアンケート結果がある。
中国共産党機関紙、人民日報系のニュースサイト「環球網」が9月29日に掲載した読者調査。
3万4000件の回答を得たという調査の中で、実に4分の3の回答者がこう答えたという。
「日本商品は他国の商品に置き換えることができる」――。

 そう、時代は変わった。
中国の消費者は日本製品に対するあこがれや関心をかつてほど持っていない。
自動車も今や「他国製品への置き換え可能な」商品だ。

(後略)
…………………………引用終わり
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

最近入手した模型と昔入手した模型


ゴム銃の制作もあと一歩で完成だというのに模型の制作にはまってしまった
新しく入手した模型の仮組みをしてたら、何故か昔入手したのも作りたくなっちゃった

■2012/10/07
カングライド ハーバラ
MOK_20121007_01.jpg MOK_20121007_02.jpg

ウェザリングをしてみた
色鉛筆やら水性ペンやら、とにかくお手軽な方法を試す
やり方次第では結構使えそう
でも、色鉛筆で塗ったところを触ると取れちゃうから定着させながら進めないといけないな


■2012/10/13
ギブル
MOK_20121013_01.jpg MOK_20121013_02.jpg

ノンスケール?
バンダイ製
735円(バザムとセットで?)

想像以上にツラかった
デザイン的にも出来的にも今のキットに慣れた体にはツライ

バザムとツーショット
MOK_20121013_03.jpg

ボリュームが全然違うんだな

1/35スケールのフィギュアを置いてみる
MOK_20121013_04.jpg


■2012/10/15
モラーバー・リーア
MOK_20121015_01.jpg MOK_20121015_02.jpg

1/48
イマイ製

エンジン部分を流用しようとして入手したけど、ディテールは甘いし情報量も少ないので断念したもの
改めて組み立ててみると良いデザインだな
さすが、ぬえだけある
意外と流用の道はあるかも


■2012/10/16
バザム
MOK_20121016_01.jpg

1/35スケールとしてAT的なものを考えてみる
大きさ的には問題なさそう
でも、灰汁が強すぎる手足のデザインに納得するには、まだ自分は若すぎるかもしれない
これを作り直すとなると、このキットを使う必要がなくなる
極力、キットを活かすところに意味を見出さないと


■2012/10/17
LBXデクーカスタム
MOK_20121017_01.jpg MOK_20121017_02.jpg


昔のキットから最近のキットに触り直すと、その技術の進歩に感動する
改めて素晴らしいキットだと認識させられる
バザムの個性の強さにメマイを感じてデクーに矛先を変えてみる
まずは外装を外して素体状態にしてみる
汎用性がよさそう


■2012/10/20
ハーレーエンジン
MOK_20121020_02.jpg

1/15
アオシマ製

昔入手してたものをエンジンだけ仮組みしてみた
円基調のデザインで鈍臭くてカッコいい
やはりこの時代の造形物ってのは、機械なのに温かみを感じるな
スチームパンクに拘る方の気持ちがちょっとだけわかる気がする
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

BRZにアルシオーネ・トリビュートモデルが


■2012/10/01
パリモーターショーに出展された車両の中に「BRZ/XTラインコンセプト」というのが出展されたらしい

▼XTラインコンセプト(autoblogさん)
http://jp.autoblog.com/2012/09/30/subaru-brz-xt-line-concept-paris-2012/

BRZ_XT_Line_Concept.jpg
※画像は上記サイトから引用

以下、抜粋引用 …………………………
スバルが80年代のスポーツクーペ「XT(日本名:アルシオーネ)」を意識してカスタマイズした「BRZ」のコンセプトカーをパリモーターショーに出展した。
今回は、その画像をご紹介しよう。
「XTラインコンセプト」と名付けられたこのBRZは、ルーフパネル、デッキリッドスポイラー、ミラーキャップにカーボンファイバー製パーツが使用されているのが特徴。
また、ブラックの11本のスポークホイールの間から赤いブレーキキャリパーが見える。
さらにフロントエンド、フェンダーベント、Cピラーには、同車のロゴである"XT"の文字が入ったデザインが施されている。
インテリアを見ると、ロゴ入りの赤いレザーシートが採用されており、インパネやドアパネルの一部にカーボンが使用されているのが分かる。
このBRZはどちらかというと、カスタムカーが集まるSEMAショーのほうが合っているような気がするが、せっかくなのでそのカッコいい姿をチェックしてみよう。
………………………… 引用終わり

▼画像色々
http://jp.autoblog.com/photos/subaru-brz-xt-line-concept-paris-2012-photos/

「アルシオーネを意識してカスタマイズした」とあるけど、メーカー公表のものなんだろうか
それとも、記者さんの思い込み?
その辺の真偽がいまいちわからない

XTというグレードはフォレスターにもある
だけど、ここまで「XT」をアピールしてるってことは、やはりアルシオーネのことなんだろうな

どこら辺がアルシオーネを意識したところなんだろう
標準車両と違うのは部位の材質変更とオーナメントの追加らしい

アルシオーネを名乗るなら、せめて空力特性の向上とかを目指してほしいところ
ボディデザイン自体は似せようがないんだろうから


それにしても、初代アルシオーネの名を冠するとは、よほど冠にするネタがないんだな
と言うか、「XT」の名を冠したからって惹かれる人は居ないと思うけど


後日の他の記事では販売価格まで載っていた

■2012/10/14
▼BRZ XTライン コンセプトがカーボンファイバールーフ装備で税込3万6500ユーロ
スバルがBRZ XT LINE CONCEPT を出展、パリモーターショー2012(自動車リサーチ)
http://car-research.jp/subaru/brz-xt-line-concept.html

以下、抜粋引用 …………………………
パリモーターショー2012のスバルブースでは、BRZ XTライン コンセプトが出展された。
昨年2011年の東京モーターショーで発表されたスポーツカー、BRZをベースにSUBARU XTをイメージしてカスタマイズされたコンセプトカーである。
SUBARU XTとは、1985年から1991年の間スバルが販売していた2ドアスポーツクーペで、日本市場における初代アルシオーネに相当する。
BRZ XTラインコンセプトの大きな特徴は、写真を見てもらえばわかる通り、カーボンファイバー製のルーフパネルにある。
この他にデッキリッドスポイラー、ミラーキャップもカーボンパーツが採用されており、軽量化に貢献している。
BRZ XTラインコンセプト、税込3万6500ユーロの価格表示
BRZ XTラインコンセプトの足回りを見てみると、ブラック塗装の11本スポークホイールの後に赤色のブレーキキャリパーが確認できる。
Cピラーの付け根には、標準タイプのBRZには無い装飾があり、「XT」の文字が確認できる。
左フロントフォグランプ上にもこれに近いエンブレムが貼られている。
この他、内装には真っ赤なレザーシートが採用されている。
このBRZ XTラインコンセプトは、コンセプトカーとしながらも税込3万6500ユーロと価格表示がされており、欧州で一般販売されることが期待される。
欧州の強剛メーカーが揃うパリモーターショー2012では、ニューモデル発表の無いスバルは、存在感の薄さを感じる部分もあった。
ただし、BRZのボンネットを開ければ、水平対向FA20エンジンを覗きに人がどっと集まってくる。
………………………… 引用終わり
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする