2012年09月10日

ゴム銃の制作


先週はほとんど進まず

■2012/09/03
▼部品整形
・グリップ
小指のラインを深掘り

■2012/09/04
▼部品整形
・銃身
サイト組付けにより先端が割れた
瞬接で補修
GUN_20120904_02.jpg

・機関部
発射機構検討
部品材料取り
GUN_20120904_01.jpg

■2012/09/05
▼検討
発射機構再検討
うまく動かないような気がしてきた

■2012/09/06
▼検討
発射機構再検討
百瀬晋六氏が言っていたという「その結論に合理的な必然性はあるのか?(要旨)」という言葉が頭を駆け巡る
軸の位置、傾斜角度、二つの部品の相関
どうも、ココだっ、っていう気にならない
作ってみて現物合わせする方が早いんだろうけど

■2012/09/07
▼作業無し
シゲオの送別会でへべれけ
入社して最初に配属された部門の組長だった
なかなか感慨深いものがある

■2012/09/08
▼検討
発射機構再検討
GUN_20120908.jpg

失敗するとリカバリが大変なだけに思い切って作業に入れない
小心者過ぎるかもしれん

■2012/09/09
▼部品整形
・グリップ
小指のラインを広めに掘る
しなきゃいけないこと(機関部検討)から目を背けた行動に出てみる
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴム銃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする