2012年08月31日

アルシオーネの発症


最近の発症

■2012/08/10
▼ECS点灯
この日はプチドライブ
14号を南下してUターンして稲毛の浜を北上、船取で戻るコース

14号をUターンした辺りでECSランプが点いた
最初、チラッチラッと点いて、その内、暫く点灯

初めての症状だな
不安になって、取説を出して発症時の対処法を確認してみる
でも、自分が持っている取説は後期型用だからか、「ECSランプ」とは書かれていなかった
結局、原因も対処法もわからず、そのまま運転して帰宅

その後は今日まで点いてない
何だったんだろう

この頃から、アイドリングがばらついて安定しなくなってきた
まるでハーレーのエンジンみたい
このことと関係があるんだろうか

過去のMLで検索かけてみたら、同じ症状が報告されてた
だけど、エラーコード云々な話でチンプンカンプン
とりあえず様子見

■2012/08/23(朝)
▼HLA異音
始動時に0.5秒ほど鳴って直ぐに直る
前回のオイル交換から3000km近く走ってる

そろそろ交換しないといかんか
できれば、次回もフラッシングをやっておきたいところ
安売り品を探し始めないと

(2012/08/24)
XAVIメンバー/KUMAさんが、エラーコードの見方について説明している場所を教えてくれた

▼サービスマニュアル 1987/07
故障診断の仕 方:P112
エラーコード一覧:P114

なんとなくわかった
でも点滅時間と回数を見てコード化するのなんて簡単なんかな

■2012/08/27(朝)
▼エンジンストール未遂
朝、始動時にエンジンをかけたら段々回転が弱くなってきて止まりそうになった
持ち堪えて安定したけど、安定と言うにはバラついてる
ECSランプが点灯したのと関連があるんだろうか

■2012/08/28(朝)
▼エンジンストール未遂
始動時にエンジンが止まりそうになったが持ち堪えた
やばそうだったので一回だけアクセルを煽ると復旧

■2012/08/29(朝)
▼エンジンストール未遂
始動時にエンジンが止まりそうになったが持ち堪えた

■2012/08/29(夕方)
▼HLA異音
始動時に0.5秒ほど鳴って直ぐに直る

■2012/08/30(朝)
▼HLA異音
始動時に0.5秒ほど鳴って直ぐに直る
まるでタイマーでもあるかのように、3000kmを越えると発症回数が増えるもんだな
早急にオイル交換の準備をしないと

▼エンジンストール未遂
始動時にエンジンが止まりそうになったが持ち堪えた
今回は止まる寸前までいった

エラーコードの見方は教わっても、いまだに実行してない
いよいよ確認してみないとまずそうだな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/発症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

PCのメモリ増設


■2012/08/11
PCのメモリを増設(増量?)した

入手したのはBUFFALO製1GB
1078円(品代:900円+送料:80円+手数料:98円)

これまでのメモリ容量変遷は
2009年10月:512MB(256M+256M)の標準状態から開始
2011年09月:1.2M(1GB+256M)
2012年08月:2GB(1GB+1GB)

最近は動画と連携するサイトも増えてきて、閲覧も何かと重め
先日の無線LAN化に伴い、回線速度は速くなったけど、それだけではイマイチみたい

前回のメモリ容量倍増作業では、劇的に変わったので期待も大きい

交換後、当初は相性が悪いのか、起動しなかったり、電源が切れなかったりと動作が不安定になった
システム構成自体は、ちゃんと認識してる
そのまま使い続けてたら暫くして落ち着いてきた

だけど、劇的に速くなった気はしない
数分の動画でもいまだに読み込みで止まる時がある
交換前と変わらないような気さえするな
メーカー違いの相性の悪さなのか

前回感動しただけに、今回はちょっと残念に感じる
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

凄いレオーネ


期を同じくしてレオーネの動画がアップロードされた
どちらも凄いことになってる

■2012/08/11
▼アメリカのsuberdave青年

http://www.youtube.com/watch?v=dNQR40rblwo

▼リトアニアのSUBARULT青年

http://www.youtube.com/watch?v=9RXdq-FOjwQ&feature=plcp
http://www.youtube.com/user/SUBARULT/videos

リトアニアってことは、もしかして、この車両とも関係あるのかな?
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/180027294.html

リトアニアって意外とスバル熱が高いような気がする


それにしても、この二人を始め多くの方々は何故レオーネに拘ってるんだろう
レガシィやインプレッサ、フォレスター(アルシオーネもだな)では満足できない何かがあるのか

確かにSUBARULT青年のを観ると、レオーネの存在意義や可能性を再認識させられる
しかも、こんな光景を見ても違和感がない
さすがレオーネだなって思っちゃう
富士重も含め他の車種だったら、「トンデモナイことをしてる」って驚くだろうけどな

きっとレオーネでなければ駄目な理由があるんだろうな
レガシィやインプが捨ててしまった何かが


【おまけ】
■2012/04/16
▼crossedthread氏

http://www.youtube.com/watch?v=aA2ecWsngr0

ボクサーサウンドなチンクを作ったらしい
入るもんなんだな
EA81だから入ったのかな

コレを思い出したわ
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/115969702.html

こちらは959のエンジンを載せてみようとしたけど頓挫

他にも、チンクに大排気量エンジンを載せてるのって結構あるみたい
こういう改造が簡単にできる外国はいいな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

ゴム銃の制作


■2012/08/18
▼部品整形
・グリップ
 小指部凹み加工
GUN_201208181930.jpg GUN_201208181932.jpg GUN_201208181935.jpg

■2012/08/19
▼部品整形
・グリップ
 整形
GUN_201208192018.jpg

■2012/08/20
▼部品整形
・グリップ
 後方凹み整形
 ナット穴/ボルト穴整形
 小指補助板切出し/接着
GUN_201208200717.jpg GUN_201208201737.jpg GUN_201208201746.jpg

■2012/08/21
▼部品整形
・グリップサポート部(ピン埋め込み接着)
・グリップ
 ピン穴露出部に楊枝埋め込み
GUN_201208210608.jpg GUN_201208211730.jpg

▼構造検討
・リアサイト
GUN_201208211824.jpg

■2012/08/22
▼部品整形
・グリップ
 三脚固定穴追加
 ナット/ボルト用長穴に瞬接でコート
 穴塞ぎ痕整形
・リアサイト
 穴開け/側面板追加/整形
GUN_2012082301.jpg GUN_2012082302.jpg GUN_2012082303.jpg GUN_2012082305.jpg

このエポキシ接着剤、鉄が入ってるらしく、磁石にくっつく
GUN_2012082304.jpg
■2012/08/23
▼部品整形
・グリップ
 三脚固定部整形
 後端をサイトに合わせて切断
・リアサイト
 整形
 可動方法検討
GUN_2012082306.jpg

■2012/08/24
▼部品整形
・リアサイト
 可動調整
 板接着
 部品整形/接着
・グリップ
 リアサイト支点周り加工
GUN_2012082401.jpg GUN_2012082501.jpg

■2012/08/25
▼部品整形
・リアサイト
 スムーズに動くよう各部を調整

■2012/08/26
▼部品整形
・リアサイト
 支点上部にスプリングを設置(リアサイトを下方に押し付ける用)
 スムーズに動くよう各部を調整
 テフロンテープまで貼ってみたけど不要だったかも
 調整ネジのつまみを暫定としてダブルナットからローレット付きナットにしてみた
 実銃と同じ形状にするか自身の拘り具合と相談だな
GUN_2012082601.jpg GUN_2012082602.jpg GUN_2012082603.jpg GUN_2012082604.jpg

▼仮組み
GUN_2012082606.jpg GUN_2012082605.jpg
あまり変わり映えしないな

▼三脚に固定
GUN_2012082607.jpg
ねじ込み難い
ねじの形状が微妙に違うのかもしれない
ねじ込めればちゃんと固定される
今のところエポキシのねじ山が壊れそうな感触はない
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゴム銃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

レオーネとCREATION

■2012/08/12
以前、尾崎紀世彦さんが亡くなった時に、レオーネのCMソングレコードを入手した
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/275272388.html
これは初代レオーネ用

先日、ヤフオクに二代目レオーネのCMソングが出品されていたので、勢いで入手してみた
LEO_RunningOn_01.jpg LEO_RunningOn_02.jpg

スバル レオーネ CMソング「Running on」
奏者:CREATION
商品番号:WTP-17365
発売:1982年08月
定価:700円
入手額:678円(品代:500+送料:80+手数料:98)

YOU--TUBEにアップされていた

▼eliotnescafe さんが 2012/02/27 にアップロード
竹田和夫 クリエーション ランニング オン .wmv

http://www.youtube.com/watch?v=OzXHvdLfDEA

CREATIONってバンド名は聞いたことある
だけど、他は何も知らないな

▼CREATION(WIKIPEDIA)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3_(%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89)


こちらは当時のCM

▼mycub さんが 2010/07/05 にアップロード
1982 SUBARU LEONE Ad

http://www.youtube.com/watch?v=dxaBz50F5Ko

岩崎宏美さんが「すばるしぃ」とか言ってる
すばるしぃ → subalcy → suba + alcy → SUBARU + ALCYONE

昔、自分がHOT MAILで使ってたメアドと一緒だな


それにしても、今回のは正に収集癖の悪い面が出ちまった
前回のは尾崎さんの思い出の品になるけど、今回のはAB型レオーネのグッズでしかない
レコード自体、再生できる環境はないもんな
レオーネ自体は好きだし敬意を表するに値する存在だけど、自分はレオーネマニアじゃない

そもそも、レオーネ関連グッズの数なんてアルシオーネの比じゃないだろうな
こっちまで手を出すとお金が続かないわ
よくよく吟味して手を出すようにしないとな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

ノマドなプロダクトデザイナーの為のポータブルファクトリー


■2012/07/31
monogocoroさんで見たネタ

▼ノマドなプロダクトデザイナーの為のポータブルファクトリー
http://www.monogocoro.jp/2012/07/31/popfab.html
http://vimeo.com/45911972


1つのトランクの中に3Dプリンタ、フライス盤、プロッタ、カッティングプロッタなどの機能が入っているらしい

本来の開発意図は「各種機能を有した携帯できる加工機」なのかもしれない
だけど、二畳の工作部屋しかない自分にとっては、ユニマット的一台何役加工機として場所をとらないという利点の方が大きいな

最近の卓上加工機の発展は目覚しい
そろそろ、自分も含めた弱マニア層の方々までが買ってもいいと思うような安価な加工機って出てくれないもんかな
卓上な大きさで、旋盤、フライスが兼用できてCNC制御可能な5万円くらいのもの

電気知識があれば自作できるのかもしれんけど、えれきてるな世界は端から覚える気も起きない
クラタスの人は「必要に迫られて学ぶから効率がいい」って言ってるけど、真剣味が足らないのか、なかなかそう思えないな

■2012/08/22
▼Kogoro Kurata

http://www.youtube.com/watch?v=jCxbD67WhGc&feature=plcp


最近は新技術情報が整理できてないな
チェックはしてるけど控えるところまでしてないから忘れちゃう
備忘録の方法を考えないとな
………………………………………
「monogocoro ものごころ」 http://www.monogocoro.jp/
「革命的発明と製品情報」 http://www.j-tokkyo.com/
「ヲチモノ」 http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/
「GIZMODO」 http://www.gizmodo.jp/
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

RF Presenterマウス(RC132/RF607)


RF Presenterマウス(RC132/RF607)
PC_20120802.jpg

aim製
ジョイスティック?系
発売:2009年08月?

入手:2012年08月
1488円(品代:1000円+送料:390円+手数料:98円)
当時の売価は2500円くらい?

▼経緯
これまでにも何度か見かけてたけど高かったし、使い勝手も察しできたので射程外なものだった
今回、安価なものが出たので正に興味本位で入手

▼よいところ
手頃な大きさ
可能性が拡がる無線式

▼気になるところ
ジョイスティック系にありがちな、ポインタ移動の違和感

▼総評
実際、使い込むほどには使ってない
そもそもがプレゼン用だから机上作業には向いてない
でも、慣れや設定変更、台座の作製などで使い勝手が変わるかもしれない
ただ、第一印象では使い込むほど使ってみたいという気にはならなかった

自分の固定概念を変えるような画期的なモノってないんだろうか
こう言う言い方するなら、価格に関係なく試してみないといけないか
でも、そうそう金も注ぎ込めないしな
 
 
ラベル:マウス 変り種
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マウス(変り種もの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

青まめと呼ばれたレオーネ


"走れ、青まめ/シルクロードだより"という本を入手した
HashireAomame_00.jpg

著者:並河萬里・彩
発刊:1979年11月
出版:新人物往来社

入手:2012年07月
価格:838円(品代:500+送料:240+手数料:98)

著者の並河萬里氏は、シルクロードを中心に世界の遺跡を撮り続けた世界的写真家とのこと

▼並河萬里氏(WIKIPEDIA)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%A6%E6%B2%B3%E8%90%AC%E9%87%8C

旅の相棒として初代レオーネを選んでいる
まだ一部しか読んでないけど、レオーネ絡みな部分を整理

まずは、レオーネを選ぶに至った背景を抜粋引用
………………………………………
「すでに二十四年間で二百万万キロ走ったし、百台近くの車をつぶしている……。だから、安心して走れる車、何とかこの車を改造して持って行きたいんだ。」
「けわしい山道も、雪の中も、深い川を渡河したり、草深な雑木林も突破した車です。五十五度Cの苛酷な灼熱の砂漠から標高四千メートルまで、想像を絶する極限の世界に挑まねばなりません。」
………………………………………

1年で8万キロ以上を走ってた方なんだな
こんな苛酷な環境の中、安全に、確実にというのは言葉以上のものがあったんだろうな
そして、その信頼できる車を作っているのが富士重だった
………………………………………
「富士重工宣伝課へ伝わり、社をあげて協力をして頂けることになりました。」
「車の改造が急ピッチでおこなわれました。富士重工専属のラリー・ドライバーで、世界中の苛酷なラリーに数多く出場し、なかでも、一九七七年、世界最長の「ロンドン〜シドニー三万キロラリー」に出場し、日本人として初の完走。それに加えて四輪駆動部門四位入賞、という輝かしい業績の持ち主、高岡氏をリーダーに、弟子の根津モーターの安海さん、この人は高岡氏の主宰するチーム・スバルの一員でチューニングから特殊な改造をする超メカのプロフェッショナル。」
………………………………………

詳細は以下
HashireAomame_24.jpg

そしてカスタマイズされたレオーネがコレ
HashireAomame_26.jpg

なんて頼もしそうなレオーネなんだろう
このレオーネが題号ともなった"青まめ"と名付けられる

壊れない車としてレオーネが選ばれ、そしてその期待に見事応えたレオーネ
やっぱりレオーネって凄いな


ちなみに、
入手したものには著者の直筆サインが
HashireAomame_XX.jpg
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ALCYONE/その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2012


今日から「JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2012」が始まる

▼JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2012
http://www.diy-show.jp/

【名称】JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2012(ジャパン DIYホームセンターショウ 2012)
【会期】2012年8月23日(木)〜25日(土)
○商談日(バイヤーズ・デー) :8月23日(木)・24日(金)
○一般公開日(一般PR・デー) :8月24日(金)・25日(土)
【開催時間】09:30〜17:00 ※但し、最終日は16:00まで
【会場】幕張メッセ国際展示場 4・5・6 番ホール(予定) 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
【主催】社団法人 日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会 (※略称:日本DIY協会)
【入場料】一般500円 ※但し、Web事前登録者、中学生以下は無料

事前登録すれば入場料が無料になるとのことで、登録をしておいた
でも、日程的にちょっと厳しいか

一般向けは金曜と土曜
17時に終わっちゃうから金曜は無理
となると土曜しかないけど、アレとかコレとかあるから、あまりゆっくり見れない
入場料は無料になっても駐車場は1000円かかるしな
日曜もやってくれれば楽なんだけどな
それに、家族は行きたがらないだろうから、妬まれ易い単独行動
悩ましい


以下、面白そうなものを抜粋引用

■匠の板金加工ショー
コンセプトカー「Camatte」のボディーを作り上げた「匠」による板金実演ショーを行います。
実際に「Camatte」のボディーの一部を製作する工程がご覧いただけます。
………………………………………
アルシオーネ維持の為に是非観てみたいところ

■匠のこだわり職業体験!
板金技術を実際に体験できるワークショップです。
トヨタ自動車の「匠」たちがサポートしながら、実際のお仕事さながらの板金体験をほんの少し体験できます。
自分だけのオリジナルのスプーンや小物入れを作って記念にお持ち帰りいただけます。
………………………………………
板金を体験とは嬉しい催し

■現役鍛冶職人が本場の“技"を披露!
「鍛冶のまち」として有名な新潟県三条市の現役鍛冶職人が三条鍛冶伝統の技を会場で披露します。
商品展示や即売の他に、体験教室も行います。
………………………………………
新潟県の鍛冶職人が技を披露とは面白そう
そそる

■特別企画展“鉄工DIY"溶接体験工房
鉄工の魅力・可能性を体感できるイベント!
溶接機メーカーのスター電器製造(株)とコラボレーションした参加型イベントを実施します!
木工に比べてハードルが高く、上級者向けのイメージが強い「鉄工」ですが、使いこなせればDIYの可能性が大きく広がります。
「鉄工」をもっと身近に・気軽に感じてもらうための溶接体験ワークショップや鉄職人による製作パフォーマンスなど行います。
………………………………………
高校時代は溶接に明け暮れた思い出しかない
久しく触ってないだけにムラムラくるな

■千葉テレビ“キャプテンC"ショー
キャプテンCと一緒に歌って踊ろう♪
千葉を愛するヒーロー「キャプテンC」のキャタクラーショーをメインステージで行います。
………………………………………
一度は観ておきたい「キャプテンC」
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

アルシオーネとCARTOPIA


最近は時系列で整理できなくなってきた
日付が前後しちゃってるな

■2012/08/02
以前から当時の貴重な資料を紹介してくださっている"rairalusea"氏
http://minkara.carview.co.jp/userid/1469019/profile/

今度はアルシオーネ発売時のCARTOPIAを紹介してくれた
▼CARTOPIA(1985年06月号)「NEW MODEL ALCYONE」
http://minkara.carview.co.jp/userid/1469019/car/1077864/3201609/photo.aspx
http://minkara.carview.co.jp/userid/1469019/car/1077864/3201640/photo.aspx

CARTOPIA_198506_00.jpg
※画像は上記サイトから引用

自分がヤフオクでずーっと探してきたもの
出品されてないことはないけど結構高い

今回、初めて観ることができた
素晴らしい資料だな
これで満足
感涙

そのうち、全文をテキスト化してみよう

"rairalusea"氏に感謝
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする