2012年07月29日

アルシオーネとストラトス ゼロ


御大のブログに"ストラトス ゼロ"がとりあげられていた

▼MEEP! MEEP!
http://minkara.carview.co.jp/userid/926634/blog/27214733/
StratosZero.jpg
※画像は御大のものを借用

カッコいい
やっぱり、ベルトーネはいいなぁ

これがアルシオーネに繋がっていったんでしょうねと書き込んだら「絶対にアルシオーネには繋がらない」ですと
しまいには「小学生がデザインした様な」との酷評まで
同士と思っていたレオーネ乗りの方からも見捨てられ..

まぁ、デザインの評価なんて無意味だからいいんだけど

デザインはともかく、アルシオーネが優れていることを感性によらずに証明できるものがある
それが空力特性

当時のCG誌(1986年12月号・1987年1月号)に「風洞実験リポート 目で見る空気力学」という特集があって、その中でアルシオーネも計測されている

以下の二点を抜粋して引用
CD=空気抵抗係数
CL=揚力係数

▼ブガッティ/T35 (1927年)
CD=0.53・CL=0.03

▼ロータス/エリート (1961年)
CD=0.32・CL=0.12

▼アルファロメオ/SZ (1961年)
CD=0.38・CL=0.27

▼ホンダ/S800 (1967年)
CD=0.53・CL=0.29

▼アルファロメオ/ジュリア1300 (1968年)
CD=0.40・CL=0.18

▼ポルシェ/911 (1976年)
CD=0.34・CL=0.18

▼フェラーリ/308GTB (1977年)
CD=0.35・CL=0.02

▼三菱/ジープ (1986年)
CD=0.51・CL=0.12

▼アウディ/100CD (1986年)
CD=0.30・CL=0.10

▼スバル/アルシオーネ (1986年)
CD=0.32・CL= -0.01
※テスト車両は公表値/CD=0.29のVSではなく4WDのVRの為、若干悪くなっている
CG_198701_AlcCl.jpg

フェラーリに勝ってるな
しかも楽勝
うっひっひ

フェラーリは風洞実験を繰り返しとある
でも、アルシオーネも同じだし、且つ、数値的に優れているのにフェラーリよりも説明が少ない
むかむか

さすが舶来至上主義の日本だけある
自国で生産された製品に自信をもてないもんだな

どうやら空気抵抗よりも揚力を下げる方が大事らしい
アルシオーネはマイナス値だな
マイナスってことは揚力が発生しないってこと?
すなわち、エンジンからの出力を余計な抵抗のために使う必要がない
非力な割りに高速走行が楽なのはこんな理由からだったんだな

皆で必死で作り上げたアルシオーネ
その苦労は決して無駄じゃなかった
悲しむべきは付和雷同な国民性をもつ国で誕生してしまったことかな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする