2012年07月28日

アルシオーネの再稼動と乗り比べ


■2012/07/16
我孫子に済むXAVIメンバー/Yさん
アルシオーネを久し振りに動かすとのことで、万一の際の牽引用車両として付き合わせていただいた

当日の流れを時系列で整理

09:40 出発
10:00 手賀沼脇/道の駅しょうなんにて合流 - 印西市/小林牧場まで試走
10:30 小林牧場着 - 暫し、双方の車について状況報告
11:00 お互いの車を乗り比べ
11:30 散会

手賀沼から小林牧場までのルートは、ワインディングとまではいかないけど、コーナーが多くて、そこそこ面白かった
今まで、暇潰しには16号とか464号とか357号とか走ってたけど、こっちの方が余程いいな

Yさんの車はHLA異音が発症しているとのことだった
特に始動後10分くらいはひどいらしい
でも、自分のが鳴ってた時に比べれば、軽微なものだった
HLA異音にも段階があるんだな

Yさんの車はデジタルメーター
違和感が凄いな
まぁ、ある意味、アルシオーネっぽいところかもしれん

エアサスは交換後、まだ1万kmくらいらしい
エアサスは柔らかいイメージがあったけど、実際には柔らかいという感触はなかった
考えてみたら、自分の時も交換後暫くはそうだったな
これだったら、またエアサスに戻してもいいかなと思うくらい、いい乗り心地
エアサスに拘るメンバーの気持ちが、ちょっとだけわかった気がする
(でも、車高を下げる術がなきゃエアサスにはしないけど)

この後、知り合いの整備士さんに預けて整備するとのこと
お互い、早く復調して一緒に走りたいもんだ

ALC_20120716_02.jpg
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/オフミ・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする