2012年07月11日

アルシオーネの燃費計測


▼前回(5月の実績)
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/273403989.html

■月間燃費(2012/05/26 - 2012/07/01)
走行:1,056km
給油:118.65L
燃費:8.90km/L

6月も、ほぼ8km/L台後半から9km/Lで安定してる

マイクロフロンの恩恵は数字上からは見えないな
隙あらばと高回転までバリバリ回しちゃうから、相殺してるのかもしれない
以前は回さないでも、これより悪かったからな

http://minkara.carview.co.jp/userid/591282/car/574500/fuel.aspx


以下、明細

(2012/05/11)オイル交換・エンジンオイルにマイクロセラ/MetalTuning添加

■2012/05/26
181,877km

■2012/06/03
9.13km/L(250km/27.37L)
182,127km
146円(値引き2円)
前回給油から8日
・東京遠征の為、警告灯が点く前に給油
・味をしめて高回転までバリバリ回す

(2012/06/08)タイヤローテーション

(2012/06/17)エンジンオイルにマイクロフロン添加

■2012/06/17
9.04km/L(406km/44.90L)
182,533km
141円(値引き3円)
前回給油から14日
・高回転までバリバリ回す

(2012/06/27)オイルフィラーキャップテンションのガタをなくす

(2012/06/30)O2センサ交換

■2012/07/01
8.62km/L(400km/46.38L)
182,933km
139円(値引き2円)
前回給油から14日
・高回転までバリバリ回す
・マイクロフロン投入後1回目の計測(劇的な効果は見えないや)
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/燃費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

試験管で神経を培養


備忘用

以下、抜粋引用………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━
日経ニュースメール 6/28 夕版
http://www.nikkei.com/
━━━━━━━━━━━━━━━
iPS細胞から完全な神経 慶応大、試験管で培養
2012/6/28 13:31
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG2701O_Y2A620C1MM0000/

 慶応大学の岡野栄之教授らは人体の様々な組織になるiPS細胞を試験管の中で完全な神経に育てる実験に成功した。
体の外で作った神経としては極めて複雑な構造をしており、体内にある本物の神経網に近づいた。
試験管で神経を培養できる利点は大きい。
神経が壊れる難病の仕組みを間近で解明し、画期的な新薬の開発が進む。


 作製した神経は電線の被膜のようにミエリンと呼ぶたんぱく質が神経線維に巻き付き、信号を正しく伝える構造になっていた。

 脳や脊髄の中枢神経は脳から手足などに信号を届けたり、末端からの刺激を中枢に送ったりする。
ミエリンを失うと信号が伝わりにくく、運動障害が出る多発性硬化症をはじめ多くの病気になる。
原因を調べたくても、体内の神経を詳しく解析するのは限界があった。

 神経はいったん衰えると自然には再生しないとされ、再生医療の大きな目標の一つになっている。
これまでは複雑に入り組んだ構造を再現できず、完全な神経を作れていない。

 研究チームは健康な人から提供を受けた皮膚をもとにiPS細胞を作り、神経のもととなる神経幹細胞に60日間かけて育てた。
さらに40日間培養して成熟させたところ、神経線維の周りを包むように20周ものミエリンの層ができ、完全な神経に育ったという。
電子顕微鏡で観察した。
複数の細胞の成長を制御できたとみている。

 今後は同じ手法で病気の人のiPS細胞から神経を作り、正常な神経と構造が違うかどうか調べて病気の原因に迫る。
治療薬の候補物質を試し、神経の異常が改善するかも検証できる。

 国内外の再生医療研究ではiPS細胞を様々な組織や臓器に変えて、ケガや病気で失った患部を治す動物実験が急速に進んでいる。
人ではこれからだが、研究室では肝臓の細胞や血小板などができている。
………………………………………引用終わり

▼iPS細胞(WIKIPEDIAから)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E5%A4%9A%E8%83%BD%E6%80%A7%E5%B9%B9%E7%B4%B0%E8%83%9E

人工多能性幹細胞(Induced pluripotent stem cells)・誘導多能性幹細胞
体細胞へ数種類の遺伝子を導入することにより、ES細胞(胚性幹細胞)のように非常に多くの細胞に分化できる分化万能性と、分裂増殖を経てもそれを維持できる自己複製能を持たせた細胞のこと。
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 新技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

アルシオーネの目撃情報


今回は新しいものは無し
古い情報の

■2002/XX/XX
XAVIメンバー/Iさん情報
VR/灰

長野県中野市の車屋
2005年に解体済みらしい

■2004/XX/XX
XAVIメンバー/Iさん情報

長野県小諸市と佐久市の境/畑か田んぼに放置されていた
探したが発見できなかったとのこと

■2012/06/27
M氏★でらっくすさん
http://ameblo.jp/takoji135/entry-11287518490.html

VR?VX?/後期型/白(下部も白)/純正リアスポ
埼玉県越谷市

"ギャランマン"さんの情報と同じもの
http://blogs.yahoo.co.jp/individual_4door_galant_e39a/7539006.html

"ギャランマン"さんから場所を教えてもらってから既に1年以上経過してる
そんなに遠いところではないのに、なかなか観に行けてない
今回の情報を見る限り、まだ存在しているみたい
無事?でいることがわかってよかった


■2012/07/01
以下は、XAVIメンバー/KAZさん(と、starcruiser88さん)の目撃情報
静岡県袋井市/エコパサンデーラン

くろバン [ 静岡県 ]さん
http://minkara.carview.co.jp/userid/904160/car/756934/3164228/photo.aspx

たかぴよ [ 神奈川県 ]さん
http://minkara.carview.co.jp/userid/187121/blog/26994591/

maromogu [ 静岡県 ]さん
http://minkara.carview.co.jp/userid/1213136/blog/27001600/

広里 [ 愛知県 ]さん
http://minkara.carview.co.jp/userid/287188/car/180806/3171003/photo.aspx


■2012/07/03
DBA-GE8-WINPCさん
http://minkara.carview.co.jp/userid/1521387/blog/27004190/
・VX(Junko Shimada Ver.)
・レオーネ/ラリー仕様の展示車

東京都中央区晴海/東京国際見本市会場
第27回「東京モーターショー」の生写真
貴重な資料を紹介してくれて嬉しい限り


【販売】
カーセンサーに出ていた車両が掲載終了となった

VS/AT/1989年式/F型/80,000km/白
http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU1008313875/index.html
神奈川県相模原市/CAR BANK RIGHT

短期間で一気に価格を落としていったけど何があったんだろう(不良在庫扱い?)
2012/06/16 29.8万円→27.8万円
2012/06/23 27.8万円→24.8万円
2012/06/30 24.8万円→19.8万円
2012/07/06 掲載/在庫終了


【番外】レオーネ
■2012/06/28
東京都青梅市/青柳自販
http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/13/700050023320120627001.html
RX/MT/1988年式/105,000km/白(ラリーレプリカ/車検25年9月/398,000円

このお店、相変わらずマニアックだな
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/163719201.html

元オーナーさんはfOR fLATの人かな
昔からネット上でチラチラ見てたやつだろうか

写真を見る限り、かなりの愛情を注ぎ込まれてる感じ
タワーバーも今となっては貴重なもの
車高が低いのも何か手が入ってる証か
フルタイム4駆のRX、いいなぁ
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/目撃情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

ゴム銃の制作


前回までの状況
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/276191135.html

■2012/06/21
▼部品整形
銃身左右(端面直角出し)
寸法調整(銃身中央とエアタンクの嵌め合い)

■2012/06/23
▼ホールドグルーブ試作
ゴムのテンションが左右不均一にならないようにローラー式にする計画
まずは構想通り金属製小物部品が作製できるものかどうか試作してみる

材料はΦ3のアルミ棒(ダイソー品)を使用
中央にΦ1.5の穴明け
外周面に段差をつける
GUN_20120623_01.jpg GUN_20120623_02.jpg

手加工でも加工できそう
ゴムの引っかかりも大丈夫っぽい
ただ、中心穴の加工で偏心してしまった為、スムーズに回転しない(自動調芯できない)
本番では慎重に加工しないと

■2012/06/25
▼機構検討
ホールドフック機構検討(スライドによる落下から引っ掛け式)
→うまい方法が見付からず断念

▼部品整形
ホールドグルーブ上部に使用する金属板を探す(0.7mm厚のものを見つけた)
GUN_20120625_04.jpg

エアタンク蓋作製
GUN_20120625_02.jpg

グリップ中央部後方部品の直角出し
GUN_20120625_03.jpg

エアタンクの中に入れるウェイトを探す
手持ちの廃材を物色すると、意外に16mmって寸法が転がってた
GUN_20120625_01.jpg

これらの部品、切りのよい15mmとしなかったのはなんでだろう?不思議だな
結局、複数個持ってる鉄球が無難かな
鉄球で重さが足りないようであれば、真鍮のに変えよう
さすがに超硬は使わないだろうな(そもそも家じゃ切断もできない)

■2012/06/27
▼位置決め加工
大雑把に切り出した部品の端面加工に入る為、銃身と機関部の部品4枚に対し位置決め穴をあける
GUN_20120627_01.jpg

位置決めピンにはΦ1.5のアルミ棒を使用
今後の分解/組立が頻繁になることが考えられる為、ネジでの固定は最終仕上げ時とした
銃身部品用に2箇所、機関部用に2箇所
これで、接着しなくても各部品の整形が一度にできる

エアタンクの蓋用にもΦ1.5の穴をあける
ここの固定/取り外しは要検討だな
ウェイトの交換が簡単に行える構造にする必要があるけど、中のテンションに勝てる保持力が必要

■2012/06/28
▼部品整形
機関部グリップ部端面直角出し(鬼目ヤスリで粗取り)
銃身とエアタンクのネジレを修正(なかなか修正しきれない)

■2012/06/29
▼部品整形
銃身とエアタンクのネジレを修正
なかなか修正しきれない
削り過ぎてしまえば、嵌め合いの力で固定できてるエアタンクが固定できなくなる
大き過ぎる隙間が心配になって、銃身とエアタンクの隙間にスペーサーを接着しておいた
GUN_20120629_02.jpg

ウェイト部のスペーサーを切り出し(鉄球2個を前後真ん中の3箇所で選べるようにする)
GUN_20120629_03.jpg

機関部グリップ部端面直角出し
Φ10のボールエンドミルを使用したけど、材質のせいか刃先が悪いのか切削性悪し
GUN_20120629_00.jpg GUN_20120629_01.jpg

端面整形後、直角が出てない
GUN_20120702_02.jpg

バイス上面が平行になってないみたいだな
そもそも、ボール盤のベースにバイスを置くとガタガタする
こりゃ、参った

■2012/07/01
▼部品整形
グリップ部品端面の直角出し
グリップ下端前部の部品を積層接着
リアサイトを組立
GUN_20120702_01.jpg

■2012/07/02
▼工具調整
ボール盤のベース面出し
フライスで粗取りしたままの様な面だったのでオイルストーンで擦ってみた
少しはシットリした感じになった(だけど全然駄目、手に負えない)

▼部品整形
機関部前部上面整形
リアサイト端面整形

■2012/07/04
▼材料整理
6mm厚MDF材3枚分の固定に使う木ネジを探す為、ぐちゃぐちゃになってたネジ箱を整理
15mmと20mmの長さのものがあったが、どちらを使うべきか
15mmでは有効長が短そう(15mm-12mm(板2枚分)=3mm)
20mmだと2mm出っ張るから削る必要がある
それでも20mmを使用した方が無難かな
ただでさえ柔らかいMDFだけに少しでも稼がないと

鉄系素材についても整理した
ライターの風防部品が0.5mmだった
薄い方がいいと思ってたけど、薄過ぎるとピンの頭の処理に困りそう
ピンの頭が隠れつつ、強度が出せる寸法を探さないといかんな

■2012/07/05
▼部品整形
機関部の前部端面を整形

GUN_20120705_01.jpg GUN_20120705_02.jpg


■2012/07/06
▼部品整形
機関部/後部端面

GUN_20120705_03.jpg

posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴム銃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

アルシオーネの整備


■2012/06/24
▼ホーン取付
部屋の掃除で見付かったBOSCHのホーン
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/277411015.html

珍しく翌日作業と動きが軽い

まずはアルシオーネのホーンの場所を探す
ボンネットを開けても見当たらない
リトラを開けてみるとライトの下にあった

外す前に配線を確認すると、+線、-線ともにあるみたい
追加配線はしなくて済みそう

バッテリーを外して、
ホーンを止めてるナットを外して
配線抜いて、
BOSCHのに差し換えて
ホーンを固定して終了

ALC_20120624_horn.jpg

+-についてはどっちがどっちかわからない
とりあえず純正と同じ位置関係にした
結果的に正解

ライト用リンクの隙間に手を突っ込んで作業したから手首は切り傷だらけ
未だに痕が残ってるわ

交換後の音色は今風でいい感じ
これで情け無い「びぃぃぃっ」って音とおさらば

▼足回りからの異音原因調査
タイヤを外して各部のガタを確認したけど緩んでるところは無し

前回、後ろ左のショック下部がガタガタだったはずだけど、今回はガタがなかった
なんでだろ
スタビのせい?

ギシッギシッ音も見ただけではわからず
とりあえず、ブーツ切れは後ろ右だけなのを確認

▼燃料タンクとドライブシャフトとの接触確認
燃料タンクに塗っておいたシューグーが剥がれてた
シャフトにもシューグーの跡が付いてたから、明らかに今も接触してる

だけど、リアサスは最上限まで上げてるから、これ以上は上げられない
カラーを使うか、バネを硬くするか

直巻バネの4キロと5キロがあるから、そのまま入れ替えられるなら何とかなるかも
真面目に検討してみよう


■2012/06/27
▼オイルフィラーキャップ緩み止め
以前からオイルフィラーキャップが緩んでた
最近の車はネジ式らしいけど、アルシオーネのは爪でテンションをかける方式

この緩みのせいで去年蓋が外れてエンストしちまった
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/208943442.html

キャップなら安いだろうと新品を買おうと思ってたら、イギリスのメンバーから
「蓋の爪を調整すれば済むよ」と助言いただいた
言われてみれば、それだけで済むわな

てっきり蓋のゴムが変形してテンションが無くなったと思ってたけど、ゴムは変形してないっぽい
ペンチで少しづつ爪を曲げながら、緩まず、且つ、手で回せるギリギリのところに調整
無事に完了

ALC_20120627_cap.jpg

最近のディーラーを"チェンジニア"なんて揶揄してたけど、自分もそうなっていたことを猛省
無駄な出費、無駄な在庫消費をしないで済むよう、まずは今あるものが修理できないかどうか考える癖をつけないと


■2012/06/30
▼O2センサ交換
XAVIメンバー/Kさんに借りたO2センサソケット
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/275843703.html

コレに合うハンドルがなかったので頓挫してた
そんな時、パワステ修理オフミが開催されたので、便乗してこちらの作業も実施

遮熱板を外して、
O2センサを外して、
古いセンサの配線を切って、
新しいセンサに繋いで、
センサを付けて終了

焼き付きもなく簡単に外せた
もうちょっとラチェットの歯数があれば更に楽だったかな

ソケット駒を貸してくれたKさんと、ハンドルを貸してくれたKUMAさんに感謝

その後、あまり乗り回せてないけど、エンジンの感触には劇的な変化は感じない
バッテリーを外していた時間が短かったのかもしれない
フィーリングで感じなくても、次回給油時に燃費がよくなってたりすると嬉しい
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

アルシオーネのパワステ修理/ホイール授受オフミ開催

■2012/06/30
最近入会された"アルシとオペルさん"
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/269198758.html

パワステが不調になる時があるとMLに投稿があった
やり取りする中で、KUMAさんが直してくれることになった

どうせならと、便乗オフミに発展
ついでに、自分も以前からホイールを渡す約束をしていたので、うさぎさんもお誘い

▼うさぎさん
http://versteck.blog.so-net.ne.jp/

KUMAさん、"アルシとオペルさん"到着後、挨拶もそこそこに早速修理に入る
ALC_20120630_02.jpg

詳しい作業内容はよくわからない
車の整備のことはチンプンカンプン

なので、自分はホイールの掃除
サンエスKを使ってブラシでゴシゴシ
でも、日焼けのような染みがついてたり、腐食もチラホラあって想像以上に汚い
人にあげるには申し訳ない状態だわ

その後、KUMAさんから□12.7のソケットレンチを借りて、自車のO2センサを交換

結局、この日のアルシオーネ終結台数は8台(内2台は自分の不動車だけど)

ALC_20120630_01.jpg ALC_20120630_03.jpg

千葉県勢のほとんどが集結したってことになる
間違いなく、この数時間は世界一のアルシオーネ密度だったはず

諸般の事情で半ば追い出すように帰ってもらうことになったのが申し訳なかったところ
今度はテーブルでも出して、のんびりとアルシオーネ談義したいな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/オフミ・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

アルシオーネVX誕生25周年


1987年の7月4日はVXが発売された日

去年は覚えてたのに、今年はすっかり忘れてた
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/213156139.html

これでVXも25歳なんだな

VXって電子制御の塊ってイメージがある
同車種ではあるけど、VRオーナーからすれば未来的な車って感じ

だけど、四半世紀過ぎたってことは名実ともにヒストリックカーと言っていいのかも
何か不思議な感じだな


コイツの初年度登録も1987年7月
25歳になったんだな

ALC.jpg

25年前はこんな姿になるとは思わなかっただろうな
綺麗な姿で乗り回すことができなくしてしまってごめん
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

最近観たアニメ+


▼ちょびっツ(コミック版)
2001/02/16〜
単行本全8巻入手
798円(700円+送料無料+手数料98円)
久し振りに観たくなってアニメ版を観てたらコミック版が猛烈に欲しくなった
アニメ版の方から入るとコミック版ってのは見辛く感じるもんだな
でも、アニメ版とは微妙に違うところもあるしチェックせずにはいられない

▼ちょびっツ
2002/04/03〜
1話/2話/25話/26話のみ観た
なかなかいいな
最終回で幸せな気持ちになれるのがいい
それにしても、純真無垢なヒロインってのに弱いな
もしかして、嫁さんが言うようにロリの世界に惹かれたんだろうか
だとしたらマズイな
早めに矯正しとかないと

▼図書館戦争
2008/04/11〜
劇場版の宣伝を見て思い出した
面白そうだったけど4話まで観て中断

▼あそびにいくヨ!
2010/07/11〜
キャラ的には好かんけど、なかなか面白かった
最後までいいテンポで進んで観易かった
続編があってもよさそうだけどな

▼あそびにいくヨ!OVA
2011/6/15
同上

▼日常
2011/04/03〜
偶然Eテレで再放送ものを見かけて面白そうだったので録画しておいた
後で観てみると強烈に面白い
ここまで笑ったことはそうそうない
結局、妻からの要望もありDVD全巻購入

▼セキレイ(コミック版)
2005/07/25〜
単行本全12巻入手
1200円(1200円+手渡しにより送料/手数料無し)
ちょびっツのコミックを探してたらコレを思い出して入手
やはり、アニメの方が観易いのは読むことに努力しなくなっちまったせいだろうか
丁度、13巻が発売間近らしい(2012/07/25)
今後、買っていくかな


以下、WIKIPEDIAより

▼ちょびっツ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%B3%E3%81%A3%E3%83%84

▼図書館戦争
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E9%A4%A8%E6%88%A6%E4%BA%89

▼あそびにいくヨ!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%9D%E3%81%B3%E3%81%AB%E3%81%84%E3%81%8F%E3%83%A8!

▼日常
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E5%B8%B8_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)

▼セキレイ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%82%A4_(%E6%BC%AB%E7%94%BB) 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Comic/Anime/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

アルシオーネの発症


▼前回までの状況
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/274420421.html

■2012/06/11(夕方)
▼HLA異音
始動時に0.5秒ほど鳴って直ぐに直る

■2012/06/14
▼ギシッギシッ音
この日を境に今日まで毎日鳴るようになった

■2012/06/19(夕方)
▼HLA異音
始動時に0.5秒ほど鳴って直ぐに直る

■2012/06/25(夕方)
▼HLA異音
始動時に0.5秒ほど鳴って直ぐに直る

■2012/06/27(夕方)
▼HLA異音
始動時に0.5秒ほど鳴って直ぐに直る

▼段差のある道を通れず
知らない小道を通って大通りに出ようとしたら、段差があり過ぎて、フロントが引っ掛かって前に進めなくなった
フロントスポイラーを擦って牽引フックが当たってロック
無理矢理前進しようとしたけど、感触的に無理っぽい
仕方なく後退したらナンバープレートが引っ掛かって逆反り
通れない道があるなんて思わなかった
これからは気をつけないと

【HLA異音】
夕方始動時に発症してる
当日の運転状況を見ても特に変わったことはしていない
何か共通する要素があるのか、ないのか

【ギシッギシッ音】
運転し始めは鳴ってない
通勤の場合、20分後くらい経つと鳴り始めてる
暖まってくると鳴るのか
もしくは、停車してる間に散らばった油が、運転によって油膜が切れていくのか
何れにせよ、やばい状況ではある
金や手間を惜しんで致命傷になるのは避けたいところ
初号機では修理に20万かかったような気がする
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/発症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

スリットドラム(その後


前回までの状況
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/269503655.html

■2012/06/24
部屋の掃除が終わって、久し振りにスリットドラムが発掘できた

発掘祝いに叩いてみる
やはり楽しいな

落ち着いたところで、以前買った試験管の栓をマレットにしてみる
・マレットからスーパーボールを外す
・マレットの先端径を測る→Φ5くらい
・Φ4.5で深さ15mmの穴をあける(5mm残す)
・割り箸に突っ込む→接着しなくても大丈夫な感じ

MUS_20120624.jpg

早速、試し打ち

・ちょっと大きいかも(今回のは#5)
・スーパーボールに似て柔らかい感触
・音もイマイチ

お店で触ってた時は硬く感じたんだけどな
もうちょっと硬質な音が欲しいところ

"おゆまる"は超えられなかったか
残念
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする