2012年06月23日

KIT serviceさんのアルシオーネ


みんカラの"MAIA"さんのブログに、KIT serviceさん保有のアルシオーネが放出されるとの情報が紹介されていた
これに端を発し、最終的に青森県に住むXAVIメンバー「佐々木小次郎」さんが譲り受けることができた

振り返ると色々とあった一ヶ月間だったな
顛末を整理してみる

■05/19
▼KIT社長さんのブログに紹介
http://ameblo.jp/kitservice/entry-11254785490.html

KIT_20120519_AX9.jpg
※画像は同ブログから無断拝借

対象の車両は、
・VX/AT/D型/赤
・故小関親分愛車との由緒正しいお車
・画像に写っているホイールカバーはレガシィの10万キロ速度記録車と同じ特殊なものらしい
(でも、これは貴重で譲れないとのこと)

▼MAIAさんが紹介
http://minkara.carview.co.jp/userid/608820/blog/26525438/

▼MAIAさんのブログを見て直ぐにMLで紹介

■05/20
▼佐々木小次郎さんから連絡あり
みんカラに登録された時から接触してきたけど、この時初めてXAVIのメンバーであることがわかった
http://minkara.carview.co.jp/userid/1013963/profile/

■05/21
▼佐々木小次郎さんに諸々説明

■05/23
▼佐々木小次郎さんと今後の進め方を相談

■06/05
▼佐々木小次郎さんに状況確認
KITさんからは連絡無いとのこと
先方は立て込んでいるようだし締切日を待ちましょう、と、ひたすら連絡を待つことに

■06/08
▼引き取り希望の募集期間終了

■06/13
▼KIT社長さんのブログに「(廃棄)処分決定」と記載される
http://ameblo.jp/kitservice/entry-11276284609.html

びっくり仰天
慌てて佐々木小次郎さんに緊急メール

その後、KIT社長さんと数回やり取りしたけど廃棄処分は覆せず
状況を考えると諦めるしかなさそう

しかし、夕方になって佐々木小次郎さんから電話があり留守電にメッセージが入っていた
譲ってもらえることになったとのこと

おぉっ、大どんでん返し
やったっ!

その後の電話で詳細を聞いたら、メールを見て直ぐにKIT社長さんに直談判したとのこと
やはり、熱き青年の情熱には環境を変える力があるな
顔は見えない、声も聞こえないようなエレキテルな方法では人の心は動かないんだな

しかし状況は甘くなく、15日までに引き取りに行かねばならないらしい

知人に積載車を手配したが、直ぐには確定しないらしい
MLに投げても有効な情報は無し

夜になって佐々木小次郎さんから電話
積載車が手配できたのでこれから群馬に行ってくるとのこと
まずは先方の都合を聞いてからにしましょうと宥めつつ、展開の早さに感動

■06/14
朝、メールが入り茨城通過
午後、電話があり、無事に受領し既に帰路の途中とのこと

▼KIT社長さんのブログにも授受の様子が紹介された
http://ameblo.jp/kitservice/entry-11277248490.html

大きな山を越え、安堵感に浸る

■06/15
深夜、佐々木小次郎さんから帰宅報告のメール
一時はどうなるかと思ったけど、無事に授受が完了


アルシオーネをむざむざ廃棄しないで済んだことが嬉しい
この後、佐々木小次郎さんの愛車が復活すると思うと尚嬉しいな
今後、佐々木号がどのように復活していくのか
期待しながら待ちたいと思う


それにしても、発端となったMAIAさんの記事を見なければ、この車両のことは気付かなかった
改めて紹介してくれたMAIAさんに感謝

そして、一度は廃棄処理で進めていたにも関わらず、譲っていただいたKIT社長さんに感謝

皆さんの真心でアルシオーネが一台復活することができます
心から御礼申しあげます
 
 ■訂正
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする