2012年06月12日

ゴム銃の制作


前回までの状況
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/270213688.html

■2012/05/14
▼図面作成
(と言うか、ネットで拾った画像を白黒の輪郭だけにしたもの)
・TESRO社/PA10を模したものに変更

※TESRO社(SPORTS GUN NETより)
http://www.sportsgun.net/gallery/tesro/
以下、抜粋引用………………………………………
真の競技銃を造るために生まれた少数精鋭の競技銃専門メーカー
社長のピーター・レーマー氏は、カール・ワルサー社で競技用ピストルの製造部門のエグゼクティブを努めていた人物。
彼は50歳を過ぎたあるとき、「より良き競技用銃を造りたい」という熱意から、ワルサー社を早期退職、家族を中心とした少人数で“テスロ社”を興した真の職人だ。
ちなみに、この「テスロ」の社名の由来は、“T”(テクノロジー)、“E”(エンジニアリング)、“S”(ソリューション)、“RO”(レーマー:社長の名前〜英文表記ROEMER)から名付けた。
そのデザインはワルサー社の競技用ピストルを彷彿させるものがあるが、中身はレーマー氏独自の設計により、非常に優れたものとなっている。
………………………………………引用終り

デザインもそうだけど、その生い立ちにも惹かれるものがあるな

■2012/05/15
▼ホールドフック検討

■2012/05/16
▼ホールドフック検討
トリガーとホールドフックを部品一点で検討
構造は簡単な方がいい

■2012/05/19
▼APS-1/ドミネーター採寸
印刷した図面が大き過ぎる気がして、実銃と比較してみた
印刷した寸法で合ってるみたい
思ってるよりも大きいもんだな

▼ホールドフック検討
トリガーとホールドフックを別々の部品ニ点で決定
一点ものだと瞬間開放とはならない
(実際にはそこまで影響あるのかどうか疑問だけど)
とりあえず、もうちょっとだけ瞬間開放に拘ってみる

■2012/05/20
▼摩擦低減検討
材質が木材の為、普通に組むと摩擦抵抗が大きい
部品間の摩擦低減について考えてみる

摩擦と言えばテフロン
手持ちとして0.8mm厚のテフロンシートがあるけど、できれば薄いテープ状のものがいい
大昔にテフロンテープを使ったことがあったので探してみたら結構高い(1500円くらいだけど)

部屋にあるものを試してみる
・両面テープの剥離紙
・マスキングテープ(通常/タミヤ製ツルツル面)
・ラミネート用シート(PP材?)
・キッチンシート(シリコン加工)
・キッチンホイール(シリコン加工)
・ベーキングシート(テフロン加工)※相場調査のみ

キッチンホイールが滑り、薄さ共にいい感じ
でもシリコン加工してあるだけあって両面テープでは粘着しない
固定方法を考えないといかん
テフロンテープが買えれば作業効率はいいだけに悩ましい

■2012/05/21
▼右腕鍛錬
久し振りにエアガンを打った時、腕がプルプル震えてしまった
四十肩もあって右腕の腕力、握力が情けない状態

そこで通勤用カバンを右肩掛けから右腕持ちに変更して筋トレを開始
朝晩足しても10分にも満たないけどやらないよりはマシか
その内、腕立て伏せも始めないといかんかも

■2012/05/26
▼ゴムのテンションについて助言あり
旋盤屋のM先輩と飲んだ時に助言を戴いた
輪ゴムをセットする時、左右でテンションが違った方が飛ぶとのこと
回転運動をするからか

しかし、左右違いの状態を常に同じ状態でセットするのは難しそう
最初は左右均一テンションで安定した弾道を維持すべきか
ホールドグルーブにローラーをつける方式で進めようと思う

■2012/05/29
▼図面に材料取り記入
材料は6mm厚のMDF板
これを、左/真ん中/右の三層構造とする予定

それぞれの層の形状を考える
MDFだけに強度確保を考えないといけない
しかも、切り出しが楽な形状
なかなか難儀

■2012/05/30
▼スプレー糊調達
図面貼り用
ダイソーにて105円

ダイソーは、売ってる時と売ってない時があるのが困りものだな
前回は売ってなかった
見つけた時に買っておかないと、とは思うけど無駄な在庫も嫌だし悩ましい

■2012/05/31
▼図面に材料取り記入

■2012/06/03
▼材料取り用追加印刷

■2012/06/04
▼内部機構検討
ホールドフック部品の形状を再検討
・軸を前に移動
・バネを廃止しゴム弾の張力のみでリリースすることにした

■2012/06/05
▼直線切り用治具検討
電動工具がない中で材料を正確に真っ直ぐ切るのは難しい
かと言って、仕上げ代を残すと後加工が面倒

材料のクランプを兼ねて手ノコで直線/直角切り出しができる治具を考えた
まずはコレを作っておいた方が後々の効率がいい

とは言え、先の震災後、作業部屋は正座するスペースしか残ってない
宅急便で届いた空のダンボール箱も積み重なって、いつ崩れてもおかしくない

材料切り出しやら治具の制作やらの前に、部屋の掃除をしない限り前に進まない
大嫌いな掃除だけに気が重いや

■2012/06/09
▼部屋の掃除
作りたい衝動を抑え切れず、部屋の掃除を決行
空箱や緩衝材の処分、蓋を閉めずに重なってる模型の整理、買い込んで横積みされてる本の整理、散らばった工具
酷い状態に閉口

しかし、段々と居住空間が広がってくると気分がよくなってきて整理作業が楽しくなってくる

■2012/06/10
掃除二日目
掃除が進む中で、二畳って意外に広いんだなと感動

今までと比べて、容積的にはニ、三倍になった感覚
(実際には狭いんだけど)

この調子なら週半ばには制作開始できるかもしれん
ワクワクしてきたわ
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(7) | TrackBack(0) | ゴム銃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする