2012年05月11日

アルシオーネのクイックシフト

シフトノブのスプリングピン抜きがようやく終わった
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/269349361.html

ピン抜き作業に並行してノブの装着方法についても考えてた

【シフトノブ換装】

■2012/04/25
アルシオーネのシフトノブはネジ固定式じゃない
でも装着したいノブはネジ固定式

色々と方法を考えた結果、レバーとノブの間にスリーブを入れることにした
ポイントは以下
・レバー径はΦ12(ノブ下端の隙間にノギスを突っ込んで計ったから不正確かも)
・ノブの穴は60mmの深さで奥がΦ14、出口径はΦ18のテーパー状になってる
・ノブ穴の奥には外径から1mmの深さで25mmの長さの両面カットがされてる
・ノブとスリーブの固定は接着(エポキシ系かな)
・スリーブとレバーの固定はセットボルト(ニ方向から二本・スリーブの肉厚からだとM3か)

上記ポイントを基にエクセルでスリーブの図面を書いて旋盤屋の先輩に相談
しかし、GW前の繁忙期でGW中の作業には間に合わせられなさそう

会社で自作するしかないなと思ったけど、テーパー加工はちょっと不安
そもそもΦ18に合う丸棒が転がってなかった
苦手な旋盤作業だけに諦めも早いけど物ができないのは困る

■2012/04/26
先輩に甘えるのは止めて、ネットで近場の旋盤屋を探してみる
近所にうってつけのところを見つけた

▼メンテナンス&クラフト アキナガ(MCA)秋永鉄工
http://www1.ocn.ne.jp/~yawara/

図面を送付して見積もり依頼をする
エクセルで書いた図面モドキでは説明不足だし相談したいこともあったので、訪問して打合せをすることにしてもらった

で、スプリングピンが抜けたレバーを抜きにかかる
ところが、10mmくらい上に動いただけでそれ以上は動かない
何かが引っかかってる感じで回転はするけど抜けない

以前、ちあきさんが送ってくれた部品構成図を見ると

MTシフト.JPG

35146カラー?
35146カラー?
が何かしらの邪魔をしてるのか
この部品の意味は何なんだろう?

レバー上端にある4WDスイッチと配線の取り外しは
35044Aのコネクタ?
を外せばいいのかな

でも4WDスイッチ固定ネジを外して、スイッチを上に引っ張ってもコネクタが見えるところまでは上がってきてくれない
力一杯引っ張ればコネクタが外れるんだろうか
線が切れるのが怖くて中断

■2012/04/27
レバーが固定されないまま運転してみる
試しにレバーの角度を変えて手前に向くようにするとなかなかいい位置にくる

ALC_20120427_Shift.jpg

でもストロークが変わるわけじゃないから、やはりノブ交換へと突き進むしかない

■2012/04/28
秋永鉄工さんに行く
背景を説明して寸法の公差やら加工について相談
2000円でやってくれることになった

この秋永鉄工さん、秘密基地みたいで面白い
しかも、自分と同じ会社に知人がいるとのことで世間は狭いと実感

※この日のことがブログに書かれてた
http://blog.goo.ne.jp/spermans/e/9380574b1e500952914f90a53c69f294

この写真、リップスポイラーの白テープを剥がした直後だったから尚更みすぼらしく見える
とほほ

■2012/04/29
純正ノブ抜きに再挑戦
昔、大田区のプレスの匠が「油が命」って言ってたのを思い出して、ノブの下側からシリコンスプレーを噴く
粘い感触はありつつもだんだんと抜けていって、やっとのこと全部抜けた
感動

ALC_20120429_ShiftKnob_02.jpg

レバーはパイプ状ではなく無垢だった
レバーにはスイッチの配線用の逃がし溝があった
4WDスイッチの配線はコネクタなんかなくて直付けだった

試しに新しいノブを入れてみる

ALC_20120429_ShiftKnob_04.jpg

劇的に短くなるな

とりあえず4WDスイッチから配線を切ってスイッチを外す
レバーにテープを巻いてノブを圧入して試走してみた

ストロークが短くなって猛烈に気持ちいい
でも手首で操作って感じにはなってないな(仮組みだから力が入れられないせいもあるのか)
普通は短くするとシフト操作が重くなるらしいけど、リンク機構のお陰か重くは感じない

ただ、ノブが短すぎて特に1速はかなり遠くなった
長過ぎても遠いし、短過ぎても遠いんだな
長くすればストロークが増えちゃうし、どこを妥協点とするか悩ましい

そう言えば、レバー径はΦ12.1だった
なんか半端な数字だな
富士重他車のシフトレバーのネジはM12の1.25ピッチらしい
それを睨んでの寸法なのかな
ダイスでネジを切れば市販のノブも使えるってことでもある

試しにネットでノブを探してみた
最近は球形のものが流行りらしい
でも革製のは高いや
それにアルシオーネには丸いノブやジュラコンのノブは雰囲気が合わないかな

■2012/04/30
実際に採寸した数値でスリーブの図面を修正
ついでに自分でできる加工は自分でするようにして依頼する加工を極力減らした

■2012/05/01
製作完了の報を受けスリーブを受け取りに行く

ALC_20120501_ShiftKnob_01.jpg

当初、材質はアルミを指定してた
しかし丁度材料が無く即日納品は無理とのことで鉄に変更
でも、納品の時にはステンレスになってた
錆びない方がいいでしょ、との気遣い
感謝

追加工を開始
先端の両面カットとM3タップ

しかし
ステンレスは粘くて、二箇所の平面カットは必死のヤスリがけ

ALC_20120501_ShiftKnob_02.jpg

固定用のM3タップに至っては下穴をあけるのにハンドドリル(手動式)で30分かかった
電ドルのバッテリーが放電し切ってたので充電を開始したけどハンドドリルで何とかなった
タップ立てはいつもより慎重にやったのに瞬間的に折れてしまった
SUSへのM3タップ立てって時点で不安だったけど予感的中
結局、秋永鉄工さんに電話して再加工を依頼

秋永鉄工さん、直ぐに加工してわざわざ自宅まで届けにきてくれた
ついでに、ちょっと立ち話し
加工賃はオマケしてくれた
感謝

作業再開
新しいノブとスリーブの固定は両面テープを使った
ノブとレバーの固定はM3セットボルト1本
配線逃がし用の溝が位置決め用のセットボルトの回転防止に使えるから1本で済んだ
4WDスイッチを結線し直す
4WDスイッチを結束バンドで固定(暫定対策だけど恒久になっちゃうかも)

ALC_20120501_ShiftKnob_03.jpg

ALC_20120501_ShiftKnob_04.jpg

ALC_20120501_ShiftKnob_05.jpg

早速試走
ノブの高さを最下段から徐々に上げて腕の位置とストロークのバランスを探る
最下段から20mmくらい上げた位置が丁度良さそう
もうちょっと上げてもいいかな
レバーの配線逃がし用の溝が上から下まで通ってたから調整範囲も広くてラッキーだった

ノブを上げてもさほどストロークには影響なさそう
シフトチェンジが一層楽しくなったな
楽し過ぎて無意味にシフトチェンジしちゃうわ

でもシフトダウンの度にアクセルを煽ってたら、案の定、HLA異音発症
折角楽しくなったのに異音発症に繋がってしまうこのジレンマ
とほほな状況だな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

アルシオーネのクイックシフト


■2012/04/08
以前知ったアルシオーネのクイックシフト化
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/252137370.html

GT-改さんはレガシィ用既製品?を流用してクイック化を図ってた
自分もそれを真似しようと、ヤフオクでクイックシフトをウォッチしてたけど気軽に買える値段のものは出てこない

それに、既製品が流用できるにしてもレバーはストレート形状なのが普通みたい
アルシオーネのシフトレバーは後方に向けて大きく曲がってる

ALC_Shift.jpg

これがストレート形状だと、かなり前方になっちゃって使い辛そう
やはり、現状のものをどうにかこうにかした方がいいみたいだな

構造図を眺めること数日、シフトノブを交換すれば劇的にストロークが減りそうなことに気付く
大昔にシフトノブを買ったのを思い出して引っ張り出す
古のRAZO製
これが使えれば一気に半分以下の長さになる

まずはノブの交換をやってみて、それで物足りなければリンクの支点移動もすることにしよう
【シフトノブのスプリングピン抜き作業】

■2012/04/11
アルシオーネのシフトノブはネジ式ではなく、レバーにスプリングピンで固定されてる

ALC_20120408_SHIFT.jpg

このピンが抜き辛い
・ノブの穴とピンのセンターがずれてる
・ピン先が奥に潜ってて内外径が正確に計れない
・ピンの太さにバッチリ合う押し棒がなかった(太過ぎず、細過ぎず)
・太めな棒を使ってやってみたけど、的確な場所に叩けない
・ブラブラしてるレバーに対して、横方向から叩いても力が入り難い

結局、この日は作業中断

■2012/04/13
棒で叩く方法は諦めてピン抜き治具を考えてみた
キャップボルトで締め付けてピンを外す方法

まずはブラケットを購入

Bracket.jpg

ノブの採寸もせずに買ったけど丁度良いサイズ

改めてピン周りをじっくりと観察
ピンで止まってるだけで特に変わった方法じゃないように見える
結局、この日は作業せず

■2012/04/15
ピン周りをじっくりと観察
スプリングピンの採寸をする
しかし、計り難い
ピンのサイズは外径4mm、内径2.6mm、全長26mmっぽい

■2012/04/18
ピン抜き治具を製作

ブラケットにタップとバカ穴加工
とりあえずピンより太いと意味がないので3mmのボルトを使用することにした

P4220011.jpg P4220018.jpg

ピン内径2.6mmに対して3mmのボルトだと片側0.2mmの引っかかり
これは厳しいか
4mmボルトの方がよかったかと思うけど安易に作業開始

SN3E0591.JPG

ボルトを締め込むと、そこそこ潜っていく
でも感触がおかしい
M3の径では淵に引っかからずにピンの中に潜ってしまったみたい

P4220013.jpg

結局断念

■2012/04/19
ブラケットの追加工をした
M3→M4
抜け側の穴をΦ5→Φ6.5

■2012/04/20
M4ボルトに変更して再挑戦
しかし、締め付けていくとピンを押す位置が定まらずにボルトの先端がずれてしまう

位置がずれてもいいように、2.6mmだかのビスをピンに入れて穴を塞いで再挑戦
しかし、ビスの頭が削れただけで動く気配がない

P4220015.jpg

結局断念
■2012/04/22
ボルトがピンからずれないようにする為、ボルトの先端に段付き加工をした
ダブルナットで段の位置がずれないようにして、ピン内径に合わせてΦ2.5に削る
最後に目立てヤスリで段付き部の根元のRを取って完了

P4220008.jpg P4220017.jpg

それにしても手作業で、しかも使い古しのダイヤモンドヤスリじゃ効率が悪過ぎる
かなり疲れた

入手したキャップボルトは20mmで、ピンの長さよりも短い
これだと全て押し切れないので長いナベネジを用意して同様の加工をする

P4220019.JPG

こちらは普通の金属用ヤスリで簡単に削れてしまった
作業は楽だけど硬度が心配

これでボルトとピンのセンターがずれずに確実に押せるはず

■2012/04/23
再挑戦
位置ずれはなくなった

しかし、ピンが1、2mm動いた辺りでブラケットが湾曲し始めた
どうやら、この方法ではこの辺が限度みたい
結構厚い板なのにな
折角、この為だけに436円出して買って加工もしたのにお蔵入りとは無念

治具を使うのは止めてバイスで挟む方法に変更
加工ボルトをセットしてバイスで締めていく
劇的に動いてる感触はないけど少しづつ動いてる

でもバイスの口金にピンが当たって、それ以上動かず
そりゃそうだわな
口金を外して口金固定用のボルト穴を逃がし用の穴にして更に締めていく
ノブの形状や位置が悪く作業し難い
ノブの材質も柔らかくて尚更思うようにいかない
あれやこれやとやり方を変えながら何とかピンの頭が少しだけ外に出た

ALC_20120423_ShiftPin.jpg

でも、この時点でボルトの段部分がナメてしまって終了
ナベネジに交換してやったら、あっという間に曲がってしまってこちらも終了

ALC_20120423_ShiftBolt.jpg

結局、ここで作業中断

ノブの幅は33mm
中の軸の径は12mmっぽい
ピンの長さはおそらく26mm
ピンが外に出た寸法は3mmくらい
ピンが中の軸から抜ける寸法は26mm-((33mm-12mm)/2)=15.5mm
まだ13mmもある

たかだかスプリングピンを抜くだけでこんなに難儀するとは意外
根本的に何かが間違ってるんじゃないだろうかと悩む

■2012/04/24
前回はタップ部分への段付き加工だった
これは20mmのキャップボルトを使ったせい
長いキャップボルトの場合、根元部分はタップがないから只の鉄棒になる
これを利用して少しでも段付き部の強度確保を企む
長めのピン押し用ボルト(M4)を調達して程よい長さに切断

■2012/04/25
ボルトの先端に段付き加工
前回の段付き部の長さは長過ぎるように感じたので今度はガイド部を短めにした
前回は何も考えずにヤスリの幅を段付きの長さにしてた

再挑戦
しかし感触は変わらず
夜間作業で見辛いのもあって早々に作業終了

■2012/04/26
そもそも、スプリングピンの標準寸法を知っておくべきだなと調達して採寸

厄介なことに内径寸法は入り口側が広くなってる
今付いてるのは今までの作業で更にピンの口が広がった可能性が高い

再挑戦
・M4ボルトの段付き部の前日作業による変形を修正
・M3ボルトの段付き加工

ALC_20120426_ShiftPin_01.jpg

・M3ボルトでピン抜き作業
 →動かず(と言うかピンの中に潜るのが怖くて力が入らない)
・M4ボルトでピン抜き作業
 →動かず
・潤滑剤塗布
・一度ピンを元の位置に戻す(この時の手応えが普通だよな)
・更に潤滑剤塗布
・M4ボルトでピン抜き作業
 →ピンが抜けた

抜いたピンを見ると、最初期のM3ボルト押しで拡がった跡がハッキリ

ALC_20120426_ShiftPin_02.jpg

M4ボルト1号が失敗した理由もわかった
ピン内径の奥の方は更に径が細かったらしく、ガイド部が長過ぎて押せば押すほどピン内径を拡げることになってた
だから、ある位置以上は動かなくなってたんだな

ALC_20120426_ShiftPin_03.jpg

M4ボルト2号はガイドが短くピン内径にもピッタリでバッチリとピンを押してくれた
油を塗ったのも良かったのかな

これでやっとシフトノブが外せる
たかだかスプリングピンを抜くのに2週間もかかっちまった
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

アルシオーネオーナーと懇談


■2012/04/17?
スバル公式のコミュニティサイト"スバルWEBコミュニティ SUBARU Plus"ってところがある

▼スバルWEBコミュニティ SUBARU Plus
http://members.subaru.jp/

この中に初代アルシオーネオーナーさん達もメンバー登録されてたなと思って久し振りに訪れてみた
すると「やっとAX9を手に入れました」って書かれてる人が居た

▼アルシとオペルさん
http://members.subaru.jp/share/profile/?cur=0&action_share_profile_detail=1&user_id=62556&car_id=3&pref_id=0&sort=0

しかも千葉県在住らしい
早速、お友達申請をしてみたら、翌日?返事があって快諾
その後、何回かやりとりをしてお会いすることになった

■2012/04/28
例によって船橋運動公園で合流することにした
けど、何かのイベントと重なって駐車場に入れないと連絡があり近くのセブンイレブンで合流
メンバーのMさんも既に加わってて、場所を変えてテーブルを出して懇談

ALC_20120428_IWATA_01.jpg

ALC_20120428_IWATA_03.jpg

ALC_20120428_IWATA_04.jpg

この方の車両、青梅市の青柳自販で販売してたものだった

▼2010/09/25
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/163719201.html

いつの間にか見なくなったと思ったら千葉県に来てたとは嬉しい展開

この方、発売当時からアルシオーネに心が惹かれつつも様々なしがらみから購入できず
そうこうしてる内に市場からアルシオーネが消えてしまい、入手は無理かと諦めてたらしい
そんな時にこの車両に出会い、試乗したらいてもたってもいられなくなり購入
その決断に拍手

懇談では、自分達の苦労話や、これから独りで維持していくことは困難になること
XAVIの説明や仲間がいることの安心感をお話した

クラブに入ることに不安があったみたいだけど、入会金や会費がないこと、何のルールもないズボラな運営を納得していただき、無事に入会となった


それにしても、この方とは車で30分くらいの場所
たまに通る地域でもある
それなのに遭遇しないもんだな


このコミュニティの車種設定、AXとCXが一緒くたなんで接触しようにも的が絞り難い
「アルシオーネ/SVX」って括られてる
流石にこれだと何の説明も書いてない方には接触できない

とりあえず以下の方々にお友達申請してみた
・"クサビ子"さん
・"AX7"さん
・"xt6"さん
・"矢島テクニカ"さん

今のところ何の動きもないな
いきなりXAVIの勧誘をしちゃったのは不躾過ぎたか
それでも今は、やれることを地道にやっていくしかない
一刻でも早く、残り200人のオーナーさんを探し出さねば
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/オフミ・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

最近観たアニメ+


最近は昔のものを中心に観た

▼ふしぎの海のナディア
1990/04/13〜
ちょうど観ようと思ってた時に、バクマンの後番組として再放送が始まった
登場人物的にはヤッターマンみたいな感じがする
もっとシリアスなものかと思ってたから、ちょっと意外
なぜ今、コレを再放送をし始めたんだろう

▼紅の豚(原作・脚本・監督)
1992/7/18
これまでにも何度か観てるけど、何度観てもいい

▼カウボーイビバップ
1998/10/23〜
なかなか面白い
この時代にしては質が高い
2クールもので観始めるのを躊躇してたけど、もっと早く観るべきだったな

▼Piaキャロットへようこそ!!2DX
1999/12/18〜
昔、PC用ゲームソフトを買った
ゲーム自体は途中で止めたんだったかな
懐かしくなって観てみたけどゲームを基に作られたアニメは中身が無いような気がする

▼ヴァンドレッド the second stage
2001/10/05〜
個々には面白かったけど観終わった後に何も残ってないな

▼GANTZ
2004/04/10〜
実写映画に合わせて観たもの
今となっては結末も思い出せない
原作はまだ完結してないんだな

▼バクマン。
2010/10/02〜
メジャーの後番組
なかなか面白い
ナディアが始まったって事は暫くは再開しないのか
キャラのデザインが遊人を思い出す
(ような気がするけどぜんぜん違うかな)

▼GANTZ(実写映画)
2011/1/29
映画館に行って観たな
興醒めすることもなく面白く観れた

▼ANOTHER GANTZ
2011/4/22
テレビで観たはずだけど全く覚えてない

▼GANTZ PERFECT ANSWER
2011/4/23
映画館に行けず観れなかったもの
テレビでやっと観た
面白かったな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Comic/Anime/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする