2012年05月31日

アルシオーネの現存台数


雑ネタ整理週間として第四弾

先日、アルシオーネの現存台数を紹介している方がいた

▼赤い砂兎さん
http://cara-moe.at.webry.info/201205/article_9.html

この方、2010年03月の情報も紹介してる
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/186374839.html

元ネタは自動車検査登録情報協会
国会図書館に行けば閲覧できるらしい

2011年03月時点での情報とのこと
(だけど、"E33ASNGS"さんの情報は更に新しいものだな)

それによると
アルシオーネ(小型車登録:VS/VR ) 189台
アルシオーネ(普通車登録:VX/SVX)1925台

2010年03月からの一年間で
1.8L : 15台減
2.7/SVX:258台減
となってる

この後の情報を追加して整理してみる

VS-VR -VX-ALL-(VS+VR)-(VX+SVX)
------------------------------------
2008/12 XX XXX XX XXX XXX 3084

2010/03 XX XXX XX XXX 204 2183
2010/06 45 157 81 283 202 XXXX
2010/09 45 152 79 276 197 XXXX
2010/12 45 150 77 272 195 XXXX

2011/03 44 145 77 266 189 1925
2011/06 42 142 76 260 184 XXXX
2011/09 ?
2011/12 ?

2012/03 ?


三ヶ月単位で確実に減ってる

この数は車検を通した数と聞いた
中には車検を通さずに動態保存に入った車両もあるとは思う
だけど、オークションんに出ても鉄屑狙いで買われてしまう現状を見ると、楽観的には受け止められないか

減少率を上回る復活率にならない限り、この数は減る一方だな

全滅なんて言葉が頭をよぎっちゃうな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

アルシオーネは後三年で税優遇


雑ネタ整理週間として第三弾

生産から30年を超えた車は減税や減免になるらしい
ドイツの話だけど

■2012/4/29
日本経済新聞(朝刊)
http://www.nikkei.com/access/article/g=9695999693819695E0E5E2E1938DE0E5E2E6E0E2E3E09180EAE2E2E2

以下、抜粋引用………………………………………

生産から30年超、税優遇
 歴史的価値に敬意の念
 人気沸騰、投資対象にも

 最新の燃費技術や洗練されたデザインを併せ持ち世界規模で販売を伸ばすドイツ車。
その本国で今「1番格好いい」と注目を集めるのが、生産して30年以上たつレトロ車だ。
自動車ファンはあこがれの思いを込め「オールドタイマー」と呼ぶ。
独政府が減税などの優遇制度を導入したことで人気は高まる一方。

(中略)

 オールドタイマー人気は広がる一方。
10年にフランクフルト市内に開業したオールドタイマーの展示場「クラシック・シュタット」は昨年1年間で25万人が訪れた。

 人気のきっかけの1つが、独政府が97年に導入した優遇制度だ。
自動車発祥の地であるドイツは「主力産業の伝統と価値を次世代に受け継ぐ」(独政府)狙いから、最初の登録から30年以上経過した車向けにその“歴史的価値"を表す「H」ナンバーを導入。
これが当たった。

 Hナンバー車は大きな改造が加えられていないことなどを条件に発行。
ユーザーは自動車税減税や保険料の減免などが受けられる。
ドイツの多くの都市で義務づけられている排ガス浄化装置の装着もHナンバー車は特別に免除される。
初年度は1万3500台がHナンバーを取得。
毎年ほぼ右肩上がりで登録は増え、2011年末までに累計20万8千台に達した。

引用終わり………………………………………

後三年経てば自分の車も「オールドタイマー」の仲間入りか
日本もこんな制度を導入してくれれば家族の理解も得易いのにな
是非、導入してほしいもんだ

だいたい、償却も終わったような車に対して減免どころか上乗せするなんて、そこにはどんな正当な理由があったんだろう

ドイツの方々は「主力産業の伝統と価値を次世代に受け継ぐ」ことに意味があると考えた
歴史的に価値があると認め、それを敬うことができるなんて素晴らしいな
でも、言うのは簡単、実施するのは大変、と日本人なら考えちゃう
しかし、この制度の導入が大変なことじゃなかったのなら、ドイツの方々は文面通りのことを当たり前だと考えられる人種ってことだな

日本はどうなんだろう
「伝統」や「価値」を「次世代へ」
テレビでも良く聞く言葉だな

でも、それは今の日本の実態を見せつけられて、慌てて何とかしなくちゃと気付いた感じ
職人の後継者不足や海外への人材流出が顕著だと言われて久しいからな

実際、次代への継承って簡単じゃない
劉備玄徳と直接触れていた実子でさえ、玄徳の想いを受け継げなかった
そこに居さえすれば継承できるもんでもないらしい
自分だって子供を強い子に育てるのは簡単にはいかないだろうな

閑話休題

日本もドイツも世界有数の技術立国
しかも、技術にかける想いは同じ方向性を持ってると感じる
なのに、この違いはどこにあるんだろう

この制度を日本人が理解できないなら日本人は「新しい物にしか価値はない」って考えてるってことだな
「伝統=最新技術には叶わない=未来には必要ない」
伝統を軽んじてしまう考えが、根っこのない軽薄な文化を生んでしまったんだろうに

「伝統=常に振り返って確認すべきもの=次代にも継承すべきもの」
受け継いだ伝統を自身の原点と捉えられれば、次代にも堂々と語ることができるかな
これこそが自分の存在理由にも繋がる


日本の場合、良い考えというのは利害関係が満たされることが最優先のように思える
しかも付和雷同の国民性ゆえ、マイノリティを無視しがち
つくづく、人道的な成長がない幼稚な国民性だと思う

どうせ付和雷同が抜けないなら
島国根性が染み付いた国内だけを見るのではなく、世界全体を見た中で良いところに同調すればいいのにな


まぁ、御託はいいから、とにかく安く維持できるようにしてちょうだい、ってのが本音
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

レオーネとカラヤン


雑ネタ整理週間として第二弾

世界的に有名な指揮者のカラヤンさん
このカラヤンさんがレオーネを所有していたとの情報がある

ネットで「カラヤン レオーネ」の語句を検索するとチラホラ出てくる
※時代的に出所不明な情報ばかりで確実とは言い切れないけど可能性は高そう

▼WIKIPEDIAから
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%A4%E3%83%B3
………………………………………
大変な車好きでありスピード狂としても知られ、さまざまなスポーツカーや高性能車、高級車を所有し乗り継いでいた。
歴代の愛車はメルセデス・ベンツ 300SL、ポルシェ・356、ポルシェ・911、アウディ・クワトロ、BMW、フェラーリ、ジャガー、ロールス・ロイスなど。
日本車(スバル・レオーネツーリングワゴン)を友人のスイス人医師にプレゼントしたこともある。
運転技術はF1ドライバーのニキ・ラウダ直伝。
最晩年には赤いポルシェ・959に乗っていた。
………………………………………

ここでは所有とまでは書かれてない
他の情報を総合するとスイスの別荘で使っていたらしい

高級車を所有していてもレオーネの走破性は他に類を見ないものだったんだろうな
他の高級車達と肩を並べてた日本車がレオーネだった、ってのが誇らしい

小学校の頃、コミックで読んだカラヤンはストイック故に苦悩の人だったように記憶している
その苦悩を癒す存在としてレオーネが選ばれたのは凄いことだな

いや、癒すのは他の高級スポーツカー達か
レオーネは信頼できる道具として安心感を与えたのかもしれない
「役立たずめ」と世紀の天才を苛立たせることもなく淡々と悪路を走破したんだろうな

そう言えば、自分の持ってる唯一のクラシックCDはカラヤンさん指揮のものだな
これを聴いた後で他の方が演奏しているのを聴くと、素人でもその差はわかる

▼四季/アントニオ・ヴィヴァルディ
演奏はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


http://www.youtube.com/watch?v=HZQ83erTHUQ


偉大な音楽家は既に他界されてた

▼ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan)
生誕:1908/04/05(今年で104年)
没年:1989/07/16(今年で23年)

今更だけど、冥福を祈りたい
 
 追記
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

アルシオーネのエアロ


アルシオーネにも社外品のエアロがあった
アメリカの「Kaminari」社のもの

▼Kaminari
http://www.kaminari.com/

▼アルシオーネのエアロ(2010/05/31)
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/151652181.html

以前はアルシオーネの画像も載ってたけど、今は載ってない

http://www.kaminari.com/subaruxt.htm
今は「The requested page could not be found.」と表示されちゃう

過去のMLを眺めてたら、Kaminariエアロの型番が紹介されてた

■1997/12/09
K氏からの情報

▼Kaminari型番
KA80000 XT & XT6 $845.00 1985-1987*
KA80001 XT & XT6 $845.00 198705-1992*

K080050 Rearwing, XT $295.00 (EARLY) 1985-1992
K080059 Rearwing, XT $295.00 PEDESTAL 1985-1992

※PEDESTAL:台,脚,台座,柱脚.両そで机の脚.

※Do Not Include Rear Wing / Must Be Purchased Separately
リアウイングを含めない/別途購入する必要があります

アメリカでも手に入らないんじゃ型番がわかってもしょうがないか
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

アルシオーネの目撃情報


今回は豊作だな
初めて知る車両もチラホラ
仲間以外にも元気で走ってる車両があることがわかって嬉しい

でも、動けずに困っているであろう車両もある
エアサス故障が原因で走行不能になったのなら復活させる手はある

何とかして教えてあげたいけど具体的に接触するには情報が少な過ぎる
邪な方法を使えばオーナーさん情報を入手できるというなら、悪に手を染めちゃうかもしれん
(でも、そんな度胸はないけど)

■2012/04/29
かずちゃんさん
http://ameblo.jp/kobmwg/entry-11256907219.html
VX/AT/白/AW:ふっくらした5本スポーク(銀/インプ用?/長岡ナンバー
長野県/ながのノスタルジックカーフェスティバル2012

■2012/05/12
M氏★でらっくすさん
http://ameblo.jp/takoji135/entry-11253058702.html
VR?/AT/後期/濃灰/AW:メッシュ(黒/多摩ナンバー
東京都/東京みなと祭
ナンバー的に最近購入されたものだろうか?
この色は最近のネット情報にはなかったけどな

■2012/05/17
やんぢ [ 愛知県 ]さん
http://minkara.carview.co.jp/userid/107161/blog/26499230/
VR/A型?/白/前バンパーは後期仕様、後バンパーはA型仕様/名古屋ナンバー/AW:ビッグライト
愛知県
以下のものと同一車両と思われる
http://minkara.carview.co.jp/userid/17175/blog/84068/
http://blogs.yahoo.co.jp/thetomica0322/29585434.html
http://minkara.carview.co.jp/userid/17175/blog/84068/

■2012/05/18
だんだかさん
http://minkara.carview.co.jp/userid/146317/blog/26517163/
VR/青/AW:メッシュ(銀
千葉県
XAVIメンバー/KUMAさんだった
▼カーペンターKUMAさん
http://minkara.carview.co.jp/userid/886484/profile/

■2012/05/19
しいくがかり [ 静岡県 ]さん
VX/AT/白/リアスポ(白/車高低し(エアサス故障?)/AW:純正
http://minkara.carview.co.jp/userid/1443895/blog/26528152/
静岡県
"しいくがかり"さんには色々とご協力していただいた
この場を借りて改めて御礼を申し上げたい

おそらく元XAVIメンバーの方の車両と思われる
とりあえず当時のメアド二個にメールを打ってみた
一つは使われなくなってた
もう一つのメアドに届いていることを期待すると共に、返事が来て欲しいと切望

■2012/05/19
ラリラリ☆ぱんだ[東京都]さん
http://minkara.carview.co.jp/userid/1443895/blog/26528152/
VR/白/フォグランプ(黄/AW:SPRO/322(白/
東京都
"ラリラリ☆ぱんだ"さんに尋ねたら以下のものと同一車両らしい
http://minkara.carview.co.jp/userid/240874/blog/18876605/

■2012/05/20
TYZさん
グレード不明/白
千葉県東金市求名にて遭遇
私信にて連絡

■2012/05/20
糸目姐さんさん
http://green.ap.teacup.com/hourou2009/1076.html
VX/AT/白/社外リアスポ(白/クリアウィンカー
福岡県北九州市/門司区/門司港レトロカーミーティング
XAVIメンバー/PUQUDERさんだな
▼PUQUDERさん
http://puquder.blog56.fc2.com/
http://minkara.carview.co.jp/userid/1293832/profile/


【販売】
■2012/05/18
ヤフオク(mibokobokobokoさん)
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m101060495
VS/MT/1985年式/A型/98,000km/白/AW:SPRO/322(白
岡山県
にて落札
個人で買われて復活するのか、売り物になるのか
何れにせよ、XAVIに入会して欲しいところ


【譲渡】
■2012/05/19
MAIAさん
http://minkara.carview.co.jp/userid/608820/blog/26525438/
VX/AT/D型/赤/不動/オヤブン所有車両(特殊ホイールカバーは外されるらしい)
群馬県

貴重な情報を紹介していただき感謝
日々のネット検索網では以下のブログは引っかからないみたい
MAIAさんが紹介してくれなければ知ることもなかった
この場を借りて御礼を申し上げたい

▼KIT社長のブログ
http://ameblo.jp/kitservice/entry-11254785490.html

XAVIメンバーが引き取り希望の連絡をしたらしい
▼佐々木小次郎さん
http://minkara.carview.co.jp/userid/1013963/profile/

長らく不動状態だったアルシオーネと、この車両を二個一して復活させてほしいと切望
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/目撃情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

アルシオーネの発症と整備


HLA異音と左前のブレーキオイル漏れ
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/270220020.html

その後の状況を整理

【HLA異音】

■2012/05/11
エンジンフラッシング/オイル交換
マイクロセラ/MetalTuning添加

■2012/05/17
HLA異音発生(始動時に一瞬だけ)

交換後6日経って発症
ケミカル的な対処では直らなかったということか
HLA自体に問題があることが確定した

■2012/05/18
HLA異音発生(始動時に一瞬だけ)

オイル交換後2週間経ったけど、今のところ、これら以外は発症していない
オイル交換前には頻発していたことを考えると、オイルの劣化が原因だったのかな

それとも添加剤が効いてきたのか?
オイル交換と添加剤の投入が同時だけに添加剤の効果とは言い切れないな
失敗した

でも、前よりは高回転まで回しても大丈夫になった
不安は付きまとうけど3000回転以上回せるようになったのは嬉しい

ただ、HLA異音に似たカチャカチャ音は消えてない
かえって、目立つようになった気もする


【ブレーキオイル漏れ】

■2012/05/05
左前ブレーキのホースに液垂れ発見

■2012/05/17
夕方、状態を確認

5日に発見して17日になって確認
12日間も放置してしまうあたりに車と接っする姿勢が現れてるな

発見後の12日間でコンクリに垂れた跡は10滴くらい

まずは飛び散ったオイルを拭き取る
オイルの飛び散りは広範囲
ショックやストラットタワーの壁(結構上の方)からロアアームまでオイルまみれ

ALC_20120518_Brake_02.jpg ALC_20120518_Brake_04.jpg

かなり上の方まで飛び散ってる
ショックからオイルが噴き出たようにも見える

ALC_20120518_Brake_03.jpg

でも、そんなことあるのかな

パーツクリーナーを吹いてウエスで拭いたらアンダーコートまで溶けたみたい
ウエスだけで拭きとることにした
全体を拭き取った後、漏れてる箇所を探す
ホースにはちょっとした傷はあったけど穴や裂けてるところは見付けられなかった

ホースと金具をかしめてある部分の下側に漏れたオイルが溜ってる
ここが怪しいか
とりあえずホースと金具の繋ぎ目にシューグーを充填

ついでにタイヤのパンク修理跡にもシューグーを塗り込んでみた

その後、ダイソーで買ったエアーゲージを思い出して使ってみた
バルブに突っ込んで針が指したところは1.何kg
おやっ?と思ってゼロリセットボタンを押した途端に針が外れてあっと言う間に壊れた
カバーを開けて針を付け直せば直りそうだけど基準値がずれるかもと思うと安易には直せない

ダイソーで買ったもので、一回も使わずに壊れたのはラチェットドライバー以来の二個目
こういうのがあるから、物と使い方をよく考えて使わないと安物買いの銭失いになっちゃうな

■2012/05/18
夕方、状態を確認
漏れ止まらず
シューグーはボロボロになってる

乾燥時間は前日夕方から出勤前までの12時間
本来は1日2日必要らしいから短めではある

前回は脱脂していなかったので脱脂してからシューグーを塗り込む

ALC_20120518_Brake_05.jpg

■2012/05/20
夕方、状態を確認
漏れは止まらず
脱脂が甘くてシューグーが剥がれたわけじゃないみたい

乾燥時間は前日夕方から出勤前までの12時間
シューグーの乾燥時間が短かったとは思うけど根本的に駄目なのかもしれない

シューグーには擦れた跡が残ってた
位置的に、キャリパー側ホースのブラケットが当たったと思われる
もしかして、これが繰り返し当たってカシメが緩んだのか?
ブラケットを捻って当たらないようにしてみた

■2012/05/21
夕方、作業
シューグーではなくスーパーXを使ってみた
脱脂後、スーパーXを広めに塗ってみる
念のため、ホースの真ん中くらいにある小傷にも塗っておいた

■2012/05/22
終日、雨だったため状態を確認できず
(雨の中、作業する気にならなかっただけ)

■2012/05/23
夕方、状態を確認
漏れは止まらず

接着自体は剥がれた形跡はない
となると漏れてる場所が違う?

ブレーキオイルタンクのレベルは劇的な減りはない
どぴゅーっと漏れてるわけではなさそう

とにかく漏れの場所を確定しないとならん
どぴゅーっと漏れてるのを想像してブレーキを強く踏めない状態が続いている

ホースに自己融着テープを巻いて飛び散り具合をみてみるか
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ALCYONE/発症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

The FreeD


数ヶ月前"monogocoro"さんで強烈な工具?機械?を紹介してた

後から見ようと思ったら探せずじまいで、別のサイトだったかなと諦めてた
でも、YOU-TUBEで別の何かを見てたら偶然発見
やっと、じっくり見ることができた

この道具、CNCリューターと呼ぶのが一番しっくりくる
市販化されないものだろうか
嫁さんに怒られるの覚悟で買っちゃうだろうな


http://www.youtube.com/watch?v=TxHiTjapTqg

▼monogocoro
http://www.monogocoro.jp/2012/02/17/freed.html

製作者さんのページ

▼MIT/Amit Zoran and Joe Paradiso
http://web.media.mit.edu/~amitz/Amit_Zoran_home_page/the_freeD.html

これもMIT絡みなんだな
以下抜粋引用

The FreeD 2012

A Handheld Digital Milling Device for Craft and Fabrication
工芸と製造のためのハンドヘルドデジタル粉砕装置

Amit Zoran and Joe Paradiso, Responsive Environment Group,
MIT Media Lab
The FreeD is a hand-held, digitally controlled, milling device that is guided and monitored by a computer while still preserving the craftsperson’s freedom to sculpt and carve. The computer will intervene only when the milling bit approaches the planned model. Its interaction is either by slowing down the spindle speed or by drawing back the shaft; the rest of the time it allows complete freedom, letting the user to manipulate and shape the work in any creative way.

フリードはまだ彫ると彫る職人の自由を維持しながら、コンピュータによって導かれ、監視されているハンドヘルド、デジタル制御、粉砕装置である。
フライスビットが計画されたモデルに近づいたときにだけコンピュータが介入する。
その相互作用は、スピンドル速度を遅くしたり、シャフトを背面描画のどちらかである。
残りの時間、それはユーザが任意の創造的な方法で作業を操作すると形状にさせる、完全な自由を可能にします。

The idea of the FreeD is to allow designers to engage with the physical material and not just with the CAD environment, and to let them do their interpretations to the virtual model. By that, designers can create something that is one of a kind, unique based on a generic design.

フリードのアイデアにより、設計者は物理的な材料との関わりだけでなく、CAD環境で、それらを仮想モデルにその解釈を任せるようにできるようにすることです。
それにより、設計者は一般的な設計に基づいてユニークな種類の一つであり、何かを作成することができます。

▼MIT Media Lab
http://www.media.mit.edu/

▼MITメディアラボ(EIKIPEDIA)
http://ja.wikipedia.org/wiki/MIT%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%9C

今の?所長さんは伊藤穰一さんっていう日本の方らしい
MITの所長さんが日本人とは、何か嬉しくなるな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

自然界の神秘

■2012/05/21
正月から始まった金冠日食への道

まずは金冠日食を知って
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/247503307.html

太陽グラスを買って
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/262934479.html

太陽グラスを買って
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/266294154.html

ようやく、この日を迎えることができた

幸いにも我が家は中心食線から1kmの位置にあることがわかった

▼日食観測ガイド
http://www.annulareclipse2012.com/center.html

移動しなくても最大に近い時間で観ることができるらしい
更に気分が高揚するわ

当日は6時20分に起床
まずは寝坊せずに済んだ

雲も少なく観測日和
すぐさま太陽グラスで太陽を観てみると既に太陽の右上が欠け始めてた

二種類の太陽グラスを使い比べてみる
525円のものは薄い黄色に見える
399円の方は赤く見える
性能は価格に準じてという感じ
399円の方では観えないものが525円の方は観える時がある

子供にも観させると結構喜んでる
興味がないような感じだったのにな
自然界の神秘の現象に興味をもってくれてよかった

その後、子供用に日食全体の時間を印刷
学校に持っていかそうとしたけど「要らない」と言われちまった
がーん..
パパの想いは伝わらないのね
しくしく
金冠状態は5分間しかないのに見逃さないか不安だな

諸々出勤準備を済ませ7時30分を待つ
しかし、最初の頃とは打って変わって空が雲で覆われてきた
太陽は雲の切れ間からチラっチラっとしか出てこない
観れないかもと不安が増してくる

太陽が観える時には、雲がフィルタ代わりになって肉眼のままでも充分観れる
念の為にと太陽グラスを使うと全く観えない
それも危ないので急遽サングラスを出してきて状況に応じて使い分ける

フジテレビの中継で進み具合をチェックしながら眺めてたけど微妙に時間差があった
結局、金冠状態は雲の切れ間からチラっチラっとしか観れなかった

まぁ少しだけでも観れてよかったな
少なくとも「見とけばよかった」と後から悔やむことはないからな

それにしても、自然界には神秘的な現象があるもんだな
ちょこっと感動した

晴天だったらもっとよかったのにな
期待して小金(1000円も出費してないけど)も出して準備してただけにちょっと残念ではある
太陽グラスの出番も食の始めの一瞬だけだったしな


以下、今後の天文系なねた

▼2012/06/04
3分の1が欠ける部分月食

▼2012/06/06
金星の日面通過

▼2012/07/15
木星食

▼2012/08/14
金星食

▼2012/11/27
金星と土星が大接近


【蛇足】
金冠日食にアルシオーネが絡んでたとの話があった

今回は地球と月と太陽が直列状態になった
これらと一緒にアルシオーネ(プレアデス星団)も一直線上に並んでたらしい
しかも、この配置になるには25,920年かかるそうな

たいそうな話だな
眉唾っぽいけど神秘的と受け止めれば神秘的とも言えるのか
都市伝説にもならないようなネタだけに引用元も挙げないけど(事実確認ができないしな)

でも、今年は何かとアルシオーネという言葉が頻繁に出てくる
毎日、複数の検索サイトでアルシオーネをキーワードに検索してる
すると、フォトンベルトとかマヤ暦とか(BRZではなくアルシオーネを復活とか)色々とヒットしてくる
この勢いに便乗してアルシオーネオーナーが増えるといいんだけどな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

アルシオーネとノスタルジックカーショー


■2012/05/19
珍しく金払ってでも行きたいと思ったノスタルジックカーショー

▼BP東京ノスタルジックカーショー2012inお台場
http://www.nostalgic.co.jp/tokyo/index.html

メルマガにあった「EVコンバートカーを集め特別展」ってのに猛烈に期待
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/239001598.html
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/255819922.html

でも、これに行くと給料日まで300円で過ごさねばならなくなる
しかし、期待で膨らんだ胸を抑えることができない
意を決していくことにした

独りで行くのも悪いので、ブラット乗りのWさんとTYZさん、レオーネ乗りの"みぎみぎひだり"さんを誘ってみる
でも、皆さん色々と忙しいらしく、行けるのはTYZさんのみだった

TYZさんは高速利用、こちらは一般道利用なので現地合流となった
お台場は国道357号まで出れば道一本と、方向音痴でナビ無しの自分には助かる場所だな
それでも江戸川を渡るのは度胸がいるわ

10時の開場に合わせて8時に出発
9時にTYZさんから現地着の連絡
駐車場はガラガラらしい
こちらも迷わずに行けて予定通り9時半に到着
駐車場には旧車がチラホラいたけどアルシオーネはいないみたい
ここで駐車料金1500円なり

TYZさんと旧車維持についてあれこれ話しながら開場を待つ
対面にあるダイバーシティにはガンダムが立ってた
これがザクだったら一目散に行くんだろうけど、ガンダムじゃわざわざ行く気にはならないな

10時に開場
ここで入場料1500円なり
もう何も買えないや

とりあえず、EV化車両を探しながら一通り流す
途中で気に入ったものがちょっとだけあった

▼X1/9

NOS_20120519_01.jpg

▼錆落し/RSR-2(平和バイオテクニカル)
http://bio520.co.jp/rsr1000.htm

NOS_20120519_02.jpg

素晴らしい効果
欲しかったけど所持金300円では買えず
ひもじさ爆発だな

結局、撮った写真はこの二枚だけだな

それにしてもEV化車両がどこにも展示されてない
旧車のEV化どころか現行車のEVもない
まったく無い
むむむ

内容に変更があったのかな?
猛烈にがっかり
EV化車両の案内を見て来たのに、それが無いとは何なんだろう
がっかりを通り越して憤りに変わる

全体を見終わったあたりで実車のデモ走行が始まった
・ローラT70
・バッドモービル
・ランボルギーニ/カウンタック
・ランボルギーニ/ミウラ

オーナーさん達?が、あの短い距離で頑張ってアクセル踏んでくれたお陰で堪能できた
やはり、カウンタックはカッコいい
皆、高回転まで綺麗に回るコンディションを維持しているのが素晴らしい

結局、EV化車両は見付けられずにTYZさんを残して帰還

その後、Wさんが来たらしい
もうちょっと待ってれば良かったかな

▼TYZさん
http://minkara.carview.co.jp/userid/209787/blog/26524116/

この日の成果
・カウンタックのエンジン音が間近で聴けた
・綺麗な旧車を見て自分もそうありたいと決意できた
・屋外のイベントは爽やかだった

でも、これで3000円かかるんじゃ次は行かないだろうな


以下、備忘用として他のイベントを整理

■2012/04/29-30
▼ながのノスタルジックカーフェスティバル2012
http://www.nostalgic.co.jp/nagano/index.html
長野県長野市/エムウェーブ
アルシオーネ(VX)が展示
メンバー以外の車両

■2012/04/29-30
▼みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
http://www.minshia.com/
千葉県いすみ市/文化とスポーツの森
TYZさんに紹介&お誘いを受けたけど調整つかず断念

■2012/05/12
▼第2回サクラオートヒストリーフォーラム
http://sakuramotorclub.jimdo.com/
千葉県佐倉市/DIC川村記念美術館
TYZさんからお誘いを受けたけどチョロQミーティングと重なっており断念

■2012/05/12
▼チョロQ名車セットツーリング
http://minkara.carview.co.jp/userid/187121/blog/d20120512/
神奈川県川崎市/川崎マリエン
ブレーキオイル漏れが直せず遠征は断念
XAVIメンバーの参加は、会長、Kさん、kazさん、るるるぅさんの4名
XAVIの会長が対外的なミーティングに参加したのは久し振りじゃないだろうか
粗相がなかったかどうか不安
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/EV関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

アルシオーネのHLA異音とオイル交換


前回のオイル交換後からのHLA異音発症状況を整理してみた
※距離数は給油情報ベースなので正確じゃない

初回発症が交換後二日目ってのはひど過ぎるな
オイル交換後3000km辺りから発症し始めてる
5月の発症が少ないのは高回転まで回すのを控えた為だと思われる

ジムカーナをやってた先輩に相談してみた
その先輩はワコーズがスポンサーだったらしくワコーズを使ってたとのこと
やはり3000km以降急激に性能が落ちるとの印象を受けたらしい
REMIXさんもワコーズなら3000kmで交換と言ってたな

実際自分の場合も当てはまっちゃた
やはり、乱暴な運転してると3000km辺りが限度なのか
だとすると3000kmで交換ってのは痛いな
今回は添加剤を投入したから尚更短期間での交換は勿体無く感じる

大人しく乗って交換時期を延ばすか
本能のままに乗って短期で交換するか
良い添加剤に出会って両方が満たされるか
オイルそのものを高価なものに変えて延命するか
(高価なものしても交換時期が延ばせるかどうかは確実じゃない)

年月-走行(km)-経過日数(日)-症状
………………………………………………………………………………
■2011年
11/03 302 2 大きめ 首都高で発症し静岡まで鳴りっ放しで高速走行(帰路は鳴らず)

12/16 1673 45 始動時に一瞬だけ鳴る
12/18 1673 47 軽め 走り続けてたら暫くして止んでた

■2012年
02/08 2708 99 大きめ 30分休憩で復旧
02/11 2708 102 軽め 走り続けてたら暫くして止んでた

03/15 3430 135 大きめ 直らずに帰還
03/16 3430 136 大きめ 朝昼夕直らず
03/17 3430 137 大きめ 直らずに帰還

04/01 4112 152 大きめ 会場到着直前に鳴り始める・会合後も直らず・20分休憩で復旧
04/06 4112 157 軽め 直らずに帰還
04/08 4112 159 軽め 20分休憩で復旧
04/15 4462 166 中くらい 直らずに帰還
04/29 4835 180 大きめ 10分休憩で復旧
04/30 4835 181 大きめ 直らずに帰還

05/06 5182 187 大きめ 直らずに帰還
05/07 5182 188 朝)始動時に一瞬だけ鳴る・晩)軽め/直らずに帰還
05/08 5182 189 始動時に一瞬だけ鳴る
05/10 5182 191 始動時に一瞬だけ鳴る
05/11 5377 192 オイル交換
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/発症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする