2012年04月11日

アルシオーネとハチマルヒーロー2


■2012/03/31
ハチマルヒーローねた(その二

▼ハチマルヒーロー誌
http://www.geibunsha.co.jp/teiki/mo_hachimaruhero.html

本誌の特集では別途単独でアルシオーネが採り上げられている
これはXAVIメンバー/Yさんの車両

Hachimaruhero_20120501_30.jpg

そもそもは、3月1日にハチマルヒーロー誌から電話がきたのが発端
アルシオーネを取材したいと直電がきた

以下の条件に合った車両を紹介してほしいとのこと
・ターボ車特集の為、VRが希望
 (できればVRがよいがVSでも可、VXはダメ)
・極度にモディファイされたものは避けたい
 (純正ステッカー類が残っているものがいい)
・来週中に撮影を完了したい
・関東、東北、中部辺りなら取材に行く

てっきり、自分の車両への取材かと思ったけど、そうではなかったみたい
そもそも、自分のは外装ボコボコだし純正状態ではないとこが多いので趣旨には合わない
もの凄くがっかり

気を取り直して、急いでMLにて立候補者を募る
けど、皆、"謙遜は美徳"主義者なのか立候補してこない
過去の取材時に取材者側に振り回された苦い経験もあるのかもしれない

仕方がないので、関東圏に住む綺麗どころに個別に電話して車両状況と取材可否を確認
XAVIの存在をアピールする為にも綺麗な車両をと選考基準を厳し目にして調査

でも
・車両は極上なのに取材を受ける時間がない
・車両は極上なのに関東圏以外に静態保存中
・全体的には程度が良いけど一部破損箇所がある

なかなか良い車両が見つからない
いざ、取材用の車両を調達、となっても簡単にはいかないのが今のXAVIの現状か

結局、この状況下で最良の車両を保有しているYさんにお願いすることにした
それでも、アルシオーネの特徴でもある、碁盤の目ホイールカバーが破損してて4枚揃ってない

色々な方に電話で確認して、結局保有していたのは会長のみ
会長の保存部品には、いつも助けられる
部品を送ってもらい無事に取材に挑めたみたい


今回の掲載に便乗して、誌面でXAVIの紹介をしてくれるよう頼んでみた
OKとの返事がきて文面を返送したけど、そのままは使われなかったな
文才ないからな


その後、本の完成連絡と共に、お世話になったお礼にと、この号を送ってくれるとのこと
これはありがたい
1000円の本を買うのは結構躊躇する


ハチマルヒーロー誌にアルシオーネが載ったのはこれで二台目
(ノスタルジックヒーロー誌を含めれば三台目だけど)
三台目掲載車両を目指し、内外装ともに気合いを入れてリフレッシュしていこう
今回のことを通し、いつでも取材に応えられるように綺麗にしておかねばと決意


でも今回掲載されてる他の車種を見ると、いじってるのも多かった
アルシオーネよりよほど多く生存してる車両だろうに純正状態の車が見つけられなかったのかしら?
それとも、さほど純正に拘ってなかったのか
それなら自分のでも良かったかな?って思っちゃう
なんかシックリこない

皆には黙っておいてコッソリと取材受けちゃえばよかったか
まぁ、今の状態だと人前に出すのは恥ずかしい状態だから、現物を見た途端に取材拒否されちゃったかもしれないけど


ちなみに、もう一つの特集は鉄仮面
やっぱりカッコいいな
廃車にならなければ今も乗ってたんだろうな
でも、アルシオーネの存在は更にその上をいってる
廃車にした鉄仮面には申し訳ない気持ちで一杯だけど、アルシオーネに乗り換えるきっかけとなってくれたことに感謝
合掌
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/オフミ・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする