2012年04月02日

小っちゃいモンキーレンチ


■2012/03/24
アルシオーネのHLA異音対応としてフラッシングを考えてみる
まずはフラッシングオイルの相場を実地調査
ジョイフル本田に行ってみる
そのついでに店内を物色

ワゴンセール的にバイスプライヤやモンキーレンチが売ってた
普段なら素通りしてるけど、その中に小さなモンキーレンチを発見
立ち止まって改めて確認

呼びサイズは100mm
こういうミニサイズの工具に弱い

価格は198円
精度は価格相応
目一杯閉めて電灯に透かしてみると隙間が開いてる
まぁ、そんなもんだな

確かバーコ社のモンキーは紙が挟めると謳ってたな
コイツは厚紙でさえ挟めないかもしれない

でも、結局買っちゃった

TOO_20120324_MonkeySpanner.jpg

隙間ができないよう加工するか
それとも、モンキーなのだからそこまでの精度を求めるのは意味がないか

そう言えば、この前も板っぺらレンチを買ったばかり
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/252395099.html

作業はほとんどしないのに工具を増やす意味無いな
どうせ増やすなら"みぎみぎひだり"さんが使ってたギアラチェットを買うべきだろうな

計画性のない衝動的な行為は控えないと
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする