2012年04月10日

アルシオーネとハチマルヒーロー


■2012/03/31
昨年開催されたハチマルミーティング
この時、次号のハチマルヒーロー誌に全参加者が掲載されると聞いた

▼ハチマルミーティング
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/233890149.html

▼アルシオーネとハチマルヒーローとアンドリュー
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/257207201.html

その待望のハチマルヒーローが届いた

早速、自分の車を探してみる
確かに掲載されてた

Hachimaruhero_20120501_F23a.jpg

ハチマルヒーロー誌のサイトでは"B5判/24ページ"と書かれてる

▼ハチマルヒーロー誌
http://www.geibunsha.co.jp/teiki/mo_hachimaruhero.html

20ページだとして300台分だと、1ページは15台
名刺大の大きさくらいかと予想してた
だけど、実際はその半分の半分くらい

ちっちゃいな
期待してたのに、正に取らぬ狸の皮算用
とほほ

本誌掲載ではなく付録だったのも何となくシックリこない
これじゃあ一生の記念とするにはちょっと物足りない

しかも、紹介文はアルシオーネを選んだ理由が引用されてる

"安全性を考え四駆のノッチバッククーペを探したらアルシオーネだったとか。
ストライプステッカーは純正オプション設定の本物だ。"

書ききれないくらい愛車のモディファイ詳細を書いたのに、ここが引用されるとは思わなかった
▼提出したデータシート
Hachimaru.jpg

一緒に参加したコータさんやkazさんも同じ扱いだった
コータさんのは綺麗だしカミナリエアロ装着という、おそらく日本で一台しかない車なのにな
(まだユーシスさんのがあれば二台だけど)

どうも腑に落ちない
まぁ、こちらが注文できることじゃないけどな

次回があるなら、大きく扱いたくなるような綺麗さと仕様でアピールもしてみるかな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/オフミ・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

部品取り1号


部品取り1号の作業状況
▼前回までの状況
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/260395080.html

■2012/03/20
"みぎみぎひだり"さんが欲している足回り移植作業を3/31にすることに決定

"みぎみぎひだり"さんの指示により、以下の二点を実施
・センターナットに浸透潤滑剤を塗布
・センターナットの径を測る
→リアは36mm、フロントはナットカバーが付いてて計測できず
(おそらくリアと同じと回答したけど、実際には32mmだった)

■2012/03/30
ブラット乗りのWさんに「VX要りませんか」と連絡
その後、返事が来て引き取ってくれることになった
こちらの準備が整ったら、ローダーで来てくれるとのこと

Wさんは三個一で一台のアルシオーネを復活することになる
(VXから使える部品は極僅かだろうけど)
応援できることは何でもやろうと思う

とりあえずは、鉄屑にしなくて済んだ
これで罪悪感から開放された

■2012/03/31
みぎみぎひだりさん(と助っ人のK君)が来た

暴風の中、作業できるか不安だったけど結果的に9時開始の12時終了と3時間で完了
さすが自動車部だけあって段取りがいい
しかも二人とも礼儀正しくて、またもや心が洗われた
改めて"そんな人間に私はなりたい"と決意させられるな

ALC_20120331_01.jpg

VXの足回りを外してレオーネの足回りを装着

ALC_20120331_02.jpg

ALC_20120331_03.jpg

特に問題も発生せずに無事に作業完了
(リアのセンターナット外しはK君の溢れるパワーがなければ頓挫してたけど)

これで、5穴ホイールのレオーネが誕生するわけだな

【参考】ホイールサイズ(Spec Tankさん)
http://spec.tank.jp/whl/sl0070029.html
・レオーネ      :PCD140/4穴
・アルシオーネ(VR/VS):PCD140/4穴
・アルシオーネ(VX)  :PCD100/5穴

逆にVXの方は4穴ホイールになった

ALC_20120331_04.jpg

なんか違和感が激しいな

この作業のついでにスタビを外してもらった
フロントはエキパイを外さねばならず今回は断念
リアは知恵の輪状態かと思ったけど、なんだかんだやってたらサクッと外せた

次の作業は内装の全移植だな
それには車内の荷物をどかさないと
それには収納場所を確保しないと
むむむ、どうしたもんだか
XT6への外装移植を先にした方がいいかな

それと、ちばてんさん用にVXの右前ナックルを探さないとならなくなった
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/141926361.html

どなたか提供できる人はいないもんだろうか


■2012/04/05
柏の車回収業者の知人に経緯を説明
お騒がせしてしまったことをお詫び
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

太陽グラス


■2012/03/29
地面の上で油圧ジャッキを使うことになり敷板を探しに行った
こういう時、残業後でもやってるユニディは助かる
厚めの端材を二枚見つけ、それを持ってレジに向かう

レジに行くと商品陳列棚に変なものがぶら下がってる
パッと見、その品が何なのかわからない

気になって手に取ると"太陽グラス"だった
金冠日食観察用と書いてある

▼金冠日食
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/247503307.html

ここまで浸透してるとは思わなかった
国民的話題なのか
自然界の神秘が気になるとは素晴らしいことだな

自分も絶対に見ようと思いつつも、その道具をどうするか考えてなかった
丁度良い機会と525円で購入

TaiyouGlass.jpg

試しに室内で色々な光源を見てみるけど全く見えない
これぐらいでないと目を痛めてしまうのか
太陽の光ってのは強烈なんだな

最悪、サングラスでいいかと思ってたけど甘く見てた
目を痛めずにすんだわ

問題は一枚しかないグラスを子供と妻と自分で使い回せるかどうか
数分しかない現象に三枚用意するのは勿体ない
かと言って、数分しかない現象故にグラスを取り合って、家族の中で血で血を洗う争いをするのは避けたい

子供を最優先として妻と自分用にもう一枚買うのがいいかな
もしくはグラスを上下半分で切断して二枚にするか


▼国立天文台
http://naojcamp.mtk.nao.ac.jp/phenomena/20120521/

▼2012年金環日食日本日食委員会
http://www.solar2012.jp/

地名   :東京
部分食開始:6時19分02秒
金環食開始:7時31分59秒
食最大  :7時34分30秒
金環食終了:7時37分00秒(金冠食時間:5分01秒)
部分食終了:9時02分37秒
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

サヌカイト


■2012/03/27
スリットドラムに端を発し、鉄琴に進み何かの拍子に石に辿り着いた
石を使って木琴や鉄琴のように鳴る楽器があるらしい
サヌカイトっていう石

▼サヌカイト(WIKIPEDIAから)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AE%83%E5%B2%90%E5%B2%A9

以下、抜粋引用………………………………………
讃岐岩
讃岐岩(さぬきがん、sanukite、サヌカイト)は、名称のもとである香川県坂出市国分台周辺や大阪府と奈良県の境にある二上山周辺で採取される非常に緻密な古銅輝石安山岩。
固いもので叩くと高く澄んだ音がするので、カンカン石とも呼ばれる。
なお、サヌカイトという名称は、明治政府に招かれ、日本各地の地質を調査したドイツ人地質学者ナウマン博士が、讃岐岩を本国に持ち帰り、知人のバインシェンク博士が研究して命名した。:
楽器
固いもので叩くと高く澄んだ音がする。
玄関のベルの代わりに使われたりしている。
博物館などで長さの違う石片を並べて木琴のように叩いて音を出す「石琴」(楽器名:サヌカイト)などの展示物やコンサートに使われている。
引用終わり………………………………………

※鳴石って呼称もあるみたい

早速、ヤフオクで市場調査
ちょこちょこと出品されてる
そして確実に落札されてる
需要があるもんだな

暫く様子を見た後、自分も入手してみた

20120327_Sanukite.jpg

10cm弱のものが沢山あるやつで約1.6kgらしい
2198円

試しに叩いてみる
けど、鳴らないな
マレットが悪いのかな
全く鳴る気配がない

もしかしたら、ある程度の大きさがないと駄目なのかも
むむむ

失敗したかもしれん
参ったな

無駄にするわけにはいかん
もうちょっと調べてみるかな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

アルシオーネの4WDブッシュと職人気質


■2012/03/26
欠品となってしまった4WD切替レバー用ブッシュ

関連部品を採寸し図面を書いた後、旋盤屋のM先輩に製作を依頼していた
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/251979194.html
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/258620238.html

製作完了との連絡が来て、その日の夜に取りに伺った

完成した品は、まるで成型品のような仕上がり

ALC_20120326_Bush.jpg

面粗さを指示しなかったせいで過剰とも言えるほど綺麗な面になってる
特に端面なんか、突っ切りでよかったのに、わざわざ一面挽いてくれてる

もっと荒くてもよかったのにと指示不足を猛省
指示がない部分でも綺麗に仕上げてしまうあたりに職人としての誇りを感じるな
改めて感謝

こんな心遣いを見て昔のことを思い出した

現場で働いていた20年前くらいのこと
購買部が見つけてきた業者に変わった
この業者、価格以上のことはしない(する余裕も無い)という考え方が見え隠れする加工部品を収めてきた

納品された部品は、糸面取りもされず、まるでシャープエッジ
酷いものはフライス切削でできたバリが付いたままのものもあった
しかも、そのまま黒染めしてる
加工した本人だけでなく、黒染め担当者、納入しに来た人、全員が"コレでよし"と思ってたってことだな
信じられない

結局、こんな部品はこちらで面取りし直して再度黒染め
結果的に安価になってない
価格が大事なのはわかるけど、"ちょっと割高でも良い品を使うべき"だな


それにしても
指示されなくても丁寧な仕事をするのは日本人にとって当たり前の行動だったはず
お金や時間を理由に他人への配慮をしなくなったら終わりだな
これは怠惰以外の何者でもないのでは?
コストやシステムに縛られて大事なものを捨ててしまった気がする

低迷期だから今は仕方がないと諦めるのだろうか
しかし、どんな理由だろうと一度捨てたものは二度と戻ってこないことを認識すべきだな

親の怠惰を見て子供が真似しないはずはない
怠惰に慣れた子供が配慮という行為を自ら気付くはずもない
逆に、親が自分自身に厳しく生きるなら子供もその背中を見て育つはず


とか言ってる自分はどうかと振り返ってみる
自身も最近はダイソーで売ってるもので済まそうといの一番に考えてる
それに、小遣いの制約の中、同じ構造のものならたとえ精度が悪くても安い方を買うだろうな

自分も大事なものを捨ててしまった側だったんだな
とほほ
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

アルシオーネの整備(軽作業)


■2012/03/25
4WD切替が良好になって無意味に4WDを多用するようになった
でも、良好になったことに伴い、新たに気になるところが出てきた
シフトノブの上端にある4WDスイッチの戻りが悪い

このスイッチ、押す度にONとOFFを繰り返す
押す時は問題ないけど、戻る時がなかなか上がってこない

前にもこの動きが気になって分解したら、手垢が結構溜まってた
今回もそうかなと思って分解してみたけど目立つほど手垢は無い

ALC_20120325_4WDswitch.jpg

試しにシリコンスプレーを吹いてみた
すると、一瞬のうちにスコスコ動くようになった
スコスコするのは気持ちいいな

シフトノブもスイッチのカバーも共にゴム製
ゴム対ゴムじゃ滑りは悪いわな
時が経つと共に膨らんできちゃったのかな

このスプレーを吹いてる時にセンターコンソールに液が飛び散った
飛び散ったのを拭いたところは艶々になってる
これはイケル、と思って全面的にスプレーしてから拭いてみる
まるで新車のような輝き

新品の成形品が"新品"に見えるのは、離型剤が付着して艶々しているからかもしれないな
それにしても、これまでの状態に違和感はなかったけど、よほど艶消しな状態に慣れてたんだな

このことをMLで得意気に報告したら「溶剤が入ってるのは樹脂に対して攻撃性あり」と言われてしまった
スプレーを確認してみたら成分に「石油系溶剤」って書いてある

SiliconSpray.jpg

あらら、まずいね
とりあえず、これ以上使うのはやめておこう

もう一本、シリコンなんたらと書かれたものがあったので確認してみる
多分、シリコン型の離型剤として買ったものかな

SiliconSpray2.jpg

こっちの成分は「ヘキサン」としか書いてない
ネットの商品説明では「有効成分:シリコーン」って書いてあるんだけどな

更に商品説明を見ると
◆シリコーンを有効成分とし滑走、つや出し、防錆、離型性に優れた離型後および加工後に塗装、接着、印刷、メッキができます。
◆各種カッター防錆、粘着防止。ゴム、プラスチック等の成型時の離型剤に。
と、ゴムやプラに使えるみたい

でもヘキサンをwikipediaで見ると
………………………………………
油脂や金属粉による汚れを効果的に除去できるが、プラスチックやゴムを侵すため、噴射する際はこれらにかからないようにしなければならない。
………………………………………
と書いてある

相反してるな
よくわからない
もうちょっと調べてみるかな


艶もそうだけど、経年変化による樹脂類の割れ防止の為にも、内装のメンテも怠らないようになりたいな

素直にアーマオールを買うべきなのかも
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

バイクのエンジン仮組み


オリジナルSF用の流用部品用にと収集してきたバイクの模型
複製することを考えるとランナーに付いているままの方がいいのかもしれない
しかし、組み立てた状態を見たい衝動に駆られ組み立ててみた

ここで問題になるのが分解が前提であること
普通の接着剤では点付けしたとしても分解時に影響が出そうで却下
瞬間接着剤は膜が残るのが厄介
そこでG17に目をつける
部品は溶かさないし剥がし易いし黄色いので剥がす時にわかり易い

早速組んでみる
接着剤の蓋を外して楊枝ですくって点付け

▼GL1100(1/15 FUJIMI)
GL1100_SC02E_01.jpgGL1100_SC02E_02.jpg

水平対向エンジン
かっこいいな
でも、エンジンの形のままで流用するのは難しいか

試しに分解してみたらG17の接着力は結構強力
しかも膜が硬くなってて剥がし難い
もうちょっと接着力の弱いものをと考えて木工用ボンドに交代

▼ZX-RR(1/12 TAMIYA)
ZXRR_01.jpgZXRR_02.jpgZXRR_03.jpg

素晴らしいデザイン
このまま流用できるかもしれない
水冷エンジン侮り難し

木工用ボンドだと接着力が弱いな
ちょっと大目に使えば何とか使える
でも、剥がすのは楽ちん
ただ、乾くと透明になっちゃうから見逃し易いかも

▼CX500(1/12 TAMIYA)
CX500_01.jpgCX500_02.jpg

エンジン形状はなかなかいい
特にクランクケースのリブ形状がそそる
エンジンの形のまま流用できるかどうかはセンス次第だろうな

このエンジン、木工用ボンドだと組み難い
組み立て途中で何度もバラバラになった
離型剤のせいか?
古いキットだけに接着面の精度が悪いのか?

どこかで仮組み用接着剤ってのを開発してくれないかな
G17並みの弾性粘着力で即乾性で色が付いてて樹脂からは剥がし易いってやつ

▼HARLEY-DAVIDSON(1/20 KAWAI)
HARLEYDAVIDSON_01.jpgHARLEYDAVIDSON_02.jpg

価格相応でかなり厳しい
クランクケースの隙間はどうにもならないな
シリンダー部分を切り離して使うくらいか

▼YAMAHA/XV750(1/20 KAWAI)
XV750_01.jpgXV750_02.jpg

ハーレーよりはまともだな
使い方次第か

▼BMW/R45/R65(1/20 KAWAI)
R45_65_01.jpg

ここまで個性が出過ぎると流用は難しそう
ああっ女神さまっに登場したロボットならそのまま使えるけど

▼ZX-12R
ZX12R_01.jpgZX12R_02.jpg

うーん
やっぱりイマイチ
そそらないな


空冷のシリンダーに目がいっちゃうけど、クランクケース周りの方が流用し易いのかも
とは言え、当分作らないだろうな
まずは複製方法を模索してみよう
安価で早い方法
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

最近観たアニメ+


最近は毎日地道に観てる
TVでやってた映画も含めて整理

▼ルパン三世 VS 名探偵コナン
2009/03/27
山田康雄氏亡き後のルパンものはほとんど見てない
やはり、ルパンは山田康雄氏でないとしっくりこない
でも、TVでやってるのを家族が見ていたので所々見てみた
やはり、カリオストロの城を超えてはいないな
そろそろ山田康雄氏に拘るよりも割り切って観た方がいいのかもしれん
TVシリーズの緑ジャケットと赤ジャケットのような感じで

山田康雄氏の命日は3月19日だったらしい(サリン事件の前日)
偉大な役者さんのご冥福を祈りたい

▼第九地区
2009/08/13
映画館に観に行けなかったもの
メカのデザインとかはいいな
是非、続編で人間に戻してあげてほしいところ

▼いちばんうしろの大魔王
2010/04/03〜
結構観易かったな
プチハーレムものだな

▼IS〈インフィニット・ストラトス〉
2011/01/07〜
これも結構観易かったな
これもプチハーレムものだな

▼星空へ架かる橋
2011/04/11〜
これもプチハーレムものだな
最近はプチハーレムものでないと駄目なんだろうか?

▼ギルティクラウン
2011/10/13〜
久しぶりに次回が気になるような作品だったな
盛り上がりの見せ方がイマイチに感じるところもあったけど、それは欲張りってものかも


最近のものが続いた
そろそろ2000年初頭の作品に戻ってチェックしないと
でも、最近の綺麗な絵や動きに慣れると昔のものを観るのが辛くなりそうだな

▼修羅の門(第5巻)
2012/03/24
買い始めちゃったから買い続けてるけど、期待度は低くなる一方だな
昔の方が良かったと思ってしまう要因は何処にあるんだろう
主人公をはじめ、全体の雰囲気が暗いからかな
昔のように明るく爽やかになってもらいたいところ
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Comic/Anime/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

小っちゃいモンキーレンチ


■2012/03/24
アルシオーネのHLA異音対応としてフラッシングを考えてみる
まずはフラッシングオイルの相場を実地調査
ジョイフル本田に行ってみる
そのついでに店内を物色

ワゴンセール的にバイスプライヤやモンキーレンチが売ってた
普段なら素通りしてるけど、その中に小さなモンキーレンチを発見
立ち止まって改めて確認

呼びサイズは100mm
こういうミニサイズの工具に弱い

価格は198円
精度は価格相応
目一杯閉めて電灯に透かしてみると隙間が開いてる
まぁ、そんなもんだな

確かバーコ社のモンキーは紙が挟めると謳ってたな
コイツは厚紙でさえ挟めないかもしれない

でも、結局買っちゃった

TOO_20120324_MonkeySpanner.jpg

隙間ができないよう加工するか
それとも、モンキーなのだからそこまでの精度を求めるのは意味がないか

そう言えば、この前も板っぺらレンチを買ったばかり
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/252395099.html

作業はほとんどしないのに工具を増やす意味無いな
どうせ増やすなら"みぎみぎひだり"さんが使ってたギアラチェットを買うべきだろうな

計画性のない衝動的な行為は控えないと
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

アルシオーネのマフラー


■2012/01/28
中古車研究所のタマさんから連絡があった
販売したアルシオーネのオーナーさんから相談があったらしい
既にオーナー自身が自己手配すべき時期かとは思うけど、ほんと、面倒見がいいな

相談内容は、マフラーのタイコが腐って補修レベルでは無いとディーラーで指摘されたらしい
既に生産中止部品とも

これを受け、中津スバルで作ったマフラーについても問い合わせしたとのこと
http://www.takenet.or.jp/~subaru/top_topics_event_02/top_topics_event_02_01.html

でも、価格が凄いので諦めたみたい
(XAVIメンバーで装着した方の話では値段相応のスペシャルな品らしいけど)

■2012/01/29
マフラーは(珍しく)社外品が手配できますよと連絡

▼ユナイテッド(元はスピリットレーシング・コブラ)
http://spiritracing.boo.jp/maffler_hp/rogofile/index2.html
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/160316083.html

自分も使ってるヤツだな

▼ヤフオク
レオーネ用のタイコ部のみが手配可能
AA5用ならアルシオーネでも使えるかも?

(AA2/AA3/AA4/AA5・AG4/AG5)44301-GA010,44301-GA210,44301-GA211 1600/1800cc兼?
http://page15.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t247469821

(AA2/AA3)44301-GA010 1600cc用
http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p173964709

シングル出口しかなかったとしても、背に腹は変えられずだな

■2012/03/22
ユナイテッドからマフラーが届いたとの連絡
Φ60、出口2本で費用は67,000円(送料含む)

しかし型式が「AX4」と書かれているらしい
欲しいのは「AX7」用
パーツカタログでは番号変えているし共用できるのだろうか

過去の仲間メールを軽く調べてみると4WD→2WDへの転用はできたみたい
しかし逆を実験してる人はいないな

その後、メーカーさんから今回の経緯が聞けたらしい
・業者が変わって新たな工場での製作となった
・今まで製作を依頼していた所より場所が遠くなった
・その際に今までのデータを新たな工場へ引き継いだ
・全てのデータが引き継がれた訳では無いかも?
・マフラーを製作する治具が1種類しか無い
・よって2WD、4WD共用と思われ、多分取り付け出来るはず

なんとも不安な回答だな
業者が変わったのが不安だけど品物の完成度は良かったらしいから大丈夫かな

スピリットレーシング・コブラは結構有名だったのに、何かお家事情があったんだろうか
マイナーな車種を持っていると、こういう応対範囲の広い業者の存続は自分事のように思えてしまうな

今後の共有情報として重要になるかもしれん
装着可否の結果を待ちたい
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする