2012年03月11日

富士重4WD発売40周年


■2012/02/21
スバルのメルマガが届いた

今年は富士重が4WDを発売してから40周年になるらしい
(今はAWDって言わないといけないのかな)

メルマガの文中にはレオーネの名が記載されてる
富士重もレオーネを忘れてなかったんだな
感涙

以下抜粋引用……………………………………………………

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       スバルWEBコミュニティ
  S┃U┃B┃A┃R┃U┃ P┃l┃u┃s┃
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛ ━┛━┛━┛━┛
      Vol.160 2012.2.21
    http://members.subaru.jp/index.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

富士重工業初のAWD搭載車として世に出たのが、「SUBARU レオーネ エステートバン4WD」。
1972年9月にこのレオーネ エステートバン4WDが発売されてから、今年で40年を迎えました。
つまりSUBARUはAWDを発売してから40周年を迎えることとなったのです。
AWD車の生産累計は11,782,812台(2012年1月31日現在・パートタイム4WD含む)、SUBARU車生産台数累計の55.7%を占めています。
この中で培ってきたAWD技術は、あらゆる条件下で最適な走行状態を実現するだけでなく、FFやFR車の開発にもおいても大いに役立っており、SUBARUが提案する走る愉しさの世界を広げているのです。

引用終わり……………………………………………………

今では当たり前に存在している4WD
その先見性は勿論、諦めずに続けてきた透徹した信念こそが賞賛に値するな
付和雷同の色が強い日本にあって、この信念を貫くのは簡単じゃない
改めて、富士重の社風に敬服する


自分の愛車も11,782,812台の中の一台なんだな

1972年に4WD開始
1985年で13年後(愛車の誕生年)
2012年で40年後

愛車の4WD機構は、自分の手でスイッチを押してFFと4WDを切り替えるパートタイム4WD
フルタイム4WDが出る直前の1985年製
富士重4WDの歴史の中では草創期に含まれるのかな
今の4WDは洗練されてそう
でも"自分の手でスイッチを押す"ところが"操ってる感"があっていいんだけどね


ちなみに
なんでこのタイミングでアナウンスしたんだろう?
年初と言うにはちょっと遅め
発売された9月に合わせるなら早過ぎる
単純に見出しネタの順番待ちだったのかな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

雑ネタ二点

■2012/02/18
所用で我孫子駅に行った

後輩からの連絡待ちの間、以前から気になっていたそば屋に立ち寄る
我孫子駅のホーム内にある"弥生軒"という立ち食いそば屋さん
過去に数回、テレビで紹介されてるところ

何が名物だったのか思い出せないまま行ったけど、注文時に思い出した
大きな唐揚げが名物だったんだ

うどんに唐揚げ二個を頼んだけど凄い量だったな
この量を考えると480円という価格は安い
味について評論できるほどのセンスはないけど、"ウマイッ"とは叫ばなかったな

弥生軒について軽く調べてみた

▼我孫子駅(WIKIPEDIA)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%91%E5%AD%AB%E5%AD%90%E9%A7%85_(%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C)
以下、抜粋引用……………………………………………………
合名会社弥生軒はかつて画家の山下清が勤務していたこともあり、そのことを示す緑色の吊り看板のある店も存在する。

また、立ち食いそば・うどん店で販売される、げんこつ大の大きさのから揚げそばは、これを目当てにわざわざ当駅を訪れる者もいる程である。
引用終わり……………………………………………………

なんと、山下清画伯と縁があったとは
幼少期、"裸の大将放浪記"を見て育った自分としては一層感慨深い
行って良かった


■2012/02/20
24日の給料日を前にして財布の中には2000円と小銭しか入ってなかった
しかし、ここから必要な金額は
タバコ@410円x5個=2050円
ビール@200円x4本= 800円
合計で2850円と明らかに足らない
困った

ビールは我慢できてもタバコは我慢できない
結局、ビールを諦めて近所の駄菓子屋兼タバコ屋に行った

いつもカートンで買ってるから「金がないからタバコ5個ちょうだい」って言ったら「ツケとくから1カートン持っていきな」と言われた
ツケは嫌なんだけど、結局1カートン持って帰った

こういう状況下だとツケが利くのは助かるな
コンビニではこんなことしてくれない
極力、地元の商店を活用しようと思って行動してきたお蔭だな(大袈裟か)

その足でビールを買いにウェルシアに行った
毎月20日はポイントサービスがあるらしく、500ポイントで750円分の買い物ができると言われた
今まで、溜まってるポイントも使い方も知らなかった
でも、ポイントが溜まるならと、この店で買うようにしてた
教えてくれたレジのおばさんに感謝

結局、750ポイントと178円の現金を合わせて金麦6本を購入(ビールは買わず)
まだ1360ポイント残ってるらしいから緊急用に使えるわ


なんか、買い物の仕方の古今を味わった日だったな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

アルシオーネの回収


■2012/02/17
庭の不動車二台
家族にはこの価値は理解できないだろうし邪魔になってるのは事実
かと言って有料駐車場を借りる余裕はない
どなたか置いておく場所を提供してくれるといいのだけど、そんな都合の良い話もない

家族の我慢も限界にきてる感じ
処分はしたくないけど処分せざるを得ない状況ではある


この日、新聞(千葉版)を見てたら、柏に住む知り合いの青年が載ってた
どうやら、車の回収事業が軌道に乗って好調らしい
そう言えば以前にも噂で聞いてたな
すっかり忘れてた

早速、部品取り1号の回収について相談がてら電話してみる
キロ数百円で買い取ってくるらしい
しかもローダーで取りに来てくれるとのこと
お金をもらうのは人身売買みたいで嫌な感じ
お互い金のやり取りは無しでということにした

これで、いよいよ部品取り1号廃棄への道が具体的になってきた
捨てる前に部品を外せるだけ外して最大限に活用しないと車に申し訳ない

"ちあき"さん、"ちばてん"さん、"みぎみぎひだり"さんからは欲しい部品があると言われてる
内装とスタビについては今の稼働車両に移植
外装はXT6に移植

XAVIの皆に、いよいよ廃棄すると報告したら、部品求むと数人から連絡があった
でも、何があって何が無いのか、正確に把握してなかった
良い機会だなと部品管理台帳を作ってみた

部品取り号から旅立っていった部品や、今まで自分が頂いてきた部品を整理
仲間から色んなものをもらってきたんだな
改めてメンバー各位に感謝
今度は譲る側になって、このご恩に報いたい
(と思ってやってきたけど、これで終いかな)

整理して気付いたけど、保有しているものが見えてなかった
持ってるのに忘れてたり、有ると思っていたのが旅立っていってたりと、漠然と管理しているのは危険だなと実感
(二度買いの危険性さえあるしな)
このファイル、もっと範囲を広げてネット上で共有できるようになればいいな

結局、ハゲタカされてきた検体からは差し上げられる部品はあまりなかった
正に出涸らし状態
とほほ


廃棄手段が決まったことを"みぎみぎひだり"さんにも連絡
すると以下の返事が来た
「取れるもの取ったら、廃車にしてしまう訳ですね?」

グサッときた
本当に、そんな感じがした
悪意や嫌味じゃないんだろうけど正直堪えた
でも、これからこの文言通りの行動をするのは事実
貴重なアルシオーネを自らの手で潰す選択をしたんだな


引き取られた後はこんなことされるのかな?
■RICHCARCRAZY さんが 2007/12/04 にアップロード
http://www.youtube.com/watch?v=ZVRuqOX48RE

それとも、こんな感じ?
■TSCOOB さんが 2009/02/07 にアップロード

▼flippign car with forklift
http://www.youtube.com/watch?v=9iJYWV4tyYw

▼pushing car with forklift
http://www.youtube.com/watch?v=Zr0pWY_0CtM

▼another one of my playing around with the forklift at work
http://www.youtube.com/watch?v=L5l0HQy_928

で最後はこうなる
■SubaruXT6 さんが 2010/10/05 にアップロード
http://www.youtube.com/watch?v=JwYkB-JWs4A


実際、廃棄すること以外に有効活用の道はあるんだろうか
もっとEVコンバートが普及してたなら別の道もあったのかもしれん
でも、現状ではこうするしかない
丸ごと持っていってくれる人もいないしな
まだ時間はあるし、ギリギリまで考えよう
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

エウレカセブンAO


■2012/02/17
エウレカセブンAOに動きがあった
http://eurekaao-prj.net/?p=219

初回放映日が決定したらしい

放送局情報
MBS 4月12日より毎週木曜25:55〜
TBS 4月13日より毎週金曜25:55〜
CBC 4月18日より毎週水曜26:00〜
BS-TBS 4月21日より毎週土曜24:00〜

他にも、映画の再上映や前作一挙放送もやるらしい

いよいよカウントダウン
流れているデモを見る限り、期待通りの出来っぽい
楽しみだな

40過ぎたオヤジがアニメの開始を待ち遠しく思うとは
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Comic/Anime/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

EV化とノスタルジックカーショー


■2012/02/16
購読しているメルマガ「ノスタルジックカー新聞」

▼ノスタルジックカー新聞
http://nostalgiccar.blog.so-net.ne.jp/

この日に来た号のネタは旧車EV化だった
この方、旧車のEV化にかなり注目しているみたい
今度開催される「ノスタルジックカーショー」でも、EVコンバートカーを集めた特別展を開催するらしい

▼BP東京ノスタルジックカーショー2012
http://www.nostalgic.co.jp/

ノスタルジックカーショーの開催日は
東京 :2012/05/19(土)、20(日)
名古屋:2012/06/16(土)、17(日)

入場料とかとられるんだろうけど、珍しく金払ってでも行ってみようかなと思った

以下、抜粋引用……………………………………………………

ノスタルジックカー新聞 第353号

ノ┃ス┃タ┃ル┃ジ┃ッ┃ク┃カ┃ー┃新┃聞
 ┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

● 第353号 2012年 2月 16日

*****************************

あなたのノスタルジックカーも明日からEV!!
そんな時代がやってきました。

その主な理由は以下のようになります。
1、エンジンがだめなクルマを生かすことが出来る。
2、エンジンがだめで車検が通らない車もOK.
3、部品が無くエンジンをOHできないものも大丈夫。
4、EV化するための部品の調達が容易になった。
5、コストもそれほどではない。
6、EV化する技術もそれほど高いものではない。
7、一番のネックであった電池の価格が下がった。
8、各地の車検場でも対応することに慣れてきた。

そんな条件が整ってきているが・・・・・
一番の問題は?
そんなことすべきではない!!
この声が依然として高いことである。

それも良く分かります。
そんなものをノスタルジックカーに移植して「サイボーグ」にするのか?
ノスタルジックカーはオリジナルが一番!!
もちろんそうです。
私もオリジナルが一番だと思っています。

しかし、再生不能のクルマをエンジンの音がしなくても、排気が出なくても、ガソリンの匂いがしなくても、公道を堂々と車検をつけて走らせることができることは、何としても素晴らしいことです。

スクラップされる運命のクルマが蘇るのです!!

引用終り……………………………………………………

最後の「スクラップされる運命のクルマが蘇るのです!!」には言葉以上の重みがあるように思う
近い将来、EVへのコンバートが一般化する可能性を考えると、野ざらし旧車の復活も楽になるかもしれない

と、喜んだところで、アルシオーネのエアサス故障は別次元の問題だと気付いた
EV化が成功しても、エアサスの代替方法が確立しないとダメなんだな
糠喜びか
とほほ
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/EV関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

スバリストについてお勉強


■2012/02/15
スバリストへの道、第3弾
まずは"スバリスト"をキーワードにネットで検索してみる
すると以下のものが出てきた

▼ニコニコ大百科(2009/7/20 1:52)
http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

以下抜粋引用……………………………………………………

スバリストとは、富士重工業(スバル)の自動車をこよなく愛する人々のことである。

概要
富士重工業(スバル)は、前身が航空機メーカー(中島飛行機)という他の国産車メーカーとは異なる経歴を持つことや、名車スバル360から続く独創的メカニズム等に惹かれ、スバル車に乗り続ける熱心なファンが多いことで知られる。
なお、狭義においてそういった古くからの熱心なファンをスバリストと呼び、レガシィ・インプレッサ以降の「走り」の良さに惹かれファンになった人々をスバラーと呼んで区分することもあるようだ。
ただ、スバルの広報誌「cartopia」(カートピア)2006年1月号(No.406)の読者投稿ページ「Cartopian Plaza」によると、
「スバリスト」とは現在、東京農業大学名誉教授・後閑暢夫さんが1975年のカートピアNo.31号誌上の「スバルは紳士の乗り物」という投稿で名付けた言葉。
「クルマに対する高い見識を持ち、紳士的な運転をするスバルユーザー」を指します。
とある。
クルマ好き・スバル好きであるならば、興味を持ったその時期を問わずスバリストを名乗って問題ないと言えるだろう。

引用終わり……………………………………………………

また、別の場所では上記に加えて「スバラー」について補足している

▼はてなキーワード
http://www.google.co.jp/url?q=http://d.hatena.ne.jp/keyword/%25A5%25B9%25A5%25D0%25A5%25EA%25A5%25B9%25A5%25C8&sa=U&ei=rgg7T5GGKYjkmAWFvZ2zCw&ved=0CBIQFjAA&sig2=j3Bd4OBnKZedtyqlCOyj_g&usg=AFQjCNFyuXPV3uiCcYbUauQKTEfh2XNCZg

以下抜粋引用……………………………………………………

恐らく、某漫画やWRCの影響でインプレッサやレガシィなどが走り屋の方々の人気車種となった事を良く思っていない、古くからのスバルファンの方々がこう区別しているのだと思われる

引用終わり……………………………………………………


なるほど、なるほど

「独創的メカニズム等に惹かれ、スバル車に乗り続ける熱心なファン」
独創的なアルシオーネのデザインに惹かれてはいるな
一応、乗り続けてもいる

「クルマに対する高い見識を持ち、紳士的な運転をするスバルユーザー」
クルマに対する高い見識は無いな
紳士的な運転も、まだまだできてない
甘くないもんだな


■2012/02/18
紳士的って何だろうって考えてた時、"ぶらっと"さんからブログに書き込みがあった
「スバリストの定義」について熱く語っているところがある、とのこと
早速、訪問してみる

▼Algernonさん/それさえも平凡な日々
http://algercg.cocolog-nifty.com/cg/2012/02/post-733c.html
"スバリストについて語る時が来た様だ"

以下抜粋引用……………………………………………………

まず、スバリストの基本的な定義はこうです。
まずは「車」関して高い見識を持った「紳士・淑女」のスバルユーザーの事を「スバリスト」と呼ぶと言うのが基本です。
逆を言えば、いくらスバル車を所有し、蘊蓄を知っていたとしても、紳士・淑女で無ければ「スバリスト」の称号は与えられないと解する事ができます。
 :
私の持論から言えば、スバリストはスバル車を通して「目指すもの」であると考えています。
この志が有れば自称も可。
ただし「紳士(淑女)で有れ」と言う極めて真摯な条件が付きますが。

さあ、いかに自らをスバリストで有ると自称する事に覚悟が必要か、そして誇り高く無ければいけないか、ましてや、スバリストの諸先輩方から「あなたはスバリストだ」と呼ばれる事が難しいかが解るかと思います。
 :
あなたは「本当にスバリストですか?」 今一度、自らの心に問いかけてみて下さい。

引用終わり……………………………………………………

なかなかに厳しい御意見
ここでも、紳士であることが強調されている
コメントを残して、すごすご退散
島国根性・村八分的排他性が高い自分では、紳士への道は遠いものになりそうだな

それでも、"スバリスト"という他社にはない称号は、自分も目指してみたい、極めてみたいと思わせる魅力があるように感じる

愚直で不器用な富士重
自然と応援したくなる要素が満載だと思う

逆に、世間に迎合し世渡り上手なスバルだったら、惹かれなかっただろうな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ALCYONE/その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

アルシオーネの中古車

アルシオーネの中古車
■2012/02/14
中古車情報サイト"Goo-net"からアルシオーネ(初代)のページが消えた
確か最後まで残っていたのは愛知県で販売されてた車両だったはず
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/171819483.html

売れたのか、転売されたのか、棄てられたのか
気になる

ヤフオクに出てたのも落札されないまま再出品にはならず
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/149709534
売れたのか、転売されたのか、棄てられたのか
気になる


ついでなので現在のアルシオーネ中古車情報を整理してみる

▼カーセンサーnet
http://www.carsensor.net/usedcar/bSB/s019/index.html
VX/AT/1987年式/51000km/白
埼玉県川越市/K-STAFF

★2012/03/04 新規登場
http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU0960324208/index.html?TRCD=200002
VR/AT/1985年式/138000km/白/価格応断
新潟県長岡市/AWDオート販売

またもや、このお店だ
アルシオーネに並々ならぬ思いがあるのかしら
もしかして後述のタマさんが見た車両だったりして?


▼Yahoo!オークション
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r85760230
上と同車両

http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d126684186
VS/AT/1987年式/127791km/白
東京都世田谷区/オンザロード

※元はコレ↓
http://happy.ap.teacup.com/applet/indigo-liner/20101123/archive


最近は更に流通量がなくなってきたな


■2012/02/18
中古車研究所のタマさんから情報提供あり

▼業者向けオークション
VR/AT/1985年式/白

エンジン異音と旋回時異音有りとのこと
おそらくHLA異音だろうな

タマさんは値段によっては部品として落札も考えていたみたい
でも先方の希望額が10万円以上らしくお流れ
最後に不安になる一言が添えられていた
「オークション会場では鉄としての解体引き取りも実施しており、解体されなければ良いのですが」
良い人に引き取られて、生き長らえてほしいと切望

と思ってたら、次のローテの時にタマさんが入札したらしい
でも、僅差で他の業者さんに買われていったとのこと
どうやら、鉄屋さんの可能性もあるらしい
鉄屋さんだとしたら、復活はならず別の形で生まれ変わることになってしまうな

この個体、260台の内の1台だったのだろうか


posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/目撃情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

ジャスティ目撃


■2012/02/13
仕事帰りの信号待ちの時、目の前をジャスティが走っていった

JUSTY.jpg

色は緑
多分、同じ市内に居る車両だな
だいぶ前から停まっているのを見かけてたけど、稼働してるのが見れて、なんか嬉しくなる
初代もカクカクしててカッコよかったけど、この型も洗練されててなかなかいいデザインだな

興味が湧いてきたのでネットで調べてみた

▼WIKIPEDIA
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3

見てビックリ
この車両は初代のマイチェン版で、二代目から四代目まではOEM車両になってる
二代目以降があったとは知らなかったし、OEM化の先陣がジャスティだったとは
似非スバリストとしては、他社製品を富士重で使ってる名前で売るのは抵抗があるな

■2012/02/21
そんな思いにふけてた時、YOU-TUBEの新着メールが届く
フィンランド方がアップした雪上走行会の模様だった

▼tjani8 さん
http://www.youtube.com/watch?v=ZryTvlugG6A

楽しそう
自分もやってみたくなるな

なんて思いながら観てたら、元気なジャスティが居た
レガシィをぶち抜いてるわ
なんか微笑ましいね
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

アルシオーネの発症


相変わらずHLA異音が発症

■2012/02/08
HLA異音
そこそこ大き目
発症後、帰宅するまでの30分間直らないまま
翌日のエンジン始動時には直ってた

■2012/02/11
HLA異音
走行中に軽目のものが発症
暫くしたら直ってた

この日以降、この症状が頻繁に出るようになった
(いちいち控えなくなってしまった)

どうも4000回転以上回すと発症し易い感じ
発症しない時もあるから明確な原因はわからない

HLA交換を実施したくなってきた
でも高いらしいから暫くは無理だな
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/発症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

アルシオーネの整備


■2012/02/11
不具合発症が目立ってきたので重い腰を上げて作業に挑む
ツナギは着たけど寒くてやる気が出ないな

▼4WD切替部分
メーカー在庫がない4WD切替レバー部のブッシュ
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/251979194.html

自作に向けて、まずは採寸をと作業開始
でも、肝心のノギスが見当たらない
マイクロメータは何故か固着してて以前から不動状態のまま
計測できなきゃ作業の意味がない
結局、ジャッキアップして下に潜って位置と部品構成を確認しただけ

ALC_20120211_06.jpg

ついでに4WDスイッチの場所を確認
トランスファケースの上側にあって直接見えない
手探りで位置を確認
見えない部品の交換はすべきではないな
当分交換はできなさそう

▼O2センサ
潜ったついでにO2センサの位置を確認
タービン直下にあった

位置は確認できたけど問題発生
O2センサを囲うように遮熱板が回り込んでる

ALC_20120211_05.jpg

スパナをかける部分もカバーされてて、このままではスパナがかけられない
パイプごと外さないとダメみたいだな

▼減速時の異音
減速時のみ、30km/hくらいになると変な音がしてるのに気付いた
回転に合わせてシュッ、シュッって音がしてる

またもや、シャフトブーツが開いたかと思って確認したけど問題なし
他の部分らしいけど原因は見つけられず
ブーツの中が問題だとすると面倒だな

視線をずらして変なところを発見
ドライブシャフトの外側ブーツ端より数センチ内側の部分に擦れたような跡があった

ALC_20120211_01.jpg

他の部分は砂埃で汚れているのにこの部分だけテカテカしてる
何かがあたるような部分じゃないのに何故だろう

▼冷却水漏れ
ターボ手前のパイプから漏れを発見
緑青吹いてる
冷却水漏れの匂いがしたのはこのせいか
リザーバータンクも空っぽだったので水を足した

▼ブレーキフルード
車検後、漏れた跡があった
軍足を被せてごまかしてたけど収まった感じ
ディスクブレーキとパッドを変えた影響なのかな

▼エンジンオイル
交換時はゲージ上限だったのに下限になってて、しかもかなり黒い
この減りは何故だろう

▼空調温度調整ケーブル
シフトブッシュ交換の際に外れてしまったところ
左足の脇にある
ケーブルの先に付いてる輪っかをはめて完了

ALC_20120211_07.jpg

結局実りがあったのはこれだけ
とほほ

▼サス撮影
ついでにフロントサスを撮影してみた

ALC_20120211_04.jpg

考えてみたらこの部品って記録に残してなかった
入手経緯も含めて別途整理してみよう
 
 
posted by 五条銀吾 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする