2011年01月31日

ダイソー買出し

■2010/12/23

▼ルーペ(10倍)/105円
HPNX0125.jpg
10倍に惹かれて買ってみる
でも二枚ものだった
しかも、ちょっと見え方に違和感がある
両目用に2個買ったけど、失敗だったかも

▼両面テープ/105円
HPNX0126.jpg
何回も繰り返して使えるとのこと
ペーパーがけの時に板に貼って使えるかな

▼アルミシート/105円
車の整備で下に潜る時用
銀で光を反射して少しでも明るくできるかもと思った
でも薄い
石でもあったら痛いだろうな
ホームセンターの1000円クラスが買えないところが哀しい

▼イヤホン延長コード
別掲の塩ビ管スピーカー用

▼瞬間接着剤/105円
補充


■2010/12/23
HARD OFFにて購入

▼三脚(315円)
HPNX0189.jpg
机上に置いたものを撮影する時に丁度よさそう
今までは、ガッチリした背の高いものと、ダイソーで買った小さいの2個
その中間のサイズ

HPNX0190.jpg
なかなか使い易くていい感じ


■2011/01/23

▼インシュロックタイ(細)/105円
▼インシュロックタイ(太)/105円
HPNX0234.jpg
模型製作時の接着後縛り用
ロックが解除できるので何度も使える
意外にも柔らかくて好都合

▼穴抜きポンチ(2,7mm)/105円
▼穴抜きポンチ(4,5mm)/105円
▼穴抜きポンチ(8mm)/105円
HPNX0233.jpg
SF模型のパネル製作用に
以前から買おうかどうしようか悩んでたもの
寸法的には他にもあるけど全セット買わないところが貧乏臭い
刃先を触ってみると切れ味が悪そう
再研が必要かも

▼コルクシート(6mm x A4)/105円
HPNX0235.jpg
いつの間にかコルク系が充実してる
ホームセンターとかだと結構高い
目的は無いけど買ってしまった

コルクの特性について書かれたものが入ってた
HPNX0236.jpg
"遮音"って書いてある
耳にあてても遮断はしてないないような?

▼DVD-R/105円x2枚
HPNX0237.jpg
ムービー機のHDDに録画したのが溜まってしまった
移植用に買ってみる
300円から100円に値下げしたのに釣られた
相性は大丈夫かな
包装に二種あるけど違うものなのか?

▼紙/105円
ちょっと硬めな紙
名刺作成用
イベント参加時に「求む!アルシオーネ情報」と配りたい
ケント紙は高いので、まずはこれで様子をみよう
 
 
posted by 五条銀吾 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

アルシオーネとトヨタ


ネット探索してたら、トヨタ博物館に展示されているというアルシオーネが紹介されてた

▼"Real_Model_Car_II"さん?
http://modelcar01.blog78.fc2.com/blog-entry-1930.html

この車、白と金のツートン塗りになってる
この色使いは、スバル30周年記念車で塗られてた特別仕様

XAVIでも、東京のSさんから北海道のFさんに渡った一台しかいない
他には目撃報告が1、2回あっただけで、かなり稀少なもの

と思ってたけど、よく見ると塗り分けのラインが違う
30周年記念車の塗り分けラインは、側面中央部に水平に走る溝だったはず

VX自体、標準のツートン仕様は無い
となると、この車はオーナーさんの意向で塗装されたものなのかな

そう言えばと思い出した
愛知県在住のメンバーSさんが白/金仕様だった

この方、2002年を最後にMLへの投稿が途絶えてる
MLの過去ログを調べてみると、以下の記載があった
………………………… 
フロントバンパー下にすり傷があり、部分補修すると言われましたので
ぐるっとゴールドにしてもらいました。
………………………… 
共通性があるような感じもする
もしかして手放しちゃったのかな

内装の画像を見ると、木目シールや電子機器も追加されてて素のままではない
博物館的なところにノーマルでない仕様のものが展示されているってのは変な感じだな
いくらアルシオーネだからと、社外メーカーの電子機器を標準品と間違えることもないだろうに

それにしても、何故、トヨタ系の施設にアルシオーネがあるのだろう
しかも、入館して直ぐの目立つ場所に展示されているらしい

いや、もしかしたら、
初代アルシオーネを作りたかったが故に、トヨタが富士重工と資本提携したのかもしれん
わかるぞ、その気持ち

今までトヨタってだけで嫌いだったけど、ちょびっとだけ見直したかも

▼トヨタ博物館
http://www.toyota.co.jp/Museum/index-j.html
 
 
posted by 五条銀吾 at 12:00| Comment(8) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

アルシオーネのドリフト

みんカラでアルシオーネ探索してたら以下の記事があった

▼純.さん
2009/01/21
http://minkara.carview.co.jp/userid/17135/blog/11863449/

サーキットのアルシオーネ
これは明らかに"ちあき"さんだな

▼ちあきさん
http://www.kashnet.ne.jp/chiaki/blog/index.php

早く車を直して万全の体調で来県して欲しいところ
"みぎみぎひだり"さんと待ってますんで


そう言えば、アルシオーネでダートラに参戦していた千明郁夫さん
"ちあき"と読むのではなく"ちぎら"と読むらしい

▼2010/12/25
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/174570631.html

日本語は難しいな

なんか、リンクばっかりになっちまった..
 
 





posted by 五条銀吾 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

塩ビ管スピーカー(作業再開)


作業再開

時間が経って何か変化があるかと思い、前回からの変更点が無いまま試聴してみる
やはり、何も変わってない
低音は割れるし、左側も音が出ない

そもそも、スピーカー用に電源を用意するのは本意でない
テレビ用なので、わざわざスピーカーの電源を別に入れるのは面倒

そうなると、テレビに付いているスピーカーの配線を外に引っ張り出して接続するしかなさそう
こうすればアンプのせいで左側から音が出ないのは解決する
でもテレビの重さを考えると工作は疲れるだろうな

低音の音割れはスピーカーユニット自体の問題かどうかを確認する必要があるな
・ブリッジを削った時の鉄粉の完全除去
・普通に聞こえてる機器と入れ替えて問題有無確認
・問題なければ、別の要素を再検証
・問題あれば、スピーカーユニットの調達

はやる気持ちを抑え切れず、スピーカーユニットの調達から開始
ヤフオクで同じようなものを物色
60mmクラスでフルレンジって無いな
ほとんど、ツイーター

検索条件は"(60mm 6cm)"
色々見てみるとスピーカーユニット単体出品でないとサイズまで書いてない
箱組みされたものなら流用できる可能性は高いのに、これだと調べきれない

なので、ハードオフ巡りを決行
隣接した市まで含めれば6店舗ある
まずは、市川市、船橋市、鎌ヶ谷市の3店舗

中古市場だけあって店によって品が違う
当然、ジャンク品狙い

60mmクラスのフルレンジは無い感じ
その中でMITSUBISHIのテレビ用スピーカーで60mmっぽいのがあった
他の店舗を回っていいのがなければこれにしよう

それにしてもハードオフって面白いな
ジャンク品が手に入るし、何に使うかわからない怪しげな品もある
江戸川渡れない病でアキバに行く気にもならない自分には、定期的に行ってみたいと思えるところだな


posted by 五条銀吾 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

未来の机


こんな机があると模型製作に便利だな

▼革命的発明と製品情報
http://www.j-tokkyo.com/2010/12/13/31477.html#more-31477

今は机の脇にPCモニタを設置している
でも、モニタアームで移動できるようにしてても、やっぱり見づらい
しかも、アームの自由度が低い
http://hj-tsubo.seesaa.net/article/119302609.html

この仕組みの机で懸念されるのは強度と剛性か
模型製作に使うなら、尚更、分厚い板が必須

今の机は20mmの合板に更に裏打ちとして20mmの板を張ってる
机上作業の加工音を天板で増幅するようなことがあってはいかん
妻の安眠を妨げるようなことは避けないとな

更には、モニターと整理棚の共存ができるといいけど、これはなかなか難しい
結局は、軽いモニターと自由度が高くて堅牢なモニターアームのセットになりそうだな
 
 
posted by 五条銀吾 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

スバルと中国


昨年の11月に続き中国の大連市に再訪となった
(2011/01/11〜2011/01/21)

今回は前回以上にスバル車を見たな
特に現行デザインのフォレスターの目撃率が劇的に上がった
二週間でほぼ毎日2〜3台は見た
土日は、あまりの寒さに引き篭もってたから、週末に外出してたら更に目撃できたかも

黒い車が多い中、黒以外の色が増えたのも、ユーザーの考え方が変わってきた証か

ほんの数ヶ月前に比べて、スバルの浸透率がかなり高まってきたように感じた
がんばってるな、スバルチャイナ

最新型アウトバックも見た

SN3E0508.jpg

遠くから見て、スバルマークっぽいから近寄っていったけど、見たことがない車
何となくレガシィとも違う(そもそも、現行型はあまり知らない)
トヨタや日産が出しているような現地専用車をスバルも出したのかと思った

でも、後ろに回ったらアウトバックって書いてあった
日本で見るより先に中国の地で見るとは不思議な感覚

写真を撮り終わった直後にオーナーが戻ってきた
30〜40歳代の青年かな
照れ隠しにオーナーへ親指を立ててGOODってやったら笑顔で返してくれた

大連でワゴンタイプの車は皆無
その中でレガシィワゴンを選ぶとはスバル通だな

今回は毎日氷点下
土曜日は一番寒く、-17度だったらしい
乾燥してて雪は滅多に降らないとのこと
車にとってはいい環境かも


日本に帰って来て違和感を感じたのは、街中での走行速度
中国に比べて明らかに飛ばしてる車が多い

中国の走行マナーは悪いと聞くことがある
しかし、横断歩道以外を渡る人が多く、人を意識した運転が染み付いてるみたい
なので、走行速度自体はあまり速くない

マナーの悪さは地域地域で表れ方が異なるんだな
他国のことを悪く言う前に、交通事故が起きないようなマナーを皆が身に付けないといかん
自分も猛省だな
 
 
posted by 五条銀吾 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

アルシオーネオーナーさん達


アルシオーネ探索で見つけたアルシオーネオーナーさんの一覧

▼Car Domain
http://www.cardomain.com/MakeModel/Subaru/XT/

日本からも登録できるのかな?

日本は既に部品が枯渇したと言っても過言ではない
アメリカでの部品供給は充実しているように見える

もしかしたら現行部品との互換性の確認なんかも検証済みかもしれないな
情報交換ができるといいな

今年は、日本のオーナーの発掘と共に、アメリカのオーナーとも交流してみたいもんだ
 
 
posted by 五条銀吾 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

アメリカ?のアルシオーネオーナーさん


アルシオーネ探索で見つけたオーナーさん

▼アメリカ?のオーナーさん(2009/05/05)
http://www.cardomain.com/ride/570389

画像ではインタークーラー追加くらい
でも記載されてる内容を読むと、かなりいじってるみたい

でも、翻訳しても解読が難しい
全部読めていない
時間をかけて解読してみよう

それにしても、インタークーラーの配管は水道管にしか見えないな
 
 
posted by 五条銀吾 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

リトアニアのアルシオーネオーナーさん


アルシオーネ探索で見つけた欧州のオーナーさん

▼リトアニアのデカタイヤアルシオーネ(2010/03/10)
http://forumai.foresterclub.lt/viewtopic.php?f=14&t=1380

ちあきさんが教えてくれたものと同じ車両と思われる
http://www.youtube.com/watch?v=mqwiSSxgfJU

カッコよくない
アルシオーネが生活四駆を越えた性能を持っている、と捉えるなら意味はあるかもしれん

コータさん好みかも
 
 
posted by 五条銀吾 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

ドイツのアルシオーネオーナーさん

アルシオーネ探索で見つけた欧州のオーナーさん

▼ドイツでの雪上レースに参加しているアルシオーネ(2010/01/30?)
https://www.tw-sportsoft.de/TW_OnlineNennung/Ellmauer_Nacht_Skijoering/TW_ON_Teilnehmerliste.php

なかなかいい雰囲気を醸し出してる
レーシーなアルシオーネは新鮮だわ

ボンネットにはエア抜き追加かな?
天井後方にもスポイラー
リアフェンダーは膨らませてる
リアはバンパーレスか

後続はインプレッサか
インプレッサを抑えてトップを走ってる、って感じだろうか
感動
 
 
posted by 五条銀吾 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする