2010年08月31日

アルシオーネの燃費計測


▼2010/08/22

今回は、8.50km/Lだった

走行距離:332km
給油量 :39.07L

要素として
・添加剤投入
・かなり回してた
・エアコン少々

※燃料単価5円値引きだった

通勤は片道8km
スピードを出す場面はほとんどない
気分がいいと帰宅ルートが数倍にも変わる

何がよくて何が悪いのか、さっぱりわからないな
でも、この辺が平均値か

総走行距離:165,076km

 ………………………… 

今までの結果を眺めてみる(n=21)

日付  燃費 RANK 前回給油からの日数差
---------------------
01/26  8.50  7  -
01/26  7.50 18  0

02/06  7.60 17 11
02/06 13.00  1  0
02/06 11.30  2  0
02/24  7.40 21 18

03/08  7.50 18 12
03/15  8.05 11  7
03/26  7.41 20 11

04/19  8.36  9 24
04/29  7.89 12 10

05/12  8.74  6 13
05/28  7.72 14 16

06/07  9.14  4 10
06/22  7.77 13 15

07/04  8.26 10 12
07/16  7.67 16 12
07/19 11.20  3  3

08/01  7.71 15 13
08/10  9.07  5  9
08/22  8.50  7 12

日数差が少ない方が燃費がいい
日数差が少ないってことは長距離移動だったってことだな
なるほど、当たり前な結果


posted by 五条銀吾 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/燃費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

工具/ダイソー買出し他


2010年6月分に入手した工具系

▼回転テーブル

P6260031S.jpg

ダイソーで入手
定番の塗装台用

そのままだと動きが硬い
分解してみる

P6260039S.jpg

P6260040S.jpg

P6260041S.jpg

なるほど、なるほど
とりあえず、溝に潤滑剤を塗って、中央のネジの締め加減を調整する
だいぶ軽くなる

でも、その後、出番無し


▼三脚

P6260034S.jpg

P6260038S.jpg

ダイソーでは新しいタイプだったので買ってみた
なかなかいいかも
考えた人は頭いいなぁ


▼スチームクリーナ

P7050031S.jpg

アルシオーネを綺麗にしようと思って暫くスチームクリーナを物色してた
色々あって悩んでたけど、ミーティングに間に合わせようと焦って、結局面倒臭くなって勢いで買っちまった
2800円で入手

でもミーティングどころか、未だに使ってない
あほうだな


▼車用塗料

P6260046S.jpg

ボディーペンの「F705」
スバル用57/セラミックホワイトと書いてあったので入手
でも平成1年の車からで、アルシオーネの名は無い

これはドクに委ねる前に買ったもの
少なくとも8年前ってことになる
今でも使えるのだろうか
一本は未開封だけど

P6260047S.jpg
 
 
posted by 五条銀吾 at 12:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

アルシオーネのミニチュアねた


ネットを徘徊して見つけたアルシオーネのミニチュア達
古いネタも混ぜて、目ぼしいものを挙げてみる

▼スロットカー
マッドポリス芹沢さん
http://www5.plala.or.jp/madpolice80/alcyone.htm

タミヤ製を改造かな?
アルシオーネのパトカー仕様
昔、Nさんが画像細工したものを思い出すな

▼スロットカーボディー
PUQUDERさん?
http://puquder.blog56.fc2.com/blog-entry-89.html

これは売り物のスロットカー用ボディ
ところどころで見る
たまにヤフオクでも出品されてたな

この方のブログを見つけて、その内容に感服した
今は更新されてないみたい
復活を望みたい

▼痛車
ぶらんめるさん
http://www.itasya.net/work/?keyword_text=%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%8D

タミヤ製
「アルシオーネ=カクカク=平面」と思われがちだけど、実際は平面は皆無
大きなデカールを貼るのは大変だったろうな
それでも他の車に比べれば簡単なのかも

▼ビッグワンガム
ヤフオク
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d107576440?u=

カバヤ製
未組立
アルシオーネのビッグワンガム出品は二年ぶりくらい?
貴重な未組立品だけに、10,050円で落札
財力のある方が羨ましい

できればお借りして複製したいところ
落札された方、御協力願えないでしょうか?
せめて、ランナー構成がわかる上面からの画像だけでもあれば..

▼スクラッチ
GH-M112Sさん
http://blogs.yahoo.co.jp/hikka731/16925666.html

1/64?
プラ板細工らしい
なかなか素晴らしい造形力
完成を期待

▼完成品
ヤフオク
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r68466433

タミヤ製
完成品の出品

既に三巡目だったかな
なかなか綺麗な出来

▼チョロQ
ヤフオク
http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w53944358

「チューンナップチョロQプロ」と言うらしい
前後にゼンマイが搭載されてるらしい

貴重な品のか、結構な競り合いの結果3700円で落札
マニアは凄いな

▼ブリスターフェンダー仕様
Get Happy On The Roadさん
http://www.geocities.jp/rs1689/sub1/alcyone.html

一度は考えるブリスターフェンダー化
模型の世界なら簡単にできるな
ストックしてるやつもこういう形で作ってあげねば
まずはDTM風を狙うか
 
 

posted by 五条銀吾 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/ミニチュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

人型支線柱


なんでだろう
一目見て気に入った

▼革命的発明と製品情報
http://www.j-tokkyo.com/2010/08/17/27759.html#more-27759

ほのぼの系?
巨神兵?
何に惹かれたたかわからないけど、なんか気に入った

画像ではその大きさが小さく感じられるけど、実際には巨大な建造物になるはず
山に立つ巨人

これを見る度に、電気を供給するために頑張ってくれている人達を感じて感謝することができそう
 
 
posted by 五条銀吾 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 新技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

アルシオーネ電動化


当初はアルシオーネのミニチュアねたを仕込んでおいたけど、今朝の新聞を見て急遽ねた変更

「改造EV市場」構想始動

SP_20100827.jpg

なんと、既存ガソリン車の電動化活動促進の動きがあるらしい

これはアルシオーネの延命にとって大きな朗報だわ
不動状態の車でもエンジン復旧に欠品部品で苦労することもない
いつかは来るであろう燃料枯渇問題の心配もない

なにより、合法的に改造が許される土壌が確立されるなら、その後の改造市場の熟成が期待できる
ってことは、旧車向けとか、性能至上主義者向けとか、色々な選択肢が可能になりそう
(エンジン復旧の方が安いかもしれんけど)

でも、新車メーカーは面白くないかもな

しかし、
「貴方のお持ちの動かないクルマ、蘇ります!」
こんな広告が溢れる日も近い

 ………………………… 

■電気自動車普及協議会
http://www.apev.jp/

2010年6月29日
電気自動車普及協議会 設立のお知らせ
本協議会ではEV関連の事業や研究、普及活動を行う事業者、研究機関、各種団体をネットワークでつなぐことによって情報の共有を図り、現在個々に行われている既存ガソリン車の電動化活動等を支援するとともに、既存および新規自動車メーカーのEV事業への参入を促進します。
また、電気自動車の広報宣伝や政策提言を行うことによって、電気自動車の社会基盤整備に努めてまいります。

※電気自動車普及協議会の会員になろうかと思ったけど年会費は1万円
でも一般市民へのメリットは無いかな
残念だけど傍観するのみ
 

■国土交通省
http://wwwtb.mlit.go.jp/kanto/press/date/1007/ct_p100728.pdf

2010/07/28
コンバージョンEVの安全性検討に着手
地球温暖化問題に対する意識の高まりとともに、EV(電気自動車)の導入が盛んになってきているところですが、低コストで既存車両を有効に活用できる等の利点から、エンジンや燃料タンクを取り外して、モーターと電池を取り付けるEVコンバージョンが新たなビジネスとして注目を集めつつあります。
このようなビジネス市場の拡大に備えて、コンバージョンEVの安全性、信頼性を確保するため必要となる規格や基準案を検討し、必要に応じて国土交通省令等の法令改正を国土交通本省へ提言することを目的とします。


※宮崎県の鮫島さんとか、千葉県のKさんとかの苦労も減るかな

■宮崎県の鮫島さん(再掲)
http://www.agrix.jp/about/index.html

■日本EVクラブ
http://www.jevc.gr.jp/
 
 
posted by 五条銀吾 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/EV関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

マウス(NEC製/FMVNTB101)


FMVNTB101

NEC製
T/B
PS/2(専用品

TS3G0163_S.jpg

▼経緯
2008/05入手

この形は、つい触手が伸びてしまう

NEC製?だけどFM/V用
ノートパソコン用らしい

コネクタはPS/2だけど本体に直結するタイプ

▼よいところ
特に見付けられず

▼気になるところ
いかんせん、専用品だけに普通には使えない
PS/2延長ケーブルがあれば普通に接続できるが、何しろ固定ができない

ボールも普通に小さい
ボールの転がりも鉄球保持で慣性を使った「転がし」は使えない

クリックボタンは上面に二個
ボタンを押しながらボールを回せない

▼総評
普通のPS/2接続式なのでコネクタ線を延長することはできる
こうすれば、ごろ寝マウスと同じだな
でも、そこまでして使うほどじゃない

使えないものを買ってしまって後悔したケース

でも、キーボード埋め込み式に改造する為の部品としては流用できるかもしれない
改めて眺めてみて希望が見えてきた
 
 
ラベル:マウス 変り種
posted by 五条銀吾 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | マウス(変り種もの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

デューク東郷


デューク東郷と言う人物がいる

常人では考えもつかない高い思考能力と卓越した高度な技能で任務に挑む
その仕事の成功率は100%
一切の妥協を許さないストイックさが、その成功率を可能としている

当然、デューク東郷が選ぶ道具にも妥協は許されない
完璧な結果を出せるだけの、最善な性能、信頼できる道具を選ぶのは当然のこと

そんなデューク東郷が147巻「バイルス・チェイス」のエピソードで選んだ道具

それは、アルシオーネだった

アルシオーネが選ばれた意義には常人が思う以上に大きなものがあると思われる
この任務にはアルシオーネしか考えられなかったのだろう

日本という、故障しない車を世界で一番多く製造している国の任務で選んだ車
他のどんな高額な車よりも信頼するに足る車がアルシオーネだった

でも老婆心ながら言わせてもらえるなら
「アルシオーネに乗ると、余計に目立っちゃうぞ」
と伝えてあげたかった

しかし、目立つと言うリスクを差し置いてでも、この車に乗らねばならなかったのだろう
その理由は何なのだろう
もしかして、スタイリングに惚れて乗ってみたかっただけなのか
もし、そうなら、アルシオーネに乗り込んだ瞬間に「うほほーい(アラレちゃん風)」って喜んだ姿が目に浮かぶ

その真意は本人以外誰にも知る由がない


 ………………………… 

※「ストイック=禁欲的」であるなら、デューク東郷に使うには当てはまらないな
欲が無いわけじゃないし、特にアレは毎回のようにやってる

※筆者の、さいとうたかを氏の描く機械ものは独特のタッチ
アルシオーネの描写もアルシオーネであることはわかるけど、ちょっと不思議な感じで表現されてる

※このエピソードはサイバーテロねた
筆者がサイバーなねたにアルシオーネを登場させたことに何か意味があるのだろうか
しかも、雑誌掲載は2002年8月と、アルシオーネの販売終了後、11年も経っている

電脳世界とアルシオーネ
繋がるような繋がらないような

もしかして、日本の一庶民の存在が世界の秩序に影響を与えていたことにかけているのか?
日本の一庶民=アルシオーネ?
アルシオーネの存在が世界に影響を与えている?
そこまでアルシオーネを評価してくれていたとは驚き
さいとうたかを氏の思考の深さに最敬礼


Golgo13_147_01.jpg

Golgo13_147_141.jpg

Golgo13_147_142.jpg

Golgo13_147_146.jpg

posted by 五条銀吾 at 12:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

プリトヴィツェ湖群国立公園


地球上にこんなところがあるなんて信じられない
まるでファンタジー映画に出てくるCGを見ているみたい

景色を見て(しかも映像の)こんなに感銘を受けたのは初めて
行ってみたいねと、珍しく夫婦で意見が合った

クロアチアという国らしい
還暦越えたら行けるチャンスもあるかな

どうせなら上空から見たい


CMのロングバージョン



http://www.youtube.com/watch?v=oOX-xBXrjkE&feature=related

製作記
▼野村不動産(プラウド)のブログ
http://www.proud-blog.net/blog/2010/08/cm1-b7a2.html


追記
posted by 五条銀吾 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

アルシオーネ用改造部品


以前、CARBOY誌の広告の中にアルシオーネ用の社外部品が載っていた

ブーストアップキットとかマフラーとか
載っていたと言ってもこれぐらいなのが悲しいところ
他にもあったのかもしれんけど、今となっては探すこともできず

とりあえずヤフオクで当時のCARBOY誌を物色してみる
できればアルシオーネの記事が載ってるのがあると一石二鳥
でも、出品情報の少ない情報だけではなかなか見付けられない
そもそも、アルシオーネが記事として載ったことなんて無いのかもしれん

結局、「鋸山ヒルクライム」の文字に惹かれて、1988年6月号を入手
その本の中に昔見た広告を二頁発見
懐かしい

■ゴーイング東京
「ブーストアップキット」

GoingTokyo_198806_01.jpg

GoingTokyo_198806_02.jpg

仕様については記載無し(VVC?)
価格は56,800円


■スピリットレーシングコブラ
「マフラー」

SpiritRacingCobra_198806.jpg

基本的には純正に近い
仕様は色々

▼メインパイプ
φ60(アルシオーネ用)

※純正を計ったら外径φ55だったと思う
※レオーネ用ならφ50も選べるけど純正より細くなる?

▼出口径
φ50・φ60・φ70・φ76

▼形状
シングル・ダブル・ダブルヨーロピアン(どんな形状なんだろ?)

▼価格
出口形状により異なる

◆φ50
シングル:25,000円
ダブル :28,000円
ダブル・ヨーロピアン:29,000円

◆φ60
シングル:33,000円
ダブル :35,000円
ダブル・ヨーロピアン:36,000円

◆φ70
シングル:60,000円

◆φ76
シングル:65,000円

Φ70になると一気に高くなるな(ほぼ倍額)

たしか「競技用で公道では乗れない」って書いてあった気がする
けど、この時の広告には記載されてないな
「競技用」ってステッカーも入ってたような気がする
(そんな気がしたけど、そんなステッカーに意味があるのか?違ったかも)

この競技用って意味は、性能云々でなく熱害試験を通してないから競技用として売らざるを得ないんだと噂で聞いた
当時の道交法改正後は問題無くなったと思ったけど、どうだったか


今着けているのはメイン・出口ともにφ60(シングル)
33,000円ってことになる

でも、もっと高かったような記憶だな?
価格改定したのか?と思ってネットで調べてみる
今ネットで探すと以下の総販社ってのがヒットする

▼ユナイトコーポレーション
http://www.spiritracing-cobra.com/

アルシオーネのページは以下
http://www.spiritracing-cobra.com/maffler_hp/rogofile/index2.html

この情報を見るとメイン・出口ともにφ50も選べる
価格は、
φ50:40,425円
φ60:47,775円
確かこんな値段だったな
送料入れて5万超えだったか

しかも、出口については特注もやってくれるみたい
メンバーの方でΦ80にした方がいる
(今時のインプレッサみたいな音がしてたな)

下記は何故か「スピリットレーシングコブラ」で検索されるけど、その関連を示す記載はないな
何でだろ

▼シグマ
http://www.siguma.jp/index.html

他にも千葉県の佐原のショップでアルシオーネ対応マフラーが載ってたような気がする
見つけられなかったから、これはOption誌だったかもしれん


実際に使用した感じは
・抜けは若干よくなった(純正+5mmの分?)
・音は静か(純正並みで、ちょっと期待はずれ)

交換の時には、ボルト・ナットが焼きついていて、「ナット割り」を買って作業したな
ボルト・ナットが付属してたからナットも割り放題
モリブデングリスは付いてなかったから別途調達した

でも、ドクのところから戻ってきて、久し振りに乗ったら意外といい音に聞こえた
上品な?水平対向サウンドになった気がする
暖気運転の音が家の中にいても聞こえるようになったしな

もしかしたら、タイコの中にグラスウールが入ってて、それが消耗してきた、ってやつかもしれないな
これはこれで歓迎だな
今度、メーカーさんに聞いてみたいところ

でも、もうちょっと抜けて欲しい感じ
今のエンジンの仕様だと、何となく糞詰まりを感じる時がある
 
 
posted by 五条銀吾 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ALCYONE/関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

手動扇風機/人力扇風機



子供の夏休みの工作ネタを探している中でビビビっとくるやつを見つけた

▼趣味ののほほん木工房へようこそ
http://www10.ocn.ne.jp/~kouzou/page194.html#11/

手動扇風機!
これこそ捜し求めてたもの

団扇でなく扇子でなく、人力駆動の扇風機
電力を使わずに済むなんて素晴らしい

早速真似て作ってみる

▼材料
・ダイソーで買った木材数種
・ペットボトルの羽根
・平歯車二種
・楊枝
・アルミ線(Φ2mm)

▼製作
・羽根を作る
・基本ユニットを作る
・架台を作る

図面も書かずに現物合わせ

羽根はペットボトルで真ん中がくびれた形のものを普通に四等分

Fan_01S.jpg

羽根の固定は角度検討用に調整できる構造にしたけど、結局そのまま固定
固定しなければ、折り畳めるんだけどな

Fan_04S.jpg

歯車は手持ちの最大歯数(60T)

Fan_05S.jpg

後はとにかく勢いで一気に完成
う〜ん、感動

ManualTypeFan_01S.jpg

ManualTypeFan_02S.jpg

ManualTypeFan_04S.jpg

ManualTypeFan_03S.jpg

早速、のほほんさんに報告の動画を送らせてもらう


感動も束の間、ハンディタイプが欲しくなる
据え置き用の架台を外して、グリップを追加

HandyManualTypeFan_01S.jpg

HandyManualTypeFan_02S.jpg

HandyManualTypeFan_03S.jpg

様々干渉を避けるとこの形にせざるを得なかったけど、改めて見ると何か変だな


更に据え置き型/ハンディ型が兼用できればいいと気付きグリップを変更

Manual_Type_Fan_2_01S.jpg

Manual_Type_Fan_2_02S.jpg


どれも、回すのに結構コツがいる
それぞれの位置関係もよく考えないと疲れ易いポジションになっちゃう

全体的に風力は不足気味
そもそも大きなトルクをかけると楊枝製の軸と歯車が滑っちゃう
(後日、入力側の軸だけアルミ線に変更して若干出力アップ)

引っ張り棒も指に食い込んで痛くなる

改善点は多々あるが形になった満足感の方が大きいな
久し振りの達成感
 

後日、プロペラ形状を変更してみた

TS3G0485S.jpg

外側を更に寝かせて、内側は立たせてみた
若干、効率がよくなったような気がする
見栄えもよくなった、ような気がする


以下、動画倉庫から

▼初号機


▼二号機


▼三号機

 
 
posted by 五条銀吾 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする